デカチン お姉さん
画像はイメージです

 

僕がデカチンなのでセフレになってと頼まれました

 

高校が男子校で奥手の僕は、大学に入学してもまだ童貞でした。

 

そんな僕も大学2年の夏休みの時、アルバイト先で知り合った26歳の美人な晴美さんに筆下ろししてもらいました。

 

晴美さんはSっ気があるみたいで、僕が童貞だと知ると、嬉しそうに僕の手を引いてラブホテルに入りました。

 

僕は女性の前で裸になったことがないので、恥ずかしくてバスタオルを巻いていましたが、晴美さんは服を脱いで素っ裸のまま僕の前に立ちました。

 

僕は綺麗な晴美さんの体に興奮して、見てるだけでチンポが勃起してしまいました。

 

晴美さんはニコニコしながら僕のバスタオルを外すと、

「うわ・・・おちんちん、おっきいねー!」
と言って、大きさを確かめるように触ったり握ったりしています。

 

僕は初めて女性にチンポを触られたので、あっという間にビンビンになりました。

 

そして晴海さんは口に咥えると、

 

「おっきくて、お口に入りきらない」

 

と言いましたが、嬉しそうに亀頭を舐めまわしたり、ジュルジュルと唾を絡めてフェラチオしてきました。

 

僕はあまりの気持ちよさに、

 

「晴美さん、そんなにしたら、出ちゃいます」

 

「いいわよ、出して」

 

「ううっ」

 

僕は晴海さんの口の中に、たくさんのザーメンを放出してしまいました。

 

それをじゅるじゅるじゅるーと、いやらしい音を立てて晴美さんは飲み干しました。

 

その後、コンドームをかぶせられて、最初は晴海さんが騎乗位で好きなように動いていました。

 

晴美さんは、

 

「すごいおちんちん、オマンコが埋まっちゃう」

 

と満足そうでした。

 

でも最後は正常位になって童貞の僕に、

 

「自分のしたいように動いていいよ、イキたくなったら遠慮しないでイッていいからね」

 

と優しく言ってくれました。

 

僕はぎこちなかったと思いますが、ゆっくり突いたり、激しく突いたり、試行錯誤しながらピストンを繰り返しました。

 

晴美さんのオマンコの中はめちゃくちゃ気持ちよくて、僕は挿入したままゴムの中に射精しました。

この体験談の続きを読む