タグ:ザーメン大好きの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ザーメン大好き

ザーメン飲むのが大好きな私は会社内で後輩女子とおちんちんにご奉仕

ダブルフェラ
画像はイメージです

 

課長と先輩のおちんちんをフェラチオ

 

みんな帰った会社内で、アラフォーの上司と30代前半の先輩男性、それから後輩の女の子と私だけが残っています。

 

私は30歳で後輩の女の子は20代前半です。

 

「ちょっと休憩しようか」

 

課長のこの言葉は、お決まりの合図です。

 

私は全裸になり、課長の席に近づくと、

 

「失礼します」

 

と言って、椅子に座っている課長の前にしゃがみ込みます。

 

ズボンのジッパーを下げ、まだ柔らかいおちんちんを取り出し、思いっきり臭いを嗅ぐと、酸っぱい臭いがします。

 

さらに舌先でペロンと舐めると、しょっぱい味がするんです。

 

最初の頃は、その臭いと味が嫌いだったんですが、いつのまにか慣れてしまい、臭いがきつくないと物足りなくなってしまうほどになりました。

 

特に好きなのは、タマ袋と肛門の間の”蟻の門渡り(ありのとわたり)”と呼ばれる箇所の臭いです。

 

そこに鼻を押し付けて臭いを嗅ぎながら、アナルをペロペロ舐めさせられるのが大好きなんです。

 

もちろん、タマタマもおちんちんも、いっぱい舐めます。

 

課長にフェラチオしながら隣を見ると、私と同じように後輩の女の子が、先輩男性のおちんちんを夢中でしゃぶっています。

 

他人のフェラチオ見てると凄い興奮して、

 

(負けてられない)

 

て勝手に思って、音立てながらおちんちんベロンベロン舐めちゃいます。

 

課長たちはネクタイまで締めているのに、私たちは全裸でフェラチオ奉仕させられます。

 

なんだか不思議ですけど、エッチな気分になります。

 

時には、パソコン入力の仕事している同僚の机の下に潜り込んで、フェラチオさせられることもあります。

 

課長たちは普通の顔して仕事してるのに、女性の私たちだけ全裸になってフェラチオしているのです。

 

変だけど興奮します。

 

クライアントからの電話に出ている時に、いきなりバックからおちんちん入れられたこともあります。

 

あの時はさすがに焦りました。

 

だって、思わず声が出ちゃうんですもの。

 

私はスレンダーですが貧乳なので、おっぱいを責められるとかはあまりありません。

 

唇で乳首やおちんちん、アナルを奉仕させられることの方が多いですね。

 

でも後輩はおっぱいもお尻も大きいので、先輩男性にいっぱい触られて、揉まれて、いつも

 

「あん、ふうん」

 

とか声出して感じちゃってます。

 

ちょっと羨ましいし、悔しいです。

 

でもそれは仕方ないので、私はテクニックでは負けないように、いっぱいペロペロしてあげます。

 

この前なんか、先輩が後輩の子に中出しした後、抜いたばかりのおちんちんを綺麗にお掃除フェラしたこともありました。

 

いま考えるとグロいんですけど、なぜかその時は自分から咥えちゃいました。

 

ザーメンやマン汁が混ざってヌメヌメしてるんですけど、やっぱり臭いの虜になっているのか、何のためらいもなくしゃぶり、美味しいとさえ思いました。

この体験談の続きを読む

【ザーメン大好き】ナンパしてきた男性が射精するたびに飲み干しました

ザーメン ごっくん
画像はイメージです

 

私がナンパされてるの?ついフラフラと…

 

私は40歳の主婦です。

 

29歳で結婚しましたが、主人とはもう5年ほど夜の営みがありません。

 

年々回数が減っていくのは仕方ないことだと分かっていますが、5年間もセックスしていないと欲求不満も溜まります。

 

でも主人は他の女と浮気をしているみたいで、自分ではうまく隠しているつもりのようですが、私には見え見えです。

 

(私も浮気をしてやろう)

 

などと思って最近、ネットで出会い系サイトを覗いたりしていましたが、なかなか二の足を踏んで決断できません。

 

そしたらこの間、学生時代の女友達と女子会をした帰りで、私より若い男性にナンパされちゃいました。

 

後で年齢を聞いたら31歳と言ってました。

 

最初は、まさか私みたいなおばさんがナンパされるとは思わなかったので、そのまま歩いていたのですが、完全に私に話しかけていることに気づき、

 

(えっ?私がナンパされてるの?)

 

と思って男性を見ると、なかなかのイケメンでした。

 

別にイケメンが好きってわけではないですが、40歳にもなってナンパされたことへの驚きと嬉しさで、急に身体が熱くなってきて、その男性に誘われるがままにフラフラとついて行っちゃいました。

 

ちょっと薄暗いバーで隅っこの席に座り、カクテルを飲まされました。

 

少し酔ってきたなと思ったころ、男性は私の太ももを触ってきました。

 

酔ってきたこともありますが、日ごろの欲求不満が爆発するようにそれだけで感じてきてしまい、私も男性のおちんちんをズボンの上から撫でちゃいました。

 

するとおちんちんはすでに硬くなっていて、さらに私は興奮しました。

 

彼は私の耳元で、

 

「ここを出よう」

 

と囁くので私は頷き、すでにセックスしたくてウズウズしていた私は、彼と一緒にラブホテルに入っちゃいました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト