顔射
画像はイメージです

 

デカチンのセフレが友達に顔射

 

私は都内の大学3年生で由梨っていいます。

 

この前初めて、友達とお互いのセフレを交換しあいました。

 

スワッピングっていうんですかね。

 

親友の純子に、

 

「私のセフレはおちんちんが大きくて気持ちいいよ」

 

って話したら純子が

 

「味見したい」

 

って言うんです。

 

(余計なこと言うんじゃなかった)

 

ってちょっと後悔したけど、私も純子のセフレが気になったし、セックス大好きだからOKしました。

 

最初は渋々だったけど、実際にホテルに行って4人でスワッピング始めると、ものすごく燃えちゃいました。

 

自分がセックスしてるの見られたり、親友がセックスしてるの見たりするのって、めっちゃ興奮します。

 

私は純子のセフレの隆志君とセックスしました。

 

おちんちんの大きさはまあまあでしたが、私がイク前に自分だけイっちゃって、私のお腹にザーメンを発射しちゃいました。

 

隆志くんは、

 

「由梨ちゃんのオマンコ、めっちゃ締まりがよくて我慢できなかった」

 

って誉めてくれたのはいいけど、私はまだイケてなかったので欲求不満でした。

 

隣では純子が、私のセフレの裕太君のデカチンで激しく感じていました。

 

喘ぎ声はすごいし、純子のオマンコに裕太君のデカチンがズボズボ出たり入ったりしてるのが丸見えでした。

 

めっちゃいやらしい光景だったので、思わず自分でオマンコ触ってたら、また濡れてきちゃいました。

 

隆志君もじっと見ていて、射精したばかりのおちんちんが、またムクムクと勃起していました。

 

お互いに目が合ったので、隆志君に

 

「もう一回入れて」

 

って勃起したおちんちん握って言ったら、すぐに私のオマンコの中に突入してきました。

一回射精してるので、今度は隆志君も余裕があったみたいで、いっぱい腰を動かしてくれたのでちょー気持ちよかったです。

 

隣では相変わらず裕太君が、自慢のデカチンを純子のオマンコにズボズボ突き刺していました。

純子は、

 

「こんなすごいの初めて~、気持ちよすぎて壊れちゃう~」

 

とか叫んで、髪を振り乱して泣きじゃくるように喘いでいました。

 

(やっぱ裕太君のおちんちんて大きくていいのかな)

 

でも隆志くんのおちんちんも、裕太君ほどは大きくないけど、硬くて気持ちよかったです。

 

私もいっぱい声を出して感じちゃいました。

 

部屋中に、純子と私のいやらしい喘ぎ声が響いていました。

 

そのうち裕太君に限界がきたみたいで、純子のオマンコからデカチンを引き抜いて、純子の顔にザーメンを発射しちゃいました。

この体験談の続きを読む