タグ:フェラチオの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:フェラチオ

「やりたい?」ヤンキーの先輩女子に逆レイプで腰振られたけど気に入られた

ヤンキー女子
画像はイメージです

 

やらしたんで

 

俺が高校に入って間もない頃の話。

 

恥ずかしい話だが、偏差値の低い地元の底辺高校に入学した。

 

大阪でもガラの悪い地区で、男も女も近隣の中学校からヤンキー連中ばかりが集まり、リアルなビーバップハイスクールみたいな学校だった。

 

そういう俺も例に漏れず、ヤンキーな格好をしていた。

 

入学して2ヶ月ぐらい経った頃、学食でうどんを食べようと、手に持ってテーブルへ向かう途中、3年生のヤンキー女子の先輩のロングスカートに、ちょっとだけだがうどんの汁をこぼしてしまったのだ。

 

(ヤベっ!)

 

とヒヤヒヤしたが、何度も頭を下げて謝罪してその場は切り抜けることができた。

 

その時はそれで終わった。

 

しかしである。

 

後日、帰り道でその先輩ヤンキー女子に出くわしたのである。

 

「おっ、この前汁こぼしたコやんか」

 

と言われて焦る。

 

「あん時は、スカートすいませんでした」

 

とビビりながら、また全開で詫びた。

 

「ホンマやで、アレからクリーニング出したんやで~」

 

クリーニング代出せとでも言われるかと思ったが、怒って無さそうだったのでホッとした。

 

「なぁ、アンタ暇?ウチにおいでや、もっと喋りたいわ~」

 

ヤンキーだけど見た目は結構な美人で、満更でもない気分だった俺はノコノコついて行った。

 

家はそう広くないけど古いマンションだった。

 

家の中には中学3年だという妹がいたが、これがまた金髪のヤンキー女子中学生。

 

姉とは対照的に、かなり短いスカートの制服に、派手なピンクの靴下を履いて、シンナー入りの袋を持って態度もぶっきらぼうだ。

 

「オネエ、タバコくれや!」

 

喋り方も俺がびっくりするほどガラが悪い。

 

妹にタバコの箱をポイッと放り投げ、シンナーを取り上げて吸うヤンキー先輩。

 

妹からは、

 

「シンナーいるか?」

 

と言われるが、俺にはその趣味は無かったので断った。

 

俺は格好だけのヤンキーだったので、姉妹そろってシンナーを吸ってることに引いていた。

 

部屋には、両親と写る幼い頃の姉妹の写真があった。

 

幼い頃は非常に可愛らしく、まさかその数年後にヤンキー姉妹になる事は想像がつかないような写真だ。

 

自分が父親で娘がこんな風に育ったら、さぞかしショックだろう。

 

3人でタバコを吸いながら、しばらく適当に雑談していたら、そのうち妹が出かけてヤンキー先輩と2人きりになった。

 

2人きりになるといきなり、

 

「やりたい?やらしたんで」

 

と言ってくるヤンキー先輩。

この体験談の続きを読む

小学生のおちんちんが巨根!思わずフェラチオしてオマンコに入れちゃいました

巨根小学生
画像はイメージです

 

デカチンポマン

 

私は28歳の人妻です

 

スイミングスクールで、子供に水泳を教えています。

 

ある日、そのスイミングスクールに通う小学6年生の男の子が涙を浮かべていました。

 

「どうしたの?」

 

って聞くと、

 

「なんでもない」

 

って言います。

 

「先生誰にも言わないから言ってごらん」

 

と言うと、話してくれました。

 

「みんな僕のちんちんが気持ち悪いって言うの」

 

「どうして?」

 

「デカチンポマンって言うの」

 

「おちんちん、そんなに大きいの?」

 

「うん」

 

「おちんちんが大きいことは恥ずかしいことじゃないのよ」

 

「でもみんなが馬鹿にするもん」

 

「先生はね、おちんちんが大きい男の人の方が好きよ」

 

「ほんと?」

 

「ほんとよ、もしよかったら先生に見せて、見てあげるから」

 

「恥ずかしい」

 

「いいから」

 

「恥ずかしいよ」

 

それで、

 

「じゃあ、先生も一緒に脱ぐから・・・せーのっ」

 

て言うと、渋々ですが水着を下ろしてくれました。

 

「!!」

 

確かに大きいんです。

 

普通の小学生の男の子の倍ぐらいはありそうです。

 

しかし、問題はその後でした。

 

男の子のおちんちんが大きくなり始めたんです。

 

(やだこの子ったら、私の裸に興奮してるの?まだ小学生なのに)

 

男の子は大きくなったおちんちんに気付き、手で隠しました。

 

「隠したら見れないじゃない、いや、隠さなくてもいいのよ」

 

私は男の子の手をどけました。

 

信じられない巨根でした。

 

小学6年生なのに、勃起したおちんちんは主人のよりもふたまわりほど大きいんです。

 

小さな体に不釣合いなおちんちんでした。

 

私はつい、そのおちんちんを握っていました。

 

「確かに大きいわね、でも男の人はね、おちんちんが大きい方がいいのよ、みんなひがんでるのよ」

 

おとなしい男の子で、そういう感覚はないみたいです。

 

「でも、どうしてこんなに大きくなっちゃったの?」

 

「先生のおっぱい見たら大きくなっちゃった」

 

私は、

 

(このおちんちん、もっとじっくり見てみたい)

 

そう思いました。

 

「お話があるから、先生の家に来ない?お菓子とかもあるよ」

 

男の子はついてきました。

この体験談の続きを読む

ダブルヘッダーでセックス!綺麗でエッチなおばさん2人が僕のチンポに夢中

おばさん2人とセックス
画像はイメージです

 

綺麗な熟女とドライブデート

 

高校生の時、近所のおばさんが筆下ろしをしてくれました。

 

相手は信子さんという、母と知り合いの女性です。

 

当時40歳位だったと思いますが、スレンダーで挑発の美人でした。

 

よく家にお茶を飲みに来ていたので、挨拶したり話をしたりしていました。

 

スカートから綺麗な脚が伸びていて、スレンダーなのにおっぱいも結構大きくて、思春期の僕にはドキドキする女性でした。

 

母も、

 

「綺麗ねぇ」

 

と信子さんを誉めていました。

 

信子さんに小学生の子供が二人いるとは思えませんでした。

 

ある時母から、

 

「信子ちゃん、あんたのことをかっこいいって言ってたわよ」

 

と言われました。

 

あんな綺麗な人から言われたらそりゃ嬉しいです。

 

それからしばらく経ったある日、両親が法事に出掛けて留守番していました。

 

適当に昼ご飯を食べようとしたらチャイムがなり、出てみると信子さんでした。

 

「お昼食べた?お母さんから明日までいないから様子見てって言われて」

 

今日は髪をアップにしてイメージが違っていました。

 

「お昼どうぞ」

 

と料理をいただいて食べました。

 

「ねぇ、トシ君、この後は暇?」

 

信子さんに聞かれて、

 

「暇ですよ」

 

と答えると、

 

「じゃあさあ、おばさんとデートしない?」

 

と誘われました。

 

「○○山に行こうよ」

 

と地元にある山にドライブに誘われました。

 

「1時間後に○○のコンビニで」

 

と言われて、1時間後に近くのコンビニで待ち合わせました。

 

車に乗せられてドライブに出かけましたが、信子さんはミニスカート姿に変わっていました。

 

綺麗な脚がすぐ横に見えます。

 

生唾を飲み込みました。

 

話をしながら山頂に着いて、駐車場に車を停めて話をしました。

 

恋愛話になり、ふられた話をしたら、

 

「えー?トシ君を振る女がいるんだ?」

 

と言われ、

 

「あたしが同い年なら絶対にトシ君と付き合うのに」

 

と言われました。

 

そして、

 

「じゃぁまだ彼女出来ないんだ?」

 

と言われたので頷くと、

 

「あたしが彼女になっちゃおっかな?」

 

と笑顔で言ってきました。

 

「信子さんは綺麗すぎて・・・」

 

と言うと、

 

「うふっ、ありがとう」

 

と言われて、

 

「そろそろ帰ろうか?」

 

と車を走らせて来た道を戻りました。

 

そしたら途中で山道を下り、道をそれて林道に入りました。

 

「どうしたんですか?」

 

と聞くと、

 

「車酔いしちゃったみたい、少し休んでいい?」

 

と言って信子さんはシートを倒して横になりました。

 

「大丈夫ですか?」

 

と話すと、

 

「トシ君て優しいね」

 

と顔を触られました。

 

「かわいい」

 

と見つめられて、いきなり起き上がってキスをされました。

この体験談の続きを読む

息子の友達が私のパンツを見てオナニー!フェラチオしてオマンコにも入れました

息子の友達とセックス
画像はイメージです

 

パンツ見えちゃってました

 

私43歳の主婦です。

 

実は去年の春に、息子の友達の修二君(当時18歳)が我が家に遊びに来たんですけど、息子は用事があって出かけていたんです。

 

修二君は帰ろうとしたんですけど、せっかく来たのにすぐに帰すのは申し訳ないし、

 

「2時間位で帰って来るから待ってたら?」

 

と引き留めて家に上がらせたんです。

 

リビングのソファーに座らせて、

 

「飲み物はコーヒーでいい?」

 

と聞いたら、

 

「あっ、はい、いただきます」

 

と、はにかんだように顔を赤らめて言うのです。

 

私と修二君と2人分のコーヒーとクッキーをおぼんに乗せてソファーに持って行き、修二君の正面に座ったんです。

 

私はタイトスカートを穿いてたんですけど、どうやらその時にパンツが見えたみたいなんです。

 

修二君はスポーツウエアーのズボンを穿いてたんですけど、おちんちんが大きくなったみたいで、手で押さえてるんです。

 

そしたら、

 

「ちょっとお腹が痛くて・・・トイレに行かせてください」

 

と言ってトイレに行ったんですけど、なかなか出てこないんです。

 

「修二君大丈夫?」

 

「は、はい、大丈夫です!」

 

と言ってましたが、何をしてるか大体わかりますよね。

 

それから2,3分後に出て来たんですけど、顔は真っ赤でした。

 

なんだか可愛く思えちゃいました。

 

結局息子は帰って来なかったので、修二君が帰る時に、

 

「いつでも良いからまた遊びに来てね」

 

と言って帰したんです。

この体験談の続きを読む

小学生の妹にフェラチオしてもらうとマンコが濡れていた!口内射精だけはダメ

小学生妹 フェラチオ
画像はイメージです

 

小学生の妹にフェラチオのお願い

 

俺はエロ本やエロ漫画の影響でオナニーを覚えた中学1年の時、フェラチオにとても興味を持った。

 

時々エッチないたずらをしていた小学生の妹になんとかしてチンポを舐めてもらえないかと考えていた。

 

そこで風呂上がりの脱衣所で、ダメ元で妹に

 

「チンコ舐めて」

 

とお願いしてみたら、そういう知識がまったく無いからなのか、意外にも戸惑うことなく舐めてくれた。

 

妹の初めてのフェラチオは、噛まれたり歯が当たったりしてたので、気持ちいいというよりは若干痛かったのだが、

 

「噛んじゃダメ」

 

と教えたり、妹の口にチンポを入れたまま腰を動かしたりしてるうちに、気持ちよくなってその行為に完全にハマっしまった。

 

妹の口の中で舌が亀頭に絡むその感触がたまらない。

 

なにより大好きな妹の唇を押しのけて、自分のチンポの先が口の中に入っているという光景そのものにとても興奮した。

 

お願いすれば何でも言う事を聞いてくれる可愛い妹だったので、それにつけ込んでチャンスがあればチンポを舐めてもらっていた。

 

もちろん、

 

「お父さんお母さんには内緒だよ」

 

と強く念を押していた。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト