カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)

ウブなイケメン中学生が巨根!一目惚れした私は何度も中出しさせて妊娠しました

イケメン巨根中学生
画像はイメージです

 

イケメン中学生との出会い

 

私は25歳のOLで人妻でもあります。

 

3年前に都内の会社に就職し、秘書課に配属されました。

 

秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待をさせて先方のご機嫌取りをするというのが主な仕事でした。

 

自分で言うのも恐縮ですが、美貌とスタイルには多少の自信がありましたので、秘書課に配属されたのも納得しています。

 

社内ではもちろん、取引先の相手からも誘われることがあり、その中で私が選んだのは、20歳年上の人事部長でした。

 

大人の男性といった感じの紳士でしたが、付き合って2ヶ月もしないで破局しました。

 

独身だと思っていた部長には内縁の奥さんがいたことと、紳士なのは表の顔だけで、自分にとって都合にいい女である事を暗に求められたので、すぐに別れました。

 

次は同期の男性と付き合いました。

 

なかなかのイケメンで仕事ができる自信家でした。

 

ただし、セックスは下手でした。

 

私に命令するだけのマグロ男なのです。

 

それでも私は男性に奉仕するセックスは嫌いではありませんし、人事部長と違って彼は自分に都合のいい女である事を求めてきませんでした。

 

私が結婚を申し込んだ時に彼は、

 

「俺は女癖がよくないので浮気すると思うから、それでもいいのなら結婚してもいいよ」

 

と言われました。

 

私は、

 

「それなら自分も浮気をして子供を産む」

 

と言うと、何と彼は承諾しました。

 

付き合ってすぐに結婚しました。

 

しかし結婚後、すぐに夫は海外転勤になりました。

 

私は仕事もあるので日本に残りました。

 

夫が海外転勤した後、あの人事部長から誘いがありましたが、相変わらず自分に都合のいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。

 

そんな私に対し、部長はもはや紳士的な態度ではなく、事あるごとに罵詈雑言を浴びせてきました。

 

神経質ではない私でもかなり傷ついて落ち込みました。

 

夫のいる海外まで行こうかと真剣に考えていた時、一人の男の子と会社で出会いました。

 

名前は満君で、上司である秘書課長の中学生になったばかりの子供で、とても綺麗な美少年なんです。

この体験談の続きを読む

【射精管理】ドSの女上司に手コキで射精させられるのを待ち侘びています

射精管理 手コキ
画像はイメージです

 

おっぱい触ったのがバレてた?

 

会社の飲み会があって、家もわりと近かったので酔っ払った女上司を僕がタクシーで家まで送っていくことになりました。

 

タクシーに乗ると、

 

「ごめんね」

 

と言いながら辛いのか僕の膝枕で横になる由紀子さん。

 

すると脇からキャミソールかブラジャーか薄暗い中で見えてしまいました。

 

胸はそんなに大きくないみたいですが、膨らんでいるのが分かります。

 

背中をさすってあげると、

 

「ありがとう」

 

と言っていましたが、途中から

 

「スー、スー」

 

と由紀子さんは寝息を立て始めました。

 

胸も見えている無防備な女上司の姿に、僕のチンコは反応し始めていました。

 

「大丈夫ですか?」

 

と言いながら背中を擦る手を、そっと胸の方へ持って行きます。

 

そして開いた脇から、直接じゃないけどおっぱいに軽く触ってみました。

 

反応がないので、少し揉んでみます。

 

「んん・・・」

 

とわずかに声を上げたので手が止めます。

 

そしてまたゆっくりと揉みます。

 

小さいと思ってた胸ですが、手の平にスッポリ収まる感じでちょうどいいんです。

 

起きる気配はないので、大胆にも直接おっぱいを揉みました。

 

しっとりと汗をかいた肌が手に吸い付きます。

 

「んん・・・うぅん・・・あん・・・」

 

と時々小さな声を上げてましたが、それでも起きる気配はないので、勃起してきた乳首を軽く摘みました。

 

ビクンと反応しましたが、やっぱり起きないので弄って楽しみました。

 

チンコはすでにビンビンに勃起していました。

 

時々動く由紀子さんの頭がチンコに触れそうになって焦りました。

 

しばらくすると、

 

「着きましたよ」

 

という運転手さんの声で慌てて胸から手を抜いて、由紀子さんを揺すって起こします。

 

「んん・・・あら、ごめんね・・・寝ちゃってた?」

 

「大丈夫ですか?部屋まで送りますよ」

 

と由紀子さんの脇を抱えて部屋まで連れて行きました。

 

鍵も開けられないほど酔っていたので、代わりに僕が開けて部屋の中へ入ります。

 

さすがに部屋は綺麗に片付けられていました。

 

すぐに由紀子さんはベッドに倒れ込みます。

 

干してある黒のレースの下着なんかにドキッとしました。

 

「じゃぁ、帰りますね」

 

と言ったんですが返事がないので、そのまま部屋を出ました。

 

オートロックなので鍵をかけなくても大丈夫でしょう。

 

そしてまたタクシーを拾って家に帰りました。

 

部屋に帰ってすぐに寝ようとしたんですが、手に残る恵子さんのおっぱいの温もりと感触が頭から離れず、オナニーしてから寝ました。

 

そして週が明けて会社に出勤すると由紀子さんから、

 

「この間はありがとう」

 

という社内メールが来ました。

 

そしてちょっと遅めの昼食の時、社内食堂でバッタリと会いました。

 

その時は食堂はガラガラでした。

 

由紀子さんに誘われて一緒に食事をしましたが、なんだか緊張していました。

 

まさかおっぱいを触ったのがバレてないかと多少は心配でした。

 

すると、無事に食事を終えて食器を片付けてる時に、

 

「そうそう、そう言えば竹下君、タクシーの中で私の胸触ったわよね」

 

由紀子さんは世間話でもするように軽く言いました。

 

僕は一瞬で凍りつきました。

 

「・・・」

 

不意を突かれて言葉も出てきません。

この体験談の続きを読む

たくさんの男性とセックスしてきたけど彼氏のおちんちんが最高です

騎乗位
画像はイメージです

 

大好きな私の家に彼氏が泊まりに来ました。

 

私が彼氏の家に行くことが多くて、まだ今回で数回目です。

 

もう何十回もセックスをしているけど、ここ最近で膣奥が気持ちよくなってきました。

 

女の子のイキやすいポイントって幾つかあると思うんですけど、私は外派です。

 

つまりクリトリスなんですけどね。

 

おちんちんをオマンコに入れられてる最中に、クリトリスが擦れて

 

「気持ちいいっ!」

 

ていう感じだったんです。

 

足を上げられて膣奥をガンガン突かれても、気持ちいいけどイクまでは達しなかったんです。

 

でも最近、騎乗位で膣奥に当たると、痺れるような、頭が朦朧とするような感じになるようになって、オマンコ大洪水になっちゃいます。

 

彼がベッドの端とかと持って体を固定して、おちんちんを突き立てるっていう感じかな。

 

私のベッドはスプリングが利いてて簡単に動くことが出来るんだけど、もう気持ちよすぎてヤバかったです。

 

隣の家に聞こえちゃうんじゃないかな?って思うぐらいでした。

 

気持ちよすぎて喘ぎ声が抑えられなかったんです。

 

最近寒くなってきたので、布団から出ずに私から彼を責めました。

 

キスしてどんどん下がっていって、乳首を舐めたり脇腹を舐めたりします。

 

その最中は、私のおっぱいが彼のおちんちんに当たるようにします。

 

彼のおちんちんは普通よりちょっと太めで、長さも少し長めで形は真っ直ぐです。

 

十人十色じゃないけど、おちんちんの形って男の人によって違うよね。

 

彼氏が大好きってのもあるけど、フェラしてるだけで私まで感じちゃいます。

 

(これが私の中に入ってくるんだ)

 

とか、

 

(めちゃくちゃにされちゃうんだ)

 

とか思って興奮します。

 

ある程度フェラしてから、彼が催促したのでシックスナインの体勢になります。

 

彼はクンニするのもかなり上手なので、何度もイキそうになります。

 

でも、もったいないからイキません。

 

彼がクリトリスを吸ったり柔らかく舐めたりしてきて、もうオマンコがキュンキュンしてました。

 

10分くらいしてて、

 

「もう無理」

 

って言って彼のおちんちんを催促します。

 

最初は正常位でって思ったら、なかなか焦らして入れてくれないんです。

 

クリトリスとオマンコの入り口を、彼のおちんちんでニチャニチャいやらしい音を立てながら擦ってきます。

 

それでも気持ちいいんだけど、早く彼のおちんちんが欲しくって、

 

「焦らさないで入れて・・・」

 

って何度かお願いしちゃいました。

 

体勢をちょっと立て直して、私のオマンコに彼のおちんちんがヌルンって入ってくると、勝手に口から

 

「んぁ・・・」

 

って声が漏れました。

 

彼の下腹部と私のクリトリスがくっついた状態で、おちんちんを私のオマンコにゆっくり出し入れして膣内を味わうかのように動かしています。、

 

クチュクチュ音がして、もっともっと感じてしまいました。

 

私は彼の首に手を回し、私に全体重をかけまいと少し気を使いつつも、二人で息遣いがすごく荒かったです。

 

私は終始感じまくっていて、

 

「あぁん・・」

 

って喘ぎまくりでした。

 

ゆっくり出し入れしつつ、おちんちんで膣中をかき回す彼。

 

オマンコで彼のおちんちんを最大限に感じられる瞬間です。

 

私も勝手に腰が動いて、彼の首に回していた手を、彼のお尻や腰付近を触って、

 

「もっと奥に、もっと奥に」

 

って感じで自分のオマンコを押し当てました。

 

ずっとこうして繋がっていたいです。

 

ずっと彼にオマンコをかき回されていたいです。

 

彼もとても気持ちよさそうにしていました。

 

今度は私が上になります。

 

私は騎乗位がとても弱いんです。

 

おちんちんがオマンコの奥まで入るし、クリトリスは擦れるし、彼は乳首を転がしたり摘んだりするからなんです。

 

あと、彼が私のクリトリスのところに指を置くので、そうされるとすぐにイッてしまうんですよね。

 

今回は、彼のおちんちんを堪能したくて、指を置かないでもらいました。

 

私のオマンコの奥にもっと入ってきて欲しいんです。

 

彼のおちんちんでオマンコをいっぱいにして欲しいんです。

 

そう思って、腰を前後に動かします。

 

めちゃくちゃ気持ちいいです。

 

彼もマットの端を掴んで、おちんちんを突き立ててきます。

 

オマンコ奥の子宮口に当たって、より一層濡れてきます。

 

愛液がグチュグチュ音を立てて、おかしくなりそうでした。

 

気持ちよすぎてもう我慢出来なくって、

 

「いきそうなの、いっちゃう・・・」

 

って彼のおちんちんをオマンコで包んで、クリトリスを擦りあてながら、腰を前後に動かし、

 

「あぁっ!」

 

ってイッちゃいました。

 

その時彼が、

 

「んあっ!」

 

っておちんちんをオマンコから抜きました。

 

彼も射精しました。

 

同時にイったみたいで、ちょっと嬉しいです。

 

彼とのセックスは最高です。

 

今までかなりの男性とセックスしてきました。

 

すごく太いおちんちんの人や、犯されてる感じになるくらい巨根な人もいたけど、やっぱり自分の「気持ち」ってのが一番気持ちよくなれる要素なんだなぁって思います。

 

あと、クリトリスも気持ちいいけど、子宮口におちんちんを擦り付けられると、意識が朦朧とするほど気持ちいいです。

 

今の彼氏とのセックスが一番相性が良いです。

 

今まで付き合った彼氏の中で、一番大好きだからかもしれません。

 

彼氏の事を考えるだけで、オマンコからエッチな汁が出てきて、パンツが濡れてシミ付きパンティになっちゃいます。

 

あ~ん、また彼のおちんちん欲しくなっちゃった。

 

巨根の元カレに誘われて何度もイカされ、忘れるために帰って主人に襲い掛かりました

元カレ 巨根
画像はイメージです

 

元カレに偶然再会

 

私(美咲)は現在28歳で、結婚して子供もいます。

 

体系はちょっとポッチャリかな。

 

結婚して3年になります。

 

子供も2歳になり、主人ともうまくいっていますし、特に不満もありません。

 

夜の営みはと言うと、最近仕事で遅くなることが多くて、あんまりしてなかったですけど、欲求不満というほどでもありませんでした。

 

そんな私が、あの日元カレに偶然出会ってしまい、一回限りの過ちを犯してしまいました。

 

今は元カレも転勤して会っていませんし、連絡も取っていません。

 

今から数ヶ月前のことでした。

 

ある日子供とデパートに行き、買い物をしていると後ろから声がしました。

 

「美咲じゃん、やっぱり!元気だった?その子美咲の子供?可愛いねー」

 

元カレの孝一でした。

 

主人と結婚する前に付き合っていました。

 

別れた原因は、彼が転勤で遠距離になってしまったからです。

 

「あれ?なんでこんなところにいるの?仕事変えたの?戻ってきたの?」

 

と言うと彼は、

 

「仕事で出張なんだよね~、偶然この辺だったんだけど、まさか美咲に会っちゃうなんてね」

 

結婚して主人を愛してやまない私は、元カレに出会っても特に胸も高鳴ることはなく、普通に私は

 

「久しぶりだね、孝一はあんまり変わってないね、私は今結婚して子供もいるのよ」

 

なんて普通の会話をしてその日は別れました。

 

数日後、なんと元カレからメールが来ました。

 

「こないだ久しぶりに会って美咲に会いたくなった。明日空いてたら連絡ちょうだい!孝一」

 

私は、

 

「結婚してるし無理だよ~ゴメンネ、もうメールもしないで」

 

と返信しました。

 

すると彼から、

 

「昼飯食うだけだよ、ダメ?」

 

と返ってきました。

 

私も昼ごはんだけならまぁいっかと思い、

 

「昼ごはんだけだよ~」

 

と返事をしました。

 

私は実家暮らしのため、親に子供を任せて出かけることにしました。

 

すると、

 

「ありがとう!じゃ明日迎えに行くよ!」

 

と元カレ。

 

「分かった、待ってるね。じゃ明日」

 

しかし、これが間違いでした。

この体験談の続きを読む

【3Pセックス】出会い系で知り合ったおじさんと居酒屋でエッチなことしていたら…

出会い系 居酒屋 3P
画像はイメージです

 

おじさんと居酒屋の個室へ

 

私の初体験は中学2年でした。

 

当時の彼氏とセックスしまくり、クリがとても敏感になって、すぐお漏らしをしてしまうエッチな体になりました。

 

家で普通にセックスするのも好きですが、少しアブノーマルなセックスも好きです。

 

セックス大好きで、彼氏がいなくてもセフレは絶え間なくいる私ですが、23歳の時に1度出会い系サイトで知り合った人とセックスしました。

 

ある日、チャットをしていると、

 

「こんにちは~23歳です」

 

「こんにちは、55歳です。大丈夫かな?」

 

(55!?正直ないわ・・・)

 

と思いました。

 

でも彼は誠実で、とても話しやすく、楽しくチャットをしていました。

 

そしてアドレスを交換しました。

 

彼は則夫と言います。

 

則夫は徐々に下ネタを言うようになりました。

 

私も、

 

(この人とだったらセックスしてもいいかなー)

 

と思い、会う約束をしました。

 

初めて会った則夫は紳士的で、とても渋いおじさんでかっこよかったです。

 

則夫に連れられ、個室の居酒屋に行きました。

 

則夫の行きつけらしいです。

 

始めは楽しく呑んでいたのですが、則夫は私の太ももを触り始めました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト