タグ:ギャルの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ギャル

いじめっ子がブスデカ女に逆レイプされてデカチンの僕はギャルたちと中出しセックス

ブスデカ女
画像はイメージです

 

ブスデカ女に逆レイプされる?

 

僕は小学校の頃からいじめられっ子でした。

 

その理由は、僕のチンコがデカくて気持ち悪いと言われていたからです。

 

中学2年の夏休みに入る前に、僕をよくいじめていたKに捕まりつかまり、近所にあるラブホテルだった廃屋に連れて行かれました。

 

するとそこには5人の女性がいました。

 

みんな女子高生みたいで、美人でスタイルのいい黒ギャルが2人と白ギャルが2人。

 

そして異様に体のデカい、リーダーらしいブスデカ女です。

 

「こいつが例のデカチン君かい?」

 

ブスデカ女が聞くとKは頷きました。

 

「とりあえずチンポ見せてみな」

 

すると黒ギャル2人が、僕のズボンとパンツを下ろしました。

 

ポロンと僕のチンコが登場すると黒ギャルは、

 

「おーっ!」

 

と歓声をあげ、白ギャルはただ驚いていました。

 

ブスデカ女は僕のチンコを見て、

 

「ほんとデカチンだねぇ、これなら満足できそうだよ、坊や、いい子にしてたら気持ちよくしてあげるよ」

 

と言われ僕は、

 

「それよりもKの知り合いなら、僕をいじめるのを止めさせてくれ」

 

と言うと、ブスデカ女はKを見ました。

 

Kは一瞬ビビった顔をしていました。

 

そりゃ、こんなブスデカ女に睨まれたら誰でもビビるでしょう。

 

でも、ブスデカ女は案外いい人みたいで、

 

「弱いものいじめは感心しないな、もうこいつをいじめるのはやめな、その代わりこのデカチン君を紹介してくれた礼を含めてたっぷりとサービスして可愛がってやるから」

 

ブスデカ女がそう言うと、Kは思いっきり頷き、

 

「じゃあ、ユリとやれせてくれるんだな」

 

と聞きました。

 

ブスデカ女は、

 

「ああ、もちろん」

 

と頷きました。

 

どうやらKは、ブスデカ女にデカチンの僕を紹介する報酬として、ユリというギャルとセックスをさせてもらう約束をしていたようです。

 

そしてブスデカ女が動き出しました。

 

「さて、ほんじゃ可愛がってやるか」

 

いい人だとは思いますが、いくらなんでもこんなブスデカ女とはセックスをしたくありません。

 

しかも僕はまだ童貞でした。

 

でも、この状況では逃げられません。

 

覚悟を決めてじっとしていると、なんとブスデカ女はKの腕を掴んで部屋を出て行こうとしています。

 

Kは驚いて、

 

「なんだよ、放せよ、ユリとやらせる約束だろ」

 

Kは抵抗しましたが、ブスデカ女は少し顔を赤らめて、

 

「ユリはあたしだよ」

 

僕もKもびっくりしました。

この体験談の続きを読む

見られると興奮する変態痴女ギャルと彼氏の目の前で青姦したけど怖くなって逃げた

青姦 変態 痴女
画像はイメージです

 

女の喘ぎ声が聞こえた

 

以前、超がつくほどのド変態カップルと遭遇した事がある。

 

俺はその日、仲の良い男友達2人と3人で酒を飲み、いつものようにハイテンションでナンパするために深夜の街をうろついていた。

 

しかし、その日はナンパが全然うまくいかずに失敗しまくりだった。

 

いつの間にか友達のTがフッと消えていて、残った俺たちも諦めて帰ろうとしていた。

 

そういう時だった。

 

どこからともなく女の喘ぎ声が聞こえてきた。

 

ここは地元ではナンパスポットで有名な公園だった。

 

カップラーメンを片手に持っていた俺は箸を止め、その喘ぎ声がする方向へ目をやると、
薄暗い中から女の姿が見えた。

 

その女の片足からはパンツがぶら下がり、もう片方の足は思いっきり横に開き、壁に寄りかかってマンコに男のチンポを受け入れている状態だった。

この体験談の続きを読む

男性経験豊富な新入社員の女の子に気に入られて「中に出して」って言われたけど…

カーセックス
画像はイメージです

 

いきなり僕にキスしてきました

 

僕の会社の後輩に、夏帆という女の子がいます。

 

夏帆は高卒の新入社員で、背は155cmと小柄で、茶髪のショートヘアーです。

 

顔はロリ系で、やや肉付きがよく巨乳のいい感じです。

 

男性経験は豊富な印象です。

 

普通に「可愛い」と言えるレベルの女の子です。

 

僕は26歳で、19歳の夏帆とは結構離れてますし、部署も違って仕事上も直接関わることはありません。

 

ですが昨日、退社する時に偶然、会社の出口ではち合わせた時に夏帆が、

 

「○○さんお疲れ様です」

 

と僕の名前を口にしました。

 

「あれ?俺の名前知ってるの?」

 

と聞くと、ニコニコ笑いながら、

 

「好みの人は覚えちゃうんです」

 

と言ってきました。

 

嘘でも嬉しくなり、冗談のつもりで、

 

「じゃあこれから二人でどっか消えよーか?」

 

と言うと、

 

「はい」

 

と上目づかいで言ってくるので、僕は完全にその気になりました。

 

夏帆は車通勤で、僕はバイク通勤なので、

 

一旦僕がバイクを家に置きに帰り、夏帆の車に同乗しました。

 

さすがに今日いきなりなので、何かが起こるはずはないだろうと思っていました。

 

しかし、突然夏帆が人気の無い場所に行き、車を停めるとシートベルトを外して、助手席の僕に覆いかぶさってきました。

 

僕がびっくりして固まっているところに、夏帆は僕にキスをしてきました。

 

夏帆の髪から漂う良い匂いと、柔らかい唇の感触に思わず勃起してしまい、夏帆の口に舌をねじ込みました。

 

夏帆も舌を絡めてきます。

 

お互い身体を密着させ、汗をかきながら夢中で舌を絡め合います。

 

お互いの涎でベトベトになりながら、

 

「チュパッ、チュプチュプ、ヌチャッ」

 

と、卑猥な音が車内に響きます。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト