タグ:パイズリの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:パイズリ

インポになって姉貴に相談したらパイズリとフェラチオで治療してくれた

シックスナイン
画像はイメージです

 

インポになった俺は姉ちゃんに相談

 

俺は中学1年の時にオナニーを覚え、今では高校1年となってオナニー歴3年が過ぎていた。

 

毎日のようにズリネタのことばかり考え、ネットでエロい体験談を読んだり、エロ動画をダウンロードしては部屋で一人、シコシコとせんずりにふけっていた。

 

ところがどっこい、ある日突然、俺はインポテンツになってしまった。

 

原因などまるで分からない。

 

(何故まだ若いこの俺がインポに?)

 

俺は一生分に匹敵するザーメンをこの3年で消費しきってしまったか?

 

そんなはずはないが、俺は落ち込み、多少怖くなった。

 

俺のチンポはまるで反応しなくなり、どうにもならない状態に入った。

 

そして2週間ほどが過ぎ、思い切って高校3年の姉に相談することにした。

 

「ねえ姉貴、ちょっと相談したいことがあるんだけど」

 

居間でテレビを見ていた姉に、俺は不意に話しかけた。

 

「何?相談って?」

 

「あの~、言いにくいんだけど・・・俺さ、インポになっちゃったんだ」

 

一瞬姉が固まり、静寂が流れた。そりゃそうだろう。

 

女である姉に、インポの相談をする方がどうかしている。

 

「な、何言ってんの勇二・・・そんなこと・・・いったい私にどうしろって言うのよ」

 

「2週間前から、これっぽっちも勃起しなくなっちゃって・・・エッチな動画見ても全然反応しなくなっちゃったんだ。こんなこと相談できるの姉貴しか居なくて・・・頼む、何とかしてくれ」

 

「バカなこと言ってんじゃないわよ!」

 

「やっぱり無理?」

 

「・・・う~ん・・・どうして、そうなっちゃったのよ。何か理由があるの?」

 

「それがまったく分からないんだよ」

 

「だいたい、そんなこと・・・女の私に相談されたって、分かるわけないじゃない」

 

「そりゃそうだよね、ごめん、俺、もうちょっと、様子見ることにする」

 

俺は姉への相談を諦め、しょんぼりして自分の部屋へ戻ろうとした。

 

しかしその時、姉が俺に声をかけてくれた。

 

「困ったわね・・・ねえ、勇二、仕方ないし、ちょっとだけ見てあげるわ」

 

「えっ、本当?」

 

「思い切って相談してくれたのを、無下に断るのも可愛そうだしさ、とりあえずここに座って」

 

姉が座っていたソファーの隣に俺は腰掛けた。

 

姉は立ち上がり、DVDプレイヤーの奥から、何やら1枚のDVDを取り出した。

 

「これ見てみる?パパが隠してた無修正DVDなの。けっこうハードなやつよ」

 

再生された映像は、俺も知ってる人気AV女優の無修正のやつで、確かにめちゃくちゃエロかった。

この体験談の続きを読む

【家庭教師】巨乳をたっぷり揉ませてくれた女の子のお母さん

熟女 巨乳
画像はイメージです

 

家庭教師先の女の子のお母さんが巨乳すぎて

 

大学3年生の時の話です。

 

当時僕は家庭教師のアルバイトをしていました。

 

美智子さんの住まいに初めて伺ったのは初夏の頃でした。

 

小学校1年生の女の子を教えることになったからです。

 

僕は以前にも家庭教師を経験しており、あまり緊張することもなく、お宅へ伺いました。

 

玄関に出て来られたのは、おそらくお祖母さんだと思います。

 

2階にある女の子の部屋へ案内されて、早速勉強をみてあげました。

 

初日はすんなりと終わり、帰ることにしましたが、ご両親の姿が見えなかったので、

 

(共働きなのかな)

 

と思っていました。

 

週2回の予定で伺うことになっていましたので、2日後にまた訪問しました。

 

その日もお祖母さんが出てきて、応対してくれました。

 

勉強をみてあげている途中で僕はトイレに行きたくなったので、女の子にトイレの場所を聞き、用を足しに行きました。

 

行くときは気が付かなかったんですが、トイレから出て部屋に戻る途中、女性のブラジャーが見えました。

 

途中には少し広めの部屋があるんですが、その部屋には洗濯物がいっぱい干してあり、その中にブラジャーもあったんです。

 

僕はおっぱい星人で、AVを見る時も巨乳ものばかりです。

 

大き目のブラジャーだったので触ってみたかったんですが、手に取る勇気はなく、そのまま女の子のいる部屋へと戻りました。

 

それから2週間ぐらい経った頃、初めて女の子のお母さんとお会いしました。

 

お母さんは30代半ばぐらいだと思います。

 

一見普通の女性ですが、胸が結構盛り上がっています。

 

(やっぱり、あのブラジャーはお母さんのだ)

 

胸ばかり見るわけにもいかず、軽く挨拶をした程度でしたが、話のなかでお母さんは看護師をしており、夕方の時間帯は留守にしていることが多いということが分かりました。

 

その日は、女の子ともだいぶうち解けてきた僕は、お父さんのことも聞いてみました。

 

すると、お父さんはいないとのことでした。

 

離婚していたのです。

 

女の子に

 

(辛いことを聞いてしまったな)

 

と申し訳なく思いました。

 

でもその日の本音を言うと、お母さんのボリュームのあるおっぱいが忘れられませんでした。

 

次の家庭訪問の時は雨でした。

 

僕は雨ということに少し期待しながら、女の子の家へ行きました。

 

そうです、雨ということは、またあの広い部屋にブラジャーが干してあるかもしれないのです。

 

巨乳好きな僕には、ブラジャーにしか興味ありませんでした。

 

その日、お母さんはいつものように留守みたいでした。

 

早く確認したかった僕は、女の子の部屋へ入り、勉強を始めるとすぐにトイレを借りることにしました。

 

そしたら・・・青色のブラジャーがありました。

 

お祖母さんは1階にいます。

 

女の子がこちらへ来ることはないでしょう。

 

僕はおそるおそるブラジャーを手に取ってみました。

 

そしてサイズを見ます。

 

「G」という表示がありました。

 

今の僕なら、

 

(アンダーはいくつなんだろう?)

 

とか気にしたはずですが、当時の僕にはそんな知識もなく、ただ「G」というアルファベットに興奮していました。

 

(これがお母さん、いや美智子さんのおっぱいに・・・)

 

それからというもの、時々美智子さんにお会いしたとき、僕は頻繁に美智子さんの胸を見ていました。

 

これから真夏ですが、より薄着になります。

 

美智子さんがしゃがんだ時に見えた胸の谷間に目が釘付けになり、

 

(手を入れたい!)

 

と激しく思いました。

 

美智子さんの巨乳に触りたくてたまらない僕は、あるとき廊下ですれ違うときに、さりげなく肘を胸にあてることに成功し、その感触を味わいました。

 

あくまで偶然を装って。

 

一瞬でしたが、柔らかくてボリューミーな感触にとても興奮しました。

この体験談の続きを読む

【女子高生】寸止めで悶える中学生の美少年がオナニーのおかず

手コキ
画像はイメージです

 

美少年のズボン越しにおちんちんを擦ると

 

私が17歳の時、当時の私は今と比べてかなりの痴女でした。

 

私はその当時高校2年生で、学校が終わるとアルバイト先の塾に行っていました。

 

そのアルバイトは、中学生が行った試験の答案の丸バツをつける内容が多くて、割と簡単なものばかりでした。

 

バイト代は少しだったのですが、その塾には私好みの美少年の塾生が多く、その男の子たち(中2くらい)で目の補給をすることを目的にバイトをしていたようなものです。

 

私は来る日も来る日もその美少年たちを必ずやイタズラをしてやりたいと思っていて、常にモヤモヤしていました。

 

いつも彼らを苛めて私の虜にする妄想でオナニーしていました。

 

(まだ女性を知らなさそうな美少年達をハァハァ言わせてみたい)

 

そういったことばかり想像していましたが、ついに実践してしまう日が来てしまったのです。

 

それは、私が特に好意を持っていた美少年とラッキーなことに2人っきりになれた時です。

 

いつも土曜日は学校がお休みということもあり、塾に来る生徒はこの美少年の男の子と私とあと2人の美少年ぐらいでした。

 

しかしある土曜日に2人の美少年が塾を休み、塾にはお気に入りの彼と私だけになったのです。

 

その男の子は既に授業が終了していたのですが、勉強熱心なのか個室で自習をしていました。

 

先生たちもその男の子の授業が終わると、別の塾で会議があるらしく、一時的にみんないなくなってしまったのです。

 

もうこんな絶好のチャンスは滅多なことでは来ないと思い、私は速攻で彼が勉強している個室に侵入しました。

 

その当時彼は中2で、私より3つ年下でした。

 

まだ幼い表情が残っていて、私が話しかけても顔を赤らめて逃げちゃうほどの純情な少年です。

 

そんな愛くるしい少年に対し私は隣に座り、彼の耳もとでわざと息を吹きかけるような囁き声で

 

「お勉強楽しいの?」

 

と問い掛けてみました。すると、

 

ガタン!と椅子が倒れるほど彼は急に耳を押さえながら立ち上がり、顔を真っ赤にして

 

「なっ、何するんですかっ!」

 

と狼狽しながら言いました。考えた通りのリアクションが返ってきて、心地よくて堪らないです。

 

そして彼のリアクションに

 

「勉強は楽しいの?って聞いただけじゃない」

 

とニコッとしながら答えました。それに対して彼は、

 

「そ、そうじゃなくて、えっと、別に、楽しいとかじゃないですけど・・・」

 

と真面目に答えてくれたチャーミングな少年です。

 

(食べちゃいたい)

 

と心底思いました。もう私の欲望は止まりません。

 

「勉強より楽しいこと教えてあげる、ほら、ひとまず座って?」

 

と言いつつ私は彼の腕を引っ張って、強引に私の膝の上に座らせました。

 

さらに驚いて、恥ずかしさもありオロオロする彼に、遠慮なく後ろから制服のズボンごしに彼のおちんちんを軽く掴みました。

 

そして私の太腿を使って彼の足をじわじわこじ開けながら、おちんちんを擦り始めました。

 

始めのうちは

 

「や、やめてください!」

 

と抵抗する彼でしたが、本気で逃げようと思えば中学生といえど男の子ですから、女の私ぐらい振り払うことは出来たはずです。

 

しかし、徐々に彼の方から足を開き出して、

 

「ああっ!はぁ…あふぅ…あっあぁ…」

 

と感じている声を漏らすようになりました。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】息子の精液が出なくなるまで中出しされました

近親相姦
画像はイメージです

 

息子のおちんちんの成長にビックリ

 

衝撃でした。頭では理解できていたけど、息子のあのような姿を見たのは・・・。 2日前の深夜。

 

就寝する前に息子の部屋から漏れ出た明かりを見た私は、息子にもう寝るように忠告するために部屋のノブを手に取りました。

 

そうすると、ドアの隙間からベッドに座って無我夢中で股間を扱く息子の姿が目に入ってきました。

 

(幸二が・・・オ、オナニーしてる)

 

息を荒げ、気持ち良さそうに、シコシコとおちんちんを扱きたてる息子の姿に、私は衝撃を受けてその場を動けなくなってしまいました。

 

そして、息子はボソリと呟いたんです。

 

「か、母さん・・・。」

 

という息子の口から発した私への言葉。

 

真っ赤に腫れあがったおちんちんを見て、私は異常なテンションになっていました。

 

驚愕のシーンに自室にぶらりぶらりと戻った私は、母親としてこのような時にどのようにしたら良いかを調べたくなり、パソコンを立ち上げました。

 

ネットで調べていると、教育関係のサイトに私と同じような母親の目撃談がいくつも出てきました。

 

その中には、そこに至るまで仲の良かった親子だったのに、母親がオナニーを目撃したとたん、息子が反抗期に陥ったような例もあります。

 

ウチは割りと包み隠さず話せる仲良しの親子です。

 

事情があって母子家庭で2人きりですので、そのようなことになったらと思うとゾッとします。

 

焦った私はもう一回調べてみると、そんな中の色々な体験談に、信じられないものを見つけ出しました。

 

(え・・・自分の息子と・・・する?)

 

それは息子の性処理をするお母さんの話です。

 

おちんちんを擦って溜まっている精液の処理をしてあげたり、中には自分の体を使って女を教えてあげるというような人もいるそうです。

 

(信じられない)

 

でもそんな驚きの体験談に熱くなってしまっている自分がいたんです。

 

(幸二のおちんちん・・・大きかったわ・・・。私の名前・・・幸二も・・・母さんとしたいの?)

 

答えの出ない想いに頭はパニックになるばかりでした。

 

そして昨日の朝のことです。

 

私はあのようなことを目撃した翌朝に、どんな顔をして息子と接すれば良いか判断できなくなっていました。

 

休日なので息子はいまだに寝ています。

 

(昨日、あれからもずっとオナニーしてたのかしら。それならばもう少し寝かしてあげても)

 

とはいえ、さすがに9時頃になると、いくら休みの日とはいえ起こさなきゃいけないと思いました。

 

(平常心・・・平常心・・・)

 

そんな事を思いながら、息子の部屋に向かいました。

 

ドアを開けるとベッドの中で、息子はまだ大の字になって眠っていました。

 

気にかけないようにと思いつつも、股間につい目がいってしまったのです。

 

(あっ!お、大きくなってる・・・。)

 

パジャマのズボンの中央部分が大きく盛り上がっていたんです。

 

ボーっとしばらく股間のモッコリを見てしまっていたわけですが、息をのんでなんとか冷静さを取り戻すと、息子の体ををゆすって起こそうとしました。

 

「こ、幸二。朝よ、起きなさい」

 

「う、う~ん」

 

幸二はまだ眠たいのか、むにゃむにゃとあいまいな返事をするのみです。

 

「もう起きて。・・・母さん、パジャマ洗濯したいから。その・・・パジャマ脱いでくれない?」

 

「う、う~ん。パジャマぁ・・・?ちょっと・・・待って。」

 

寝ぼけつつも私の声が聞こえたみたいで、息子はモソモソと寝ぼけたままパジャマを脱ぎ始めました。

 

そしてTシャツとパンツ姿になると、また大の字になり、すぐに寝息を立てて寝始めました。

 

パンツの中心部は先ほどよりモッコリして、驚くほどに盛り上がっているように見えました。

 

股間を見ていたら、どうしても中身が見たくなり、つい口から

 

「パ、パンツも洗おうか?脱いでくれる?」

 

という言葉が出てしまいました。

 

でも、今度は聞こえないのか、寝息ばかりでまったく応答がありません。

 

「か、母さん、脱がせちゃうわよ?・・・脱がせるからね?」

 

そういってパンツを掴むと、力を入れてズリ下げました。

 

すると『ペチン』という軽い音とともに、大きくそそり立ったおちんちんが飛び出してきました。

 

(す・・・凄いっ・・・。)

 

締まった体の中心部分で、立派で大きなおちんちんの裏側の部分がはっきりと目に映ります。

 

数年前までツクシみたいだったおちんちんが、今は先端部分も膨らみ、太さも長さもすでに大人です。

 

(綺麗・・・)

 

と率直にそう思いました。

この体験談の続きを読む

女友達と逆ナンパで3P、男子中学生の童貞をいただきました

3pセックス
画像はイメージです

 

純情な中学生を逆ナンしてホテルへ

 

私(静香)22歳と友達(恵子)23歳が昨年の秋に体験した事です。

 

私と恵子は幼なじみで職場も一緒です。仕事の関係上季節外れの夏季休暇を過ごしている状況での事です。恵子が男をゲットしたいと言うので恵子の車で繁華街に逆ナンパしに行きました。

 

恵子はチャラ男や遊び人は嫌いなので、清純そうな男の子に狙いを定めているようでした。

 

約1時間程探した時、一人の清純そうな少年がすぐ傍を通過しました。

 

恵子「あの男の子すごく良くない?」

 

私「そうね、じゃぁもう一人探そっか」

 

恵子「いや、私達二人で彼一人を襲っちゃおうよ」

 

私「エッ?」

 

すると恵子は男の子に声をかけに行きました。

 

何を話してるのか知りませんが、数分後に恵子が私にOKの合図を送ってきたので、二人の所に行き恵子の車に乗り込みました。

 

話を聞くと彼は浩司と言い地元の中学2年生だそうです。

 

車は一直線にラブホテルヘ向かいます。

 

ラブホテルの部屋に入ると浩司君を床面に座らせ、私達は浩司君にわざとスカートの中のパンティーが見える位置でベッドに座りました。

 

恵子「浩司君、ここは何をする所か分かる?」

 

と言うと浩司君はほんの少し頷きました。

 

私「じゃぁ話は早いね。服脱ごうか?」

 

と言って三人は下着オンリーの姿になりました。私が浩司君に優しくディープキスをして、恵子は耳や首に甘がみするようにキスを始めました。

 

恵子「ねえ、私達のブラジャー外してくれない?」

 

私は浩司君に背中を向けました。恵子は浩司君の手を取り、誘導しながら私のホックを外させました。

 

その次は恵子のホックを外してくれて、二人で浩司君の方へ向き直ると同時にブラジャーを外しました。

 

私はDカップ。恵子はEカップ。浩司君は息を荒くしながら興奮して二人の巨乳をじっと観察しています。

 

私「私たちのおっぱいどう?触ってもいいのよ。」

 

と浩司君の右手を私の左胸ヘ、恵子は浩司君の左手を右胸に持って行きました。浩司君はさらに息遣いを荒くしながらゆっくりと揉み始めました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト