お尻ぺんぺん
画像はイメージです

 

SMに興味がある男の子

 

私は最近の生活に、ほんの少し不満を感じていました。

 

旦那を見送り、息子を幼稚園へ送り届け、残っていた洗濯物を片手に同じことを繰り返す毎日です。

 

旦那の事は好きだし息子への愛情が薄れることもありません。

 

だけど・・・

 

単に欲求不満と片付けるのも何か違う気がするんです。

 

ありふれた日常への不満が、私の中にあったんだと思います。

 

贅沢かもしれませんが・・・

 

そんなある日のことです。

 

幼稚園へ息子を迎えに行く前に買い物を済ませようと、近所のゴミ置き場の前を通りがかった時です。

 

おそらく中学生だと思われます。

 

まだ幼さの残る顔立ちの男の子が、私に気づいて慌てるように立ち去ったんです。

 

(なんだろう?)

 

と気になって男の子がいた辺りを見てみると、5、6冊ほどのエロ本が落ちていました。

 

しかも重なった一番上にあったのはSM系のエロ本です。

 

表紙を見ただけで少し引いてしまうようなインパクトのある本でした。

 

私は買い物をとりあえず止め、雑誌を処分しようと2回に分けて持ち帰ったんですが、ふとゴミ捨て場に目をやると、なんとさっきの男の子が戻ってきていたんです。

 

私は迷いました。

 

中学生の男の子であれば、女性に興味があるのは当然の事です。

 

ただ、SM雑誌を見ていたというのが、同じ男の子を持つ母親として口を挟まずにはいられませんでした。

 

「ちょっと、キミ」

 

男の子が、しまった!という顔で私を見ます。

 

さっき見かけた時よりも幼く見えました。

 

もしかしたら、まだ小学生なのかもしれません。

 

エロ本を探していたところを女性に見られたのですから、幼い彼にとってはとても恥ずかしかったんだと思います。

 

「ここにあった本はキミの?」

 

男の子は首を横に振ります。

 

考えてみれば、この質問にはほとんど意味がありませんでした。

 

例えエロ本を捨てたのが彼だったとしても、首を横に振るでしょう。

 

たまたま通りすがりに見つけてしまったのだとは思いますが、中身を見たくて立ち止まったのかもしれません。

 

「ちょっとウチにいらっしゃい、すぐそこだから」

 

男の子が逃げ出したらそこまでと考えていたんですが、素直についてきたので、息子を迎えに行くまでの間、その男の子に性教育しようと思いました。

この体験談の続きを読む