タグ:クンニの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:クンニ

【淫乱OL】乱交でオマンコとお口をおちんちんでいっぱいにしてもらうのが大好き

乱交
画像はイメージです

 

乱交にハマってます

 

OLのサキです。

 

最近乱交にハマってしまい、一人暮らしの私の部屋にダブルベッドを入れて乱交部屋みたいになって、週一で乱交セックスしています。

 

乱交メンバーは、吉田君(同級生)、上田君(同級生)、藤井君(上田君の後輩)です。

 

メンバーの中では、上田君が一番セックスの相性がいいみたいです。

 

上田君におちんちん挿入されると、潮吹いちゃうことが多いんです。

 

最近、上田君は異物挿入にハマってるみたいで、おちんちん入れながらオマンコに何かを入れたがるんです。

 

異物といっても私が一番気持ちいいのは、人差し指と中指です。

 

正常位でゆっくり入れながら、おちんちんの根元に指を2本添えて、トロトロになったオマンコに一緒に入れられちゃいます。

 

指が根元まで入ったら、おちんちんに添えたまま一緒に出し入れしたり、オマンコの内側の肉壁をグチュグチュに擦り上げたりされると、もう最高に気持ちいいです。

 

「おちんちん気持ちいい!最高だよぉ、おちんちん好き好きぃ!」

 

とか言いながら、まずは私がイカされてしまいます。

 

上田君がおちんちんを挿入したら、クンニ好きな藤井君が指でクリトリスの皮を引っ張って、剥き出しになったクリトリスをヨダレを垂らしながら舐めてくれます。

 

藤井君は私が思ってたよりも変態で、クンニが好き過ぎて、誰かがオマンコにおちんちんを入れてる時でもクンニしてきます。

 

他人のおちんちんが口に触れても気にせずにオマンコをピチャピチャ舐めてくれる変態君に育ってくれました。

 

いつも、クリトリスを吸って舌で転がしたり、おちんちんでズボズボしてる時にビラビラにしゃぶりついたり、いやらしくオマンコをペロペロ舐めてくれます。

 

上田君と藤井君のしつこいくらいのオマンコへの攻撃を受けながら、

 

「はぁーん、オマンコ気持ちいい~、ひぃん」

 

とヨガリまくっていると、手持ちぶさたの吉田君がガマン汁出まくったおちんちんを口元に持ってきます。

 

私は何も言わずにガマン汁を吸い取った後に、吉田君のおちんちんをおしゃぶりします。

 

オマンコを責められながら、吉田君のおちんちんを根元まで咥え込んでフェラし、右手でタマタマを優しく揉みながら、竿をしごいてガマン汁を吸い取ります。

 

吉田君がフェラチオの刺激に絶えられなくなったら、私の顔を跨いでお尻の穴を顔に押し付けてきます。

 

片手でアナルを広げながら舌をねじ込んで出し入れして、アナルを舌でチュポチュポとほじりながらおちんちんをシゴいてあげます。

 

これをすると吉田君が悶絶するので、結構しつこく責めてあげます。

 

吉田君がアナルもおちんちんも私に責められてる間、吉田君の視線は上田君にズブズブ挿入されながら、藤井君に舐められてる私のオマンコを見ているらしく、

 

「ハァ・・・本当にいやらしいマンコだなぁ。マンコでちんぽしゃぶりながら、口は男のアナルしゃぶって、チンポしごいて、いやらしい女だなあ・・・」

 

て、いやらしい言葉で責めてくれます。

 

アナルの調教はあまり進まず、舌入れは慣れて来ましたが、おちんちん入れるとまだ痛いので二穴同時挿入はまだ無理です。

 

最近どんどんエッチになってしまい、普通のセックスが出来なくなってしまったかもしれません・・・

この体験談の続きを読む

混浴の露天風呂で逆ナンパしてワニ族に見られながら放尿に濃厚セックス

混浴露天風呂 ワニ族
画像はイメージです

 

混浴露天風呂で男性に声を掛けました

 

私は結婚していますが一人旅が好きで、年に10回ぐらいは旅行に出かけています。

 

特に温泉が好きで、寂れた温泉街とか、秘湯とかに行くのが好きです。

 

旦那はインドアの人間なので、一緒に出かけることは殆どありません。

 

混浴風呂があったら絶対に入ります。

 

ちなみに「ワニ族」ってご存知ですか?

 

私みたいな混浴の露天風呂に入ってくる女性をひたすら待って、入ってくると、ただただじっと見ているような男性のことです。

 

基本的に見ているだけなので、危害があるわけではありません。

 

AVなんかではワニたちに囲まれて犯されて・・・なんてのもあるみたいですが。

 

私はまあそんなワニ族の男性なんか気にしないで、私好みの男性がいたら自分から声を掛けて逆ナンしちゃいます。

 

年に2~3人くらいに会えればいい方でしょうか。

 

その日はそんなワニ族もいましたが、私はワニ族には目もくれず、わりとカッコ良い男性がいたので、隣に行って話かけちゃいました。

 

たいていの男性は、混浴露天風呂で女性から声を掛けられることなんかまずないので、びっくりします。

 

ドギマギして目も反らしちゃうんだけど、こっちから話し掛けて逃げる男性はいません。

 

とりあえずは会話に付き合ってくれます。

 

しばらく話をして、

 

「のぼせちゃったかな?」

 

とか言いながら立ち上がり、自慢のFカップのおっぱいとクビレを見せつけちゃいました。

 

目の前で女体を見せつけられた男性は、すでに興奮しているのもあって大抵の場合、

 

「この時間は、誰も来ないから」

 

って言うと、鼻息を荒くして私の体に手を伸ばしてきます。

 

私もそれが狙いです。

この体験談の続きを読む

出会い系で知り合った彼の指責めとおちんちんが素晴らしかったのでセフレに

指マン
画像はイメージです

 

私をイカせるのにはコツがあります

 

私は25歳のOLです。

 

某出会い系で、写メ必須の条件でセフレ募集したところ、話も早く顔もまあまあだったので、取り敢えず会う約束をしました。

 

そしたら高速を逆方向に走ったとかで一時間遅刻してきました

 

でも謝ってる時の笑顔が可愛かったので許すことにしました。

 

彼の車に乗り込み、談笑しつつも遅刻をチクチク責めつつホテルへ直行です。

 

彼は30歳で年上だけど、素直でドシなところにキュンキュンしつつ、ホテルに到着した所で今更ながらOKか確認です。

 

一応OKだったらしいけど彼は、

 

「最近の若い子はどうなってんのかと思った」

 

とのことです。

 

若い子扱いしてくれるとは、中々嬉しいじゃないの。

 

それぞれシャワーを浴びてベッドで横になって談笑していると、彼はスイッチが入ったみたいで、おもむろにバスローブの上からソフトタッチしてきました。

 

首から胸へと手を這わせてきます。

 

少しずつバスローブの中へ進入してくる手の感触がもどかしくて気持ちいいです。

 

彼は触り方がすごくソフトな上に、オマンコを触るかと思ったら焦らして太ももを撫でたり、乳首を舐めるかと思いきや脇に行ったりでゾクゾクします。

 

ようやくクンニしてもらえる頃には、もうオマンコはトロトロでハァハァ状態です。

 

ピチャピチャと舐め回されたり、尖らせた舌でクリトリスをツンツンされたりして気持ちよすぎです。

 

おまけに指に丸みがあって太いので、クンニされながらオマンコに指を挿入されると、もう人間じゃなくて触手か何かに犯されてるような感覚です。

 

ヌポヌポニュルニュルって感じでスゴいんです。

 

指も2本、3本と入れられて激しく出し入れされたりしたんですが、激しい快楽というよりは、まったりと心地よい快楽です。

 

延々と責められて

 

「アンアン」

 

と喘いでいると、無言で責めてくれてた彼が突然、

 

「おかしいな、なかなかイかないね」

 

と急にテンションダダ下がりです。

 

(あら、止めちゃうの?そうよねイかないもんね)

 

ちょっぴり残念です。

 

彼も不本意らしく、首を傾げて残念そうな様子です。

 

自分がイクより、相手をイカせたい派らしいです。

 

いい人じゃないの。

 

(私をイカせるのにはコツがありましてね)

 

と思いつつも言いません。

 

頑張る彼を見たいんです。

この体験談の続きを読む

俺の巨根が気に入って中出しを求めてきた巨乳の人妻と絶賛不倫中

巨乳人妻 不倫
画像はイメージです

 

気になってた巨乳の人妻に誘われた

 

飲み会は、俺と取引先の男性3人と女性4人の合計8人だった。

 

居酒屋からカラオケとお決まりコースで終了した。

 

帰ろうしていると、人妻の恵理子さん(32歳、事務員)から

 

「もう一軒飲みに行きましょう」

 

と誘われた。

 

恵理子さんは見た目も綺麗でスタイル抜群、しかも巨乳。

 

(チャンスがあれば一度は抱きたい)

 

と思っていたが、取引先でしかも人妻ということもあり、ハードルはかなり高かった。

 

そんな矢先、恵理子さんからお誘いがきた。

 

2人で飲みに行くと、恵理子さんは旦那の愚痴や仕事の愚痴をこぼしていた。

 

特に旦那の愚痴が多かったが、

 

(なんでそんな事俺に言うのだろう?)

 

と不思議に思いながら聞いていた。

 

すると恵理子さんは、大胆な発言をしてきた。

 

「旦那は運転手だから、一度でいいからスーツの人に抱かれたい」

 

俺はビックリしたと同時に、

 

(これはいける!)

 

と思ったが焦らすことにした。

 

「会社にスーツの男はいっぱいいるし、恵理子さんのスタイルだと、しょっちゅう声かけられるんじゃないですか?」

 

「会社の人はないわ、どこで噂になるか分からないし」

 

「だったら旦那さんにスーツ着てもらって抱かれたらどうですか?」

 

「旦那に抱かれても気持ち良くないし、いつもワンパターンですぐイクし、それにアソコがちっちゃいのよ、結婚相手間違えちゃったかも」

 

旦那が気の毒になるほどの毒舌だった。

 

出会い系サイトとかに登録すればすぐ見つかるでしょう。恵理子さん綺麗だし巨乳だし」

 

褒めながらなおも焦らし続けた。

 

恵理子さんがだんだんイライラしてきたのが感じ取れた。

 

すると恵理子さんがついに、

 

「マサルくん(俺)は、年上の人妻はタイプじゃない?」

 

「年齢なんか関係ないですよ。相手に彼氏や旦那がいようが、抱きたいと思ったら抱きますよ」

 

「私のことはどう?」

 

「取引先の事務員さんだし、でも・・・」

 

「でも何?」

 

「魅力あるし、巨乳だし」

 

「マサルくんが良ければ私を抱いて」

 

「本当にいいんですか?」

 

「だって私、前からマサルくんのこと気になってて。今日の飲み会にマサルくん呼んでって言ったの私なのよ。シラフじゃ言えないけどお酒が入ったら言えると思ったから」

 

「でもこれからだと遅くなりますよ、旦那さんにバレるんじゃないですか?本当に抱いていいんですか?」

 

「旦那は今日帰って来ないし、マサルくんに抱いて欲しいの、私の家に来る?絶対旦那帰って来ないから」

 

「初めてはホテルで」

 

店を出てタクシーを拾い、ホテルへ向かう。

この体験談の続きを読む

大好きなお兄ちゃんの彼女に嫉妬して泣いたらキスしてオマンコ触られて…

近親相姦
画像はイメージです

 

大好きなお兄ちゃん

 

去年のゴールデンウィークにお兄ちゃんが帰って来ました。

 

私は高校2年生で、4つ上のお兄ちゃんがいます。

 

お兄ちゃんは気さくで喋るのも上手で、友達が多いタイプです。

 

「トモミ(私)のお兄さんってサッカー上手いし、カッコいいし、バンド組んでるんでしょ。ほんとすごいよね」

 

「うん・・・そうかなぁ」

 

「あたしもそういうお兄ちゃん欲しいなぁ」

 

私もお兄ちゃんよりは少ないけど、何度か告白されたこともあるし、お兄ちゃんの友達から、

 

「兄妹揃ってルックスいいよね。トモミちゃんも可愛いもんな」

 

と言われたことがあります。

 

人前では

 

「そうなんだぁ」

 

と他人事みたいなフリしてるけど、本当はお兄ちゃんが大好きです。

 

兄「ただいま!マジで電車混み過ぎ、疲れたわ」

 

私「おかえり♪いつまで地元いるの?」

 

母「今日は用事あるの?晩ご飯はいる?」

 

兄「夜友達とカラオケ行って来るからええわ」

 

母が炊事場に行きます。

 

私「ねぇー!」

 

兄「ん?今回のGWって間に学校があるから、今日と明日家にいてから帰るわ。バイトも用事もあるし」

 

私「次の休みは?」

 

兄「バイト」

 

私「学校休んじゃえばいいじゃん」

 

兄「3日も休めるか!ちょい寝るから1時間位したら起こして」

 

私「・・・うん」

 

少ししてお兄ちゃんの携帯が鳴り、覗いてみると彼女らしき人からでした。

 

時間が過ぎたのでお兄ちゃんを起こしました。

 

「さっき電話来てたよ。彼女さん?」

 

「ん?ああ、そうやね」

 

私はショックで部屋に行って、涙が出てきて泣いてしまいました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト