タグ:パイズリフェラの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:パイズリフェラ

【絶倫の彼】朝立ちのおちんちんをフェラしてから何度も激しいセックス

パイズリフェラ
画像はイメージです

 

朝立ちのおちんちんをフェラチオ

 

交際中の彼氏の家にお泊りし、いっぱいセックスしました。

 

季節はちょうど夏真っ盛りです。

 

朝だというのに、まるで熱帯夜のような暑さで、目が覚めてしまいました。

 

彼も起きていて、

 

「おはよう」

 

と言ってきましたんで、私も、

 

「おはよう・・・」

 

とまだ寝ぼけながら目を開けると、なんと彼はボクサーパンツ一丁だけの姿になっていました。

 

「何でパンツ姿なの?」

 

「暑いから脱いだ」

 

「お前は、おっさんか!」

 

と私は思わずツッコんだのですが、ふと彼の股間を見ると・・・

 

「しかも、朝勃ちしてるし」

 

明らかにパンツの中のおちんちんは大きく膨らんでいて、あらためて見ると、

 

(こんなに大きいおちんちんが何度も私のオマンコに入っていたなんて・・・)

 

と、彼氏と激しくセックスした昨夜のことが頭の中かに浮かんできました。

 

「どうした?」

 

「きゃっ!」

 

突然彼が近づいてきました。

 

「もしかして、朝勃ちした俺のチンコ見て興奮した?」

 

「えっ・・・いや・・・その・・・」

 

彼が近づいてくる間も、股間から目が離れませんでした。

 

「ちょうど抜きたくなったからさ、フェラチオして?」

 

彼はベッドの上で、盛り上がった股間を突き出すように腰を上げました。

 

もっこりが一層強調されて、とてもいやらしく見えました。

 

すでに私も舐めたくなっています。

 

「ん~・・・あれ、いい香り?」

 

「起きる前に身体洗ったからね」

 

私は犬のように彼の股間に鼻をつけてスーッと匂いを嗅ぐと、彼の使ったボディーソープの匂いが私の嗅覚を刺激し、さらに興奮しました。

 

「おっきぃ・・・!」

 

私は我慢できなくなり、彼のボクサーパンツを脱がせると、お腹にくっつく程そそり立ってたおちんちんが現れ、また昨日の激しいセックスを思い出してしまいました。

 

「んふっ」

 

私は大きなおちんちんを口に含み、フェラチオを始めました。

この体験談の続きを読む

巨根で絶倫の俺に嫁が性欲旺盛なママ友を抱かせる約束をした結果…

絶倫、性欲旺盛
画像はイメージです

 

俺をママ友に抱かせる約束をする嫁

 

俺は40歳で嫁は30歳。

 

嫁が20歳の時にうっかり中出しして「できちゃった婚」となり、今ではなんと子供が5人いる。

 

嫁はAV女優の吉沢明歩に似ていて、結構可愛くておっぱいもDカップだし、ほぼ満足している。

 

俺の仕事は肉体労働なので体力はあるし、絶倫といえるかは分からないが、毎晩2回はできる。

 

でも最近は嫁がもたないので、それでも週4ぐらいはセックスしている。

 

一番下の子供も幼稚園に入ったので嫁は比較的自由になり、最近はママ友と時おり飲みに行く様になった。

 

本当に仲の良い3人とばかり行っていて、何でも話せるので気が楽だそうだ。

 

前置きが長くなったが、ここからが本題。

 

そんな仲間で飲んでいて、話の流れで夜の営みの話になったそうで、仁美(29歳2人の子持ち)は2人目が生まれてから2年セックスレスで、智子(31歳3人の子持ち)は月に一回ぐらい。

 

もう一人(名前は知らない)も、やって月一、年に10回もしないそうだ。

 

嫁は驚いて、

 

「ゆきちゃん(嫁)のとこは?結構エッチやってそうだけど月に何回?」

 

と聞かれ、正直に言うか迷いながら、

 

「減って週4回」

 

って言うとめちゃくちゃビックリされたそうだ。

 

それからは質問攻めに合い、わりと細かいとこまで答えたらしく、回数や時間など。

 

以前は毎日で、休み前は朝まで励むのが当たり前、てな事を言ったらドン引きされ、

 

「うそー?さすがに盛ってるよね?」

 

となかなか信じてもらえなかったそうだ。

 

すると仁美が、

 

「いいな~、私も性欲旺盛な方だから、淡白な旦那で欲求不満なんだよね~」

 

と言い、そこからは元彼の話にもなり、

 

「あん時の彼は絶倫だったな~」

 

なんて話をされると嫁は

 

「私は今の旦那が初めての相手なんだけど」

 

と言うと、またしても驚かれ、

 

「初めてが性欲強い人だったんだ~」

 

と言われ、俺と同年代の平均セックス回数なんかの話をされ、逆に嫁がびっくりしたそうだ。

 

話はセックスで盛り上がったところで、仁美が真顔で、

 

「ゆきちゃん、一度旦那さんを貸してくれない?」

 

と言われて、

 

「なに言ってるの?」

 

と冗談と思って笑いながら言うと、

 

「本気なのよ!このままじゃ身体が疼いて浮気しちゃいそうだもの」

 

と真剣に言われ、仁美の本気は感じたそうだ。

 

身体の関係だけだし、お互いの家庭を絶対に壊さないと力説され、

 

「じゃあ叙々苑で焼肉食べ放題でどう?」

 

と言われてあっさり了承したそうだ。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト