タグ:デリヘルの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:デリヘル

風俗嬢は顔やスタイルで選ぶな、性格とセックステクニックで選べ

デリヘル ぽっちゃり
画像はイメージです

 

綺麗じゃないけど明るくテクニックのあるデリヘル嬢

 

俺がいつも指名しているデリヘル嬢の奈々から、近々デリヘルを辞めると報告があった。

 

奈々ってのはもちろん源氏名で、この1年で25回以上は指名している。

 

だいたい月2回ほどのペース。

 

奈々からすれば俺はお得意様で、10回指名したぐらいでアドレスを交換し、入りたい前日に直接奈々に連絡して90分の予約をする、そんな関係だった。

 

奈々は正直綺麗とはいえないし、ポッチャリのタイプ。

 

初めて呼んだ時、ホテルのドアを開けて奈々を見た瞬間に、

 

「チェンジ」

 

って喉まで出掛かったもんだ。

 

でも、

 

「こんにちは!奈々っていいます。私でいいですか?」

 

って明るく言われて何も言えずOKしてしまい、

 

(今日はハズレだな・・・)

 

と思った。

 

この店のシステムは、90分¥20000とリーズナブルで、割引チケットを使うと¥19000でしかも本番OK。

 

(この値段でヤレるならいいか・・・)

 

帰り際に、

 

「また指名してね!」

 

と言われて正直迷う俺だったが、

 

「また指名するよ」

 

と言ってしまった。

 

しかし、その後も奈々を指名し続けたのには理由がある。

 

22歳のポッチャリで、おっぱいも本人はDカップと言ってるが、どう見てもCカップぐらい。

 

色白で濡れ具合も良く性格はすごく良いが、巨乳好きの俺としてはちょい不満。

 

だが、特筆するべき点が二つある。

 

それはセックステクニックが上手いこと。

 

私の快感ポイントを始めから知っていたかのようだ。

 

それと時間内なら、コンドーム付きであれば何発でも発射OK。

 

本来なら有料オプションの口内発射もタダ。

 

ほとんどのデリヘル嬢は1回射精すると、シャワーを浴びてとっとと服を着て時間を潰して終了、ようなの女ばかり。

 

ある時奈々に前職を聞いたら、吉原のソープ嬢を1年やっていたが、生中出しのために飲んでいたピルが体に合わず、ソープを辞めてデリヘルへ移籍してきたと言っていた。

 

前ふりが長くなったが、以前に、奈々が風俗を辞めるって決めたら店外で会おうと約束していた。

 

当然社交辞令と思っていた俺だが、まさか本当に連絡があるとはな。

 

馴染み客とはいえ律儀な子だなと思い、私は有給を使って休みを取り、昼前に落ち合った。

 

軽く食事をしてラブホテルに行こうと誘うと、奈々の方から行ってみたかったホテルがあると言いだした。

 

そのラブホは奈々の店の出張範囲外で、1度も行ったことがなかったらしいが、聞いた話だとかなり良いらしい。

 

少し遠かったが了解し、実際に行って見ると外観は綺麗だった。

 

午後2時に到着し、フリータイムの2部で午後8時までいられる。

 

「誠二さん、8時までいいの?」

 

「もちろんいいけど、奈々の時間は?」

 

「今日は休みなんで空いてるよ」

 

「この前、パチンコでちょい勝ちしたから4万ぐらいは出せるけど」

 

「誠二さん、今日は仕事じゃないの。今までたくさん指名してくれたし、あたし唯一の常連さんだから、今日はタダでいいよ」

 

嬉しい事を言ってくれるじゃないか奈々。

この体験談の続きを読む

顔見知りのデリヘル嬢とプライベートで偶然会ったらエッチさせてくれた

爆乳 デリヘル
画像はイメージです

 

馴染みのデリヘル嬢とホテルへ

 

その当時俺はミカちゃんというおっぱいの大きなデリヘル嬢が気に入り、足しげく通っていた。

 

ただ、あんまり収入がある感じでもないので、パチンコに行き、勝ったら会いに行く位のペースだった。

 

この間、近くの駅前のパチンコ屋で5万円分くらい出て、近いうちミカちゃんに会いに行こうとか考えながら打っていた。

 

そしたら横にピチッとしたTシャツにホットパンツという、エロエロの姿をした女が座ってきた。

 

男なので当然気になり、チラッと横顔を見ると、なんとミカちゃんだったのだ。

 

いくらなんでもプライベートで声掛けられるのは嫌だろうなと、気付かない振りしてたらミカちゃんが、

 

「あれ?○○さん」

 

と反対に声をかけてきた。

 

おしゃべりを始めてすぐミカちゃんに当たりが出て、そこから大フィーバー。トントン拍子で12万円分位出た。

 

俺は本当はもう止めようとしてたのだけど、ミカちゃんとプライベートで話す事ができて嬉しくて止めることも出来ず、そのままダラダラ打ち、結局1万円くらいの勝ちにはなった。

 

そして換金して帰ることになったのだけど、俺は車でミカちゃんは地下鉄で来たという話をしていた。俺は

 

「じゃあ近くまで送ろうか?」

 

とダメ元で聞いたら、

 

「本当?いいの?」

 

と結構ご機嫌なリアクション。車の中でミカちゃんが

 

「○○さんさえ良ければ今からお仕事してもいいけど・・・」

 

と言われた。当たり前だがお仕事というのはデリヘルの事だ。俺は悩んだけど

 

「そうだねー、でも今日はミカちゃんにお金払えるほどは勝ってないしな」

 

と率直に言った。そしたら

 

「今日は私が隣で勝たせて貰えたということで・・・」

 

ってタダでさせてもらえるのか。おそらくとても機嫌良かったんだと思う。断る理由なんかない俺は

 

「いいの?じゃあ、お願いしよっと」

 

とラブホに車を走らせた。

 

ラブホにチェックインし、デリヘルでいつもするように2人で荒いっこしながらシャワーを浴びてベッドへ。

 

いつもし始めるように、まずミカちゃんの巨乳を思う存分揉みまくった。タダで揉みしだく巨乳はいつもより揉み応えがあるように感じた。

 

ミカちゃんはGカップで、体は細くクビレていて胸と尻に肉が付いたいわゆるボンキュッボンのボディで、とにかくグラマラス。

 

そして爆乳の感度もよく、乳首を舐めるだけでも体をビクンとさせてマンコも良く濡らした。

 

それからいつもと同様に、手マンでミカちゃんがヨガり、爆乳をブルブル震わせながらイクまで責めた。

 

そしてその次はミカちゃんが俺を押し倒し、キスから始まり全身リップへ移っていく。

 

ミカちゃんは唇や舌を俺の体にペロペロ這わせながらもおっぱいを常に俺の体に密着させ、興奮を高めてくれる。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト