タグ:コックリングの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:コックリング

【射精管理】会社のアイドルと結婚した私はドSな妻のチンポ奴隷

射精管理
画像はイメージです

 

会社のアイドルに告白されて結婚

 

私は33歳の会社員で、結婚して6年になります。

 

ミクという29歳のとっても可愛い自慢の妻がいるのですが、実はその可愛い妻に私は射精管理されています。

 

ミクはロリ顔で小柄ですが、おっぱいも大きくお尻もプリッとしていて、肉感的な体をしています。

 

それ故に、短大時代から色んな男に告白され、モテまくりだったミクは、男に不自由しない学生生活を送っていたようです。

 

卒業後に私の勤め先に就職してきました。

 

そしてしばらくすると、なぜかイケメンでも高身長でも金持ちでもない、冴えない私に告白してきたんです。

 

とても可愛い会社のアイドル的存在の女性に告白されて戸惑う私でしたが、可愛い女の子に真剣に好きだと言われて断るわけがありません。

 

そのまま交際することになり、当然ながらセックスもしました。

 

ミクの好むセックスは、基本的に騎乗位で、ミクが全ての主導権を握り、私はマグロ状態を強いられました。

 

しかも、早く射精してしまうと叱られてしまいます。

 

「もっと長持ちしてもらわないと、私満足できないんだけど・・・どうしよっかな・・・長持ちする男の人、他に探そうかしら・・・」

 

ミクの口から信じられない言葉が出て、私は焦りました。

 

告白してきたのはミクからですが、私はこの時にはもうロリ可愛いミクにメロメロでしたので、

 

「ゴメン!今度は長持ちさせられるように頑張るから・・・」

 

「今度じゃダメよ。そうだ、おちんちんの根元を縛っちゃえばいいんじゃない?」

 

そう言うとミクは、髪を束ねていたゴム紐を外し、チンポの根元を縛りました。

 

すると、一度射精して萎えていたチンポがムクムク勃起してきました。

 

すぐにミクは跨ってきて、いっぱい腰を動かされましたが、縛られているので勃起が持続し、ミクを満足させることができました。

 

ミクは、

 

「私のため」

 

と言って、いろんな種類のコックリングを持って来ては、私のチンポだけでなく金玉にまで嵌めて、射精をコントロールするようになりました。

 

レグノリング レーサー

 

私はいつの間にか、ミクにチンポを支配されることに興奮するようになっていました。

 

ミクは、

 

「合格だわ。短大の頃、何人かの男性と付き合ったんだけど、みんなおちんちんいじめられるの嫌がって別れちゃったんだ。でもあなたは全然嫌がらない。わたし、そんな気がして好きになったんだ。あなたとなら、結婚生活も楽しそうだし、うまくやっていけそうな気がするの」

 

そう言われて嬉しくなり、交際2年ほどで結婚しました。

 

会社の同僚には羨ましがられましたが、中にはショックで会社を休む者までいました。

 

それぐらいミクにとって私は、不釣合いな男だったようでした。

 

新婚時代は、当然のように毎日セックスしていました。

この体験談の続きを読む

チンポ、アナルを苛めるのが大好きな変体ドSお姉さん

尿道責め
画像はイメージです

 

家庭教師だったドSお姉さんと再会

 

私は結婚3年目の27歳で、妻は9歳年上の36歳です。

 

若くして結婚した私の妻は、なんと童貞を捧げた初体験の相手なのです。

 

妻は女優の菅野美穂に似た美人で、ここでは美穂と呼ぶことにします。

 

初体験をしたのは私が中学1年の時で、美穂は私の家庭教師でした。

 

まだ精通したばかりの仮性包茎チンポの皮を剥かれ、カリ首に石鹸を付けて恥垢を洗い落としながら、

 

「ここはちゃんと毎日剥いて汚れを落とさないとダメだよ」

 

そう言って綺麗にすると、亀頭責めをされました。

 

美人女子大生の家庭教師にチンポを弄られて、

 

(美穂先生の前で射精したい、射精するところを見られたい)

 

と思っていた私も変かもしれませんが、美穂先生も変態ではないかとも思いました。

 

チンポを責められっぱなしで、ビクビクして射精が近くなると寸止めして焦らされ、普通の中1男子が体験できないような快楽地獄へと導かれ、最後にはおもいっきり暴発させるように射精しました。

 

「利雄君、あなた中1なのにいいおちんちんね。味見させてちょうだい」

 

コンドームを被せられて、童貞を卒業しました。

 

美穂先生とは、その後10回くらいセックスしたと思いますが、女性やセックスに対する自信がついて、中2の時に同級生の女の子と交際して処女を貰い、彼女とは中学卒業まで付き合いました。

 

中学卒業後は私は高等専門学校(高専)に進み、その彼女とは別れましたが、高専時代も知り合った女の子には積極的にアプローチしていました。

 

時は流れて、私が高専を卒業して新社会人となった1年目の夏、街で偶然美穂先生に再会しました。

 

「利雄君じゃない?」

 

「美穂先生・・・ですよね?」

 

当時私は21歳、美穂先生は30歳でしたが、女子大生の時とそれほど変わらない美人でした。

 

そんな先生と再開して思い出すのは、勉強を教えてもらったことよりも、もちろん童貞喪失の事でした。

 

「利雄君、彼女とセックスしてる?」

 

「今年、高専を卒業して地元戻ってきたばかりなので、まだ彼女いません。先生こそ、ご結婚はされてるんですか?」

 

「今年30歳なのにまだ結婚してないのよ~、それどころか彼氏もいないし、男日照りでウズウズしてるの。利雄君じゃ若すぎるしなぁ・・・」

 

「美穂先生だったら、付き合いたいぐらいですよ」

 

「本当?三十路女をからかわないでよ」

 

「本当ですよ、だって先生は僕の初めての女性で思い入れも強いですし、これまで数人の女性と付き合いましたけど、美穂先生とのセックスが一番興奮しました」

 

「気づいてると思うけど、私、ちょっと変態なのよね。性癖がバレちゃうと、引かれて振られちゃうのよ」

 

美穂先生は男性を苛めて興奮するサディストでした。

 

しかも男性器を苛めるのが大好きな、変態ドSお姉さんだったのです。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト