カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:OL・お姉さん(女性告白)

旦那の弟のデカチンをフェラするだけでオマンコが濡れてしまい、1回だけの約束のはずが…

義弟 デカチン
画像はイメージです

 

旦那の弟が襲ってきました

 

私は25歳の人妻で1歳の子供がいます。

 

この間、旦那の実家に帰省した時のことです。

 

その晩、旦那は弟の敦志君と2階の部屋でマージャンをしながらお酒を飲んでいたので、私は1歳になる子供と一緒に下の和室で寝ていました。

 

車での長距離移動と気疲れですっかり寝入っていたのですが、夜中にキスをされている感覚で目が覚めました。

 

以前帰省した来た時にも旦那に求められてセックスしていたので、

 

(またか~)

 

と思いつつ、疲れてたし帰省する度にセックスするのは嫌だったので、今回は断ろうと思ったのですが、目を開けると、相手が旦那ではないことにすぐに気付きました。

 

相手は義弟の敦志君でした。

 

敦志君は23歳で、私とも年が近いです。

 

でも旦那の実家に帰省した時に顔を合わせるぐらいで、特に仲が良かった訳でもありません。

 

あまりの突然のことに混乱し、

 

(何で?どうしよう?主人は?)

 

と色んなことが頭の中をグルグルと回って、口をとっさにギュッとつぐみました。

 

敦志君は私が起きたことに気付いたようですが、キスを止めようとはせずに、つぐんでいる私の唇を舌で舐め続けています。

 

片手で私の頭を添えるように押さえ、もう片手で私の片手を押さえています。

 

私が空いた方の手で敦志君の胸をトントンと叩くと、敦志君はキスを止め、私の耳元で、

 

「お姉ちゃん綺麗だよね、一回だけでいいから抱かせてよ」

 

と言い、私の胸を揉みながらまたキスしてきました。

 

バレたら大変だし、このままだと力ずくで本当に最後までされてしまいそうなので、何とか止めてもらう方法を考えました。

 

それに旦那と付き合ってからは旦那としかセックスしてないし、不倫して旦那を傷付けたくありませんでした。

 

すると、敦志君がまた私の耳元に顔を近づけました。

 

「兄ちゃんは飲んで寝てるから絶対起きないよ、俺も彼女いるし一回だけだから、ダメって言ってももう止めないよ、バレると困るし大人しくしててね」

 

そういうとまた無理やりキスをしてきます。

 

私はもうどうすればいいのか分からなくなり、ジッと我慢していました。

この体験談の続きを読む

小学生のおちんちんが巨根!思わずフェラチオしてオマンコに入れちゃいました

巨根小学生
画像はイメージです

 

デカチンポマン

 

私は28歳の人妻です

 

スイミングスクールで、子供に水泳を教えています。

 

ある日、そのスイミングスクールに通う小学6年生の男の子が涙を浮かべていました。

 

「どうしたの?」

 

って聞くと、

 

「なんでもない」

 

って言います。

 

「先生誰にも言わないから言ってごらん」

 

と言うと、話してくれました。

 

「みんな僕のちんちんが気持ち悪いって言うの」

 

「どうして?」

 

「デカチンポマンって言うの」

 

「おちんちん、そんなに大きいの?」

 

「うん」

 

「おちんちんが大きいことは恥ずかしいことじゃないのよ」

 

「でもみんなが馬鹿にするもん」

 

「先生はね、おちんちんが大きい男の人の方が好きよ」

 

「ほんと?」

 

「ほんとよ、もしよかったら先生に見せて、見てあげるから」

 

「恥ずかしい」

 

「いいから」

 

「恥ずかしいよ」

 

それで、

 

「じゃあ、先生も一緒に脱ぐから・・・せーのっ」

 

て言うと、渋々ですが水着を下ろしてくれました。

 

「!!」

 

確かに大きいんです。

 

普通の小学生の男の子の倍ぐらいはありそうです。

 

しかし、問題はその後でした。

 

男の子のおちんちんが大きくなり始めたんです。

 

(やだこの子ったら、私の裸に興奮してるの?まだ小学生なのに)

 

男の子は大きくなったおちんちんに気付き、手で隠しました。

 

「隠したら見れないじゃない、いや、隠さなくてもいいのよ」

 

私は男の子の手をどけました。

 

信じられない巨根でした。

 

小学6年生なのに、勃起したおちんちんは主人のよりもふたまわりほど大きいんです。

 

小さな体に不釣合いなおちんちんでした。

 

私はつい、そのおちんちんを握っていました。

 

「確かに大きいわね、でも男の人はね、おちんちんが大きい方がいいのよ、みんなひがんでるのよ」

 

おとなしい男の子で、そういう感覚はないみたいです。

 

「でも、どうしてこんなに大きくなっちゃったの?」

 

「先生のおっぱい見たら大きくなっちゃった」

 

私は、

 

(このおちんちん、もっとじっくり見てみたい)

 

そう思いました。

 

「お話があるから、先生の家に来ない?お菓子とかもあるよ」

 

男の子はついてきました。

この体験談の続きを読む

大量に射精するイケメン中学生とのセックスに狂って止められません

イケメン中学生 セックス
画像はイメージです

 

イケメンの男子生徒が保健室に

 

私は中学校で、いわゆる保健の先生をしててます。

 

3年前に大学を卒業して最初に赴任したのが今勤めている中学校です。

 

本当は生徒に恋愛感情なんて持ってはいけないのですが、ある男子生徒を好きになっちゃったんです。

 

名前は金森君です。

 

中学2年生なんですけど凄くかっこよくてイケメンなんです。

 

当たり前ですが、自分から告白する訳にもいきません。

 

ある日検尿があり、金森君のクラスの検尿を代表して金森君が保健室まで持ってきてくれました。

 

その時、初めて金森君と会話をしました。

 

私、勤務中なのにすごくドキドキしていました。

 

1週間後、尿検査の結果が出て、保健所の職員の方が、

 

「男子の中で検査出来ないものがある」

 

と言われました。

 

(何でだろう?)

 

と思ったら、保健所の職員がいやらしく笑って、

 

「精子がいっぱいなんですよ」

 

生徒のリストを見たら、金森君も尿検査不能になってました。

 

(あのイケメンの金森君も・・・)

 

なんか想像しちゃいました。

 

金森君が検尿する姿やおちんちんのことまで。

 

でも、金森君とは何も無く、日々が過ぎていきました。

 

そして梅雨の時期のある日、午前中に金森君が腹痛を訴えて保健室に来ました。

 

私はドキドキしながら、薬を飲ませてベッドに寝かせました。

 

金森君は落ち着いてウトウトしていましたが、私のドキドキは激しくなる一方です。

 

私はカーテンを引き、金森君の寝顔をじっと見ていました。

 

どうしてもたまらなくなった私は、金森君の顔に近づき、声をかけました。

 

「まだお腹痛い?」

 

金森君は、

 

「下っ腹のほうが少し痛いです」

 

と言ったような気がします。

 

私は金森君のイケメン顔にうっとりしていたので、良く覚えてないんです。

 

ここで私は大胆な行動に出ました。

 

金森君のズボンのベルトを外し始めたんです。

 

金森君は驚いていましたが、腰を浮かしてズボンを脱がしやすくしてくれました。

 

ボクサーパンツを穿いていて、その中心部分はすでにモッコリと大きくなっていました。

 

私のドキドキは最高潮に達していました。

この体験談の続きを読む

オマンコの位置が分からない童貞君は挿入して腰動かす前に射精しました

童貞
画像はイメージです

 

タイプじゃない童貞君と宿泊することに

 

出会い系サイトで自称童貞君と知り合いました。

 

本人にも伝えたけど、ぶっちゃけ童貞君のスペックは私の好みじゃありません。

 

お互い住んでいるところも遠く、当時私には遠距離ですが彼氏がいました。

 

自然消滅中で月に3通ぐらいしかメールは来ませんが。

 

なので、楽しく趣味の話なんかでメール出来たらいいかなという感じの出会いでした。

 

最初は1日10往復ぐらいで趣味の話です。

 

落ち着いてからは1日2,3通の世間話を交えてのメール。

 

2週間くらいした頃にふと思い立ち、

 

「電話してみない?」

 

って聞いてみたら、

 

「メールはいいんだけど電話は緊張するから苦手」

 

と断られました。

 

(童貞君、ヘタレすぎじゃない?)

 

と心の中で毒づいて話は流れたんだけど、3日後に

 

「話す覚悟できたので電話しよう」

 

と童貞君からメールが!

 

しかし電話は寡黙でボソボソ離す程度、たまに面白い事を言うけど、初電話はあまり盛り上がらず終了しました。

 

それでも懲りずに何度か電話を繰り返したら、メールみたいな感じで話せるようになりました。

 

趣味の話だけじゃなく、私の仕事の愚痴や童貞君の悩み、同じテレビ見ながら実況やいろいろ話ができる、仲のいい友達みたいになりました。

 

そんな中、偶然にも夏休みにお互い友人と某ロックフェスに行く事になっていました。

 

それでビール奢るから現地で会って、

 

「乾杯でもしよう」

 

って話になり、フェス当日に緊張しつつ待ち合わせしたら、スペック通りの童貞君が私よりガチガチに緊張して登場しました。

 

ビールを飲み、食べ物の屋台を巡り、ライブを一緒に見て、楽しく過ごしてその時はそれだけで解散しました。

 

童貞君はどう思ってたかは知らないけど、私としては弟にしか見えず、セックスは考えられない存在です。

 

それからまたメールと電話の日々に戻ります。

 

そんな中、

 

「別の某ロックフェスに一人で行くよ」

 

って話をしたら、

 

「俺も行こうかな~」

 

と童貞君。

 

「じゃあ一緒に見て回ろう」

 

と2回目のデート?が決まりました。

 

しかし急遽フェス参加を決めたせいで、童貞君は宿泊先が見つからないらしいのです。

 

私は会場近くのホテルのツインルームを予約していたので、

 

「よかったら泊まる?」

 

と童貞君に持ち掛けると、

 

「俺、野宿でいい」

 

と、頑なに拒否してきます。

 

が、結局2泊、同じ部屋に泊まる事になりました。

この体験談の続きを読む

ハプニングバーで男性たちに輪姦されて精液まみれで嬉しくて涙が出ました

輪姦 精液まみれ
画像はイメージです

 

ハプニングバー?

 

私は29歳のバツイチOLです。

 

元旦那と離婚してから2年経ちますが、その間にセックスはなく、オナニーばかりの生活です。

 

ところが先日の新年会の後で、一気に性欲が爆発してしまいました。

 

新年会は、取引先の会社と一緒に行いました。

 

結構盛り上がって夜遅くなってしまい、終電も無くなったのでタクシーで帰るしかありません。

 

帰る方向が同じだった取引先のEさんと一緒に帰ることになりました。

 

Eさんとはこれまでも一緒に仕事をしたり、みんなで飲みに行ったりもしているので、特別な感情はありませんでした。

 

でもEさんが、

 

「どうせ遅くなったんだから、これから僕の知っている店に行こうよ」

 

と誘われました。

 

(明日は休みだからいいや)

 

と思い、オッケーしました。

 

ところが行ったお店は何と、ハプニングバーと言われるところでした。

 

私はそんな店があることも知りませんでした。

 

ビルの地下にある会員制クラブという感じで、入口でお店のマスターがEさんの会員カードのようなものチェックしていました。

 

入口近くにはカウンターがあり、そこで2人で飲み始めました。

 

カップルで来ている男女もいましたし、一人で来ている男性もいました。

 

しばらくするとお店のママが、

 

「あちらでやっていますよ」

 

とEさんに声をかけました。

 

するとEさんは私を連れて店の奥の方に連れて行きました。

 

そこは壁にマジックミラーがあり、中はベッドルームになっていましたが、そこではなんと1人の女性と3人の男性が乱交でセックスをしていました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト