タグ:ドラッグの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ドラッグ

結婚を控えた女友達が僕に薬を飲ませてチンポに跨ってきた理由とは

騎乗位
画像はイメージです

 

かつての女友達が泊まりにきた

 

僕は大学へ入学してから1人暮らしを始めました。

 

1年生の時は、高校の時の友達が遊びに来たり、2ヵ月に1回ぐらい僕は地元に帰ったりして遊んでいました。

 

しかし3年生になったころには、以前の友達と遊ぶことはほとんどなくなりました。

 

それで、3年生の夏休みはアルバイトばかりしていました。

 

だいぶお金も貯まってきたころに、突然小、中学の時に仲が良かった女友達の美緒から連絡が来ありました。

 

美緒は以前から妙に気の合う子でした。

 

その美緒から、週末の夜遅くに突然メールが来ました。

 

「お久しぶり、美緒です。突然の連絡でごめんね。良かったら少し話さない?」

 

美緒とは高校卒業以来だったので、ビックリすると共になんだか嬉しかったです。

僕がもちろんいいよと返すと

 

「メルアド変えてなかったんだね、よかった。今電話してもいい?」

 

「うん、いいよ」

 

ほどなく電話がかかってきました。

 

電話の内容は、なんと8月末に結婚するということでした。

 

結婚したらもう僕とはほとんど会えないし遊べなくなるから、久しぶりに遊ばないか、というものでした。

 

僕も会いたかったし、来週末ならいいよ、と答えました。

 

久しぶりに会ってみると、やっぱり気の合う美緒との遊びは面白かったです。

 

遅くなってきたので帰りの事がそろそろ心配です。

 

「何時ごろ帰んの?」

 

と聞くと、

 

「実は泊まるつもりだったの。ダメ?」

 

と可愛く手を合わせてお願いされました。

 

もちろん僕はOKです。

 

アルバイトばかりしていた僕の部屋は物があふれていて、2人で片付けなければならず、少しみっともなかったです。

 

何だか

 

(良い雰囲気だな)

 

と思いましたが、さすがにこれから結婚する女に手を出してはマズいと思いました。

 

それ以上に掃除が終わる頃には、僕はもう眠たくなっていました。

 

晩御飯は美緒がパスタを作ってくれて、二人で酒を飲みながら食べました。

 

美緒との会話は弾むので、食事が終わっても僕達はしばらくお酒を飲み続けていました。

 

そして気がつくと、僕は床の上で寝てしまっていました。

 

普段、バイトが忙しくて睡眠時間が少なかったのに、やはり美緒といると妙に落ち着くからかなと思いました。

 

その時、美緒はお風呂に入っていました。

 

何を期待したのか、僕は起きて美緒が出てくるのを待っていました。

 

風呂から上がった美緒は、僕のTシャツとトランクスを穿いていました。

 

「あれ、起きたの?起こそうと揺すったけど全然起きなかったんだよ」

 

と美緒は笑いながら言いました。

 

そして台所に生き、

 

「飲みすぎたんじゃない?はい、お水」

 

と言って、コップに水を入れて僕に渡してくれました。

 

酔っていたせいか水がとても美味しく感じ、僕は一気に飲み干して風呂場へと向かいました。

風呂に入っている間、まだ頭がボーっとしていましたが、美緒が入った後の良い香りが残っており、僕はちょっとだけ興奮しました。

 

ただ、何かおかしかったのです。

 

まるで自分の体では無い様な感覚で、フラフラとしてきていました。

この体験談の続きを読む

【ドラッグ】義姉とのセックスが中毒になるほど気持ちよすぎる

ドラッグセックス
画像はイメージです

 

義姉が冗談でラブホに誘ってきた?

 

俺は結婚して6年、今年で30歳になります。

 

義姉がいるのですが、まだ独身の28歳です。

 

今年の正月、毎年の事ですが田舎の実家に集まりました。

 

正月なので昼間から酒を飲み、義父、嫁が早々に酔いつぶれ、子供らは昼寝をしています。

 

酒に強い義姉と俺だけが起きている状態になりました。

 

食べるものが無くなってきたので、、義姉さんが買出しに行こうと俺を誘ってきたので、車で出かけました。

 

昔は今ほど飲酒運転に厳しくなかったので・・・

 

田舎なのでお店も近くにはなく、少し遠出しなければなりません。

 

その道中にラブホテルがあるのですが、そこの手前辺りで、ホロ酔い状態の義姉が小さな声で、

 

「入ってみる?」

 

と言ってきたのです。

 

「えっ?!」

 

と驚いた声を出すと、

 

「なんでもない」

 

と義姉は言いましたが、俺は車を右折させていました。

 

そして躊躇なく駐車場に入っていきました。

 

車を降りると義姉は、

 

「私、こういうとこ、よく分かんなーい」

 

と甘えたような言い方をしながら、俺の肩にしなだれかかってきました。

 

「墓場まで持っていけると約束できるか?」

 

と古風な言い方で尋ねると、

 

「うん」

 

と義姉は返事をしました。

 

義姉の顔は西尾由佳理アナウンサーに似ていて、小柄ですがおっぱいの形がよく、Fカップあるそうです。

 

義姉が、

 

「遅いと怪しまれるから、1時間ぐらいで終わらせましょう」

 

と言ったので、急いでシャワーを浴びました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト