対面座位
画像はイメージです

 

雷が怖くて抱きついたら着替え中でした

 

私は都内の女子大に通っています。

 

この前、アルバイト先の人とエッチしちゃった体験談を書きます。

 

相手は3つ年上の男性で、お兄ちゃんの様に慕っていて、てっちゃんといいます。

 

てっちゃんとは普段からすごく仲良しで、一緒に帰ったり飲みに行ったりもしています。

 

てっちゃんには同棲してる彼女がいて、私にも彼氏がいるんだけど、そんなの気にせず本当の兄弟みたいに、いつも気さくな感じです。

 

その日もバイト上がりの時間が同じで、終わってからしばらく休憩室でテレビを見てて、他の人は全員帰りました。

 

「俺たちもそろそろ帰ろうか」

 

って言ってそれぞれ更衣室へ行きました。

 

更衣室で着替えてたら、ピカッ・・・ゴロゴロ、ドッカーン!

 

突然大きな音で雷が鳴ったんです。

 

雷が大っ嫌いな私は悲鳴をあげました。

 

てっちゃんが私の悲鳴に心配して、隣から飛んで来てくれて、怖かった私は泣きながら抱きつきました。

 

「メグは怖がりだなー」

 

って泣いて震える私を抱きしめて、髪を撫でてくれたんです。

 

そして近くにあったジャケットをかけてくれて、てっちゃんが戻ろうとしたけど、また雷が鳴ったんで怖くてさらにしがみついたんです。

 

「もうちょっとだけいて」

 

て言うとてっちゃんは、

 

「いや、無理だよ」

 

そう言って離れようとします。

 

「やだ、怖いよ」

 

「いや、マジでやばいって」

 

「いやだぁー」

 

「無理だって」

 

「いいのー」

 

「よくねぇよ!」

 

そう言っててっちゃんは無理やり離れたんです。

 

「何でー?」

 

「メグ、そのかっこ・・・」

 

気付いたら私は下着だけ、てっちゃんもパンツにTシャツだけだったんです。

 

「ごめん!」

 

ようやく我に返り、恥ずかしくて真っ赤になりました。

 

「あー、もー無理」

 

今度はてっちゃんに抱きしめられたの。

 

「ちょ、ちょっと!!」

 

「俺、ちんぽ勃っちゃった」

 

「いやだー」

 

「メグのせいだぞ」

 

「そんなこと言われても・・・」

 

(離れなきゃ!)

 

と思った瞬間キスされたんです。

 

「!!」

 

前に酔ってキスしたことがあるんだけど、てっちゃんはキスが上手かったの。

 

舌も入れられて、ピチャピチャという音が響いていました。

 

「んんっ、ふぅ・・・」

 

声が漏れます。

 

頭がボーッとしててっちゃんの首に手を回します。

 

慣れた手つきでブラジャーを外され、唇が離れます。

 

「すげー、きれー」

 

てっちゃんはそう言うとおっぱいにしゃぶりついてきて、そのまま畳に押し倒されちゃいました。

この体験談の続きを読む