デブス
画像はイメージです

 

デブス3人組に押さえつけられ

 

僕は数日前にラインでやり取りした女性と会うことになりました。

 

事前に写真は見せてくれませんでしたが、セックスOKだったので気にせず待ち合わせの場所に足を運びました。

 

赤い軽が停止していて、その車の中で待っているということでしたので、見つけ次第車に近づきました。

 

「○○さんですか?」

 

「そうです、どうぞ乗って下さい」

 

乗車してみたらマスクをしたちょっぴり太り気味の女性がいました。僕の予測とかなり異なっていましたけど、

 

(セックスできるからいいや)

 

と思ってるとそのまま車が発信しました。

 

誰もいないような山の奥に入ると不釣合いとも思える所にラブホテルが建っていました。その近くに白い軽が停車しいて、自分の乗った赤い軽がその近くに停車したんです。

 

すると白い軽から2人の女性が出てきてこっちの赤い軽に乗り込んできたんです。

 

二人とも、お世辞にも綺麗とはいえない外見で少々デブでした。それを見た後に運転席の女性を見て僕は仰天ししました。

 

マスクをとったその表情は、今しがた乗ってきた二人に負けず劣らずのデブスでした。

 

「きゃー!可愛い!」

 

「君、何歳?」

 

「23?いいじゃん、いいじゃん」

 

一方的に会話を盛り上げながら、赤い軽はラブホテルの駐車場に停車しました。

 

僕は腕を引っ張られるような状況でホテルの部屋に入らされ、いきなりベッドに押し倒されるように横にされると、二人が一気に自分の両手両足を握って仰向けにされました。

 

女性の力とは思えない位の腕力で、赤い軽を運転していた女性が僕の横に座り込んできました。

 

「確か童貞って言ってたよね、じゃああたいらが男にしてあげるから、有りがたく思いなよ」

 

そのようなことを言いながら僕のズボンのベルトを緩めてチャックを下ろしました。

 

抵抗して手足を動かそうとしたんですが、手首と足首を掴んでいる二人がきつく押さえつけてきました。

 

ズボンを脱がされ、上着も引きちぎりそうな勢いで雑に脱がされ、ブリーフ一枚にされました。

 

次にリーダー格の赤い軽の女性は、素早く服を脱いで自分の前で素っ裸になりました。

 

そしてリーダー格の女性が手首を握りつけると、今度は腕を押さえていた女が素っ裸になったのです。

 

その女性が今度は自分の太腿に乗っかると、足を押さえていた女が素っ裸になりました。

僕が抵抗できないように交互に押さえつけながら、全員が全裸になったのです。

 

赤い軽の女性は僕の腕を押さえたまま僕の顔に腰を降ろし、デブスのオマンコを顔に押し付けてきたんです。

 

臭いと圧迫と肉のかたまりで全然見えない状態の下で、何がなされているかは体が体感していました。

 

ブリーフを荒々しく脱がせた女が僕のチンコを咥えているのが分かりました。乳首や腰などにも舌が這うのが分かりました。

 

フェラチオの経験がなかった僕は不覚にも勃起してしまい、難なく射精してしまいました。

この体験談の続きを読む