タグ:トイレの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:トイレ

露出癖のある変態女子高生がオマンコ広げて中出しを懇願してきた

オマンコぱっくり
画像はイメージです

 

女子高生がオマンコ見せてきた?

 

先日、信じられないような体験をしました。

 

本当に嘘でしょうというような内容です。

 

先日、コンビニへ弁当を買いに行き、立ち読みをしていました。

 

女子高生が店の中に入ってきて、僕の隣に来て同じように立ち読みを始めました。

 

ちらっと見て気になったのは、この女子高生のスカートが極端に短いんです。

 

(パンツ見えちゃうんじゃないの?)

 

って思うくらい短かかったです。

 

顔も結構可愛くて、スタイルもなかなかのもんです。

 

そんな訳で、チラチラと何度も見てしまいました。

 

そしてしばらくすると、

 

その女子高生が急にその場にしゃがみ込んだんです。

 

しかも大胆に足を大きく広げてるのでパンツ丸見え状態なんです。

 

気が付いてないはずはないと思うんですけど、まるで動じずに本を読み続けています。

 

僕はさらにチラチラ見ていると、その子が僕を見上げ、目が合ってしまいました。

 

するとその子はニコッと笑い、いきなり自分からパンツをずらし、チラっとオマンコを見せてきたんです。

 

これには超ビックリしましたが、ヤバイ人が回りにいるわけでもなかったので、声を掛けました。

 

「・・・見えてるよ」

 

「見せてるんです。もっと見てくれませんか?そこのトイレで・・・」

 

僕が先にトイレに入り、時間差で女子高生が入ってきました。

 

便座のフタを閉めると、女子高生は自分からためらいもなくパンツを脱ぎ、便座に座り込みました。

 

しかも足も便座に乗せて、大きくM字開脚の形で・・・。

 

JKのピンク色した綺麗なオマンコがはっきり見えます。

 

「どうして見せてくれるの?」

 

「ただオマンコ見せたいんです。もっとよく見てください」

 

と言って、指でパックリとオマンコを開いてきました。

 

ピンク色のオマンコの中身が丸見えになって、超エロいんです。

 

しかも女子高生は、ニコニコしながらオマンコを見せてきます。

 

もう遠慮することはありません、顔を近づけてじっくりオマンコ鑑賞をさせてもらいました。

 

このJKのオマンコ、本当にキレイなピンク色です。

 

手を伸ばしてパックリ開かれたオマンコを触りました。

 

「あんっ・・・」

 

JKは気持ち良さそうな声を出してきました。

 

なぞるように触っているうちに、見る見る濡れてきます。

 

僕も興奮してきて、我慢出来ずにペロペロ舐めてしまいました。

 

「んあっ・・・あん・・・」

 

小さな可愛い喘ぎ声が聞こえてきます。

 

「あ、あの・・・おちんちん入れて下さい」

この体験談の続きを読む

【処女・童貞】学校のトイレで初体験同士が出血しながらセックス

学校のトイレでセックス
画像はイメージです

 

ふいに発した一言が思わぬ展開に

 

僕が高校2年生の時の話です。

 

僕の顔はいたって普通レベルで、成績もたいして良くなかったです。

 

学校では、普通にクラスで騒いでる奴らのうちの1人、程度のありふれた男子でした。

 

とある夏の日、英語の小テストで20点しか取れませんでした。

 

英語の先生は僕のクラスの担任で、放課後に30分くらいの自習を命じられてしまいました。

 

その時たまたま教室に残っていた麻里ちゃんを先生が呼び、僕の勉強をサポートしてくれるみたいな事になったんです。

 

麻里ちゃんは僕と同じ中学で仲も良く、高校では成績優秀者でした。

 

丸顔でどちらかというと童顔、肌はほんの少し焼けて若干小麦色、髪型は黒髪のショートカットで、わりと可愛らしい子でした。

 

担任の先生が職員室に行った後、僕達は勉強を開始する事にしました。

 

僕は椅子に座り机にノートを広げ、麻里ちゃんは教えるために僕の前に座りました。

 

「え~、何から教えればいいかな?」

 

(まさかテスト範囲丸ごとなんて、ずうずうしい事言えないよな)

 

「えっと」

 

応えようとした時、暑さのせいか麻里ちゃんの首が汗でちょっぴり濡れているのが見えました。

 

それだけでなく、汗でおでこと首に髪がくっ付いています。鎖骨もくっきり見えて、僕はつい見とれてしまいました。

 

「ねえ、聞いてるの?」

 

ハッと我に帰り、麻里ちゃんに返事をしました。

 

「え、あぁ、セックス。」

 

(……)

 

(…………あれ?)

 

(なにを言ってるんだ?)

 

一変して僕の頭は焦燥感で一杯になりました。

 

ジェットコースターにでも乗っている気分でした。

 

とんでもないことを口走ったおかげで麻里ちゃんの目も見れません。

 

ところが、

 

「え?何?したいの?」

 

麻里ちゃんがニヤニヤしながら僕を見てきます。

 

「いや、その、違うよ、つい・・・」

 

「まぁ、興味あるんだろうね(笑)」

 

(やばい!早く勉強して帰ろう・・・)

 

「ジョ、ジョーダンだよ、勉強教えてよ、ね?」

 

慌てふためく僕にクスッと笑いながら、なんと麻里ちゃんがシャツのボタンを2個外したんです。

 

「え?ちょっ…」

 

ブラジャーが見えています。

 

白にピンクの模様入りのブラジャーでした。

 

僕はいつの間にか勃起していました。

 

「お、おい!何やってんだよ」

 

「だって暑いし」

 

手で顔を仰ぎながら麻里ちゃんが言います。

この体験談の続きを読む

痴女ナースにトイレでフェラされ溜まった濃い精子を何度も中出し

ナース
画像はイメージです

 

入院中の夜中のトイレで美人ナースが

 

大学生の時の話です。

 

ラグビーで負傷して入院することになりました。

 

病院に入院した時のお目当ては看護婦さんですよね。綺麗子はいるかな~と観察したけど・・・、酷すぎます、おばちゃんだらけでした。

 

入院して3日ぐらい経過して、急にボルテージがあがりました。長澤まさみ似の魅力的なナースさん(25)がいるではないですか!

 

その看護婦さんはかなり親切で、患者個人個人に気さくに声をかけてくれます。

 

ですが、彼女も出来たことがありませんし、人見知りする自分は、目も合わせられず、話もまともに出来ませんでした。

 

入院して1週間経った日の夜中、オシッコに行きたくなり目が覚めてしまいました。松葉杖をつきながら、トイレに向かう自分。

 

(夜中の病院本気で怖いな)

 

その道中、長澤まさみ似のナースさんに遭遇し、トイレまで付き添ってくれました。オシッコしていると、そのナースさんが男子トイレに入って来たのです!

 

そして

 

「◯◯さん」

 

と、僕の名前を呼びながら接近してきます。

 

「は、はい??」

 

普段の親切なイメージと違う看護婦さんは、

 

「私の、オマンコの疼きを止めてくれない?」

 

と、いきなりスカートを捲り上げ、パンツを見せてきたのです。

 

「えっ!・・・自分、まだ童貞なんですけど」

 

「そうなの?じゃあ、いっぱいしてあげちゃう」

 

そう言うとすぐに、僕のズボンとトランクスをずり下ろしてチンコを咥えてきたのです。

 

唾をめっちゃ出してフェラしてくるので、トイレに卑猥な音が響きまくっていたと思います。

 

金玉や竿も丹念に舐めてくれて、童貞の僕が我慢できるはずがありません。

 

「もう、イ・・・イキそうです」

 

「ダ~メ!!まだ我慢だよ」

 

と、相当な痴女っぷりです!

 

「◯◯さん、童貞だっけ??女の子のオマンコ見たいでしょ??」

 

そりゃ見たいです。でも自分は声が出せずに、頷くことしか出来ませんでしたけど。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト