カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(男性告白)

風俗嬢は顔やスタイルで選ぶな、性格とセックステクニックで選べ

デリヘル ぽっちゃり
画像はイメージです

 

綺麗じゃないけど明るくテクニックのあるデリヘル嬢

 

俺がいつも指名しているデリヘル嬢の奈々から、近々デリヘルを辞めると報告があった。

 

奈々ってのはもちろん源氏名で、この1年で25回以上は指名している。

 

だいたい月2回ほどのペース。

 

奈々からすれば俺はお得意様で、10回指名したぐらいでアドレスを交換し、入りたい前日に直接奈々に連絡して90分の予約をする、そんな関係だった。

 

奈々は正直綺麗とはいえないし、ポッチャリのタイプ。

 

初めて呼んだ時、ホテルのドアを開けて奈々を見た瞬間に、

 

「チェンジ」

 

って喉まで出掛かったもんだ。

 

でも、

 

「こんにちは!奈々っていいます。私でいいですか?」

 

って明るく言われて何も言えずOKしてしまい、

 

(今日はハズレだな・・・)

 

と思った。

 

この店のシステムは、90分¥20000とリーズナブルで、割引チケットを使うと¥19000でしかも本番OK。

 

(この値段でヤレるならいいか・・・)

 

帰り際に、

 

「また指名してね!」

 

と言われて正直迷う俺だったが、

 

「また指名するよ」

 

と言ってしまった。

 

しかし、その後も奈々を指名し続けたのには理由がある。

 

22歳のポッチャリで、おっぱいも本人はDカップと言ってるが、どう見てもCカップぐらい。

 

色白で濡れ具合も良く性格はすごく良いが、巨乳好きの俺としてはちょい不満。

 

だが、特筆するべき点が二つある。

 

それはセックステクニックが上手いこと。

 

私の快感ポイントを始めから知っていたかのようだ。

 

それと時間内なら、コンドーム付きであれば何発でも発射OK。

 

本来なら有料オプションの口内発射もタダ。

 

ほとんどのデリヘル嬢は1回射精すると、シャワーを浴びてとっとと服を着て時間を潰して終了、ようなの女ばかり。

 

ある時奈々に前職を聞いたら、吉原のソープ嬢を1年やっていたが、生中出しのために飲んでいたピルが体に合わず、ソープを辞めてデリヘルへ移籍してきたと言っていた。

 

前ふりが長くなったが、以前に、奈々が風俗を辞めるって決めたら店外で会おうと約束していた。

 

当然社交辞令と思っていた俺だが、まさか本当に連絡があるとはな。

 

馴染み客とはいえ律儀な子だなと思い、私は有給を使って休みを取り、昼前に落ち合った。

 

軽く食事をしてラブホテルに行こうと誘うと、奈々の方から行ってみたかったホテルがあると言いだした。

 

そのラブホは奈々の店の出張範囲外で、1度も行ったことがなかったらしいが、聞いた話だとかなり良いらしい。

 

少し遠かったが了解し、実際に行って見ると外観は綺麗だった。

 

午後2時に到着し、フリータイムの2部で午後8時までいられる。

 

「誠二さん、8時までいいの?」

 

「もちろんいいけど、奈々の時間は?」

 

「今日は休みなんで空いてるよ」

 

「この前、パチンコでちょい勝ちしたから4万ぐらいは出せるけど」

 

「誠二さん、今日は仕事じゃないの。今までたくさん指名してくれたし、あたし唯一の常連さんだから、今日はタダでいいよ」

 

嬉しい事を言ってくれるじゃないか奈々。

この体験談の続きを読む

デカチンを苛めて喜ぶお姉さん達のお陰で職場のマドンナと変態プレイ

デカチン お姉さん
画像はイメージです

 

僕がデカチンなのでセフレになってと頼まれました

 

高校が男子校で奥手の僕は、大学に入学してもまだ童貞でした。

 

そんな僕も大学2年の夏休みの時、アルバイト先で知り合った26歳の美人な晴美さんに筆下ろししてもらいました。

 

晴美さんはSっ気があるみたいで、僕が童貞だと知ると、嬉しそうに僕の手を引いてラブホテルに入りました。

 

僕は女性の前で裸になったことがないので、恥ずかしくてバスタオルを巻いていましたが、晴美さんは服を脱いで素っ裸のまま僕の前に立ちました。

 

僕は綺麗な晴美さんの体に興奮して、見てるだけでチンポが勃起してしまいました。

 

晴美さんはニコニコしながら僕のバスタオルを外すと、

「うわ・・・おちんちん、おっきいねー!」
と言って、大きさを確かめるように触ったり握ったりしています。

 

僕は初めて女性にチンポを触られたので、あっという間にビンビンになりました。

 

そして晴海さんは口に咥えると、

 

「おっきくて、お口に入りきらない」

 

と言いましたが、嬉しそうに亀頭を舐めまわしたり、ジュルジュルと唾を絡めてフェラチオしてきました。

 

僕はあまりの気持ちよさに、

 

「晴美さん、そんなにしたら、出ちゃいます」

 

「いいわよ、出して」

 

「ううっ」

 

僕は晴海さんの口の中に、たくさんのザーメンを放出してしまいました。

 

それをじゅるじゅるじゅるーと、いやらしい音を立てて晴美さんは飲み干しました。

 

その後、コンドームをかぶせられて、最初は晴海さんが騎乗位で好きなように動いていました。

 

晴美さんは、

 

「すごいおちんちん、オマンコが埋まっちゃう」

 

と満足そうでした。

 

でも最後は正常位になって童貞の僕に、

 

「自分のしたいように動いていいよ、イキたくなったら遠慮しないでイッていいからね」

 

と優しく言ってくれました。

 

僕はぎこちなかったと思いますが、ゆっくり突いたり、激しく突いたり、試行錯誤しながらピストンを繰り返しました。

 

晴美さんのオマンコの中はめちゃくちゃ気持ちよくて、僕は挿入したままゴムの中に射精しました。

この体験談の続きを読む

結婚を控えた女友達が僕に薬を飲ませてチンポに跨ってきた理由とは

騎乗位
画像はイメージです

 

かつての女友達が泊まりにきた

 

僕は大学へ入学してから1人暮らしを始めました。

 

1年生の時は、高校の時の友達が遊びに来たり、2ヵ月に1回ぐらい僕は地元に帰ったりして遊んでいました。

 

しかし3年生になったころには、以前の友達と遊ぶことはほとんどなくなりました。

 

それで、3年生の夏休みはアルバイトばかりしていました。

 

だいぶお金も貯まってきたころに、突然小、中学の時に仲が良かった女友達の美緒から連絡が来ありました。

 

美緒は以前から妙に気の合う子でした。

 

その美緒から、週末の夜遅くに突然メールが来ました。

 

「お久しぶり、美緒です。突然の連絡でごめんね。良かったら少し話さない?」

 

美緒とは高校卒業以来だったので、ビックリすると共になんだか嬉しかったです。

僕がもちろんいいよと返すと

 

「メルアド変えてなかったんだね、よかった。今電話してもいい?」

 

「うん、いいよ」

 

ほどなく電話がかかってきました。

 

電話の内容は、なんと8月末に結婚するということでした。

 

結婚したらもう僕とはほとんど会えないし遊べなくなるから、久しぶりに遊ばないか、というものでした。

 

僕も会いたかったし、来週末ならいいよ、と答えました。

 

久しぶりに会ってみると、やっぱり気の合う美緒との遊びは面白かったです。

 

遅くなってきたので帰りの事がそろそろ心配です。

 

「何時ごろ帰んの?」

 

と聞くと、

 

「実は泊まるつもりだったの。ダメ?」

 

と可愛く手を合わせてお願いされました。

 

もちろん僕はOKです。

 

アルバイトばかりしていた僕の部屋は物があふれていて、2人で片付けなければならず、少しみっともなかったです。

 

何だか

 

(良い雰囲気だな)

 

と思いましたが、さすがにこれから結婚する女に手を出してはマズいと思いました。

 

それ以上に掃除が終わる頃には、僕はもう眠たくなっていました。

 

晩御飯は美緒がパスタを作ってくれて、二人で酒を飲みながら食べました。

 

美緒との会話は弾むので、食事が終わっても僕達はしばらくお酒を飲み続けていました。

 

そして気がつくと、僕は床の上で寝てしまっていました。

 

普段、バイトが忙しくて睡眠時間が少なかったのに、やはり美緒といると妙に落ち着くからかなと思いました。

 

その時、美緒はお風呂に入っていました。

 

何を期待したのか、僕は起きて美緒が出てくるのを待っていました。

 

風呂から上がった美緒は、僕のTシャツとトランクスを穿いていました。

 

「あれ、起きたの?起こそうと揺すったけど全然起きなかったんだよ」

 

と美緒は笑いながら言いました。

 

そして台所に生き、

 

「飲みすぎたんじゃない?はい、お水」

 

と言って、コップに水を入れて僕に渡してくれました。

 

酔っていたせいか水がとても美味しく感じ、僕は一気に飲み干して風呂場へと向かいました。

風呂に入っている間、まだ頭がボーっとしていましたが、美緒が入った後の良い香りが残っており、僕はちょっとだけ興奮しました。

 

ただ、何かおかしかったのです。

 

まるで自分の体では無い様な感覚で、フラフラとしてきていました。

この体験談の続きを読む

【童貞喪失】美人で巨乳なお姉さんに見つめられながら最高の中出し

巨乳 騎乗位
画像はイメージです

 

姉の先輩がおっぱいを押し付けてきた

 

僕は姉の勤め先の先輩に食事に誘われたので出かけました。

 

「宏美さん!こんちには」

 

「悠斗くん、座りなよ」

 

「あれ?今日は姉ちゃん居ないんすか?」

 

「なに?私と2人っきりで食事するのはイヤなの?」

 

「いえいえ、そんなことないですよ!いただきま~す!」

 

いつもは姉と僕(悠斗)と、姉の先輩の宏美さんの3人でご飯を食べることが多かったんです。

 

宏美さんは僕より9歳年上の27歳。

 

彼氏はいません。

 

初めはあまり意識してなかったんですが・・・。

 

「悠斗くんお酒飲みなよ。飲めるでしょ?」

 

「はい、でもすげー弱いですよ・・・。すぐ顔真っ赤になるし・・・」

 

「いいからいいから、ほら、飲みな」

 

「はい~・・・」

 

いつも奢ってもらってるし、年上だし、やっぱり姉ちゃんの会社の先輩だし、僕は宏美さんに逆らった事などありません。

 

それに、水川あさみ似の超美人なんです。

 

怒るとすんげー怖そうですけど・・・

 

あまり飲んでないはずですが、もうフラフラです。

 

「もう酔っ払っちゃいましたよ~だから弱いって言ったのに~」

 

「ふふ、ほんとに弱かったんだね。可愛い可愛い」

 

僕の頭に手を回してナデナデしてくれました。

 

しかも、宏美さんのおっぱいが僕の頭に当たっています。

 

一瞬で僕のチンポは勃起しちゃいました。

 

「ひ、宏美さん!胸が当たってますよ~」

 

「そりゃ当ててるんだもん、ねぇ、触りたい?」

 

いきなりそんな事言うからびっくりです。

 

「へ?そりゃ触りたいです!」

 

酔った勢いもあるし、軽く言ってみました。

 

「ふふ。じゃあ今度ね」

 

この時は、

 

(やったー!宏美さんのおっぱいに触れた~)

 

ぐらいの喜びでした。

この体験談の続きを読む

包茎手術で禁欲中の敏感チンポをドSなナースから手コキされて射精した

ナース手コキ
画像はイメージです

 

真性包茎を手術

 

以前俺は包茎が原因で毎日悩んでいた。

 

恥ずかしいけど悩んだ末に、腹をくくって病院で治療を受けることにした。

 

近場の病院で治療を受けることも考えたが、治療する箇所がチンポなだけに、都市部のとある専門クリニックで治療を受けることにした。

 

事前に予約を取って数日後に出かけた。

 

クリニックは小奇麗なビルの一室にある目立たない小さなクリニックだった。

 

中に入ると受け付け兼ナース2人がいて、最初に症状を聞かれ、次に手術の説明をされて誓約書にサインさせられた。

 

女性のナースに症状を説明するのにも勇気がいるが、もう腹をくくっているのですんなりという事ができた。

 

今日はこれだけで終わりかなと思っていると奥からドクターが出てきて、

 

医師「それじゃぁ始めましょうか」

 

と言われた。

 

その不気味な笑顔に若干不安を感じたが、

 

ナース1「こちらへどうぞ」

 

その優しい言葉とキュートな声にいくらか安心し、奥にある診察室に入っていった。

 

奥にある診察室の中に入ると、包茎専門と思える長方形の診察台があった。

 

そして、

 

ナース2「じゃぁズボンとパンツを脱いで、台の上で仰向けになって下さい」

 

俺は言われるままにズボンとパンツを脱いで包茎チンポ丸出しになり、診察台の上に寝て待っていた。

 

すぐにドクターが来た。

 

医師「ああ、これは典型的な真正包茎ですね。手術するしかないので、余分な皮を切除しましょう」

 

そしてこれが苦痛とも快感とも言える治療の始まりなのであった。

 

まず皮を切除をする前に、ドクターが俺のチンポを手に取り、確かめるようにシコシコとチンポを軽く擦り始めた。

 

医師「これは?ああ、なるほど」

 

何がなるほどなのか俺にはまったく分からなかったが、そういうとドクターがペンでチンポに切り取るであろう皮の部分に印を付け、その後麻酔をしてから手術が始まった。

 

麻酔が効いているせいもあり、手術自体は思ったより楽だった。

 

手術後にナースから、

 

ナース「次は1週間後の受診になります。それまではご自宅でこの消毒液を使って消毒して下さいね」

 

ナース「あ、それと次回受診されるまでの1週間は禁欲して下さいね。術後1週間は激しい運動をすると傷口が開く可能性がありますから。ではお大事に」

 

そう言われてナースから消毒液と脱脂綿を渡され、本日は終了した。

 

これまで悩んでいたことがバカらしくなるほど、あっけないものだった。

 

しかし、それから1週間後にやってくる強烈な苦痛と快楽を、その時にはこれっぽっちも感じていなかった俺なのであった。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト