カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)

元水商売の女が泥酔した俺の上に乗って騎乗位でイキまくっていた

玄関 セックス
画像はイメージです

 

元水商売の女とヤリたい

 

2年前の夏、俺の会社が倒産しました。

 

27歳のバースデーを迎えて間もない頃でした。

 

新卒で勤務し始めてから倒産するまで会社を変えた事がなかった俺は、突然訪れた無職の日々に呆然としながらも、何故か浮付いていた気もします。

 

今振り返ればアホですね。

 

1週間ぐらい、何にもせず自由にしていました。

 

仕事なぞ早々に決まるだろうという安易な気持ちと、よく分からない開放感から、毎日せんずりもしていました。

 

しかし、リアルな世の中というものは驚く程厳しかったんです。

 

無職になって2週間目ぐらいで初めて訪問したハローワークは失業者で満杯でした。

 

やっと自分の置かれたポジションを理解した俺は、毎日ハローワークに通うようになりました。

 

不可解なもので、毎日ハローワークに通っていると無職同士でも友達が出来るんです。まぁ、余り歓迎すべき事ではないですが・・・。

 

その友達の中に、ちょっとだけ気になってる女がいました。

 

美月という少し前まで水商売をしていた女でした。ついでに美月というネーミングは源氏名らしいです。本名は知りません。

 

彼女のビジュアルは、ちょっと華やかというか、やはりお水っぽいというか・・・。

 

まぁ、一目見た瞬間に水商売だろうなと思ってしまう感じです。ケバめの化粧に問題があるのかもしれませんが・・・。

 

しかし、スタイルは相当のものです。

 

手にちょうど収まるぐらいの大きさのおっぱいにスラリとした足。

 

伸長はちょっと低めですが全体的に釣合いが取れています。

 

初めに受けた印象がお水っぽい雰囲気からか、「大人の女性」という印象を受けましたが、実はまだ若いんです。

 

23歳だと知った時は、ショックを受けた程です。

 

しかし、まじまじと良く見ると顔はそれなりにロリ顔で、メイクを変えて、可愛らしい服でも着せたら想像以上に雰囲気が変わりそうな気もします。

 

美月は18歳の頃から水商売をしていたようで、店でも結構人気があったらしいです。

 

当然、男性経験もかなりあるみたいです。

 

彼女は、サバサバした性格な上に下ネタも好きで、自分のセックス体験とかも時々話してくれました。

 

俺は、リアルな体験談を聞かされる度に妄想が広がり、聞いているだけで勃起してました。

 

家に帰ってから何度ネタにしてせんずりした事か・・・。

 

「頼む!1回でいいからやらしてくれ!」

 

と何度もお願いしたんですが、冗談に受け取られ、

 

「よくストレートにそんな事言うね~。このセクハラおやじがっ!」

 

と、笑ってはぐらかされる日々でした。

 

俺の勃起したズボンの膨らみに気づけば、本気だと分かってくれると思うんだが・・・

 

そんなある日の正午ごろのことです。

 

「お腹空いたなぁ~・・・謙一、お昼奢ってよ」

 

美月が茶目っ気丸出しで、俺に昼飯をねだり始めました。

 

「無職の俺に昼飯を奢らせるなんて、とんでもねえ奴だな!」

 

とは言ったものの、俺は失業手当が出たばっかりでほんの少し余裕があったんです。

 

しかも、その日は無性に暑かった。

 

「まあちょっと金入ったし、暑いし、ビアガーデンでも行くか?」

 

美月は大喜びでついてきました。

 

(酔わせてやってやる!)

 

俺はそう決意しました。

この体験談の続きを読む

【痴女軍団】失恋した俺を気遣って飲み会をしてくれた先輩OLが実は・・・

痴女軍団
画像はイメージです

 

酒の席で勃起してるのがバレた

 

昨年の秋ごろの話です。

 

俺は彼女と別れたばかりでひどく落ち込んでいました。

 

そんな俺を見て気に掛けてくれたのか、いつも何かにつけ俺を世話していただける先輩のOLが、家に友人を呼んで飲み会をやるから来ないかと誘われたんです。

 

その先輩は綺麗で親切で仕事のできる、社内でも好感度の高い先輩でした。

 

もちろん先輩の優しさが嬉しかったです。俺は誘われるまま飲み会に行く事にしました。

飲み会には先輩の友達という3人の女性が来ていました。

 

男友達も来ているんだろうと思っていた俺はちょっと戸惑いましたが、酒を飲みながら会話をしていく内にだんだんとに打ち解ける事ができていました。

 

初めのころは世間話や仕事の話が多かったんですが、酒が進むに連れて恋愛やHの話に変わっていきました。

 

その頃には女性陣も緊張感が解けたようで、4人の女性はスカートもめくれ、胸元もはだけてエロチックな雰囲気を漂わせていました。

 

女性がHな話をしていると、いくらなんでも入り込めず、俺は適当に笑顔で相槌を打ちながらも太ももや胸元を眺めて楽しんでいました。

 

すると1人が俺の目線に気づいて、

 

「ねぇ、さっきから何処見てんの?」

 

と言ってきたんです。突然だったのでびびりました。

 

びびった理由はまだあります。俺はビンビンに勃起していたので、それに気が付かれたかと思ったからです。

 

「い、いや、そんな事無いですよ!」

 

しかし次の瞬間別の女性が俺の股間に手を伸ばしてきました。

 

「やだー、この子。勃起してる~」

 

いきなりの事で言葉も発せず、ただ顔を赤くする俺を無視して、4人の女性陣はいきなりスイッチが入ったように豹変しました。

 

「脱がしちゃえー!」

 

と、あれよあれよという間に俺は素っ裸にされてしまいました。

 

気まずくて前を隠す俺の手を2人の女がどかして押さえつけます。

 

ビンビンに勃起したチンコが露わになり、女性陣に凝視されて俺は恥ずかしくて声が出ません。

 

「どうしよっかな~」

 

とニヤニヤしながら女たちは言います。

 

「な、何するんですか!」

 

もちろんそんな言葉は無視され。2人の女が俺のチンコをしゃぶり出したんです。

この体験談の続きを読む

女にナイフ突きつけられて危険日に中出しさせられた結果・・・

拘束 逆レイプ
画像はイメージです

 

目が覚めると見知らぬ女に縛られていた

 

深夜に目が覚めたら人の気配がして、目を開けてみると見知らぬ女が枕元に立ってんだよね。

 

いや、怖すぎる。

 

それで、よく見たら俺の足とか手をベッドに縛り付けられてて身動き取れないの。

 

「何だお前は!人ん家に勝手に上がりやがって!!」

 

って言ったらスッとナイフ出してきて

 

「抵抗したら刺すよ?」

 

とか言っってきた。

 

俺は恐ろしくなってあまり反発はしない事にしたけど、金を取る様子でもないし

 

(この女は何なんだ?)

 

と思ってたら、その女、いきなり俺のチンポ咥え出したんだよ。

 

女の顔は・・・まあ不細工じゃないが美人でもない普通って感じ。

 

「おい!お前何やってんだよ!」

 

って言ったらまたナイフ突きつけられて、

 

「もう一度言ってみな」

 

ってとんでもない冷静さを持って、無表情な顔で言われて正直ゾッとした。

 

こんな状況でも男の性か勃つもんは勃つわけで、それなりの硬さになってくると、その女が騎乗位で挿入してきたんだ。

 

で、当分入れたまま動かないんだ。

 

「おい!抜けよ!こlの変態女!」

 

って言ったら頬を思いっきりビンタされた。

 

「あんた自分の置かれてる状況分かってんの?マジ殺すよ。一切、口答えすんな。分かった?」

 

そう言う女の目はマジだった。

 

俺が恐怖で静かにしていると、上から覆い被さってきてディープキスをしてきやがった。

 

俺は最悪でも舌が入り込むのだけでも防御しようと口を瞑ってたら

 

「そんなに死にたいのかい、あんた。口を開けな」

 

と脅されて、結局仕方なく口を開けたら、俺の舌はもう吸われたり舐められたりべろべろされて、もう女のやりたい放題なんだよ。

 

で、徐々に女が腰を動かし出したんだ。

 

頭が少しずつボーっとしてきた俺は快感50%、まだ抵抗する意識50%ってぐらいの感じだったかな。

 

女はほどなく体を起こして腰をグリグリ回し始めたかと思うと、5分くらいしてイッたみたいで、俺の上に覆いかぶさってきたんだ。

 

俺はこれで終了と思ったんで、

 

「なあ、満足したんだろ?頼むから帰ってくれよ」

 

って言ったんだ。

 

そうしたらその女はニンマリして

 

「まだまだ、あたしが本当に満足するまで駄目。あんたはチンコおっ立てときゃいいの」

 

と言って、またキスしてきて、腰をグリグリ使い出した。

この体験談の続きを読む

ケバいヤンキー上がりの高卒事務員にチンポ奴隷にさせられました

ペニバンアナル責め
画像はイメージです

 

ケバい事務員に精子発射したらキレられた

 

私は富山の支店に支店長として転勤しました。

 

社員は営業マンが4名と派遣の女の子の総勢5名です。

 

唯一の女性である事務員は、まだ高校を卒業したばかりだといいますが、とてもケバイ感じがしています。

 

仕事の格好も制服がないとはいえ、茶髪でミニスカート、タンクトップのTシャツ、しかもタイトなので胸が強調され、オッパイの谷間も見えています。

 

私の赴任早々に歓迎会を開いてくれましたが、宴会は想像以上に下品です。

 

営業の男性社員はみんな地元で年齢もバラバラですが、全員酒好きです。その社員たちが派遣の女の子を取り囲んで、下ネタで盛り上がります。

 

「ねぇ、○○ちゃん、セックス好き~?今まで何人の男とヤッタの?」

 

「ねぇ、どんなチンポが好き?」

 

て、完全にセクハラだろってぐらいのエロイ質問攻めをしています。

 

しかし派遣の事務員も、

 

「いや~、ウチもセックス大好きなんですよね」

 

「この前、元カレのデカチンで5回もイカされたわよ~」

 

などと平気で応じています。

 

彼女も酒に強く、ミニスカートの太ももから黒いパンティーがチラチラ見えているんですが、全然気にしない様子です。

 

この子は“ヤリマン”だと確信しましたね。

 

ところで、支店長の私の仕事は、当然ながら営業マンが如何にしてノルマを達成させるかに掛かっています。

 

朝9時に朝礼で指示を出すと、営業マンは午前中から外廻りに出掛けます。

 

営業マンがその日のノルマを達成しないと、会社に戻ってきにくい空気を作ります。

 

営業マンが外出すると急にヒマになります。派遣の事務女の子ものんびりです。

 

私は彼女がヤリマンか確かめてみたくなり、肩を揉んであげる振りをしながら、スッと胸の谷間に手を入れてみました。

 

最初は嫌がっていましたが、そんなに抵抗する様子でもありません。

 

続いては彼女の背中に勃起した硬いチンポを押し付けました。

 

すると彼女は興奮したみたいで、

 

「支店長、チンポ硬くなってるねぇ、シゴイてあげよっか?」

 

と言って来ました。興奮した私は、

 

「○○ちゃん、チンポ好きそうだね。ちょっと舐めてくれないかな?」

 

と言ってみました。

 

彼女は私のチンポをズボンから取り出し、ペロペロシャブッていましたが、慣れたもので竿も金玉も上手に責めてきます。

 

私はたまらずに、

 

「ああっ!出るう~!」

 

と言って、我慢できずに射精してしまいました。

 

勢いよく射精したので、精液を彼女の茶髪にまで飛ばしてしまっていました。

 

すると彼女は一変して人が変わったようにキレました。

この体験談の続きを読む

【高校生】助けてくれた旅館のお姉さんが実はとてもエロかった

温泉 セックス
画像はイメージです

 

女湯を覗いたら誘われた

 

僕が17歳の高校生の時に、エッチな体験をしたので告白したいと思います。

 

両親と離れて旅行をしてみたいと考え、アルバイトで貯めこんだお金を元に、自転車で目的を決めずに旅行をしていました。

 

ゆるやかな峠道に差し掛かった頃、タイヤが何かしら踏んでしまったと思いますが、いきなりパンクしてしまいました。

 

修理用の道具を携帯してなかったのでオロオロしてるいと、一台のマイクロバスが停車し、運転しているお姉さんが

 

「どうかしたの?」

 

と声をかけてくれたのです。

 

僕がいきさつを説明すると、マイクロバスに自転車を積み込んで僕も乗せてくれ、旅館まで連れて行ってもらえました。

 

実はお姉さんの実家が温泉旅館で、休みの間は手伝いで彼女はここに居るらしいのです。

 

すっかりお世話になった僕は、従業員(お姉さんと両親しかはいませんが)の控え室でお姉さんと楽しく話しをしていました。

 

宿泊費を安くしてもらう代わりに旅館の手伝いもしていたので、温泉に入るのはお客さんが全員入り終えた後になります。

 

3日ぶりに髪の毛や体を洗い流し、スッキリした気持ちで温泉に浸かっていると、女湯の方から声が聞こえてきました。

 

温泉は12時で終了だし、お客さんはいない筈だけど・・・

 

しかも声は結構若いので、お姉さん以外に思い当たる人はいません。

 

いけない事とは思いながらも、なんせ当時は17歳なので女性の裸を見たいという欲求には勝てず、僕はお姉さんの入浴している姿を覗いてしまったのです。

 

壁を少し登ってお姉さんの姿をチラッと確認すると、お姉さんは身体を洗い流している真っ最中でした。

 

美しい白い肌に、肩甲骨など骨格も美しく、肉付きもほどよく、ひと際腰のくびれからお尻にかけての丸みを帯びたラインが魅力的でした。

 

目にした瞬間から興奮し、僕のチンポは勃起してしまいました。

 

しかし、見とれてしまったために油断していたようです。お姉さんは気付いていたみたいで、振り向きもせずに

 

「ダメでしょ、女湯覗くなんてことしたら・・・」

 

と突然言ったのです。僕は驚愕して心臓が止まりそうでしたが、時すでに遅しです。今更ながら後悔しました。

 

困っているで僕を善意で泊めてくれたお姉さんの気持ちを裏切ってしまいました。

 

あたふたしている僕に、お姉さんはゆっくりと振り向きました。

 

怒っているはずだと思っていたお姉さんの表情は優しく笑っていたのです。

 

その時に急に緊張が解けて冷静さを取り戻しました。

 

「一緒に入ろうよ」

 

と無防備でしかも全裸姿で僕に言ってくれたお姉さんは、まるで女神のようでした。

 

その後、一緒に温泉に浸かってお姉さんと会話していると、何気に僕の股間を見つめてきました。

 

見られた事に反応した僕のチンポは一層固くなりました。

 

「ねぇ、エッチしたいの?」

 

とストレートに訊いてくるお姉さんに困惑しながらも、素直に

 

「は、はい…」

 

と興奮気味に答えました。

 

「ふふっ、いいわよ、好きにしても」

 

と言われ、僕は一気にボルテージが最高潮に達しました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト