熟女 中出しセックス
画像はイメージです

 

訪問販売先の熟女がフェラチオ

 

数年前のことですが、仕事で浄水器の訪問販売をしていました。

 

一般の家庭を一軒一軒飛び込みで訪問してたんですが、ほとんどが門前払いでとても大変でした。

 

そんな中、訪問先で高木さんという40代後半の人妻とセックスしたことがありました。

 

旦那さんがが還暦近くと言っていたので、10才ぐらい離れてたみたいで、もう何年もインポ気味で役に立たないって嘆いていたんです。

 

(これは誘われてるのかも?)

 

と思いましたが、高木さん宅に2回目の営業で訪れた時に、

 

「浄水器買ってあげたら、あっちの相手してくれる?」

 

と本当に誘惑されたんです。

 

最初は冗談かと思って適当に対応していたんですが、どうやら本気のようで、僕の股間をスラックスの上から撫でてきました。

 

僕はかなり驚いて、

 

「高木さん、マズイですよ!仕事中ですし、旦那さんが帰って来たらどうするんですか!」

 

と断りましたが、高木さんはかまわずに体を密着させてきて、股間を手でスリスリと触ってきます。

 

高木さんは40代後半といっても結構色気があり、多少抵抗しましたが、僕もきっぱり断ることが出来ず、素直にチンコは反応してしまいした。

 

それが嬉しかったみたいで、

 

「もう大きくなってきた、やっぱり若いってだけですごいわ」

 

とにこにこ笑顔で、スラックスのベルトを外して脱がし、パンツ越しに勃起したチンコに頬ずりしてきました。

 

そんな姿に僕は一気に興奮してしまい、もうされるがままで、ただ突っ立っていました。

 

「心配しないで、ちゃんと浄水器買ってあげるから。ほらそんなに硬くならないで、でもこっちは硬くしてくね」

 

興奮はしても仕事中だし、何かあったらと心配でしたので、高木さんのベタなギャグも笑えませんでした。

 

チンコだけは思いっきり反応して、ビンビンに勃起していました。

 

高木さんはしばらくチンコを撫でた後、ついに僕のパンツを下ろし、躊躇せずにパクッと咥えてきました。

 

それもすごい吸引力で、チンチンが引っ張られそうでした。

 

いわゆる、バキュームフェラですね。

 

しかも唾液を絡ませて、ジュポジュポといやらしい音を立ててフェラチオしてきます。

 

これがめちゃくちゃ気持ちいいんです。

 

フェラチオされて3分ぐらいで、イキそうになりました。

 

このままジュポジュポされると我慢できそうになかったので、

 

「た、高木さん…もうイキそうです」

 

と言ったら、高木さんはチンコから口を離し、

 

「いいわよ、このまま口の中で一回出しちゃって…」

 

と言ってまたすぐに咥え、上目遣いでジュポジュポしてきました。

 

簡単に出しちゃ情けないと思って、かなり我慢したつもりでしたが、

 

「あ~っ、高木さん…イッちゃいます!あっ、イク~!」

 

と言いながら、そのまま高木さんの口の中に、ビクビクと脈打ちながら射精してしまいました。

この体験談の続きを読む