タグ:デカチンの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:デカチン

冴えないけどデカチンの僕は美女と性癖が合って結婚することが出来ました

デカチン
画像はイメージです

 

20歳で童貞喪失

 

僕は奥手で女性と話したこともほとんどなく、高校も男子校だったんですが、大学入学してもまだ童貞でした。

 

でも大学2年の時の夏休みに、バイト先で知り合った25歳の綺麗な留美子さんという女性に、20歳の童貞を捧げまることが出来ました。

 

留美子さんは僕が童貞だと知ると、僕の手を引いてラブホテルに入りました。

 

僕は恥ずかしくてモジモジしてバスタオルを巻いてましたが、留美子さんはすぐに素っ裸になりました。

 

僕は初めて目の前で女性の裸を見たので、興奮してすぐにチンポが勃起しました。

 

留美子さんは僕のバスタオルを外すと、

 

「わお!おっきいねー○○君」

 

と言って僕のチンポを観察しながら触っていました。

 

そして、口に咥えて、

 

「おっきくてお口に入らなーい」

 

と嬉しそうにはしゃいでいました。

 

亀頭を中心にチュパチュパされて、僕はあまりの気持ちよさに、

 

「留美子さん、もう出ます!」

 

と言うと、

 

「いいよ、出して!」

 

「うっ」

 

申し訳ないと思ったのですが、留美子さんがチンポを咥えたままなので、そのまま口の中に射精しました。

 

留美子さんは、ごっくんと僕の精液を飲んじゃいました。

 

その後、コンドームをかぶせられて、リードしてもらいながら、正常位で童貞を喪失しました。

 

留美子さんのオマンコの中はとても気持ちよくて、留美子さんは、

 

「おっきー!埋まるー!」

 

と言って腰を動かすので、僕はすぐに我慢出来なくなり、またあっという間に射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

女性マッサージ師が勃起したデカチンに欲情して次の仕事を断ってまで…

女性マッサージ
画像はイメージです

 

マッサージ中に勃起した

 

よく聞く話しですが、つい先週体験したマッサージの話です。

 

その日は出張最終日で、かなり神経を使って仕事してたので、精神的にも肉体的にもかなり疲れてしまい、ホテルでマッサージを頼む事にしました。

 

何の下心もなく、電話でマッサージを頼み部屋で待っていると、コンコンとドアをノックする音が聞こえたのでドアを開けると、

 

(えっ!)

 

女性だったので、びっくりしました。

 

てっきり男性が来るものだと思っていました。

 

後で聞いたのですが、名前は律子さんで、49歳バツイチで子供はなく、今は一人暮しだそうで、見た目はぽっちゃりですが、顔立ちだけ見ると40代前半ぐらいに見えました。

 

私がベッドに座ると問診され、どこが凝っているか聞かれたので、

 

「肩から背中、腰と太股です。ってほとんど全身ですね」

 

と言うと、

 

「解りました。今日はお客さんでラストなんで時間かけてほぐしますね」

 

とニッコリと微笑んでくれ、何となく癒されました。

 

「それじゃあ浴衣を脱いで、うつ伏せで寝ていただけますか?」

 

と言われ、浴衣はゴワゴワするのと帯が邪魔なんだろうと、言われるままブリーフ一枚になると、

 

「わぁ、鍛えてらっしゃるんですね」

 

と言われました。

 

趣味が筋トレだったので、まぁ、それなりには。

 

うつ伏せになりマッサージが始まると、余りの気持ち良さにいつの間にかウトウト寝てました。

 

何分ぐらい経ったか、太股を揉まれてる時に目が覚め、

 

「いや~、気持ち良すぎて寝ちゃいました」

 

「お客さん、凄く凝ってましたよ。次は脚もするので、もう少しだけ広げてもらえますか?」

 

と言われたので、脚を広げました。

 

そこからは太ももや内もも、ふくらはぎを揉まれました。

 

その時は気のせいだと思っていましたが、マッサージの手がよく内ももを触るようになって、段々と悶々としてきました。

 

しかも、たまに金玉をチョンと触ったり、スーッと触ったりされるので、うつ伏せになりながら勃起してしまいました。

この体験談の続きを読む

ヤンキー女に「セックスしろ」と無理やり脱がされたらデカチンが出てきて…

ヤンキー女子高生
画像はイメージです

 

お前らキスしろ

 

あれは中二の頃だからもう20年ぐらいも昔の話。

 

俺は都内の公立の中学校に通ってたのね。

 

ウチの学校は、周辺の学校に比べるとヤンキーが多くて(と言っても、今から考えれば可愛いもんだが)イジメとかもまぁ割とあった。

 

ていうか、イジメというか、暴れ者が何人かいて、気に入らない気分のときにその辺の奴を殴ったり、そんな感じで俺も何度か殴られた事ある。

 

俺は成績はそこそこ良くって、中学受験を失敗して公立に入ったクチで、成績はクラスのトップか2番、学年でも上位一桁に入るくらいだった。

 

ただ、俺は、小学校高学年の頃から、女子に

 

「キモイ」

 

「変な顔」

 

とか言われて、すげぇ傷ついていて、自分でも自分自身に自信が無かった。

 

(ブサメンだし、どーせ女子はイケメン男の所に行くんだろ!)

 

って感じで、女とかは縁が無かったのね。

 

で、ある日の放課後、ヤンキー女が俺の所に来て、

 

「ちょっと来い!」

 

って言われて腕をつかまれて引っ張っていかれた。

 

何かやられるんじゃないかと思って緊張した。

 

廊下の方に連れて行かれると、ヤンキー女のグループが、俺の小学校時代からの同級生のY子も連れてきていた。

 

俺はヤンキー女に腕を押さえられ、Y子もヤンキー女たちに腕をつかまれてる。その状態で相対している状態。

 

(何をされるんだろう?)

 

と思ったら、

 

「ほら、お前らキスしろ!」

 

って、俺とY子は突き飛ばされてぶつけられる。

 

Y子とぶつかった俺は、

 

「ちょっと待ってよ…何するんだよ」

 

と言うと、

 

「Y子はお前の事が好きなんだろ?だったらキスしちゃえよ」

 

とか言われて、Y子は顔を真っ赤にしている。

 

このY子っていうのは、凄く大人しくてほとんど口を利かないような子。

 

特段可愛い訳でもないが、ブサでもない。

 

どういった事情でそこに連れてこられてるか知らないけど、そんな事があった。

 

俺はそのとき、今から思えばチューしちゃえばよかったんだろうけど、まだオコチャマだったんで、どさくさに紛れて逃げ出した。

この体験談の続きを読む

【デカチン】高校卒業したばかりの若い男の子に潮吹かされました

潮吹き
画像はイメージです

 

若い男の子のおちんちんがデカかった

 

春になって若い男を狙っていました。

 

若い男の子は出会い系サイトにたくさん登録されてるから、元気がいいおちんちんなんてすぐ見つかるはずって思ってたんだけど、そうでもないんですよね。

 

若い男の子ってセックスの経験が少ないことの方が多いみたいだし、なかなか満足させてもらえるおちんちんを探すのは難しいのかもしれません。

 

ちなみに去年は、高校卒業したばかりの男の子に狙いを定めて、童貞狩りばっかりしてたんですよね。

 

そしたらこの間、素敵なおちんちんに巡り合うことができました。

 

せっかく若い男の子が集まる時期なんだから狙って頑張ってたんだけど、想像以上に強烈なおちんちんでした。

 

今年高校を卒業したばっかりのパワフルな男の子。

 

しかもおちんちんもパワフル。

 

とにかくデカかったんです。

 

別に私はデカチンが好きっていうわけでもないんだけど、やっぱりおちんちん大きいと迫力あるし、

 

(このデカチンがチカのオマンコに入るんだ…)

 

と想像しただけで興奮して濡れてきちゃうってところもありますし。

 

亀頭もカリも発達してて、段差があって張り出してて、フェラチオするのが大変でした。

 

でもチカはお姉さんだから、余裕ぶっこいた感じでペロペロ舐めてました。

 

実際は入れて欲しくて仕方なくって、デカチン舐めてるだけでチカのオマンコはグショグショに濡れてたんです。

 

そしてついに、リードしながらデカチンを挿入しました。

 

でも入れてすぐイッちゃいました。

 

実際入れてみたらめちゃくちゃ気持ちいいの。

 

大きいおちんちんがオマンコに入った時の、あの密着感は凄いです。

 

デカチンだからオマンコとの摩擦がたまんないんです。

 

カリも張り出してたから、オマンコの壁が擦られて、ちょー気持ちいいんです。

 

「あんっ!凄い…気持ちいいっ!チカのオマンコ裂けちゃう~…」

 

だんだん腰のスピードが早くなって、入り口から奥まで何度もデカチンが往復してます。

 

「あぁっ!…ダメッ!壊れちゃう!!凄いよ、このおちんちん!たまんないっ!もっと突いて!もっとオマンコ擦ってーっ!!」

 

いやらしい言葉も発しながら、我を忘れて悶えまくってました。

この体験談の続きを読む

コーチのモッコリを触ると凄かった!デカチンがオマンコで暴れまくり

駅弁ファック
画像はイメージです

 

ブーメランパンツのモッコリが気になって…

 

私は32歳の主婦です。

 

小学2年生の子供が通うスイミングスクールのコーチが凄いんです。

 

何がって、ブーメランパンツを履いた股間のモッコリがとにかく凄いんです。

 

見ているこちらが恥ずかしくなるぐらい、モッコリと膨らんでいるんです。

 

私はコーチのモッコリを見るために、子供を通わせているといってもいいぐらいです。

 

(あのモッコリに触りたい、勃起したらどれぐらい凄いんだろう)

 

といつも気になっています。

 

そんなある日、コーチと子供の進級について個人面談をする日が来ました。

 

面談の日は、朝から私はドキドキしていました。

 

シャワーを浴び、勝負下着を着け、お気に入りのミニのワンピースを着て、入念に化粧をして行きました。

 

(何を期待しているんだろう?)

 

と思いながらも、ウキウキしている自分がいるのです。

 

名前を呼ばれ、私はコーチ室へ入りました。

 

コーチはパーカーを羽織っていますが、下半身はいつものブーメランパンツのみです。

 

すぐに目がいってしまいます。

 

近くで見ると、形がくっきり浮かび上がっているのが分かります。

 

何度も視線はコーチの股間のモッコリに行ってしまいます。

 

子供の進級の話を、ほとんど上の空で聞いていました。

 

「何かお子さんのことで、気になることや聞いておきたいことはありますか?何でも構いませんよ」

 

「私は・・・コーチに興味があります」

 

そう言って私はコーチの近くに寄り、股間のモッコリに手を伸ばしてしまったのです。

 

おちんちんををスリスリしたり、キュッキュッと握ったりしていました。

 

まだ勃起してないのに、デカチンであることは間違いありません。

 

コーチは初め驚いた表情でしたが、私のされるがままになり、

 

「おおうっ」

 

と喘ぎ出しました。

 

私はコーチの耳元に甘い吐息を吹き掛けました。

 

コーチのパーカーを脱がせ、乳首を舐めてあげました。

 

右手の中のおちんちんは、パンツの中ではち切れんばかりに硬く勃起してきました。

 

私はコーチの手を取り、おっぱいに押し付けるとモミモミと揉んでくれます。

 

だんだんと積極的になってきたコーチは、私のミニのスカートの中に手を入れ、パンティーの上からオマンコを弄ってきました。

 

すでに濡れているのが分かったはずです。

 

私はコーチを立ち上がらせ、ブーメランパンツを下げました。

 

勢い良くカチカチに勃起したデカチンが飛び出してきます。

 

想像していたよりもはるかに大きくて、隆々とそそり立つおちんちんを見て、思わず生唾を飲んでしまいました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト