タグ:ごっくんの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:ごっくん

大好きなお兄ちゃんの彼女に嫉妬して泣いたらキスしてオマンコ触られて…

近親相姦
画像はイメージです

 

大好きなお兄ちゃん

 

去年のゴールデンウィークにお兄ちゃんが帰って来ました。

 

私は高校2年生で、4つ上のお兄ちゃんがいます。

 

お兄ちゃんは気さくで喋るのも上手で、友達が多いタイプです。

 

「トモミ(私)のお兄さんってサッカー上手いし、カッコいいし、バンド組んでるんでしょ。ほんとすごいよね」

 

「うん・・・そうかなぁ」

 

「あたしもそういうお兄ちゃん欲しいなぁ」

 

私もお兄ちゃんよりは少ないけど、何度か告白されたこともあるし、お兄ちゃんの友達から、

 

「兄妹揃ってルックスいいよね。トモミちゃんも可愛いもんな」

 

と言われたことがあります。

 

人前では

 

「そうなんだぁ」

 

と他人事みたいなフリしてるけど、本当はお兄ちゃんが大好きです。

 

兄「ただいま!マジで電車混み過ぎ、疲れたわ」

 

私「おかえり♪いつまで地元いるの?」

 

母「今日は用事あるの?晩ご飯はいる?」

 

兄「夜友達とカラオケ行って来るからええわ」

 

母が炊事場に行きます。

 

私「ねぇー!」

 

兄「ん?今回のGWって間に学校があるから、今日と明日家にいてから帰るわ。バイトも用事もあるし」

 

私「次の休みは?」

 

兄「バイト」

 

私「学校休んじゃえばいいじゃん」

 

兄「3日も休めるか!ちょい寝るから1時間位したら起こして」

 

私「・・・うん」

 

少ししてお兄ちゃんの携帯が鳴り、覗いてみると彼女らしき人からでした。

 

時間が過ぎたのでお兄ちゃんを起こしました。

 

「さっき電話来てたよ。彼女さん?」

 

「ん?ああ、そうやね」

 

私はショックで部屋に行って、涙が出てきて泣いてしまいました。

この体験談の続きを読む

不倫中の淫乱妻はフェラが大好き!安全日じゃなかったけど中出しを求めてきた

淫乱不倫妻
画像はイメージです

 

不倫妻がいきなりフェラチオごっくん

 

不倫している人妻が、朝10時にやってきました。

 

玄関のベルが鳴り、部屋へ通してソファーに座った途端、僕の前にしゃがみ込んで、

 

「しゃぶらせて・・・」

 

「どしたの急に?」

 

「フェラして全部飲んじゃう夢見たの」

 

そう言うと僕のトズボンとパンツを一緒に引きずり下ろしてきます。

 

「そんなエッチな夢見たの?」

 

「見ちゃったんだもん、しょうがないじゃん」

 

「見たからって、いきなりそんな、おおっ!」

 

温かい口の中に、まだ勃起してないチンポが吸い込まれました。

 

一気に根元まで吸い込まれ、咥えたままで舌を使って刺激されるとあっという間に勃起しました。

 

硬くなったチンポを一度吐き出し、金玉袋を唇と舌でほぐしてくれます。

 

竿も舐めたり吸い付いたりしながらゆっくり上に向かい、時々我慢汁をチロチロ吸ってくれて、

 

(もうイキたいんでしょ?)

 

みたいな目をして見つめてきます。

 

彼女の口だけが上下しています。

 

確かにだんだんと射精感が込み上げてきて、

 

「イキそう、このまま出るよ」

 

と言うと、

 

「うん、いいよ」

 

とチンポをしゃぶるスピードを上げてきます。

 

「あっ、出るっ」

 

ドピドピドピドピュ・・・ドピュッ、ドピッ

 

口の中に思いっきり射精しました。

 

「んんん、んー」

 

ズリュズリュズリュッと音を立てながら吸い取り、口を開けてザーメンを見せてからゴクンと飲み干してくれました。

 

お掃除フェラも丁寧にしてくれ、尿道に精液が一滴もなくなるくらいまで吸ってくれました。

この体験談の続きを読む

変態プレイで淫乱な体にされた私は結婚しても関係が止められそうにありません

変態プレイ
画像はイメージです

 

本当は淫乱な私

 

私は29歳のOLでユミといいます。

 

現在交際中の彼氏とは、そろそろ結婚も考えるほどの仲です。

 

しかし、普通に結婚して、

 

(この先上手くやって行けるのだろうか?)

 

と心配になることがあります。

 

それは、私が今の彼氏とのセックスでは満足できていないからです。

 

彼は真面目でセックスもノーマルです。

 

彼の事は本当に好きで愛しているので、セックス以外ではとても満足しています。

 

でもセックスは重要です。

 

実は今の彼と付き合う前に知り合ったYさんとのセックスが体に染みついていて、時々どうしようもなくセックスがしたくなる時があります。

 

もちろん彼氏とではなく、Yさんとです。

 

体が疼いて、私からYさんへ連絡をしてしまいます。

 

Yさんに知り合う前までは、比較的ノーマルなセックスしか経験していませんでした。

 

しかしYさんとのセックスで、考え方が変わりました。

 

私は本当は淫乱なんだと思いました。

 

Yさんとは出会い系サイトで知り合いました。

 

10代のころに援助交際を何度かした事がありましたが、必ず1回きりで、同じ男性と二度と会う事はありませんでした。

 

やはり援助交際は罪なので、自分の中にも良心の呵責があり、それからはしていません。

 

Yさんとは、メールのやり取りを何度かして会いました。

 

それは私が25歳の時です。

 

メールでは、会う前からエッチな内容を書いていたりしていましたので、

 

(変な人だったら・・・)

 

と不安もありました。

 

実際に会ってみると、Yさんはスーツの似合う素敵な感じの男性でしたので、逆にびっくりしました。

 

40歳で大人の男性でした。

 

今まで色々と経験はしてきているようで、私と会ってからも気さくな感じでいつの間にかホテルに入っていました。

この体験談の続きを読む

ヤリマン女と呼ばれるようになった私は男たちのザーメンを飲みすぎて…

ヤリマン女
画像はイメージです

 

クンニが好きすぎる男

 

私は30代前半の独身女で、女性向けのアパレル関係の仕事をしています。

 

職場も女性がほとんどで、出会いなんか滅多にありません。

 

そんな私は3年ほど前から、あるネットのサークルに入ってしまいました。

 

そのサークルとは、大人の性癖の集いサークル。

 

4年ほど前に2年間付き合っていた彼と別れ、寂しい思いもしていたので、軽い気持ちでそのサイトに入りました。

 

そのサイトには私の他に4人ほどの女性がいたし、どこの誰かわからないという安心感もあって、ついつい入り浸っていました。

 

最初はサイト内の複数の人達が集まるチャットに入り、色んな人の性癖を聞いているだけだったのですが・・・。

 

みんなの話を聞いているうちに、色々なことに興味を持ってしまいました。

 

それからは、独り妄想して自分で慰める毎日になっていました。

 

自分が経験したことのない話を聞いては驚き、興奮していました。

 

それから数ヶ月して、そのサイトで知り合った男性とリアルで会って、お茶をしたり食事したりして、3回目に会った時にその男性とセックスしました。

 

彼はクンニが好きらしく、1時間近くオマンコを舐められ、彼の舌だけで4回くらいイカされました。

 

1時間近くもクンニされてるもんですから、私も彼のを1時間近くフェラしてあげて、彼の出すザーメンで口の中が苦くなっていました。

 

途中で、

 

「入れて欲しい」

 

とお願いしてもクンニばかりされ、やっと挿入された時には1分くらいでイッてしまって、彼が射精するまでに3回ほどイカされました。

 

こんなに一日でイカされたのは初めてだったので、癖になりそうでした。

 

それから数回、彼とは会ってセックスを楽しんでいました。

 

私が今までに付き合った人は3人で、それぞれ関係を持ちましたが、普通のセックスがほとんどでした。

 

フェラチコ、シックスナイン、正常位、バック、騎乗位くらいは経験していましたが・・・。

 

彼とのセックスでは片足を持ち上げられて立って挿入されたり、立ったまま両手をベッドに付かされバックで突かれたり、彼の首に手を回して彼にお尻を抱えて持ち上げられ挿入されたり(駅弁と言うそうです)・・・。

 

フェラチオも、ただ舌で舐めたり口に含むだけしかしてこなかったのに、彼の指示でタマタマを舐めさせられたり、口に含んで転がしたり、アナルまで舐めさせられたりしました。

 

彼が射精する時は、口の中で出すというより、私に口を大きく開けさせて、そこにザーメンを流し込む感じで出されました。

 

その後も、彼のザーメンで汚れているおちんちんを綺麗に舐めて、先っぽに吸い付いて尿道に残っているザーメンを残らず吸い取って、最後はごっくんさせられました。

 

なんか不思議な感じでした。

 

彼に言われると、

 

(してあげなきゃ!)

 

という気持ちもあったり、少しレイプっぽい感じもして興奮しました。

 

彼とはまるで、スポーツを楽しむようにセックスしていました。

この体験談の続きを読む

彼氏以外のおちんちんに興味を持った私は寝ている幼なじみに跨り…

幼なじみ
画像はイメージです

 

寝ている幼なじみのトランクスからおちんちんが…

 

大学四年の夏休みに、東京で一人暮らししてる幼なじみの男性の部屋に泊まりました。

 

小さい頃は、女の子の方が成長が早かったから、昔から彼にはお姉さんの様な接し方をしてきました。

 

お互いに恋人がいたから、その時も昔と変わらず、気兼ねなく過ごすつもりでした。

 

彼がベッドに寝て、私は床に布団を引いてもらいました。

 

暑かったので、タオルケットにトランクスで彼はベッドに入りました。

 

互いが風呂から上がった後、灯りを豆球にした状態で話していたのですが、次第に彼の返事が虚ろになり始め、しばらくして彼は完全に寝てしまいました。

 

私も観光で疲れていたので、うとうとと眠りに入りました。

 

しばらくして、暑さで私は起きてしまいました。

 

暑かったので、クーラーを付けさせてもらおうとしましたが、リモコンがどこにあるか解らなかった為、仕方なく目がなれるまで待ちました。

 

目が慣れてきてようやくリモコンの場所が分かり、移動しようと顔を上げると、視線に彼の股間が入りました。

 

彼も暑かったらしく、タオルケットを蹴飛ばして、仰向けに足を広げて寝ていました。

 

その隙間から、彼のおちんちんが見えそうだったのです。

 

私は一人の男性のおちんちんしか見たことが無かったので、彼のおちんちんにとても興味がありました。

 

しばらく迷いましたが、私は彼のおちんちんを見たい衝動に勝てませんでした。

 

「○○ちゃん、寝た?」

 

と私は声をかけましたが、彼からは何の返事もありませんでした。

 

その時も少しためらいましたが、結局私は恐る恐る彼のトランクスの隙間を広げ、彼のおちんちんを見ようとしました。

 

先程よりはだいぶ見えましたが、トランクスの影に隠れて全貌が見えませんでした。

 

私は何とかして見ようと、携帯の灯りをトランクスの隙間に差し込ませ、おちんちんを照らしました。

 

おちんちんは小さく頼りなくへたれており、とても可愛く見えました。

 

トランクスの隙間から、ボディソープの良い香りに交じって、少し汗臭い匂いがしました。

 

その時私は、生唾を音を立てて飲み込んだ自分に気付きました。

 

もう一度、

 

「○○ちゃん」

 

と声をかけました。

 

先程と変わらず、彼からは何の反応もありませんでした。

 

私は我慢出来ずにトランクスの窓を広げて、おちんちんを私の顔の前に出現させました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト