先輩のお母さん
画像はイメージです

 

先輩のお母さんとイチャイチャ

 

僕の初体験、今年の夏です。

 

相手は高校の先輩のお母さんでした。

 

僕はまだ、高校3年生で、別の社会人となっている友達と飲みに行っていた時、街でバッタリ出合ったのです。

 

先輩のお母さんなので、高校生で飲みに行っていることが、先輩(現在は大学生)の耳に入ると怖くて、

 

「ヤバい!」

 

と思いました。

 

でも、

 

「黙っていてあげるから、今日は一緒にどう?」

 

の誘いに、2次会のカラオケに同行しました。

 

先輩のお母さんと女友達5人にカラオケへ連行されました。

 

先輩のお母さんは42歳ですが、色っぽく、大変おしゃれでした。

 

一緒に居た女性からはカラオケでは

 

「若いっていいわね」

 

と大変羨ましがられました。

 

カラオケでは先輩のお母さんはあまり歌わず、話しばっかりです。

 

話しをしている時、横でぴったり座っている先輩のお母さんの手が伸びてきて、テーブルの下で僕の手を軽く握りました。

 

びっくりしましたが、僕も回りにきづかれないよう握り返しました。

 

その時、僕のチンポはもうカチカチになっていましたが、気づかれないように腰を引いていました。

 

二人がこっそりといちゃついていることは、みんな会話やカラオケに夢中だったので、あまり気づかれなかったと思っていました。

 

12時をまわり、ようやく解散となったので、店を出ました。

 

でもいちゃついていることに気づかれていて、お母さんの友達が寄ってきて、

 

「私もこんな若~い彼氏がほしいわー」

 

と皆の前で僕に抱きついてきました。

 

その時、ふと手が伸びカチカチになったチンポを分からないように握られました。

 

いい気分でした。

この体験談の続きを読む