2018年の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

年別:2018年

酔った爆乳の大家さんが愚痴を言いに来たけどおっぱいが凄すぎて・・・

爆乳 大家
画像はイメージです

 

爆乳の大家さん

 

僕が会社に就職したばかりの頃に住んでいたアパートに、奈央子さんという43歳の大家さんの奥さんがいました。

 

奈央子さんは世話好きな女性みたいで、

 

「ご飯ちゃんと食べてる?」

 

とか、

 

「困ったら相談してね」

 

と会う度に優しく声をかけてくれました。

 

夕飯のお裾分けを持ってきてくれたり、風邪を引いたら、

 

「最近見ないから」

 

と家に上がって看病までしてくれました。

 

その時に、奈央子さんは元看護婦さんだったことを知りました。

 

近くに大家さんが住んでいるのは面倒臭いのかと思っていましたが、僕の場合は全くそんな事はありませんでした。

 

奈央子さん髪は長くていつも束ねていて、色白でポッチャリというほどでもないんですが、なんせ胸が大きくて、巨乳というより爆乳です。

 

熟女好きでもなかったので最初は意識していませんでしたが、会う度に爆乳が気になるようになっていました。

 

挨拶して軽く会話しながらも、チラチラとおっぱいを見てしまいます。

 

そんな大家さんの奈央子さんの元に住んで半年ほど経ったころに、町のお祭りがありました。

 

僕は仕事帰りに歩いていたら、

 

「お疲れ様」

 

と奈央子さんが近づいてきました。

 

浴衣姿の奈央子さんは艶やかで、正直ドキドキしました。

 

髪もアップして似合っています。

 

「これから祭りですか?」

 

と聞くと、

 

「会合みたいなやつがあるの」

 

と言って奈央子さんは歩いて行ってしまいました。

 

後ろ姿もまた美しいです。

 

そして僕は部屋で着替えてテレビを見たりしながら、夜9時を過ぎたころです。

 

ピンポン、ピンポン、ピンポン

 

とチャイムがなり、出てみたら奈央子さんでした。

 

「こんばんわ」

 

かなり酔っていました。

 

「大丈夫ですか?」

 

と聞くと、

 

「大丈夫じゃないわよ」

 

と機嫌が悪く、とりあえず上がって水を飲ませて座ってもらうと、

 

「ムカつく」

 

と言いました。

この体験談の続きを読む

精通前だけどおちんちんが勃起する小学生の男の子と何度も生ハメセックス

精通前の小学生
画像はイメージです

 

小学生の男の子を逆ナンパしました

 

私は35歳の主婦です。

 

旦那は仕事が忙しくて、ほとんどかまってもらえません。

 

夫婦の営みは月に1回ぐらいしかないので私は欲求不満です。

 

以前は出会い系サイトを利用していましたが、それでも何か刺激が足りなくて、ネットで刺激になる事を探していました。

 

そして未成年の男の子とセックスした体験談を読んで、私も去年の夏、海で刺激的な冒険しました。

 

私は歳の割にはスタイルに自信があったので、派手なビキニの上にパレオをまとって海岸を探索していました。

 

すると人気の無い岩場のところで、貝殻を拾っている男の子を発見しました。

 

私は近づいて男の子が貝殻を数えてる正面にしゃがみ、逆ナンパしちゃいました。

 

「ねぇ、何してるの?」

 

「貝拾ってる」

 

「君何歳?」

 

「11歳」

 

ナント小学生でした

 

「一人なの?友達は?」

 

「友達はみんな用事があるから一人で遊んでるの」

 

「おばさんも一人なのよ、よかったら一緒に遊ばない?」

 

男の子は私の顔を見ずに、

 

「いいよ」

 

と言いました。

 

男の子は、目線の先にある私のしゃがんだ股間をチラチラ見ていました。

 

二人で貝殻を見ながら話を聞くと、近くに住んでいる子で、両親とも働いていて帰りも遅く、いわゆる鍵っ子だそうです。

 

話しも弾んで、男の子の口数も増えてきて笑顔になりました。

 

そしてはしゃいで海ヘ飛び込んだんです。

 

私は岩の上から男の子を見ると、私を手招きしています。

 

私はパレオを脱ぎました。

 

男の子の目線が胸や股間に注がれているのが分かります。

 

私も海に飛び込み、男の子に近寄って抱き着きました。

 

男の子の胸に私の胸を押し付けました。

 

もう一度岩場に上がり、男の子がまた飛び込みました。

 

私も飛び込んだのですが、今度は距離が足りずに男の子の手前に落ちました。

 

私が勢いよく海面に出ると、男の子は顔を赤くしながら私の胸を見ていました。

 

私の水着がズレて、乳首がはみ出ていたのです。

 

実はこのハプニングは考えていたもので、飛び込む前にビキニの紐を緩めていたんです。

 

私は乳首が出ていることに気付かないフリをして泳ぎました。

 

するとビキニが取れてしまい、私はトップレスになりましたが、まだ気付かないフリをしていると、男の子はまた岩場に上がり、私目掛け飛び込みました。

 

私の前に沈み、しばらく浮いて来ません。

 

男の子は私の露になった胸をジックリ見ていたと思います。

 

私は男の子にわざと胸を近づけ、上がってこないので心配するフリをして引き上げました。

 

「大丈夫?」

 

と言って男の子を岩場に上げると、水着の前がモッコリと膨れていました。

この体験談の続きを読む

中学1年の時にトイレで女性にナイフを突きつけられて逆レイプされたけど・・・

逆レイプ
画像はイメージです

 

女性をトイレまで連れて行きました

 

僕が中学1年生の時の話です。

 

当時の僕は、母親にお使いを頼まれてよくスーパーへ行っていました。

 

そのスーパーは4階建てで、上の階にもお店が入っていて、屋上が駐車場になっていました。

 

その日もいつもの様にお使いを頼まれたためスーパーへ行くことになり、買い物をしていると、1人の女性が僕に声を掛けてきました。

 

「ねえキミ、ちょっと気分が悪くなってトイレに行きたいので、荷物を持ってくれない?」

 

振り向くと、20代半ばくらいの綺麗な女性でした。

 

僕が、

 

「大丈夫ですか?店員さん呼んできましょうか?」

 

と言いましたが女性は、

 

「たまにこんな事があるし、たいしたことはないから」

 

と言うので、とりあえず荷物を持つとその女性は、

 

「ごめんなさい、トイレまで一緒に来てもらえない?」

 

と言うので、

 

「いいですよ」

 

と言って女性とトイレまで一緒に行くことになりました。

 

このスーパーが入ったビルは、男性用トイレが奇数階で、女性用トイレが偶数階に設置されていたため、2階まで上がらなくてはなりませんでした。

 

2階の女性用トイレの前に来ると、「清掃中です」と書かれた看板が置いてありました。

 

仕方ないので、4階まで行くことになりました。

 

僕は女性の様子が心配にだったので、

 

「4階まで行けますか?」

 

と声を掛けると女性は、

 

「なんとか大丈夫」

 

と言ったので、4階へ上がって女性用トイレの前まで来ました。

 

そして僕は、

 

「少し離れたところで待ってますから」

 

と言うと女性は、

 

「1人じゃ何かあったら不安だから、一緒に入ってくれない?」

 

と言ってきました。

 

「いや、それはちょっと無理ですよ」

 

と僕は言いましたが女性は、

 

「今の時間なら誰も来ないし、わざわざ4階まで上がって来るようなことは無いから大丈夫よ。もし誰か来たら私がちゃんと説明するから、いいでしょ?お願い!」

 

と押し切られてしまい、

 

「じゃあ、ちょっとだけですよ」

 

と言って女性用トイレに入りました。

 

中に入ると当たり前ですが、男性用とは何か違った雰囲気でした。

 

小便器が無く仕切りのついた小部屋で、それは男性用でいう大便器がある個室と同じ造りでした。

 

そして女性が個室の中に入ったので、少し離れようとしました。

 

その瞬間です。

 

突然、女性は僕の腕を掴んで個室の中へ引き込み、扉の鍵を締めたんです。

この体験談の続きを読む

乱交でオマンコもアナルも口もザーメンまみれにされて喜ぶ淫乱人妻

乱交
画像はイメージです

 

私の体に何回射精できるか?

 

私は29歳の主婦です。

 

旦那は週3,4日ほど出張で留守が多く、子供はいません。

 

旦那がいない時はメル友と連絡を取り合ってセックスしています。

 

それが日課みたいなもんですし、私の趣味なんです。

 

3年ほど出会い系サイトでメル友集めをして、今までセックスした男性は100人を越えています。

 

気にいった相手とは何回もセックスします。

 

いろんな職業の男性と出会えて、性癖も人それぞれなので楽しいですよ。

 

最近、最も興奮したセックス体験を書いてみます。

 

出張でこちらに来るたびに会っている会社員の33歳の男性がいます。

 

月に1~2度くらいですかね。

 

いつもホテルで会ってセックスしています。

 

彼の趣味は露出プレイとソフトSMで、バイブを使ったり、縄で縛ったり、首輪をつけられて野外セックスしたり、時々カップル喫茶に行ったりと、そういう変わった遊び方が多いです。

 

先月は、珍しい事に会社の同僚の男性を2人紹介されました。

 

「一緒に連れてきてもいいかな?」

 

と言われて、つい面白くてOKしました。

 

仕事が終わった後ホテルに行き、4人で耐久セックスなるものをする事にしました。

 

彼の後輩は29歳と30歳です。

 

なかなか男らしい体つきをしていて、性欲も持久力もありそうです。

 

私のオマンコとアナルに、必ず誰かのおちんちんかバイブを挿入し続けて、どのくらい私が耐えられるか?

 

というものです。

 

そして、男性陣は何回私の体に射精できるか?

 

限界までのチャレンジです。

 

だから耐久セックスなんです。

 

私が根をあげても、男性陣が射精できなくなるまで止めない・・・と言うルールにしました。

 

正直いって私は、

 

「こんなの馬鹿らしいな~」

 

と思う反面、男性たちが一体どのくらい射精できるのか興味もありました。

この体験談の続きを読む

淫乱な熟女のアナル舐めとセックスにハマった僕は一日中やりまくってました

アナル舐め
画像はイメージです

 

母親と同世代の熟女とセックス

 

僕は18歳の時、母親と同世代の熟女とセックスしました。

 

その頃、とある事情により高校を中退して通信制の高校に編入し、夜は居酒屋でバイトをしていました。

 

その居酒屋によく飲みに来ていた当時42歳のスレンダーで綺麗なKさんと話をしているうちに仲良くなりました。

 

ある日そのKさんに誘われて、バイトが終わってから他の店に2人で飲みに行ったんです。

 

お互い酔った勢いもあり、次第に手を握り合ったり肩を寄せあったりと恋人同士のように密着するようになっていきました。

 

Kさんは年齢よりも若く見え、とても綺麗な方だったので、母親と同世代ということも気にならず、とても嬉しかったです。

 

するとKさんはトロンとした色っぽい目で僕を見つめ、顔を近づけて唇にキスをしてきました。

 

その瞬間、僕の股間は熱くなり、一気にチンポが勃起しました。

 

Kさんは僕の股間に手を伸ばしてきて勃起に気付くと笑顔で、

 

「私の家に行こっか」

 

と耳元で囁きました。

 

断るはずもなく、すぐにタクシーでKさんの家へ向かい、家に入った瞬間に抱き合い、激しいディープキスを交わしました。

 

僕たちは絡み合いながら服を脱いでいきました。

 

シャワーも浴びずにベッドになだれ込み、僕はKさんの首筋から乳首にかけて舌を這わせていました。

 

右の乳首を吸って、左の乳首を指で摘んでコリコリ弄るとKさんは、

 

「あん・・・気持ちいい・・・」

 

と吐息混じりにセクシーな声で喘ぎました。

 

更にパンティーの上からオマンコを触ると、すでにビショビショに濡れていました。

 

すぐにパンティーを剥ぎ取り、指でKさんのオマンコを触ると、より一層大きな喘ぎ声を出しました。

 

Kさんも僕のガチガチに勃起したチンポを触り、エロい手つきで手コキしてくれました。

 

僕の乳首にも吸い付き、乳首を舐めながらチンポをシゴかれ、たまらず声を出してしまいました。

 

Kさんは、

 

「カワイイ!」

 

と呟きながらチンポを咥え、ジュボジュボと音を立てて激しいフェラチオをしてきました。

 

僕は童貞ではありませんでしたが、今までに体験した事の無い、いやらしくて激しいフェラチオでした。

 

その後はクリトリスを弄りながらクンニして、さらにシックスナインでお互いを舐めあい、Kさんのオマンコに挿入しました。

 

最初はゆっくり腰を振り、だんだん激しくパンパンと音を立てて突きまくると、Kさんは凄まじい喘ぎ声で、

 

「ああっ、スゴい!・・・スゴい硬い!・・・もっと、もっと突いてぇ~!!」

 

と叫びました。

 

興奮した僕はその後も騎乗位やバックや正常位と様々な体位でチンポを激しく何度も突きまくり、最後はKさんのオマンコの中にたっぷり精子を注ぎ込みました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト