タグ:ごっくんの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ごっくん

【ザーメン大好き】ナンパしてきた男性が射精するたびに飲み干しました

ザーメン ごっくん
画像はイメージです

 

私がナンパされてるの?ついフラフラと…

 

私は40歳の主婦です。

 

29歳で結婚しましたが、主人とはもう5年ほど夜の営みがありません。

 

年々回数が減っていくのは仕方ないことだと分かっていますが、5年間もセックスしていないと欲求不満も溜まります。

 

でも主人は他の女と浮気をしているみたいで、自分ではうまく隠しているつもりのようですが、私には見え見えです。

 

(私も浮気をしてやろう)

 

などと思って最近、ネットで出会い系サイトを覗いたりしていましたが、なかなか二の足を踏んで決断できません。

 

そしたらこの間、学生時代の女友達と女子会をした帰りで、私より若い男性にナンパされちゃいました。

 

後で年齢を聞いたら31歳と言ってました。

 

最初は、まさか私みたいなおばさんがナンパされるとは思わなかったので、そのまま歩いていたのですが、完全に私に話しかけていることに気づき、

 

(えっ?私がナンパされてるの?)

 

と思って男性を見ると、なかなかのイケメンでした。

 

別にイケメンが好きってわけではないですが、40歳にもなってナンパされたことへの驚きと嬉しさで、急に身体が熱くなってきて、その男性に誘われるがままにフラフラとついて行っちゃいました。

 

ちょっと薄暗いバーで隅っこの席に座り、カクテルを飲まされました。

 

少し酔ってきたなと思ったころ、男性は私の太ももを触ってきました。

 

酔ってきたこともありますが、日ごろの欲求不満が爆発するようにそれだけで感じてきてしまい、私も男性のおちんちんをズボンの上から撫でちゃいました。

 

するとおちんちんはすでに硬くなっていて、さらに私は興奮しました。

 

彼は私の耳元で、

 

「ここを出よう」

 

と囁くので私は頷き、すでにセックスしたくてウズウズしていた私は、彼と一緒にラブホテルに入っちゃいました。

この体験談の続きを読む

【小学生フェラチオ】恥垢がついた包茎おちんちんの臭いに興奮する私は変態

小学生フェラチオ
画像はイメージです

 

小学生の男の子がおねしょ

 

私は小学校の教員ではあるのですが、とにかく少年が大好きなのです。

 

しかも包茎の男の子なら、なおさらです。

 

女性の多くは、変態って思うかもしれません。

 

でも、好きなものはどうしようもありません。

 

大人の男性とは違う魅力があります。

 

汗の匂いやおしっこの臭い、思春期の男の子ならではの独特の甘い精子の臭い、それら臭いを嗅ぎながら、少年のおちんちんの先に舌を這わせてフェラチオしてあげます。

 

想像しただけでも、オマンコが濡れてしまいます。

 

私が今、関係を持っているのは、小学校の教え子ではなく、近所に住んでいる宏君です。

 

驚くことに今の子供って、早い子では、小学4年生でおちんちんが勃起もするし、射精もするんです。

 

子供でも気持ちよくなって、精液ピュッピュッて飛ばしちゃうんです。

 

女の子の生理も、小学3年生で始まる子もいます。

 

信じられないでしょ?今の子供は発育が早いのです。

 

宏君とは、ここ1年ぐらい、エッチな関係にあります。

 

最初は地域の子供会のスキー旅行で、宏君の両親がどうしても行けなかったため、教師でもある私と、私の父が面倒を見たのがきっかけでした。

 

宏君はお泊まりは初めてと言う事で、バスの中でも緊張していましたが、スキー場に着くと、子供らしく元気いっぱいに滑っていました。

 

飲み込みも早くて私よりも上手で、私が

 

「宏君、滑り方教えてよ」

 

って言うと、

 

「うん、お姉ちゃん一緒にすべろ」

 

なんて無邪気な笑顔で私の手を取り、丁寧に滑り方を教えてくれました。

 

ホテルに戻ると、たくさん汗をかいたので、私は温泉に入りに行きました。

 

部屋に戻ってくると、さっきまで大はしゃぎで遊んでいた宏君は、お風呂も入らずに、そのまま布団でぐっすりと寝ていました。

 

部屋は私の父と私、そして宏君の3人だけでした。

 

夕食は大人数なので宴会場で食べる予定なのですが、宏君が起きないので、父だけ宴会場に行って貰い、私は宏君と部屋に残る事にしました。

 

父は浴衣に着替えると、

 

「じゃあ、夕飯は後で食べに行くか、買ってくるかしなさい」

 

と言って、私に5千円を渡してくれて、宴会場に向かいました。

 

父が部屋から出て行ってから、すぐのことでした。

 

なにか、

 

ジョ、ジョー

 

という音が聞こえてきたんです。

 

(なんだろう?)

 

と思ってキョロキョロしていると、宏君が目を覚ましたみたいです。

 

時間は夜の6時過ぎでした。

 

「あれ?宏君、起きたんだね」

 

と私は声を掛けましたが、宏君は寝ぼけているのか、一言もしゃべりません。

 

むしろ、落ち着きがない感じでした。

 

寝ぼけているのとは明らかに違います。

 

私は

 

(もしかして?)

 

と思い、宏君に近づいて布団に手をかけました。

 

すると宏君は、

 

「やめてー」

 

と大きな声で嫌がると、真っ赤な顔をしながら私の手を掴んで払いのけました。

 

私は何も言わずに立ち上がり、部屋のお風呂場からバスタオルを取ってくると、

 

「大丈夫よ」

 

と言って、布団をめくりました。

 

そうです、宏君は「おねしょ」をしてしまったんです。

この体験談の続きを読む

【精子大好きおばさん】保険の外交員がミニスカと爆乳の色仕掛けで迫ってきた

精子大好きおばさん
画像はイメージです

 

お隣の奥さんは保険の外交員

 

僕が大学へ入学した時の話です。

 

大学への入学が決まりましたが、自宅から遠かったために一人暮らしをする事になり、アパートを探していました。

 

大学からは少し遠かったのですが、家賃が相場よりも安く、周辺が割と静かだったアパートがあったので、そこに決めました。

 

引っ越しも無事に済ませたところで、同じ階の住人へ挨拶をしようと、一軒一軒訪ねて回りました。

 

私が住むことになったアパートは、2階建ての1階で、一番奥でした。

 

順番に、

 

「よろしくお願いします」

 

と挨拶を交わし、最後に僕の隣の部屋を訪問しました。

 

「こんにちは、先日隣へ引っ越してきた大西義弘と申します」

 

「こんにちは、学生さん?」

 

出て来たのは40歳ぐらいでしょうか、普通のおばさんです。

 

化粧っ気もない、どこにでも居るようなおばさんで、体型もそれなりです。

 

「はい。○○大学です」

 

「あら、そうなの、今どき挨拶なんて感心ね、頑張ってね、私、吉村幸子って言うの」

 

「初めての一人暮らしで、色々とご迷惑をお掛けするかも知れませんが、よろしくお願いします」

 

「一人暮らしだと何かと大変だから、困った事があったら何でも相談してね」

 

「はい、ありがとうございます」

 

こんな感じでひと通り挨拶を済ませ、いよいよ大学生活がスタートしました。

 

大学生活にも少しずつ慣れてくると、あらためて一人暮らしの大変さを感じ始めていた時でした。

 

玄関のチャイムが鳴ったので、覗き窓から確認すると、お隣の吉村さんでした。

 

「こんにちは、どうかされましたか?」

 

とすると吉村さんはこう言いました。

 

「大西君って保険とか入ってない?」

 

そうです、吉村さんは保険のおばちゃん、つまり外交員でした。

 

正直いって保険には興味が無く、鬱陶しく思ったんですが、隣の方に失礼な態度を取るわけにもいかず、しぶしぶ話を聞く事にしました。

 

吉村さんの方が話は上手いので、いつの間にやら部屋へと上がられてしまいました。

 

「随分綺麗にしてるじゃない、彼女が掃除に来てくれるの?」

 

「いえいえ、彼女は居ないです、それよりも、話の方なんですけど…」

 

話を聞くだけ聞いて、とっとと帰ってもらいたかったんです。

 

「この保険はね~・・・」

 

とおすすめの保険を説明する吉村さんです。

 

適当に相槌を打ってたんですが、頭には入ってないし、いい加減疲れてきました。

 

「あの~こんなに長時間話をしてても大丈夫なんですか?夕食とかお子さんの事とか…」

 

と僕が言うと、

 

「あら、うちは大丈夫よ、主人は出張中だし、子供は居ないのよ」

 

と言われ、一向に帰る気配がありません。

 

まぁ、契約する気もないし、適当に話だけ聞いてその日は一旦帰ってもらい、ようやく解放されました。

この体験談の続きを読む

訪問販売先の欲求不満な熟女にチンコ触られて中出しセックス

熟女 中出しセックス
画像はイメージです

 

訪問販売先の熟女がフェラチオ

 

数年前のことですが、仕事で浄水器の訪問販売をしていました。

 

一般の家庭を一軒一軒飛び込みで訪問してたんですが、ほとんどが門前払いでとても大変でした。

 

そんな中、訪問先で高木さんという40代後半の人妻とセックスしたことがありました。

 

旦那さんがが還暦近くと言っていたので、10才ぐらい離れてたみたいで、もう何年もインポ気味で役に立たないって嘆いていたんです。

 

(これは誘われてるのかも?)

 

と思いましたが、高木さん宅に2回目の営業で訪れた時に、

 

「浄水器買ってあげたら、あっちの相手してくれる?」

 

と本当に誘惑されたんです。

 

最初は冗談かと思って適当に対応していたんですが、どうやら本気のようで、僕の股間をスラックスの上から撫でてきました。

 

僕はかなり驚いて、

 

「高木さん、マズイですよ!仕事中ですし、旦那さんが帰って来たらどうするんですか!」

 

と断りましたが、高木さんはかまわずに体を密着させてきて、股間を手でスリスリと触ってきます。

 

高木さんは40代後半といっても結構色気があり、多少抵抗しましたが、僕もきっぱり断ることが出来ず、素直にチンコは反応してしまいした。

 

それが嬉しかったみたいで、

 

「もう大きくなってきた、やっぱり若いってだけですごいわ」

 

とにこにこ笑顔で、スラックスのベルトを外して脱がし、パンツ越しに勃起したチンコに頬ずりしてきました。

 

そんな姿に僕は一気に興奮してしまい、もうされるがままで、ただ突っ立っていました。

 

「心配しないで、ちゃんと浄水器買ってあげるから。ほらそんなに硬くならないで、でもこっちは硬くしてくね」

 

興奮はしても仕事中だし、何かあったらと心配でしたので、高木さんのベタなギャグも笑えませんでした。

 

チンコだけは思いっきり反応して、ビンビンに勃起していました。

 

高木さんはしばらくチンコを撫でた後、ついに僕のパンツを下ろし、躊躇せずにパクッと咥えてきました。

 

それもすごい吸引力で、チンチンが引っ張られそうでした。

 

いわゆる、バキュームフェラですね。

 

しかも唾液を絡ませて、ジュポジュポといやらしい音を立ててフェラチオしてきます。

 

これがめちゃくちゃ気持ちいいんです。

 

フェラチオされて3分ぐらいで、イキそうになりました。

 

このままジュポジュポされると我慢できそうになかったので、

 

「た、高木さん…もうイキそうです」

 

と言ったら、高木さんはチンコから口を離し、

 

「いいわよ、このまま口の中で一回出しちゃって…」

 

と言ってまたすぐに咥え、上目遣いでジュポジュポしてきました。

 

簡単に出しちゃ情けないと思って、かなり我慢したつもりでしたが、

 

「あ~っ、高木さん…イッちゃいます!あっ、イク~!」

 

と言いながら、そのまま高木さんの口の中に、ビクビクと脈打ちながら射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

妹の中学生の彼氏を巨乳で誘惑したらむしゃぶりついて中出しまで

巨乳揉み
画像はイメージです

 

妹の彼氏にノーブラのおっぱいを見られました

 

私は20歳の女子大生です。

 

私には中学生の妹がいます。

 

私の通う大学は家から遠いので一人暮しをしているんですが、長期の休みの時期は実家に帰って過ごしています。

 

これは、この前の夏休みの時の話です。

 

7月に前期試験が終わり、実家に帰省した私はのんびり過ごしていました。

 

中学生の妹にはいつの間にか彼氏が出来ていて、夏休み期間中ということもあって、妹はよく彼氏を自分の部屋に呼んでいるみたいでした。

 

そんなある日、妹は遊園地でデートだといって彼氏と出かけ、両親も出かけていたので、家には私ひとりになりました。

 

私が居間でテレビを見ていると、まだお昼だというのに、妹が彼氏を連れて家に帰ってきました。

 

しばらくは帰ってこないだろうと思っていた私は、短パンにキャミソールというラフな格好でいました。

 

妹と目が合ったので、彼氏を紹介されて軽く挨拶をしたら妹が、

 

「やだ!お姉ちゃんノーブラじゃん、乳首出てるよ」

 

と言ってきました。

 

(しまった、忘れてた!)

 

と思ったときにはもう手遅れです。

 

妹の彼氏、ユウト君も私のおっぱいを見たのを確認しました。

 

自分で言うのもなんですが、私はスレンダーで巨乳なので、

 

(中学生の男の子には多少刺激が強すぎたかなぁ)

 

と思い、ユウト君の方を見ると、慌てて目を逸らしていました。

 

その日はそれで終わったのですが、数日後のことです。

 

ユウト君が妹を尋ねて家にやってきました。

 

どうやらデートの約束をしていたようなのですが、妹は完全に忘れて買い物に出かけてしまっていました。

 

慌てて妹に電話をすると、

 

「ごめん!あと1時間くらいして帰るから、ユウトに待っててもらって」

 

と言いました。

 

でも、妹のいる場所から家までは、どんなに急いでも2時間くらいはかかります。

 

仕方ないので、ユウト君をとりあえずリビングに案内しました。

 

ユウト君に、

 

「妹はあと3時間くらい帰ってこない」

 

と言うと、少し怒ったような顔をしましたが、待ってると言いました。

 

ユウト君に飲み物を出し、妹が帰ってくるまで、のんびりと居間で二人でテレビを見ていました。

 

まだ先日紹介されたばかりなので、そんなに会話もなく、重い空気が漂っていたので、私はユウト君に妹との交際について、どんな感じなのかを聞いてみることにしました。

 

照れてなかなか話そうとしないユウト君ですが、私はからかうように、

 

「妹とはどこまでいったの?」

 

と聞いてみると、恥ずかしそうに

 

「キスはしました」

 

と答えました。

 

「エッチはしてないんだ?」

 

と聞くと、

 

「まだそこまでは・・・させてもらえません」

 

と言いました。

 

我が妹よ、なかなか固いわねぇ。

 

私はウブなユウト君に意地悪な質問をしてみました。

 

「ユウト君この前、私の胸見たでしょ?」

 

するとユウト君は、

 

「ご、ごめんなさい・・・」

 

と言い、顔を真っ赤にして下を向いてしまいました。

 

すごく可愛く思えました。

 

私はさらに、

 

「謝らなくてもいいよ、私が見せたようなもんだし・・・で、どうだった?」

 

と聞くと、

 

「え?・・・いや・・どうって聞かれても・・・」

 

「なぁに?」

 

「大きいなぁと・・・思いました」

 

ユウト君はモジモジして、恥ずかしそうに答えました。

 

「本当?」

 

「は、はい」

 

「大きい胸は好き?」

 

と聞くと、ユウト君はコクンと頷きました。

 

「ユカリ(妹)は小さいもんね?」

 

と言うと、ユウト君は首を振って、

 

「胸は関係ないです!僕、ユカリのこと好きですから」

 

とキッパリと言いました。

 

もう、ユウト君がすっごく可愛くて、キュンキュンしちゃいました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト