アナルファック
画像はイメージです

 

童貞でSMクラブへ

 

風俗で初体験をしてアナル処女をも奪われた話。

 

当時の僕は20歳でまだ童貞でした。

 

セックスしたくてたまらないほど性欲過多な状態でした。

 

毎日AVを観てはセンズリばっかりこいてました。

 

でもオナニーだけじゃ満足できません。

 

そこで思い切って風俗に行くことを決意したんです。

 

でも童貞が風俗に行っても、

 

(満足にプレイ出来ないだろうな)

 

と思いました。

 

風俗嬢にリードして欲しいけど、恥ずかしくて言うのも気が引けます。

 

そこで考えました。

 

(SMクラブで女王様に調教してもらえばいいんじゃね?)

 

これなら受け身で言われた通りに従えばいいし、責められる側だからテクニックも必要ありません。

 

早速、それらしい店を探して予約の電話を入れてプレイしに行くことにしました。

 

マンションの一室が受付になっていて、そこで女の子の写真を見せられました。

 

すぐに紹介できるのは3人で、うち2人は結構好みでした。

 

2人のうち身長が高めの子を指名しました。

 

受付のあるマンションの隣のマンションの一部がプレイルームになっていて、準備が出来次第女の子がそっちに向かうので、お茶でも飲みながら待ってるように言われました。

 

待ってる間はドキドキして不安でした。

 

チャイムが鳴ったのでドアを開けると、そこには写真通りの風俗嬢がいました。

 

かなり安心しました。

 

ちなみに女王様のスタイルは身長170cmくらいで、おっぱいもお尻も大きくて、ムチムチしたボディーでした。

 

「初めましてだよね?結構若いわね、もしかしてSMクラブは初めて?」

 

「はい、初めてです。今日は女王様に調教していただきたくて来ました」

 

「受付でAFコースを頼んだみたいだけど、調教される側でいいの?」

 

「はい、女王様の調教に耐えられたら、ご褒美にアナルファックさせてください」

 

「じゃあ、頑張って我慢しないとダメよ、じゃないとアナルファックさせてあげないから」

 

ちなみにAF(アナルファック)コースというのは、こっちが女の子を責めたり逆に責められたり出来て、しかもアナルファックで射精できるというコースです。

この体験談の続きを読む