タグ:カーセックスの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:カーセックス

男性経験豊富な新入社員の女の子に気に入られて「中に出して」って言われたけど…

カーセックス
画像はイメージです

 

いきなり僕にキスしてきました

 

僕の会社の後輩に、夏帆という女の子がいます。

 

夏帆は高卒の新入社員で、背は155cmと小柄で、茶髪のショートヘアーです。

 

顔はロリ系で、やや肉付きがよく巨乳のいい感じです。

 

男性経験は豊富な印象です。

 

普通に「可愛い」と言えるレベルの女の子です。

 

僕は26歳で、19歳の夏帆とは結構離れてますし、部署も違って仕事上も直接関わることはありません。

 

ですが昨日、退社する時に偶然、会社の出口ではち合わせた時に夏帆が、

 

「○○さんお疲れ様です」

 

と僕の名前を口にしました。

 

「あれ?俺の名前知ってるの?」

 

と聞くと、ニコニコ笑いながら、

 

「好みの人は覚えちゃうんです」

 

と言ってきました。

 

嘘でも嬉しくなり、冗談のつもりで、

 

「じゃあこれから二人でどっか消えよーか?」

 

と言うと、

 

「はい」

 

と上目づかいで言ってくるので、僕は完全にその気になりました。

 

夏帆は車通勤で、僕はバイク通勤なので、

 

一旦僕がバイクを家に置きに帰り、夏帆の車に同乗しました。

 

さすがに今日いきなりなので、何かが起こるはずはないだろうと思っていました。

 

しかし、突然夏帆が人気の無い場所に行き、車を停めるとシートベルトを外して、助手席の僕に覆いかぶさってきました。

 

僕がびっくりして固まっているところに、夏帆は僕にキスをしてきました。

 

夏帆の髪から漂う良い匂いと、柔らかい唇の感触に思わず勃起してしまい、夏帆の口に舌をねじ込みました。

 

夏帆も舌を絡めてきます。

 

お互い身体を密着させ、汗をかきながら夢中で舌を絡め合います。

 

お互いの涎でベトベトになりながら、

 

「チュパッ、チュプチュプ、ヌチャッ」

 

と、卑猥な音が車内に響きます。

この体験談の続きを読む

【ヤンキー女子中学生】チンポ大好きビッチとカーセックスで生中出し

ビッチとカーセックス
画像はイメージです

 

13歳のヤンキー女子がとんでもなくエロい

 

俺が20代前半の頃の話です。

 

18歳のサヤって名前の女の子と出会い系サイトで知り合い、実際に会う約束をして、ラブホテルに行く事になりました。

 

夜コンビニで待ち合わせしたんですけど、現れたサヤは金髪でヤンキーな女の子でした。

 

金髪ヤンキーなのに、デニムのミニだったからなんか違和感があったんですが、顔はどう見ても18歳には見えないし、もっと幼い感じがします。

 

疑いつつも、とりあえず車に乗せて、まずは車を走らせます。

 

「お前、18じゃないだろ?本当は何歳?」

 

「ホントは・・・13・・・」

 

「マジか!?13て事は中学生か!?」

 

「そう・・・中1・・・別に良いじゃん、女だし、何か問題あんのかよ!」

 

やっぱりヤンキーだから、かなり口が悪いです。

 

「問題あるに決まってるだろ!バレたらヤバいじゃねぇか、それにセックスしたことあんのかよ?」

 

「小学生んときからヤリまくってるよ!バレるわけねぇし・・・いいから早くラブホ行けよ!ヤリたいから来たんだろ?アタシも早くチンポ欲しいし・・・」

 

そう言いながらサヤは、助手席でデニムのミニを捲って、パンツの上からマンコを触り始めました。

 

そんなビッチなサヤを運転しながらチラ見していたら、俺もムラムラして来て、オナニーしてるサヤのマンコを触ってみました。

 

サヤのマンコは、パンツの上からでもすでにビショビショに濡れています。

 

もう、お漏らししてるみたいに濡れまくっていた。

 

「あー、ちょー気持ちいい!早くチンポ欲しい~!あ~たまんない!」

 

(中1でどんだけエロいんだよ)

 

と思いながら、サヤのパンツの隙間から指を入れてクリトリスを刺激したり、マンコに指を出し入れしたら、サヤは大きな声を出してイッてしまったみたいです。

 

「あ~気持ち良かったぁ~!でもまだチンポ入ってないし、ラブホまだかよ?」

 

「あと15分はかかるかな」

 

「あ~もう我慢の限界、チンポ入れたい!どっか人いない所に車停めろよ!」

 

サヤは我慢できないらしいので、近くの広い駐車場の隅っこに車を止めて、カーセックスする事にしました。

 

車を止めた途端、サヤは俺のジーンズとパンツをあっという間に脱がせ、チンポにむしゃぶりついてきました。

 

チンポが大好きなようで、ヨダレを垂らしながら卑猥な音を立て、ジュルジュル舐めまわします。

 

ビンビンに勃起したら俺が我慢できなくなり、助手席のシートを倒してサヤに覆い被さっていきました。

 

覆い被さったのは良いんですが、サヤはまだパンツを穿いたままでした。

 

ミニ捲ってパンツの隙間からチンポを挿入しようとしたら、サヤは自分でパンツをヒザまで下ろし、俺のチンポを掴むと、ビショビショに濡れまくっているマンコに生で導いてくれました。

 

ヌルンッ!

 

入った!

 

(き、気持ちいい~!)

この体験談の続きを読む

童貞卒業させた彼が私に夢中になっているので自分好みに育てたい

カーセックス
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

童貞卒業した彼をまた誘っちゃいました

 

あれ以来初めてT君とバイト先の控え室で対面しました。私が、

 

「T君、おはよう!」

 

と挨拶するとたちまちT君の顔は真っ赤になりました。可愛すぎです。二人きりでしたので、

 

「何照れてんのよぉ」

 

と茶化してみます。T君は

 

「な、なんですか!」

 

と照れた顔で笑います。

 

この日はバイト忙しかったんですが、時折T君をチラチラ見て

 

(あの誠実そうなT君が私のクリトリスを舐めてオマンコに指入れて)

 

なんて事を思い出して私はとっくに濡れていたと思います。

 

忙しいバイトが終了すると又してもT君と控え室で二人きりに。私は車で来てるので

 

「送っていくよ」

 

とT君を誘ってみました。下心満載です。

 

T君もためらいなくついて来たので、おそらく期待してたんだと思います。助手席に乗ってじっと前を見てます。私は、

 

「T君、この間のこと覚えてる?酔ってたから覚えてないとか言うことはないよね?」

 

と話し始めました。T君は直ぐに真っ赤な顔になって

 

「覚えてますよ」

 

と言いました。真っ赤になったT君を見てると更に意地悪したくなってきました。

 

「思い出したりもしたの?」

 

と聞いてみます。T君は、

 

「し、しましたよ」

 

とちょっとだけ拗ねたみたいな声を出します。

 

「バイト中に思い出した?私はバイト中ににT君とセックスした時のこと思い出して濡れた」

 

と大胆に言ってみます。 T君は、

 

「俺なんて・・・いや、いいです」

 

と言いかけてやめたんです。

 

「何よ。ちゃんと言ってよ」

 

と問いただすと

 

「奈美さんとのエッチ思い出して、一人でしました。何回も」

 

と気まずそうに俯きました。ここでまた嬉しくなり、問い詰めます。

 

「私の何を思い出したの?」

 

と意地悪な問いかけを重ねます。

 

「奈美さんの、エッチなとこ」

 

人気がほとんどいない所だったので私は車を止めました。

 

「エッチなとこって?」

 

「奈美さんがイクところ。オマンコがビクビクしてたとこ」

 

T君が真っ赤な顔で私を見ました。

 

私はいてもたってもいられず、T君のズボンの上からおちんちんを触りました。ズボンの上からでも分かるくらいすでに勃起してます。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト