タグ:パンティーの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:パンティー

【相互オナニー】デブ男にパンティーとオマンコを見せる露出癖のある私

露出癖
画像はイメージです

 

パンティー売ってくれない?

 

私は20歳で短大に通っています。

 

友達が家族と2週間もの間、旅行に行くことになりました。

 

その家では犬を飼っていて、友達と仲のいい私が犬の世話を引き受けました。

 

期末試験も終わり、ちょうど暇でバイトもしてなかったんです。

 

毎日餌をあげて、散歩に連れていきました。

 

その日も、いつものように犬の散歩で公園に出かけました。

 

公園の周りは、縁取る形に背の高い木が植えられています。

 

休日には、公園は野球やサッカーをする人たちでいっぱいになりますが、今はガランとしているグランドを斜めに横切るように、犬は私を引っ張りながら走ります。

 

その先には、子供たちが遊べるようになっている、砂場やシーソー、鉄棒などの遊具があります。

 

犬は砂場の中を、しっぽを振りながら走り回っています。

 

そこへ、いかにもオタクそうな太った男が犬を連れてやってきました。

 

その犬がこちらにじゃれついきて、2匹の犬は興奮状態で追いかけっこしていました。

 

私は仕方ないのでしゃがみ込み、犬を見ていました。

 

するとデブ男が、私をチラチラ見ています。

 

しかも、何度も覗きこんでいます。

 

(あぁ…見てる…ムズムズしてきた、もっと見せたくなってきちゃった、あぁ…どうしよう、 見せたい…)

 

実は私には露出癖があり、人に見られることに興奮を覚え、見せたくて仕方がなくなる時があります。

 

私は少し脚を拡げました。

 

デブ男の目は、明らかに私のパンティーに釘付けです。

 

デブ男は、私に近寄ってきました。

 

私がわざと脚を開いたことが分かっているのでしょう。

 

「ねぇ、薄い白いパンティーから、毛が見えてるよ」

 

普通なら気味が悪くて逃げるところでしょうが、私は興奮しています。

 

無視して、犬たちをじっと目で追っていました。

 

「割れ目が…パンティーが食い込んでるよ」

 

私は、さらに脚を広げました。

 

どんどん興奮していく自分を感じていました。

 

「見せたいんだ…ねぇ、君、見せたいんだろ、ちょっと、こっちに来なよ」

 

デブ男が私の手を掴みました。

 

ネチっとした汗を掻いているのが、手の感触に伝わります。

 

デブ男は2匹の犬を植木に繋ぎ、私を掃除道具などが入れてある納屋の隅っこに連れていきました。

 

「ここなら通路の植え込みで、周りからは一切見えないから大丈夫、ねぇ、もっと、見せてよ」

 

デブ男は鼻息を荒くしながら、私の前でしゃがみました。

 

デブ男が、ゆっくりと私のスカートを捲ります。

 

デブ男は、私のパンティがー目の前に現れると、嬉しそうにニヤニヤと笑いました。

 

私は、周りを見回して誰からも見えていないことを確認し、スカートを脱ぎ、体育座りの格好をして両脚を拡げました。

 

デブ男は、私の顔とパンティーを交互に見て、

 

「可愛いパンティーだね、ねぇ、このパンティー売ってくれない?」

 

(えっ!?)

この体験談の続きを読む

息子の友達が私のパンツを見て勃起し、トイレでオナニーしたので…

熟女
画像はイメージです

 

トイレでオナニーしてたでしょ

 

私は43歳の主婦です。

 

去年の春ごろの話ですが、息子の友達の隆宏君(高校2年生)が家に遊びに来たんですけど、息子は外出していていなかったんです。

 

隆宏君は帰ろうとしたんですけど、せっかく来てくれたのに、そのまま返すのも悪いと思い、

 

「ちょっと上がっていったら?」

 

と言うと、

 

「いいんですか?お邪魔します」

 

断って帰るかと思いましたが、意外でした。

 

上がってもらって、リビングのソファーに座らせて

 

「コーヒーと紅茶とジュースとどれがいい?」

 

と聞いたら、

 

「えっと、コーヒーをください」

 

はにかんだように、顔を赤らめて言うんです。

 

2人分のコーヒーとクッキーを持って行き、ソファーの前にあるテーブルに置き、隆宏君の正面に座りました。

 

その時私はタイトスカートを穿いてたんですけど、どうやらパンティーが見えたみたいなんです。

 

隆宏君はスポーツウエアータイプのズボンを穿いてたんですけど、股間がもっこり膨らんでくるのが見えてしまいました。

 

そしたら、

 

「すみませんトイレに行かせてください」

 

と言ってトイレに行ったんですけど、なかなか出てきません。

 

(もしかして?)

 

と思いましたが、しばらくしてトイレから出てくると、なぜか顔が真っ赤になってました。

 

(やっぱりオナニーしてたんだわ)

 

そう思うと、なんだか可愛くなるのと同時に、私のパンティーで興奮してくれることに、ちょっと嬉しくなりました、。

 

その日は何もなく、隆宏君が帰る時に、

 

「いつでも良いからまた遊びに来てね」

 

と言いました。

 

その二日後に、また隆宏君が来ました。

 

「ごめん、今日も出かけてて居ないのよ」

 

と言ったら、

 

「知ってます、さっき携帯で話したんで」

 

「えっ?そうなの?じゃあ、どうして?」

 

「おばさんがいつでも良いから遊びに来なさいって言ったから来ました」

 

まさか息子の居ない時にまた来るとは思わなかったのですが、この前のことを思い出し、

 

(ひょっとして・・・)

 

と思って家に入れてコーヒなどを出し、2日前のように隆宏君の正面に座ると、話しながらもやっぱり私のパンティーをチラチラ見ています。

 

隆宏君のおちんちんも、やっぱり勃起しています。

 

そしてこの前と同じように、トイレに行きました。

 

出て来た時も、前回同様に顔は真っ赤にしていました。

 

また向かい合ってソファーに座った時、私は思い切って聞きました。

 

「おばさんのパンティー見えてるんでしょ?」

 

隆宏君はオロオロしてたので、

 

「正直に言っていいのよ」

 

と言うと、

 

「はい、この前も見えてました」

 

「トイレでオナニーしたんでしょ?」

 

「いえ、そ、そんなこと・・・」

 

「正直に言いなさい!」

この体験談の続きを読む

女子の部室に忍び込みパンティー穿いたのがバレて強制せんずりさせられた

強制せんずり
画像はイメージです

 

女子卓球部の部室に忍び込んだらバレた

 

僕が高校三年の時の話です。

 

卓球部に所属していた僕は、女子卓球部の部室にどうしても侵入したかった。

 

部活が終わり、みんなが帰ったのを確かめてからコソコソと忍び込んだ。

 

部室の鍵は、入り口の横のブロックに隠してあるのを知っていたので、忍び込むのは楽チンだった。

 

部室に入ると、すぐに女子卓球部のマドンナT子のロッカーを探した。

 

2、3日前に、女子卓球部員がT子のロッカーにはいつも替えのパンティーが用意してあるという話をしているのを、盗み聞きしたからだ。

 

T子のロッカーを探し出し、中を開けると確かにピンクの綿のパンティーが入っていた。

 

めちゃくちゃ興奮した僕は、着ているものを全部脱いでパンティーを穿いた。

 

完全に変態だが、鏡で自分の姿を見てうっとりしていると、外から声が聞こえてきた。

 

「あれ?鍵がないよ」

 

「なんでかな?」

 

女子二人の声だ。

 

(ヤバい!)

 

と思った僕は部室の一番端のロッカーの陰に隠れた。

 

「開いてるんじゃないの?」

 

ガチャ

 

「ほんとだ」

 

僕の心臓はドキドキして、はち切れそうになっていた。

 

「誰が鍵閉め忘れたのかな?」

 

ビビッて震えてしまった僕は肘がロッカーに当たってしまい、

 

ガタッ

 

「きゃーっ!」

 

「誰かいる?!」

 

「マモル?マモルでしょ?」

 

「きゃーっ!」

 

「あんた何してんの?っていうか何その格好?」

 

「気持ち悪っー!」

 

そこには同級生のUとEが立っていた。

 

部室に忍び込んだのがバレただけでなく、T子のピンクのパンティーを穿いた姿まで見られてしまったのだ。

 

マモル「えっ…いや…」

 

何も言うことができずに僕は震えていた。

 

U「女子の部室に忍び込んで何やってんの?ってかパンティー穿いてるじゃない!」

 

E「マジで変態じゃん?ありえないわ!」

 

U「これT子のじゃないの?」

 

E「ホントだ!部室にパンティー置いてるのT子だけだもん」

 

もう逃れようが無い、みんなにバラされて恥かいて退学だ…。

 

マモル「ほんとにごめんなさい!誰にも言わないで下さい、お願いします」

 

もうひたすら謝るしかなかった。

この体験談の続きを読む

私のパンティーを見てシコシコしていた妹の彼氏を襲いました

妹の彼氏
画像はイメージです

 

妹の彼氏がコソコソとシコシコ

 

妹が恋人を引き連れて家に飲みにやって来ました。

 

私と妹とその彼氏の3人でお酒を飲む事は何度も有りましたので、お馴染のメンバーです!いつもどおりに他愛もない話をしながら飲み始めましたが、妹と彼氏はめっちゃ交際期間が長くて、4年以上です。

 

彼氏はメンタルが弱くて、妹の方が強いので、すっかり妹に従順の関係です。私も2人の漫才のような会話が愉快で、たびたび一緒になって飲んでいます。その日もウイスキーを飲みまくって、興奮気味に騒いでいたんです。

 

しかしながら妹の彼氏はまったく飲まずに、姉妹2人に気おされているのが普段のスタイルですが、その日もそれと一緒でした。

 

深夜2時辺りになると妹は寝てしまい、私もウトウトして横になってしまいました。

 

それから気づけば寝しまって、一時間ぐらいで目を覚ましました。たぶんまだ、深夜3時位だったと思われますが、歯を磨いて寝ようとしてお風呂場の脱衣所に行ってみると、妹の彼氏の背中が現れたので、近付こうと思ったら、驚いた事に、スボンからおちんちん出して、自分でシコシコとシゴいている所でした。

 

私は声も音も出せずにその場で動くことができないで眺めていると、どうも私の穿いていたパンティーを敷いてそれを目にしながらせんずりしていました。私のパンティーのシミを見て勃起したんでしょうか?

この体験談の続きを読む

【女子高生】同じクラスのヤンキー女子から痴漢強要、中出しさせられ

女子高生の逆レイプ
画像はイメージです

 

痴漢を仕掛けられて写真に撮られ、脅迫

 

高一の時、同じクラスに4人組のヤンキー娘がいた。顔は綺麗な感じが2人、キュートな感じ1人、そこそこの1人。しかし4人とも明らかにサディスティックのオーラたっぷり。

 

この間の放課後、僕は友達と学食で他愛もない話し合いをしていた。その頃の僕は女子と話す事が不得意で、あいさつを交わす程度。顔もハンサムじゃないし、女子とは無縁だと思っていた。

 

丁度話が一段落した時、4人組が学食に来た。僕は可能なら関与したくないと思っていたので、友人にもう帰ろうといって席を立とうとした。

 

そんな時、4人組がここに近寄って来て、

 

「◯◯(僕の名前)。少しあたいらに付き合えよ」

 

と言ってきた。

 

友人は小走りでその場を離婚し、僕は4人に包囲される形となった。たえず教員達に目をつけられている4人なんで、ろくでもない事になると考えた。でも突っぱねたら、何をされるか分からないとも思った。あんまり良い気はしないでいたが、やむを得ず4人に従うことに。

 

引き連れて来られたところは看板のついていない駐輪所の後ろ。抜け出せないように、KとSが両腕をお互いに抑えつけた。その際は気が動転して脳裏がおかしくなっていたが、現在よく考えれば通学服越しに女の子のおっぱいを感じたと思っている。

 

とりわけKはずい分巨乳で、通学服越しでも納得するほどだった。そういった意味で、なぜここのところに引き連れて来られたのか原因が思い浮かばなかった。

両腕を抑制しているSとKはニヤニヤをして、前方を歩行していたMとUが耳打ちしてた。
そしてUが、

 

「どんなわけであたしらに呼び出されたか、原因わかる?」

 

と言ってきた。

僕は身に覚えが無いから、

 

「すまん、見当が付かないよ」

 

と言った。
さほど4人としゃべった事が無くて、ドキドキで声が変だったように感じる。
そんな時、腕が突如重くなり、両腕を抑制していたKとSが、

 

「こんなんでもなにも無いって言うのかな」
「そんなこと言い切れるの?」

 

とお互い口に出してきた。

 

こうしてみると、2人が抑制していた僕の手をスカートの中とブラウスの内側にすべり込ませていた。しかもパニック状況での時、Uがニヤニヤしながら写メで僕をカメラに写した。

 

U「あー、◯◯がスケベなことやってる」

 

M「うわぁ、2人を襲ってる」

 

そういう事を発言しながら笑っていた。SとKも、

 

「◯◯に触られた」
「痴漢してきた」

 

と言いながら笑っていた。僕が、

 

「これっぽっちもやっていないよ。こんな言いがかりやめにしてくれないか」

 

と言えば、例の写メを見せつつUが、

 

「これ見た人は、そういう言い逃れに耳を傾けると思うの?」

 

と脅してきた。

 

U「これをバラ撒いてみたいな」
S「◯◯がこういう事するヤツだったなんてねえ」
K「みんなあんたの理屈なんか聞く耳持たないよ」

 

そういう事を言う有様。

 

M「この写メをバラされたくなければ、これからあたいらの話すことをよく聞けよ。退学になりたくないだろ?」

 

退学という単語を耳にして僕は青ざめた。こんなやり方で退学ともなれば馬鹿にされるどころの話ではない。僕は我慢しながら

 

「わかったよ」

 

というと、4人はますます人気のない女子更衣室に僕を引きずり込んだ。その場所はちっとも使用されることがなさそうな所で、放課後は誰も立ち寄らない場所だった。

 

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト