タグ:バックの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:バック

パンティーラインくっきりの女性社員の巨尻にチンポがハマッちゃった

巨尻
画像はイメージです

 

巨尻の割れ目にチンポがハマッてしまった

 

俺の会社には、とても魅力的な尻の女性社員がいる。

 

彼女の年は32歳だが、さらりとした髪の毛にショートカットで、顔もちょっぴり童顔なので、年齢よりも若く見える。

 

その上スタイルもいいので、たまらない。

 

上半身はスレンダーなのに、お尻がとってもムチムチしていて大きいのだ。

 

みんな同じ作業着で仕事をしているのだが、作業着というのは動きやすいように少し余裕を持って作られているものだ。

 

その子と同じような体型の女性社員は他にもいるが、お尻のラインが出るようなことはまずない。

 

よほど太っているとか、おばちゃんやデブの女性ならまだしも、彼女はスレンダーでスタイルがいいのだから、いかに巨尻かが分かるというものだ。

 

自分の仕事場から彼女との距離はだいたい4メートルくらい。

 

彼女が直立していても、近くにいる女性社員と比べても、明らかに巨尻であることが分かる。

 

俺は用もないのに、チラチラ巨尻を盗み見ている。

 

サラサラとした髪の毛にスタイルも抜群。

 

そして下半身を見ると、作業着のズボンからヒップラインが出るほどのくっきりした巨尻。

 

ついつい見入ってしまうと、仕事中なのに勃起してしまうくらいだ。

 

さらに強烈なのは、彼女が前屈みになっただけで、なんと巨尻の割れ目にズボンが食い込んで、半端なくエロい光景になることがある。

 

普通は作業着でそこまでなることはない。

 

しかもスタイル抜群の若い女の子なのに、なおさらだ。

 

おそらく他の女子社員たちも気づいているだろうと思う。

 

明らかに自分たちよりお尻が大きいし、仕事中に彼女のお尻の割れ目にズボンが食い込んでいることが。

 

本人も恐らく気づいているのではないだろうか。

 

ある時なんかは、彼女が床に置いてあるものを取ろうとした時、かなり前かがみの体勢になったことがあった。

 

巨大なお尻が思いっきり突き出され、近くにいた俺は、今すぐにでもバックでチンポを挿入したいと思ったぐらいだ。

 

しかもパンティーラインが、くっきりと浮き出ているではないか。

 

(あ~たまんねぇ)

 

これを見るなという方が無理な話である。

 

そしてそんなある日、ちょっとラッキーな出来事があった。

 

棚卸しをしていて、彼女と同じ持ち場になったのだ。

 

そこは階段の下のスペースを倉庫代わりに使っている場所で、少し狭い。

 

ただ小さな部品が置いてあって数は多いので、俺ら二人で作業することになった。

 

彼女が脚立に上がって棚の上の方を確認している時に、バランスを崩して俺の方に倒れてきたのだ。

 

「キャーッ!」

 

という悲鳴とともに背中から倒れてきて、俺は

 

「危ない!」

 

と言ってなんとか背中は押さえたが、とても支えきれるものではなく、二人とも床に叩き

つけられてしまった。

 

俺が下敷きになる格好で、彼女への衝撃は減ったはずだが、こっちは結構痛い。

 

しかしラッキーな事に、彼女の巨尻の割れ目が、俺のチンポにスッポリとハマっているではないか。

 

痛みなんて、なんのそのである。

 

もちろん、すぐに勃起してしまった。

 

ずっとこのままの体勢でいたいと思うくらい、巨尻の感触が気持ちよかった。

 

しかも、彼女の体の柔らかさや、香水の甘い香りも漂ってきていい気分だった。

 

すると彼女が、

 

「あれ?なんか硬いものが当たってるんだけど」

 

と言ってきた。

この体験談の続きを読む

近所の奥さんがボディラインくっきりの服で僕を誘惑してきた

熟女 バック
画像はイメージです

 

奥さんがピチピチの服装で誘惑してきた

 

僕のセックス初体験は近所の奥さんでした。

 

年齢は40歳前くらいだと思います。

 

小柄で少しぽっちゃりしてて、気さくないい奥さんでした。

 

旦那と娘の3人暮らしでしたね。

 

元々はうちの毋と仲が良くて、うちの家にも来たりしていました。

 

旦那さんは商社に勤めていて、海外出張も多かったみたいです。

 

自分は一人っ子だったので、奥さんの娘さんを妹のような感じで接していて、勉強とかも教えたりしていました。

 

初体験は夏でした。

 

娘さんにに勉強を教えに行ったら、その日はいなくて奥さんに、

 

「せっかくきたんだから、冷たいものでも飲んで行きなさいよ」

 

って言われて、

 

「ありがとうございます」

 

って家に上がったんです。

 

その時の事は今でもはっきり覚えています。

 

奥さんがピチピチのワンピース姿だったんです。

 

もうボディラインがくっきり出てて、おっぱいやお尻が強調されていました。

 

大人の色気というか、色っぽかったです。

 

何を話したか覚えてないくらい、胸ばっかり見てたような気がします。

 

そしたら、

 

「何処みてるのぉ?」

 

って言われて、

 

(ヤバい!)

 

と思ったけど、

 

「でも、女性に興味ある年ごろだよね」

 

って言うと、奥さんが玄関の方に歩いていったんです。

 

そして「カチャッ」と玄関にカギをかけたんです。

 

あの時は

 

(もしかして・・・)

 

と奥さんとエッチな展開になることを期待して、もうドキドキしてました。

 

玄関から戻ってきた奥さんは、不適な笑みを浮かべていたように思います。

 

それから奥さんが私の隣にスッと座り、体をくっつけてきました。

 

もうドキドキを通り越して心臓は破裂寸前の状態です。

 

そして何も言わず僕の手を取ると、奥さんは大きなおっぱいの上に持っていきました。

 

「どぉ?柔らかいでしょ?」

 

と耳元でそんな事を言っていた気がします。

 

もう僕は頭が真っ白で、顔は真っ赤になっていたと思います。

 

僕がオドオドしながらぎこちない手つきで胸を触っていると、今度は片ヒザを立ててきたんです。

 

むっちりとした白い太ももが目に飛び込んできました。

この体験談の続きを読む

巨乳奥さんが超エロい格好で俺を挑発するからバックでチンポ挿入した

後背位
画像はイメージです

 

奥さんがエロい格好で俺を挑発している?

 

去年の夏のこと。

 

俺は現在20代半ばで、とあるマンションでTVアンテナの工事のアルバイトをしていた。

 

高級マンションではあったにも関わらず、ちょい古かったため、CS放送の受信にはいまだ対応していなかった。

 

屋上のアンテナと共用部分の機器は交換し終わって、あとは各部屋の中のテレビの端子交換を残すのみだった。

 

しかしこれがかなり大変で、だいたいの家庭のテレビの後ろは埃が溜まっているので、むせ返る事もしばしば。

 

俺は職人ではないので、材料の準備と工事の立会いを主にしていた。

 

そして最終日になったのだが・・・。

 

職人さんが突然交通事故に遭い、来れなくなってしまったのだ。

 

かなり焦ったけど、今日の予定は午前中の3件だけだった。

 

材料は揃っていたので急遽俺が工事をすることになった。工事の仕方はいつも注視していたので、なんとか出来るだろうと。

 

一軒目はスムーズに終わって二軒目の家に来た。

 

なんとそこの奥さんがとても官能的。

 

笑うと優木まおみにそっくりで可愛い。

 

しかも体型もやたらとエロチック。

 

Tシャツにジーパンといったラフな格好なんだけど、Tシャツから突き出たおっぱいに目を奪われてしまう。

 

下半身がピクンとして頭はクラクラ状態。

 

「あ、失礼しまーす」

 

「どうぞー、ごめんなさいねー。散らかってるの」

 

「いえいえ、とんでもないですよ」

 

部屋は本当に綺麗でちっとも散らかっていなかった。しかもなんともいえないいい匂いがする。

 

「じゃぁ早速工事に入らせていただきますね」

 

「場所はリビングと、あと寝室です。お願いしますね。あれ、あなた工事の説明会の時には居た?」

 

「あっ、自分は普段工事はしないんですが、急遽代打を頼まれまして」

 

「あら大変なのねー。急いでないからゆっくりでいいわよ」

 

覚えていてくれたことに妙に感動してしまう。

 

テレビを動かして端子の箇所を交換をしていると、奥さんが興味あるのか、四つん這いの状態で覗き込んでくり。

 

「へぇー、こんなふうになってるんだー」

 

覗き込む顔が近すぎてドキドキしてしまう。

 

工具を持ち替えるために体勢を変えた時、Tシャツの胸元から、ブラジャーに包まれた大きな谷間がバッチリ見えてしまった。

 

しかも至近距離で。

 

たまんねぇ。

 

ピンクだ。

 

仕事どころじゃねぇ。

 

いやいや、やることはやらないと。

 

リビングが終わって寝室へ移動する。

 

大きなダブルベッドを見て少し興奮する。

 

この時点で半勃起状態に。そりゃ仕方ないよね。

 

「ちょっと暗いからカーテン開けるわね」

 

そう言って奥さんがカーテンを開けると、ベランダに干してある洗濯物のブラジャーとパンティーを発見!

 

薄いピンクのものと黒があった。

 

やっぱりブラジャーがかなりデカい。

 

この時点でフル勃起。

 

そして作業中にまた奥さんが近い。

 

「すいまんせん、汗臭いんであまり近寄られると臭いますよ」

 

夏だったこともあり、実際ある程度汗をかいていた。

 

「大丈夫よ、嫌いじゃないから」

 

「え?あっ、は、はい」

 

奥さんはチャーミングな笑顔で見ている。

 

俺はもう心臓がバクバクしていた。

この体験談の続きを読む

一人旅行で知り合った可愛い女子大生と友達の目を盗んでセックスした

洗面所セックス
画像はイメージです

 

一人旅の俺と4人の女子大生

 

俺は大学4年の時、一人旅行が好きであまりお金をかけずに、国内を旅していました。就職も決まりこつこつ貯めたバイト代で、今しかないと思ったからです。

 

常に1人で行くわけですが、なるだけローカル線に乗ったり安い旅館を利用していました。夜行バスもしょっちゅう利用しました。

 

そんな中である体験をしました。

 

仙台へ向かった時の事です。新宿を深夜0時に出ると、朝方6時ぐらいに到着する夜行バスです。

 

バスに乗車するとラッキーだったのか、周りには女の子の仲間4人組が乗っていました。俺と同じく大学生みたいで、4人で温泉旅行に行くのだそうです。

 

別に普通に乗ってるだけなら仲良くなる事なんてほとんどありません。

 

でもこれまでも何回か経験あるんですが、トイレで立ち寄るサービスエリアが狙い目になったりするんです。

 

この時もそうでした。

 

4人組は楽しいのかお酒やお茶を結構飲んでいたのでしょう。深夜のサービスエリアで2人がトイレに行きたくなったようです。

 

深夜の人気のないサービスエリアって、意外と怖いものです。

 

「ねえ、トイレ行こうよ~」

 

「やだぁ、暗くて怖いじゃん」

 

「えぇ~、お願い、一緒に行こうよ~」

 

「もう、我慢しなよ~」

 

俺は煙草を吸いたかったので、チャンスとばかりに話し掛けました。

 

「俺も煙草吸いに行くんで一緒に行きましょうか?」

 

「えっ?イイんですかぁ?」

 

「よかったぁ~」

 

「じゃアタシも行く」

 

「アタシも~」

 

結局4人ともトイレに行く事になったのです。

 

それがきっかけでワイワイ喋るようになったんですが、彼女たちは予想通り都内の大学生でした。俺が

 

「一人旅なんだよ」

 

と言うと、何処に泊まるのか、何処に行くのかいろいろと聞いてきました。

 

4人の中で特に可愛い子がいて、名前は真理子と言ってました。俺と同い年で彼女の出身は福島だそうです。

 

もう就職先も決まったから暇なんだと言ってました。

 

バスに戻ると眠くなってウトウトしていました。多分4時頃だったと思います。トイレに行きたくなったので、運転手さんに聞いてみました。

 

そしたらもう少しのところでパーキングエリアがあるから、そこに寄ってくれることになりました。

 

俺がシートに戻ると、後ろから肩を叩かれました。真理子です。

 

「トイレ?」

 

「うん、運転手さんに聞いたらもうすぐパーキングエリアだって」

 

「じゃアタシも行こうかな」

 

「あぁ、じゃ一緒に行くか」

 

運転手さんは自分も休憩したいから

 

「ゆっくり戻ってイイよ」

 

と言っていただけました。トイレに行った後、缶コーヒーを買って煙草タイムです。そこに真理子が寄ってきて、2人でおしゃべりしながら一息ついていました。

 

「友達4人で温泉旅行なんて楽しそうだね」

 

「やっとみんな内定貰ったんでようやく行けるのよ」

 

「俺はいつも1人だから羨ましいな~」

 

「彼女と行かないの?」

 

「いや、彼女いないし」

 

「へえ、そうなんだ!全然そんな風に見えないけど」

 

「っていうかそっちも彼氏と行かないの?」

 

「彼氏まだ就職決まってないの」

 

(やっぱりこんな可愛い子にはそりゃ彼氏ぐらいいるよな~)

 

と少しガッカリしました。

 

温泉旅館の話をしている内に、俺もなんだか温泉に行きたくなってきました。

 

「俺も温泉行こうかな。俺がその旅館に行ったら、みんなで呑もうよ!」

 

「イイよ~!」

 

ちょっと仲良くなれた感じがしたのでスパッと言ってみました。ニッコリとOKしてくれたので嬉しくてハイテンンションになりました。

 

そしてバスに戻り、仙台に到着してから別れました。

 

バスの中で聞いた温泉旅館をネットで検索すると、意外と安い宿みたいなんです。俺はいつも素泊まりだからちょっとばかし奮発したら良いだけです。

 

携帯も聞かずに別れたので、多少の不安はありました。突然行ったら

 

(なにコイツ?)

 

みたいに思われるんじゃないかと。社交辞令でOKって言われたけど、まさか本当に来るとは思わなかったとか良くある話なので。

 

それでも下心が勝っているので、腹をくくって向かってみました。

この体験談の続きを読む

私が巨根だと知って誘惑するお隣の巨乳奥さんが実は妻公認でした

巨乳 騎乗位
画像はイメージです

 

お隣の奥さんがノーブラで誘惑

 

私と妻は高校時代の同級生で、30代前半の時に開催された同窓会で久々に再会して交際、結婚に至りました。

 

現在、結婚3年目で私達は39歳になります。

 

結婚が遅かったのもあり、子供も今のところ出来ず、共稼ぎということも影響して、セックスもそんなに多くありません。

 

でも仲は良いと思っています。ただ最近、少し気になることがあるんです。

それは、お隣の奥さんのことなんです。

 

お隣のご夫婦はご主人が48歳で、奥さんが35歳の年の差夫婦です。お隣も子供に恵まれてないようです。

 

奥さんは専業主婦です。

 

私がお隣の奥さんの何が気にかかるかということなんですが、私が朝出勤するのと、隣の奥さんがゴミ出しに出る時間が、いつも重なるんです。

 

と言うよりはむしろ奥さんが玄関で控えていて、私が家を出るとそれに合わせて奥さんも出来るようなタイミングなのです。

 

ですので、いつもエレベーターで私と奥さんは一緒になります。妻は私よりも先に出勤するので、このことは妻は認識していません。

 

それともうひとつ気になることがあります。

 

それは奥さんの格好です。そりゃあ朝からちゃんとした格好でゴミ出しはしないと思います。

 

しかし、ほぼキャミソールかピッタリめのTシャツで、しかもノーブラなんです。奥さんは巨乳なのでもろに強調されています。これは私に巨乳アピールしているとしか思えません。

 

いや、私が勝手に考えすぎているとも考えられます。

 

しかし、こうも毎回同時にエレベーターに乗ってきて、隣の主人にそんなエロチックな格好を見せ付けてくるでしょうか?

 

しかも私たちは7階に住んでいるので、結構長い時間一緒に乗っています。

 

挨拶程度の会話しかしませんが、私の目線はチラチラ奥さんのエロい巨乳に向いてしまいます。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト