2017年11月の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

月別:2017年11月

【童貞】お礼という口実で僕を誘惑する巨乳人妻にチンポを気に入られた

美巨乳
画像はイメージです

 

お姉さんが全裸でお風呂に入ってきた

 

僕が高校2年の時の話です。

 

僕は中学の時からテニスをやっていて、以前通っていたテニススクールに顔を出し、生徒の練習をちょっとだけ教えたりしていました。

 

その時は夏休みだったんですが、平日の昼間だったのでほとんどが女性でした。

 

20代半ばから40歳ぐらいまでの人が多かったので、生徒といってもみんな僕より年上です。

 

その中の生徒で29歳の女性がいたんですが、あまりうまくならないので僕に教えてほしいと頼まれ、隅のほうで1対1で教えていました。

 

今思うと、その時から僕はその女性に狙われていたんだと思います。

 

いつの間にか二人で練習することが多くなりました。

 

テニススクールでは運動着を着る人が多かったんですが、その女性はTシャツにスコートという格好で、スクールの中ではお金もかけてるし、色っぽい服装をしていました。

 

ある日、練習の合間の休憩中に二人で話をしていた時です。

 

「私下手でしょう?服装ばっかり一人前で」

 

当時、高校生の僕から見ても、彼女は可愛い大人の女性で、しかも胸が大きいんです。

 

そして悪戯っぽく、

 

「○○君時々私の胸見てるでしょう?怒らないから正直にいいなさい」

 

と言われて僕はびっくりして戸惑いながら、

 

「いや、あの、大きいな~と思って・・・」

 

「もう高校生だし女の体に興味あるわよね。ねぇ、今日の練習が終わったらうちに来ない?いつも教えてもらってるからお礼がしたいの」

 

「そんな、お礼だなんていいですよ」

 

と僕は遠慮したんですが、

 

「いいじゃない、昼間はいつも私一人だから遠慮しなくていいわよ」

 

彼女はベンツに乗ってきていて、家まで乗せて行ってもらいました。

 

家に着くと、

 

「汗かいてるし、シャワー浴びてきたら」

 

と言われてシャワーを浴びていたら、

 

「私も」

 

といって胸と股間を手で隠してましたが、なんと全裸で入ってきました。

 

手で隠してもはっきりわかるおっぱいの大きさに、僕は興奮してしまいました。

この体験談の続きを読む

【ザーメン大好き】ナンパしてきた男性が射精するたびに飲み干しました

ザーメン ごっくん
画像はイメージです

 

私がナンパされてるの?ついフラフラと…

 

私は40歳の主婦です。

 

29歳で結婚しましたが、主人とはもう5年ほど夜の営みがありません。

 

年々回数が減っていくのは仕方ないことだと分かっていますが、5年間もセックスしていないと欲求不満も溜まります。

 

でも主人は他の女と浮気をしているみたいで、自分ではうまく隠しているつもりのようですが、私には見え見えです。

 

(私も浮気をしてやろう)

 

などと思って最近、ネットで出会い系サイトを覗いたりしていましたが、なかなか二の足を踏んで決断できません。

 

そしたらこの間、学生時代の女友達と女子会をした帰りで、私より若い男性にナンパされちゃいました。

 

後で年齢を聞いたら31歳と言ってました。

 

最初は、まさか私みたいなおばさんがナンパされるとは思わなかったので、そのまま歩いていたのですが、完全に私に話しかけていることに気づき、

 

(えっ?私がナンパされてるの?)

 

と思って男性を見ると、なかなかのイケメンでした。

 

別にイケメンが好きってわけではないですが、40歳にもなってナンパされたことへの驚きと嬉しさで、急に身体が熱くなってきて、その男性に誘われるがままにフラフラとついて行っちゃいました。

 

ちょっと薄暗いバーで隅っこの席に座り、カクテルを飲まされました。

 

少し酔ってきたなと思ったころ、男性は私の太ももを触ってきました。

 

酔ってきたこともありますが、日ごろの欲求不満が爆発するようにそれだけで感じてきてしまい、私も男性のおちんちんをズボンの上から撫でちゃいました。

 

するとおちんちんはすでに硬くなっていて、さらに私は興奮しました。

 

彼は私の耳元で、

 

「ここを出よう」

 

と囁くので私は頷き、すでにセックスしたくてウズウズしていた私は、彼と一緒にラブホテルに入っちゃいました。

この体験談の続きを読む

1週間オナニーを我慢した中学生チンコは診察に堪えられず何度も射精

女性看護師 手コキ
画像はイメージです

 

女性に初めてチンコを見られた

 

僕は中学2年生の時、オナニーを覚えて毎日のようにチンコをシコシコしていました。

 

ある日、いつもと同じくオナニーをしていると、亀頭のカリ首の部分に小さなプツプツが出来ていることに気がつきました。

 

ほとんど知識がありませんでしたが、自分が性病になったんだと思い込んで怖くなり、病院へ行く決心をしました。

 

しかし、思春期なので親に症状を話すのも恥ずかしいし、場所が場所なだけに人に相談することもできないので、どこの病院に行けば良いのかさえ分かりませんでした。

 

インターネットもなかった時代なので本で調べたところ、性器の事は泌尿器科に行けばいいと分かりました。

 

学校を休んで行くことにしたんですが、学校をサボった事が親にバレると当然叱られるので、風邪をひいたふりをして自分で病院に行くことにしました。

 

近所の泌尿器科だと誰かにバレてはまずいので、電車で3駅離れた病院へ行くことにしました。

 

いざ泌尿器科の病院の前まで来ると、しばらく恥ずかしくて入るのを躊躇していましたが、患者さんが何人か入って行くところを見て、

 

(泌尿器科って結構患者がいるんだな)

 

と多少安心できたので、思い切って病院の中へ入っていきました。

 

しかし中に入ると、待合室にいる患者は、僕以外全員女性だったのには驚きました。

 

後で知った事ですが、そこの泌尿器科医院は女性医師が経営しているので、男性患者はほとんど来なくて、女性患者ばかり来るらしかったのです。

 

そんな事は知らずに入りましたが、別に男性患者が駄目なわけではなく、受付の女性は普通に対応してくれたので、恥ずかしいけど症状を伝えて手続を済ませ、待合所で待ちました。

 

そして名前を呼ばれて中に入ると、40代くらいの女性医師と20代半ばくらいの女性看護師が一人いました。

 

つまり、その時になって初めて女医だと知ったんです。

 

(えっ?・・・女性?)

 

僕の頭の中には、医者は男性、看護師は女性という勝手な固定概念がありましたので、正直びっくりしたと同時に、恥ずかしさが込み上げてきました。

 

僕は緊張してドキドキしながら椅子に座り、思い切って症状を話すと、当然ですが恐れていた事を言われました。

 

「ズボンとパンツを脱いでベッドに横になってください」

 

おそらく、恥ずかしくて顔は真っ赤になっていたと思います。

 

女性どころか男性にすら見られたことのない僕のチンコが、女性二人に見られてしまいます。

 

彼女らは仕事と割り切っているでしょうが、僕には関係ありません。

 

最初にチンコを見られるのは、彼女であってほしかったとさえ思いました。

 

仕方なくズボンとパンツを脱ぎ、ベッドに横になりました。

 

それでもやっぱり恥ずかしかったので、最後の悪あがきというか、手で性チンコを隠しました。

 

そして、

 

(いよいよ診察が始まるのかな?)

 

と思いましたが、女医は僕に背を向けたまま、デスクに向かって何か紙に書いています。

 

すると、女性看護師がガーゼを片手に近づいてきました。

 

僕の横に来ると手馴れたように、

 

「じゃあ、消毒しますね~」

 

と言って僕の手はどけられ、ついに初めて女性にチンコを見られてしまいました。

 

冷静になろうとしましたが、心臓はバクバクしていました。

 

そして看護師さんは、優しく僕のチンコを触りました。

 

「あっ・・」

 

思わず声が出てしまい、体がピクンって反応してしまいました。

この体験談の続きを読む

【デカチン】高校卒業したばかりの若い男の子に潮吹かされました

潮吹き
画像はイメージです

 

若い男の子のおちんちんがデカかった

 

春になって若い男を狙っていました。

 

若い男の子は出会い系サイトにたくさん登録されてるから、元気がいいおちんちんなんてすぐ見つかるはずって思ってたんだけど、そうでもないんですよね。

 

若い男の子ってセックスの経験が少ないことの方が多いみたいだし、なかなか満足させてもらえるおちんちんを探すのは難しいのかもしれません。

 

ちなみに去年は、高校卒業したばかりの男の子に狙いを定めて、童貞狩りばっかりしてたんですよね。

 

そしたらこの間、素敵なおちんちんに巡り合うことができました。

 

せっかく若い男の子が集まる時期なんだから狙って頑張ってたんだけど、想像以上に強烈なおちんちんでした。

 

今年高校を卒業したばっかりのパワフルな男の子。

 

しかもおちんちんもパワフル。

 

とにかくデカかったんです。

 

別に私はデカチンが好きっていうわけでもないんだけど、やっぱりおちんちん大きいと迫力あるし、

 

(このデカチンがチカのオマンコに入るんだ…)

 

と想像しただけで興奮して濡れてきちゃうってところもありますし。

 

亀頭もカリも発達してて、段差があって張り出してて、フェラチオするのが大変でした。

 

でもチカはお姉さんだから、余裕ぶっこいた感じでペロペロ舐めてました。

 

実際は入れて欲しくて仕方なくって、デカチン舐めてるだけでチカのオマンコはグショグショに濡れてたんです。

 

そしてついに、リードしながらデカチンを挿入しました。

 

でも入れてすぐイッちゃいました。

 

実際入れてみたらめちゃくちゃ気持ちいいの。

 

大きいおちんちんがオマンコに入った時の、あの密着感は凄いです。

 

デカチンだからオマンコとの摩擦がたまんないんです。

 

カリも張り出してたから、オマンコの壁が擦られて、ちょー気持ちいいんです。

 

「あんっ!凄い…気持ちいいっ!チカのオマンコ裂けちゃう~…」

 

だんだん腰のスピードが早くなって、入り口から奥まで何度もデカチンが往復してます。

 

「あぁっ!…ダメッ!壊れちゃう!!凄いよ、このおちんちん!たまんないっ!もっと突いて!もっとオマンコ擦ってーっ!!」

 

いやらしい言葉も発しながら、我を忘れて悶えまくってました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト