タグ:せんずりの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:せんずり

射精管理している男性を焦らしまくって最後はオナニーさせました

射精管理
画像はイメージです

 

射精管理中の男性から会ってほしいと言われました

 

私は33歳の主婦です。

 

ある時ネットを通じて、

 

「射精管理して下さい」

 

という書き込みをしていた若い男性と知り合いになりました。

 

話を聞くと、毎日寸止めオナニーをしているらしく、一人では孤独を感じるからやる気にさせて欲しいとのことでした。

 

私も暇をもてあましていたので応じる事にし、最初はなんとなく、

 

「まだイッちゃダメ!」

 

とか

 

 

「今日もおちんちんシゴいて寸止めオナニーしなさい」

 

とかメールしていたんですが、彼と携帯の番号をやり取りするまで、さほど時間はかかりませんでした。

 

初めての電話の時は私のほうが緊張してドキドキしていたかもしれません。

 

最初は何でもない会話をしていたのですが、やがて話題はエッチな方向に行きました。

 

私は、

 

「今、オナニー出来る?」

 

と聞いてみました。

 

彼は息を漏らしながら、

 

「出来ます」

 

と言いました。

 

私は増々興奮してしまいました。

 

(私の命令で、彼はオナニーをしているんだ)

 

電話の向こうではぁはぁ言っているのが聞こえます。

 

息遣いが荒くなってきました。

 

しばらくして私は、

 

「もう、やめなさい!」

 

と言いました。

 

その日を境に、彼のおちんちんを私が支配することになったのです。

 

メールも直接携帯に送るようになりました。

 

「若い女性店員のいるコンビニでエロ本を買いなさい」

 

「今すぐ、近くのトイレに入って寸止めオナニーしなさい」

 

「返事が遅いわよ!私が許すまで、おちんちんには一切触れちゃダメ!」

 

それから約1ヶ月もの間、彼に射精を禁止しました。

 

すると一変して彼のほうから、

 

「会って下さい」

 

と言われたんです。

 

その時には、私にとりましても彼の存在は大きなものになっていたのです。

 

(会ってしまったら、この関係が終わってしまうのでは?)

 

という心配もありましたが、会わないでいると後悔が大きくなりそうな気がしたので、私は会う決断をしました。

この体験談の続きを読む

【初めての射精】中学2年の姉ちゃんが胸を押し付けチンコを剥いてきた

初めての射精
画像はイメージです

 

お姉ちゃんがおっぱいを押し付けてくる

 

僕が小学5年生の時、中学2年のお姉ちゃんに襲われたことがあります。

 

深夜、僕が自分の部屋で眠っていると、姉ちゃんが僕の部屋にやってきて、布団の中に潜り込んできたんです。

 

僕は、

 

「お姉ちゃん、どうかしたの?」

 

とびっくりして聞くと、僕の顔をお姉ちゃんの胸に押し付けるように頭を抱き締めて、

 

「しっ!静かにして」

 

と言ってきたんです。

 

そのまましばらく、お姉ちゃんは少し興奮した感じの荒い呼吸をしながら、僕の顔を自分の胸に押し付けていました。

 

僕は訳が分かりませんでしたが、怖くてじっとしていました。

 

少し経つと、お姉ちゃんはパジャマのボタンを外して、胸元を開けてきました。

 

豆電球を点けているだけの薄暗い部屋でしたが、ピンクのパジャマから白いブラジャーが確認できました。

 

僕はドキドキしましたが、どうしていいか分からず何も反応できないでいると、お姉ちゃんは今度はブラジャー越しに、胸を僕の顔に押しつけてきました。

 

ブラジャー越しの胸の感触は、パジャマより柔らかい感じでした。

 

お姉ちゃんは何もしゃべらず、僕の顔におっぱいを擦り続けました。

 

結構強く押し付けられていたので、ブラジャーの生地が顔に擦れて痛くなりました。

 

「お姉ちゃん痛い」

 

と言いました。

 

するとお姉ちゃんは、ブラジャーを上に捲くり上げて、おっぱいを露出しました。

 

小学校2年生くらいまでは一緒に風呂に入ってましたが、それ以来で見たお姉ちゃんのおっぱいは、結構大きくなっていました。

 

それでも小振りですけど、女性のおっぱいって感じの胸です。

 

薄暗いので乳首の色はよく分かりませんでしたが、おそらくピンク色で小さかったと思います。

 

お姉ちゃんは息遣いが荒く興奮したように、

 

「触ってもいいよ」

 

と言いながら、おっぱいを僕の目の前にグイと突き出してきました。

 

僕にとっては訳が分かりません。何も出来ずにじっとしていると、

 

「もう、こうするの」

 

と言いつつ、お姉ちゃんは自分でおっぱいを揉み始めたんです。

 

おっぱい全体を揉んだり、乳首を摘まんで引っ張ったり。

 

そして、

 

「ほら、舐めてみて」

 

と言って僕の口におっぱいを押しつけてきました。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】酔って倒れた私に息子が乗っかり腰を動かしていました

近親相姦
画像はイメージです

 

息子のオナニーが気になって

 

私は44歳のバツイチです。

 

主人とは6年前に離婚し、今は一人息子と二人きりでアパート暮らしをしています。

 

部屋は四畳半と六畳の二間のみです。玄関のある四畳半の部屋は、台所、居間、脱衣所と併用です。

 

奥の部屋で主に生活しており、タンスがあり、息子の勉強机があり、私たちの寝室でもあります。

 

高校生の年頃の息子と同じ部屋で寝るというのは、あまりよろしくないのは分かるのですが、そんなこと言ってる余裕などありません。

 

しかしこんな狭い家での生活ですので、お互いの裸を見るのは日常茶飯事です。

 

私も息子も同じ部屋で着替えますし、お風呂に入るときは、台所の横で裸になります。

 

お風呂のお湯がすぐに冷めてしまうので、息子が中学2年の時までは二人で一緒にお風呂に入っていました。

 

一緒に入るのを止めた理由は、息子のおちんちんが勃起するようになったからなのです。

 

息子は中学2年ぐらいから急に男性っぽくなってきて、オナニーも覚えたようなのです。

 

健全な男の子だったら当然のことだと思い、私は一人の時間を作ってあげたくて、寝るまではできるだけ居間ですごしていました。

 

でも寝た後でも、時々私の寝ている横で、こそこそとおちんちんを扱いていることもあります。

 

寝ているふりをしつつ、私もドキドキしながら聞き耳を立てていました。

 

そんな生活が続いて、息子が高校2年生になった夏休みのことです。

 

「自分の寝室を作りたい」

 

と言って、押し入れの下の段を片付けた頃から、私を見る目が変わったように思うんです。

 

しかも息子はお風呂から上がっても、素っ裸でしばらくウロウロすることもあります。

 

「早くパンツ穿きなさい」

 

って言うこともしばしばです。

 

もう高校2年性ですから、チラチラと見えるおちんちんは立派な大人のもので、陰毛もしっかりと生えています。

 

そして私が着替えているとこを凝視したり、あろうことか私の下着を使ってオナニーしているのを目撃したこともあります。

 

どうして突然そうなったのか見当が付かないまま、私は、息子にどう接していいのか分からず、そのままオロオロしているだけでした。

 

それに、私自身主人と別れて長いことセックスしていません。

 

息子がいないときに時々オナニーしていますが、それだけでは欲求不満が溜まってしまい、どうしても息子のおちんちんに目がいってしまうのです。

この体験談の続きを読む

男子が裸にされイジメられる姿に興奮した私はおちんちんが大好きに

男子中学生 性的イジメ
画像はイメージです

 

同級生の男子が裸にされるのを見て興奮しました

 

私がいた中学校では、6人の女子不良集団による1年生男子への性的イジメがありました。

 

不良集団のボスは「T先輩」といい、私のお姉ちゃんとクラスメイトで仲良しだったこともあり、入学してきた時から私のことを可愛がってくれたんです。

 

入学してから数週間たった頃、放課後で部活動をしていた私はT先輩から

 

「いいもの見せてやる」

 

と言われて誘われました。

 

T先輩は体育館の舞台の下にある狭い物置部屋へ私を引き連れて行きました。

 

中に入ると、1年の同級生の中で結構目立っていた男子が1人、女子不良集団に囲まれて正座させられていました。

 

T先輩が

 

「始め!」

 

と言うと、取り囲んでいた不良集団たちが一斉に男子の服を脱がせ始めたんです。

 

男子は真っ赤な顔になって必死に抵抗していましたが、あっという間にジャージの上下とTシャツを脱がされ、ブリーフ1枚だけの格好にされてしまいました。

 

そして長テープルの上に仰向けに寝かされて押さえつけられると、男子は涙を浮かべてヒクヒク泣き始めてしまいました。

 

可哀想に思いましたが、私はブリーフからちょこんと盛り上がっている部分にどうしても目が行ってしまい、ドキドキして興奮し始めていました。

 

T先輩は男子の顔をニヤニヤしながら覗き込むと、

 

「テメー生意気みてえだな、みんなでチンコ見てやるよ。」

 

と言いました。

 

私は申し訳ない気持ちを感じながらも

 

(おちんちんが見れる)

 

という好奇心でいっそう興奮が高まっていました。

 

男子は

 

「ゴメンナサイ!ゴメンナサイ!」

 

と泣いて謝っていましたが、T先輩は男子のブリーフをゆっくり脱がし始めていました。

 

T先輩は

 

「ほらチン毛が見えてきたよ~」
「チンコも見えてきたよ~」

 

と言いながら、男子をからかうようにブリーフを脱がしていきました。

 

男子は

 

「やめて下さい!」

 

と泣きわめきながら必死に体ををくねらせて抵抗していました。

 

可哀想だと思いながらも、私はT先輩の意地悪な言い方や、男子の嫌がる姿に異常なくらい興奮して、オマンコが濡れてしまいました。

この体験談の続きを読む

デカチンから射精する瞬間をおばさんに目撃された僕はチンポ奴隷の毎日

熟女 逆レイプ
画像はイメージです

 

射精の瞬間をおばさんに見られた

 

僕は地元の高校を卒業した後、東京の大学に進学して一人暮らしをするために上京しました。

 

そして六畳一間と台所のある古いアパートの二階で生活することになりました。

 

大学の講義は面白くなくて難しいし、友達も全然できなかったので、暇なときは部屋にいることが多くなりました。

 

部屋の中ではたいしてすることもないので、毎日せんずりをしていました。

 

僕は身長177cmでウエストはなんと69cm、体重は56kgの体形です。

 

高校の頃は体操部に入っていたのですが、当時から折れそうなくらい細い体でした。

 

しかし、華奢に見られる僕は精力だけは人並み以上に強いみたいで、毎日チンポばかりいじくっていました。

 

そのおかげか、チンポは17cmの長さに成長し、亀頭もズルむけでカリ首も段差が大きいです。

 

素っ裸でチンポを勃起させると、細い腰から隆々と太いチンポが生えています。

 

ある夏の日、部屋には冷房も扇風機もなく、窓を全開にして、いつものように全裸でせんずりをしていました。

 

そしてチンポから精液が出そうになったとき、テッシュが空になっていることに気付いたんです。

 

射精感は止められないので慌てて窓までいき、全裸でチンポを突き出して窓の外に射精しようとしたんです。

 

するとその時、運悪く向かいのアパートの部屋の窓がガラガラっと開いたんです。アパート同士の距離は1.5メートルくらいしか離れていません。

 

その目の前のアパートの窓ガラスが開き、おばさんが顔を出しました。

 

(やばいっ!でも止められない!)

 

ドピュッ!ドピュッ!ドクン

 

僕は包み隠さず、窓から飛び出したチンポから濃いザーメンを発射してしまいました。

 

突然のことにおばさんは驚愕したようですが、目の前のチンポをじっと見つめています。

 

ザーメンは、おばさんが開けた窓の手すりにまで飛びました。

 

そして、サビた鉄の手すりまで飛んだ僕のザーメンは、ドロリと下に滴り落ちました。

 

射精後、僕はとてつもなく気まずくなり、窓を閉めて部屋の中に閉じこもってしまいました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト