タグ:オナニーの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:オナニー

射精管理している男性を焦らしまくって最後はオナニーさせました

射精管理
画像はイメージです

 

射精管理中の男性から会ってほしいと言われました

 

私は33歳の主婦です。

 

ある時ネットを通じて、

 

「射精管理して下さい」

 

という書き込みをしていた若い男性と知り合いになりました。

 

話を聞くと、毎日寸止めオナニーをしているらしく、一人では孤独を感じるからやる気にさせて欲しいとのことでした。

 

私も暇をもてあましていたので応じる事にし、最初はなんとなく、

 

「まだイッちゃダメ!」

 

とか

 

 

「今日もおちんちんシゴいて寸止めオナニーしなさい」

 

とかメールしていたんですが、彼と携帯の番号をやり取りするまで、さほど時間はかかりませんでした。

 

初めての電話の時は私のほうが緊張してドキドキしていたかもしれません。

 

最初は何でもない会話をしていたのですが、やがて話題はエッチな方向に行きました。

 

私は、

 

「今、オナニー出来る?」

 

と聞いてみました。

 

彼は息を漏らしながら、

 

「出来ます」

 

と言いました。

 

私は増々興奮してしまいました。

 

(私の命令で、彼はオナニーをしているんだ)

 

電話の向こうではぁはぁ言っているのが聞こえます。

 

息遣いが荒くなってきました。

 

しばらくして私は、

 

「もう、やめなさい!」

 

と言いました。

 

その日を境に、彼のおちんちんを私が支配することになったのです。

 

メールも直接携帯に送るようになりました。

 

「若い女性店員のいるコンビニでエロ本を買いなさい」

 

「今すぐ、近くのトイレに入って寸止めオナニーしなさい」

 

「返事が遅いわよ!私が許すまで、おちんちんには一切触れちゃダメ!」

 

それから約1ヶ月もの間、彼に射精を禁止しました。

 

すると一変して彼のほうから、

 

「会って下さい」

 

と言われたんです。

 

その時には、私にとりましても彼の存在は大きなものになっていたのです。

 

(会ってしまったら、この関係が終わってしまうのでは?)

 

という心配もありましたが、会わないでいると後悔が大きくなりそうな気がしたので、私は会う決断をしました。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】酔って倒れた私に息子が乗っかり腰を動かしていました

近親相姦
画像はイメージです

 

息子のオナニーが気になって

 

私は44歳のバツイチです。

 

主人とは6年前に離婚し、今は一人息子と二人きりでアパート暮らしをしています。

 

部屋は四畳半と六畳の二間のみです。玄関のある四畳半の部屋は、台所、居間、脱衣所と併用です。

 

奥の部屋で主に生活しており、タンスがあり、息子の勉強机があり、私たちの寝室でもあります。

 

高校生の年頃の息子と同じ部屋で寝るというのは、あまりよろしくないのは分かるのですが、そんなこと言ってる余裕などありません。

 

しかしこんな狭い家での生活ですので、お互いの裸を見るのは日常茶飯事です。

 

私も息子も同じ部屋で着替えますし、お風呂に入るときは、台所の横で裸になります。

 

お風呂のお湯がすぐに冷めてしまうので、息子が中学2年の時までは二人で一緒にお風呂に入っていました。

 

一緒に入るのを止めた理由は、息子のおちんちんが勃起するようになったからなのです。

 

息子は中学2年ぐらいから急に男性っぽくなってきて、オナニーも覚えたようなのです。

 

健全な男の子だったら当然のことだと思い、私は一人の時間を作ってあげたくて、寝るまではできるだけ居間ですごしていました。

 

でも寝た後でも、時々私の寝ている横で、こそこそとおちんちんを扱いていることもあります。

 

寝ているふりをしつつ、私もドキドキしながら聞き耳を立てていました。

 

そんな生活が続いて、息子が高校2年生になった夏休みのことです。

 

「自分の寝室を作りたい」

 

と言って、押し入れの下の段を片付けた頃から、私を見る目が変わったように思うんです。

 

しかも息子はお風呂から上がっても、素っ裸でしばらくウロウロすることもあります。

 

「早くパンツ穿きなさい」

 

って言うこともしばしばです。

 

もう高校2年性ですから、チラチラと見えるおちんちんは立派な大人のもので、陰毛もしっかりと生えています。

 

そして私が着替えているとこを凝視したり、あろうことか私の下着を使ってオナニーしているのを目撃したこともあります。

 

どうして突然そうなったのか見当が付かないまま、私は、息子にどう接していいのか分からず、そのままオロオロしているだけでした。

 

それに、私自身主人と別れて長いことセックスしていません。

 

息子がいないときに時々オナニーしていますが、それだけでは欲求不満が溜まってしまい、どうしても息子のおちんちんに目がいってしまうのです。

この体験談の続きを読む

【中学】男子が犯されるのを見てオナニーや性教育を教わりました

中学生 逆レイプ
画像はイメージです

 

部室に男子を引っ張ってきて無理やり脱がせ・・・

 

私が中学に入学して間もないころでした。と言ったとしても、もうずいぶん前のことですが・・・

 

小学生の時に仲良しだった年上の女の子が、一足先に中学でヤンキーになっていました。

 

家は近所だったので、ヤンキーといっても私たちはよく顔を会わせていて、とりわけ彼女が怖いとも思いませんでした。

 

入学して一ヶ月もしないうちに、その女子不良集団の溜まり場(テニス部の部室)に誘われるようになり、私は時々行っていました。

 

そして事件はとある土曜の午後に起きました。部室に行ってみると、

 

「今日は男のチンコ見せてやるから期待して待ってな」

 

と言われ、私はなんかヤバい気配を感じました。

 

(Hな本でも持ってくるのかな)

 

って思って、昼から部室で、何人かとお菓子や飲み物で雑談をしていました。

 

4時頃になって運動部の部活がだいたい終わり始め、そろそろ私も帰ろうとした時、

 

「もうちょっと待ってな。」

 

と言われ、しばらく経過するとテニス部の2、3年生らしき女子が数人、体操着のまま1人の男子の腕を引っ張って、強引に部室に引きずり込みました。

 

私は、

 

(エッ?)

 

となり、

 

(まさか本当にやるの?)

 

とあっけにとられていましたが、テニス部の女子たちが、

 

「今日はこの男が私たちのスカートの中ずっと覗いてた!」

 

と言ってヤンキー女子たちの前に突き放ちました。男子は、

 

「ふざけるなっ!」

 

と言い放ってその場から逃げようとしましたが、すぐに数人の女子に取り押さえられて徒労に終わります。

 

ヤンキーの上級生が

 

「チンコ勃ってるか調べてやる」

 

とか言って、その仲間たちが5,6人で男子をマットに押し倒します。

 

短パンを脱がし、男子は暴れて抵抗しましたが、5,6人のヤンキー女子に押さえつけられては抵抗しきれません。パンツもあっさり脱がされました。

 

毛の生えたグロテスクなおちんちんが、ハッキリと私の目に飛び込んできました。

 

「勃起してねぇな!おまえ女子のブルマ覗いてたんだろ?」

 

と友達の女子が言うと、

 

「この男、部活の時は女子側のテニスコートチラチラ見てるし、今日は女子同士でスカートめくって遊んでた時もジッと見てたから、そん時勃ってたはずだよ。」

 

とか他の女子部員の子が言うし、男子は顔を真っ赤にして、目は恐怖のためか涙ぐんでいました。

 

「よし、じゃあ、始めようか」

 

と不良の先輩が言ったら、男子を押さえつけたまま1人のヤンキー女子が、男子のおちんちんを掴み上下に動かしていました。

この体験談の続きを読む

【中学生】親戚のお姉ちゃんがチンコ触ってきたのでエッチしました

中学生セックス
画像はイメージです

 

寝ているボクのチンコを触ってくるんです

 

ボクは今、中学2年生です。

 

去年の夏、いとこたちと海水浴に行った時のことです。

 

いとこは1こ上のK美と1こ下のSで、行った日の夕方、おばさんが

 

「もうすぐ晩ご飯だから、いっしょにお風呂入っといで」

 

というので、3人でお風呂に入りました。

 

小さいお風呂なので、3人で入るとかなり狭いです。

 

SとK美はしょっちゅう一緒にお風呂入ってるらしくて、平気で前を隠さないで堂々と見せてました。

 

3人で日焼けのあとを比べあいっこしました。

 

ボクは女子の裸を見るのは初めてで、K美は割とおっぱいも大きいので、チンチンがビンビンに大きくなってしまいました。

 

K美は

 

「洗ったげる」

 

とSとボクを交代で立たせて、見たらSもチンコが立ってたけど、ボクのほうが相当大きかったので、K美は驚いて

 

「おっきいわねぇ~」

 

と言って洗いながら触りってきました。

 

Sは見たいテレビがあるので、すぐに上がって、K美とボクの二人になると、K美は

 

「おちんちんすごいねぇ」

 

といって夢中でボクのチンコをナデナデしてきました。

 

「胸触ってもいい?」

 

と聞くと、

 

「いいよー」

 

というのでK美のおっぱいを揉みました。初めて触ったけど、柔らかくてびっくりです。

おばさんが

 

「早く出なさい」

 

と言うので、急いで出たけど、トランクスをはいても、K美はもっこりしてるふくらみをを触ってきました。

 

夜、3人で寝てたらK美はボクの横に来ました。ボクは真ん中でした。

 

Sはすぐ寝てしまい、ボクも疲れていつの間にか眠ってしまいました。

 

夜中にふと目が覚めたら、K美がボクのチンコを触っているんです。

この体験談の続きを読む

バイブ責めの実況をさせられている間に彼氏は女先輩に犯されています

4p 拘束
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

先輩のオマンコでイカされる彼氏

 

もうオマンコは先ほどのオナニーゲームでビチョビチョに濡れています。智史は、

 

「うあっ、あぅー」

 

と声を出しています。

 

(智史お願いだから私のオマンコでイッテね)

 

と思い、智史の上で激しく腰を振ります。

 

10秒はあっという間です。理絵先輩、瑞樹先輩も同じように智史の上で激しく腰を振ります。

 

智史は一度射精しているので、さっきと比べて若干余裕があるみたいですが、切なそうに声を出し体をくねらせています。

 

フェラチオは先輩のテクニックには及ばないけど、騎乗位だったらテクニックの差はそれほどないわよね、とおのずと言い聞かせて、

 

(智史、お願いだから私でイッて!)

 

と心の中で叫び続けます。

 

「2ラウンド開始!」

 

今度は20秒です。

 

腰を上下にズボズボ動かして、おちんちんをオマンコから出し入れするようにしたり、奥まで入れて腰をグリグリグラインドしたりします。

 

(あーん、お願い智史、出してー!)

 

無慈悲にも20秒が経過してしまいました。理絵先輩や瑞樹先輩も20秒間激しく腰を振りまくります。

 

智史はもう限界に近くなっているのでしょうか。先輩の腰の動きに連動するように

 

「あぅ、おうっ、うあっ」

 

と声を出しています。

 

「3ラウンド開始!」

 

今度は30秒です。もう目一杯智史の上で腰を振りまくります。智史の声はどんどん大きくなっていきます。

 

あと少し、あと少しと思いながら30秒経ってしまいました。理絵先輩の時により一層声は大きくなり、智史も堪らないのか腰を動かす状態になってきました。

 

理絵先輩の30秒が経過する頃には智史のおちんちんは射精したくてヒクヒクしているように感じます。

 

(いやーん、このままじゃ、また瑞樹先輩でイッちゃうー)

 

と思いました。瑞樹先輩は、智史の上で強弱をつけながらも激しく動きます。

智史も益々声を大きくして、さっきよりも腰を動かしています。

 

(いやー、ダメー、智史我慢してー、耐えてー、次は私の番よー。)

 

瑞樹先輩の30秒が終了しました。

 

「4ラウンド開始!」

 

慌てて私は智史のおちんちんに跨ります。今の状態で40秒あれば智史はイク気がします。先程の瑞樹先輩のようにゆっくり深く出し入れしたり、激しく素早く動かしたりします。

 

智史の声も速く大きくなってきて腰も動かしています。

 

「あおぅっ、うおっ、あっ、ひあっ、うっ、うあっ、」

 

(智史出してー!)

 

と心の中で絶叫しながら一心不乱に腰を振り続けます。

 

でも、智史はなかなか射精してくれません。40秒という時間が着々と過ぎていきます。そしてついに時間が来てしまいました。

 

智史はとっくに腰もガクガクと震わせているし声も荒くなっているし十分に射精してもいいはずなのに、悔しい事にイッてくれませんでした。

 

さてお次は理絵先輩です。もう、腰やおちんちんがガクガクと震えている智史はあとたかだか数回出し入れすれば出してしまいそうです。

 

理絵先輩がジワリジワリと智史のおちんちんをオマンコに沈めます。それから腰を動かします。

 

瑞樹先輩や私のように、じわじわと深く動かしたり、激しくスピーディーに動かしたりを織り交ぜながら。

 

もう智史は、はあはあ息を荒くさせて、腰を自分から突き出しガタガタと震わせています。理絵先輩が強烈に激しく腰をズボズボ上下させた瞬間に智史は

 

「うあーっ!イっ、イクーっ!」

 

と一層大きな声を出しました。智史が射精したのが分かったのか、可奈先輩も口のタオルを外して、大きな声で

 

「あー、イ、イクー、イッちゃうー!」

 

と言って理絵先輩もイッちゃったのです。理絵先輩はそのまま智史の上に倒れこんで、体中を小刻みにと震わせていました。

 

「智史ー、なんで私でイッてくれなかったのよー、なんで理絵先輩でイッちゃうのー」

 

私はついつい叫んじゃいました。しばらく経って、ようやく可奈先輩が智史から離れました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト