タグ:デカチンの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:デカチン

初めての射精がセックス!イケメン小学生のデカチンに女子大生が…

小学生デカチンセックス
画像はイメージです

 

初めての射精がセックスでした

 

僕は小学生の時に、スイミングスクールに通っていました。

 

そのスイミングスクールの水着は、青色の競泳用ビキニでした。

 

小学5年生の時なのですが、そのころに身長が結構伸びて、競泳用ビキニがお尻に食い込むくらいピチピチになっていました。

 

いわゆる半ケツ状態です。

 

自分で言うのもなんですが、僕は周りからイケメンと言われていて、クラスの女子からも人気があることを自覚していました。

 

しかもチンコが大きくて、半ケツ状態なほどピチピチだったので、股間のもっこりが目立っていたと思います。

 

よくスイミングスクールに来ている女の人に、競泳ビキニの股間部分を偶然のふりして触られたりすることもありました。

 

当時僕は選手コースに入って鍛えられていたので、ほぼ毎日夜9時頃までプールで泳いでいました。

 

ある日、僕と大学生の女のコーチの二人が最後まで残っていました。

 

練習が終わってシャワーを浴びようとしていたら、突然その女のコーチがシャワールームに入ってきました。

 

するといきなり僕にキスをしてきて、競泳ビキニの上からチンコをさすってきたので、みるみる勃起してしまいました。

 

ピチピチの競泳ビキニなので、チンコが飛び出すくらいにカチカチになりました。

 

「すごい!可愛い顔しておちんちんはすごく大きいのね。やっぱり思った通りだわ」

 

女のコーチはしゃがんで僕の股間の前に顔を持ってくると、競泳ビキニに手をかけて脱がせてきました。

 

ピョンと勢いよく勃起したチンコが飛び出すと、なんだかコーチは嬉しそうでした。

 

僕は床に仰向けに寝かされ、

 

「小学生とは思えないデカチンだわ、それに皮も剥けてもう大人ね。トシくん、気持ちいいことしてあげるね」

 

そう言ってコーチも競泳水着を脱いで、僕の上に跨ってきました。

 

僕はなにがなんだか分からず、じっとしていました。

 

そしてチンコが温かいかいものに包まれました。

 

「はあ~ん、トシくんのが大きすぎて、ああ~感じちゃう」

 

コーチが喘ぎながら腰を動かすと、僕もあまりの気持ち良さに声を上げてしまいました。

 

そして何か込み上げてくるものを感じ、撲はコーチの中に思い切り放出しました。

 

まだオナニーの経験もなく、夢精もしたことがなかったので、初めての射精がセックスでした。

この体験談の続きを読む

セフレ交換(スワッピング)でデカチンに顔射された友達がザーメンマニアに

顔射
画像はイメージです

 

デカチンのセフレが友達に顔射

 

私は都内の大学3年生で由梨っていいます。

 

この前初めて、友達とお互いのセフレを交換しあいました。

 

スワッピングっていうんですかね。

 

親友の純子に、

 

「私のセフレはおちんちんが大きくて気持ちいいよ」

 

って話したら純子が

 

「味見したい」

 

って言うんです。

 

(余計なこと言うんじゃなかった)

 

ってちょっと後悔したけど、私も純子のセフレが気になったし、セックス大好きだからOKしました。

 

最初は渋々だったけど、実際にホテルに行って4人でスワッピング始めると、ものすごく燃えちゃいました。

 

自分がセックスしてるの見られたり、親友がセックスしてるの見たりするのって、めっちゃ興奮します。

 

私は純子のセフレの隆志君とセックスしました。

 

おちんちんの大きさはまあまあでしたが、私がイク前に自分だけイっちゃって、私のお腹にザーメンを発射しちゃいました。

 

隆志くんは、

 

「由梨ちゃんのオマンコ、めっちゃ締まりがよくて我慢できなかった」

 

って誉めてくれたのはいいけど、私はまだイケてなかったので欲求不満でした。

 

隣では純子が、私のセフレの裕太君のデカチンで激しく感じていました。

 

喘ぎ声はすごいし、純子のオマンコに裕太君のデカチンがズボズボ出たり入ったりしてるのが丸見えでした。

 

めっちゃいやらしい光景だったので、思わず自分でオマンコ触ってたら、また濡れてきちゃいました。

 

隆志君もじっと見ていて、射精したばかりのおちんちんが、またムクムクと勃起していました。

 

お互いに目が合ったので、隆志君に

 

「もう一回入れて」

 

って勃起したおちんちん握って言ったら、すぐに私のオマンコの中に突入してきました。

一回射精してるので、今度は隆志君も余裕があったみたいで、いっぱい腰を動かしてくれたのでちょー気持ちよかったです。

 

隣では相変わらず裕太君が、自慢のデカチンを純子のオマンコにズボズボ突き刺していました。

純子は、

 

「こんなすごいの初めて~、気持ちよすぎて壊れちゃう~」

 

とか叫んで、髪を振り乱して泣きじゃくるように喘いでいました。

 

(やっぱ裕太君のおちんちんて大きくていいのかな)

 

でも隆志くんのおちんちんも、裕太君ほどは大きくないけど、硬くて気持ちよかったです。

 

私もいっぱい声を出して感じちゃいました。

 

部屋中に、純子と私のいやらしい喘ぎ声が響いていました。

 

そのうち裕太君に限界がきたみたいで、純子のオマンコからデカチンを引き抜いて、純子の顔にザーメンを発射しちゃいました。

この体験談の続きを読む

おばさんでも巨乳、巨尻の私にデカチンを挿れてくれる黒人ハーフ君

おばさん デカチン
画像はイメージです

 

黒人ハーフのデカチン君が誘ってきました

 

私はとある会社で事務を担当している40才の主婦です。

 

若い男の子との嬉しい体験談を報告します。

 

会社に黒人とのハーフの男の子がアルバイトにやって来ました。

 

昼間は、男性社員は営業や配送でいなくなり、彼と2人だけになることが結構あります。

 

彼は21才で日本育ちなので、流暢な日本語で気さくに話しかけてくれ、すぐに仲良くなりました。

 

私には子どもがなく、主人とはうまくいかず別居中なので、一度仕事の帰りに私の家に

 

「晩御飯でも食べにに来ない?」

 

と誘いました。

 

私の家はお風呂場とキッチンが、壁を隔てて隣り合わせになっています。

 

私が食事の準備をしている間に、彼にシャワーを浴びてくるように言いました。

 

彼はおどけて、風呂場から裸で出てきて、大きなおちんちんを私に見せました。

 

おちんちんは彼の膝付近までダランと垂れ下がり、ぶらぶらしていました。

 

かなりのデカチンで、しかも黒くて太いんです。

 

私は一瞬ハッとしましたが、単なる悪ふざけだと思ったので、

 

「いやだわ、もう、早く服を着なさい」

 

と言って食事の準備を続けました。

 

彼は服を着て椅子に座って待っていましたが、食事の用意をしている私の胸やお尻に彼の視線を感じていました。

 

食事の支度が終わり、汗をかいたので私がバスルームでシャワーを浴びていると、彼がカーテンドアを開けて磨りガラス越しに覗いているのが分かりました。

 

歳が20くらい離れているので、まさかこんなおばさんに、若い男の子が女性として興味を持つことはないと思っていました。

 

私自身も男性の気を引こうなどとは、ここ数年考えたこともなかったんです。

 

だだ、自分でいうのも何ですが、胸はFカップの巨乳で、お尻も大きくて丸みを帯びています。

 

155センチの小柄で、バストもヒップも歳のわりには垂れていないし、肌も白くてスベスベしていると思います。

 

(もしかして、私の体が彼をそそらせたのかな?)

 

食事の用意が出来、色々彼とお話ししながら食事をしました。

 

そして食事が済むと・・・彼は求めてきたのです。

この体験談の続きを読む

元カノの母が俺のデカチンに跨ってきたらセックスの相性抜群だった

元カノの母
画像はイメージです

 

別れた元カノのお母さんが家に来た

 

高校の時付き合ってたF子はクラスメイトで、2年から3年まで付き合っていた。

 

髪はサラリとして長く、スレンダーで目も大きく、かなり可愛くて俺には勿体無いほどだった。

 

セックスもお互い処女と童貞同士だったが、無事に卒業した。

 

F子の家に行くと、同じくらいの背丈、同じ髪形の、これまた美人な母親のY美さんがいた。

 

当時39歳で、周りの母親とくらべても結構若いお母様。

 

自分の母も若い方だったが、Y美さんは20歳の時にF子を産んだとか。

 

見た目も若いが、言葉づかいもF子と変わらない感じで、フレンドリーに接してくる母親だった。

 

「へぇ~、彼氏結構格好いいじゃん!F子と別れたら私が付き合おっかな~」

 

なんて言う面白い人。

 

一緒にゲームもしたりして、

 

「◯◯君超うまい!」

 

とゲームを通してY美さんと仲良しになった。

 

それからも時々家にお邪魔してはゲームで一緒に遊んでた。

 

高校卒業になり、F子は遠方の大学に進学となり、結局別れた。

 

自分は地元の大学に入学した。

 

大学に行きだしてしばらくしたある日、突然Y美さんに声を掛けられた。

 

「久し振り!あれから彼女出来た~?」

 

と話すY美さんが、

 

「ねぇ、暇なら新しいゲーム買ったんだけどさ、一人でやるのつまんないから家に来ない?」

 

だって。さすがに元カノの家なんで気が引けたが、Y美さんが

 

「誰もいないし気にしないでいいよ!乗りなよ」

 

と車に乗せられ家に連れていかれた。

 

F子がいなくても気が引けるまま家に上がり、Y美さんとゲームをした。

 

着替えたY美さんは胸元がユルユルで、屈むと谷間が見えてドキッとした。

 

俺は気になってチラチラと覗いていた。

 

ゲームに夢中になって気が付くと夜7時になっていた。

 

帰り車で送ってもらう時に連絡先をを聞かれたので教えた。

 

それからは時々、ゲームの話などでメールしたり、1回だけは俺のアパートで一緒にゲームをしたりもした。

 

そんなある日、夜10時前に携帯電話が鳴った。

 

「ねぇ~、今何してんの~?」

 

と明らかに酔ってる感じの喋り方で、

 

「忘年会やってたんだけどさぁ~、つまんないからそっち行っていい?」

 

と強引な電話だった。

 

ちょうどアダルト動画を見ながら、せんずり中だったので断ると、

 

「お願い、もう部屋の前だし」

 

と言われ、慌てて停止してテレビを消した直後にY美さんがピンポンとやってきた。

 

酔ってフラフラしてるので、支えながら部屋に入れて、とりあえず座らせた。

 

「上司にお尻触られて気分悪いの」

 

と言われ、

 

「どうせ触られんなら若い男がいいし」

 

だって。苦笑いしてると、

 

「◯◯君なら触ってもいいよ!」

 

と笑いながらお尻を突き出すY美さん。

 

細い身体の割に巨尻で、触り心地良さそう。

 

ちょっとだけ触ってみたら柔らかな感触だった。

 

「どう?」

 

と言われ、

 

「柔らかいです」

 

て言ったら、

 

「◯◯君のお尻も触らせて」

 

と言われてお尻を向けたら、

 

「どれ」

 

と触ってきて、

 

「やっぱ男の子のお尻は硬いねぇ~」

 

と。

 

「こっちも硬いんじゃないの~?」

 

そう言っていきなりチンポを触ってきた。

この体験談の続きを読む

デカチンを苛めて喜ぶお姉さん達のお陰で職場のマドンナと変態プレイ

デカチン お姉さん
画像はイメージです

 

僕がデカチンなのでセフレになってと頼まれました

 

高校が男子校で奥手の僕は、大学に入学してもまだ童貞でした。

 

そんな僕も大学2年の夏休みの時、アルバイト先で知り合った26歳の美人な晴美さんに筆下ろししてもらいました。

 

晴美さんはSっ気があるみたいで、僕が童貞だと知ると、嬉しそうに僕の手を引いてラブホテルに入りました。

 

僕は女性の前で裸になったことがないので、恥ずかしくてバスタオルを巻いていましたが、晴美さんは服を脱いで素っ裸のまま僕の前に立ちました。

 

僕は綺麗な晴美さんの体に興奮して、見てるだけでチンポが勃起してしまいました。

 

晴美さんはニコニコしながら僕のバスタオルを外すと、

「うわ・・・おちんちん、おっきいねー!」
と言って、大きさを確かめるように触ったり握ったりしています。

 

僕は初めて女性にチンポを触られたので、あっという間にビンビンになりました。

 

そして晴海さんは口に咥えると、

 

「おっきくて、お口に入りきらない」

 

と言いましたが、嬉しそうに亀頭を舐めまわしたり、ジュルジュルと唾を絡めてフェラチオしてきました。

 

僕はあまりの気持ちよさに、

 

「晴美さん、そんなにしたら、出ちゃいます」

 

「いいわよ、出して」

 

「ううっ」

 

僕は晴海さんの口の中に、たくさんのザーメンを放出してしまいました。

 

それをじゅるじゅるじゅるーと、いやらしい音を立てて晴美さんは飲み干しました。

 

その後、コンドームをかぶせられて、最初は晴海さんが騎乗位で好きなように動いていました。

 

晴美さんは、

 

「すごいおちんちん、オマンコが埋まっちゃう」

 

と満足そうでした。

 

でも最後は正常位になって童貞の僕に、

 

「自分のしたいように動いていいよ、イキたくなったら遠慮しないでイッていいからね」

 

と優しく言ってくれました。

 

僕はぎこちなかったと思いますが、ゆっくり突いたり、激しく突いたり、試行錯誤しながらピストンを繰り返しました。

 

晴美さんのオマンコの中はめちゃくちゃ気持ちよくて、僕は挿入したままゴムの中に射精しました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト