カテゴリー:女子高生(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子高生(男性告白)

いじめられっ子が強制クンニと強制手コキ、チンポに輪ゴムで早漏改善

スケバン 手コキ
画像はイメージです

 

女番長のマンコを舐めさせられるいじめられっ子

 

これは僕が高校生の頃で、かなり昔の話です。

 

僕の通っていた高校は、今で言うヤンキーが多くて有名な私立高校で、特にヤンキー女子のガラの悪さは有名で、女番長もいました。

 

当時はヤンキー女子のことを女番(スケバン)といい、そのブームは最盛期で、女子のスカートは長く、特にスケバン達のスカート丈は足首までありました。

 

ある日、スケバン達に一人の男子が、体育館内にある用具室に連れて行かれているのを僕は目撃しました。

 

その男子はE君という体が小さく気の弱い、いじめられっ子の典型的な男子で、いつもスケバングループにイジメられていました。

 

用具室は壇上とつながっており、僕と友達は壇上の暗幕に隠れて、こっそり中の様子を覗いていました。

 

中にはが5人とE君がおり、女子達がマットを折り曲げて、ソファーのように形成していました。

 

そこに女番長が座り、E君はその前に怯えながらしゃがみこんでいました。

 

そして女番長が長いスカートを捲り、パンティーを脱ぎました。

 

そしてそのまま足を広げてE君に、

 

「マンコ舐めな」

 

と言いました。

 

E君は女番長の股の間に顔をうずめて、マンコを舐め始めました。

 

女番長は長いスカートをE君の頭から被せたので、E君はスッポリとスカートの中に入り込む形になりました。

 

と見ていたら女番長はE君を蹴り、

 

「もっと強く舐めろ」

 

と言いました。

 

E君は従ったのでしょう、女番長はアゴを上げて気持よさそうな顔をしながら、

 

「あっ、んっ」

 

と小さな声を出していました。

 

スカートの中に入り込んでいるE君は靴だけが外に出る形で、スカートはE君の頭の部分が盛り上がってモゾモゾ動いていて、可笑しな光景でした。

 

E君は時折ムセながら、

 

「ガハッ、グエッ」

 

と苦しそうな声を出してました。

 

その時は7月上旬の暑くジメジメした時期だったので、女番長のマンコはムレムレで、臭いもきつかったのではないでしょうか。

 

さらには長いスカートを被せられていたわけですが、

 

「ほら」

 

と言いながらスカートの中のE君を蹴ったりもしていました。

 

そのうち女番長は満足したのか、E君をスカートから出しました。

 

女子の一人がティッシュを出し、女番長はそれで自分のマンコを拭きながら、

 

「誰かやる奴いるか」

 

と他の女子達に聞きました。

 

女子の一人が、

 

「チンコ見たいね」

 

と言いました。

 

すると女番長はE君に、

 

「ここで、せんずりこけ」

 

と言いました。

 

E君は

 

「やだよ」

 

と泣きそうな声で言いました。

 

女番長は

 

「てめぇ、痛い目見てぇのか?」

 

と凄むとE君は、

 

「勘弁して下さい」

 

と土下座しながら言っていました。

 

女番長が女子達に目配せをすると、女子達はE君を羽交い絞めにし、無理やりズボンを脱がせました。

この体験談の続きを読む

JK達が露出狂と勘違いした冤罪の僕をフルチンにしてアナルまで弄ってきた

jk アナル責め
画像はイメージです

 

露出狂と間違われてJKに取り囲まれた

 

自宅近いところに自然豊かな公園があって、僕は休みの日によくここでジョギングをしています。

 

格好も本格的にしてみようと思い、一流のマラソン選手が使用してるようなシャツと短パンを購入してみました。

 

パンツは太腿とお尻の下半分が食み出してしまうぐらい短く、これを着て走るのは恥ずかしいと思いながらも、ちょっとだけ興奮する自分がいました。

 

ゴールデンウィーク後のある日、有給休暇を取っていて用事は昼に終わったので、夕方公園を走ることにしました。

 

普段は土日ぐらいしか走らないので気づかなかったんですが、ちょうど下校時間だっために自転車に乗った女子高生たちがたくさん通り過ぎていきます。

 

(そういえばこの辺には女子校があったな)

 

と思い出しました。

 

JKたちは自転車で僕を追い越しざまに、ちらっと振り返ってはゲラゲラ笑い、

 

「何あれ、ハミケツ?キモい!変態じゃね?ウケるんだけど」

 

などと話してるのが聞こえてきて嫌な感じです。

 

でも僕のハミケツが原因で笑われているので、今日はとっとと退散しようと帰宅に向かいました。

 

すると後ろから、

 

「おい!待てよ!」

 

と言われたので振り向くと、自転車に乗ったJK6人の集団が僕を睨みつけています。

 

そこの女子校は偏差値が低く、ギャルっぽいJKを見かける事はありますが、その6人はひと際ケバい感じで、茶髪に金髪、メイクもしており、短いスカートとコギャルのイメージそのものの格好でした。

 

「おめぇ、この前出してただろ?」

 

と言われて咄嗟に、

 

「はっ?何を?」

 

と答えると、

 

「ふざけてんじゃねぇよ、この露出狂!うちらにチンコ見せただろ?」

 

「何言ってんだ!俺はジョギングしてるだけだぞ。そんなことするかよ!」

 

「嘘つけ!そのケツはなんだよ、露出狂に間違いねぇだろ!」

 

とんだ誤解だ。

 

僕にはまったく身に覚えがないのですが、どうにも危ない雰囲気になってきました。

 

「今日はたまたま仕事の休み取ったんだけど、平日はいつも仕事だし、土日しかここに来てないから、まったくの人違いだよ」

 

と弁解すると、

 

「この前は土曜日だったっけ?うちらの部活終わりだったから。じゃあ、つじつま合うじゃん」

 

と言われて焦りました。

 

「こいつしらばっくれる気だな、先生呼ぶか?」

 

「いや、通報したほうがよくね?犯罪者だし、警察だよ、警察~!」

 

アリバイがないので、このままだとほぼ確実に冤罪にされてしまいます。

 

僕は公園の中を走り抜けて逃げようと、勢いよく走りだしました。

この体験談の続きを読む

不良女子高生に逆レイプされる友達を助けた僕も彼女たちに・・・

ヤンキー女子高生 逆レイプ
画像はイメージです

 

友達が不良女子に捕まってブルマーを穿かされていた

 

もう昔のことですが、高校生の頃、僕の学校はかなり荒れていました。

 

不良たちがガラスを割ったり、女子は化粧してきたりパーマをあてたりもしてました。

 

女子でも不良に盾突いたりすると、仲間の上級生が呼び出して、イジメや辱めを受けることもあるみたいでした。

 

正直言って僕もたいしてマジメではなかったので、よく旧体育館の裏や用具室で、授業や掃除をサボったりしてました。

 

3年時のの体育大会の日だったんですが、

 

(だるいな~)

 

とか思いながら僕は用具室にやってきたのですが、すでにそこは不良女子たちに占領されていました。

 

(クソッ)

 

と思いながらバレないように運動場へ戻ろうとした時、僕に女子2人が気づいて、

 

「ちょっと待ちなよ先輩、何か用?」

 

と聞いてきたので、正直にサボって寝ようと思ったことを話すと、

 

「私たちがここに居るのチクられちゃ困るんだよね」

 

とか言って近づいてきました。

 

不良女子らしく、ブルマーがすっぽり隠れるほどのダラーンとした体操服でした。

 

昔は、体育の時は女子はブルマーが当たり前だったんです。

 

(ヤバイ!)

 

と思ってすかさず逃げましたが、男子がいたような気がして気になり、準備室の入り口から用具室の中が覗けるので行ってみました。

 

ガラス越しに、中では先ほどの不良女子を含めて10人ほど居ました。

 

しかし、なんとマットの上では同じクラスの友達Yが仰向けに寝かされ、体操ズボンとパンツを脱がされてチンポを触られていました。

 

先ほどの2人の女子は入り口の監視役をしていることも判明しました。

 

助けに行くのも難しいし少々怖かったため、とりあえず様子を見ていました。

 

Yは抵抗して泣きながら、

 

「ゴメンナサイ。わざとじゃありません」

 

て情けない姿で謝っていましたが、女子たちは

 

「今さら遅せーんだよ。お前、ミサト先輩のジャージをみんなの前で下ろしたろ。わざとに決まってるだろーが!」

 

と言うと、囲んでいた女子たちが代わる代わるYのチンポをシゴき始め、ムクムクと勃起するとキャッキャッと楽しそうにしている子もいて、次第にエスカレートしていきました。

 

僕はその様子に興奮して見入っていましたが、そのうちジャージを下ろされたというミサト先輩(別のクラスの女子)が、

 

「私もブルマー見られたんだから、お前にも恥ずかしい思いさせてやるよ」

 

と言うと、なにやら袋を取り出して、中から紺色の布切れみたいなものを取り出しました。

 

それは3年生女子の学年カラーのラインが入ったブルマーであることが、僕の目から見てもハッキリと分かりました。

 

Yはさらに抵抗していましたが、女子といえど大人数に押さえつけられているのでどうにもならず、足をバタバタさせながらも徐々に両足にブルマを通されていき、完全に3年生女子と同じ姿にされてしまいました。

この体験談の続きを読む

援助交際でも美人局でもなかった!淫乱女子高生と激しいセックス

淫乱女子高生
画像はイメージです

 

可愛いけど無口でお金もいらないなんて怪しい

 

昔テレクラが流行っていたころの話です。

 

私も時々利用していたのですが、ある日いつものように、女性からのコールを待っていました。

 

しかし若い子からかかってくるのは、だいたい援助交際系ばかり。

 

今日も無理かなと諦めかけていると、高校2年生という女の子からコールがありました。

 

でもあまり会話も弾まないし、援交かなと思ったので、

 

「援助希望なの?」

 

と聞くと、

 

「そんなんじゃ無いんです…」

 

と言うのです。

 

それ以上会話も盛り上がらないので、ちょっと面倒になり、手っ取り早く、

 

「今すぐ会える?」

 

と聞くと、

 

「はい」

 

と言うので、ダメ元で待ち合わせ場所に行ってみました。

 

ところが行ってみてビックリ仰天!

 

待っていたのは深田恭子ソックリで、超がつくほどの美少女だったのです。

 

(いやいや、話が美味すぎる)

 

と思った私は、

 

(美人局か?)

 

と疑念を抱いて周りをキョロキョロ見渡しましたが、怪しい人影は別にありませんでした。

 

それでも念のため、急いで超美少女を車の助手席に乗せ、その場をとっとと走り去りました。

 

少し走らせてから、

 

「テレクラにはよく電話するの?」

 

と聞くと、

 

「たまに…」

 

「話をするのが好きなの?」

 

と聞けば、

 

「そうでもないです…」

 

と会話がプツプツ途切れてしまいます。

 

やっぱり援助交際かなと思い、

 

「じゃお金が欲しいの?」

 

と聞くと、

 

「そんなんじゃないです…」

 

と言います。

 

私は、これだけの美少女とセックスできるチャンスなんてめったに無いと思い、少々高いお金払ってでも、援交費用をケチらない気になっていました。

 

そこで思い切って、

 

「少しぐらい高くても払うから、ホテルに行こうよ」

 

と言いました。

 

「お金はいらないです…」

 

深田恭子似の美少女は言います。

 

なんか焦らされているようでイライラしてきて、

 

「じゃぁ、本当にタダでいいのっ?」

 

と、つい強めの口調で言ってしまいました。

 

すると、

 

「いいです…」

 

と言います。

 

私はこの時点で、

 

(この女の子、もしかして頭が弱いのでは?)

 

とも思いましたが、可愛いことには違いないので、そんな事どうでもいいやと思い、

 

「じゃ、ホテル行こう!」

 

と行って、最寄の高速インター付近のラブホテルに入っていきました。

この体験談の続きを読む

女子の部室に忍び込みパンティー穿いたのがバレて強制せんずりさせられた

強制せんずり
画像はイメージです

 

女子卓球部の部室に忍び込んだらバレた

 

僕が高校三年の時の話です。

 

卓球部に所属していた僕は、女子卓球部の部室にどうしても侵入したかった。

 

部活が終わり、みんなが帰ったのを確かめてからコソコソと忍び込んだ。

 

部室の鍵は、入り口の横のブロックに隠してあるのを知っていたので、忍び込むのは楽チンだった。

 

部室に入ると、すぐに女子卓球部のマドンナT子のロッカーを探した。

 

2、3日前に、女子卓球部員がT子のロッカーにはいつも替えのパンティーが用意してあるという話をしているのを、盗み聞きしたからだ。

 

T子のロッカーを探し出し、中を開けると確かにピンクの綿のパンティーが入っていた。

 

めちゃくちゃ興奮した僕は、着ているものを全部脱いでパンティーを穿いた。

 

完全に変態だが、鏡で自分の姿を見てうっとりしていると、外から声が聞こえてきた。

 

「あれ?鍵がないよ」

 

「なんでかな?」

 

女子二人の声だ。

 

(ヤバい!)

 

と思った僕は部室の一番端のロッカーの陰に隠れた。

 

「開いてるんじゃないの?」

 

ガチャ

 

「ほんとだ」

 

僕の心臓はドキドキして、はち切れそうになっていた。

 

「誰が鍵閉め忘れたのかな?」

 

ビビッて震えてしまった僕は肘がロッカーに当たってしまい、

 

ガタッ

 

「きゃーっ!」

 

「誰かいる?!」

 

「マモル?マモルでしょ?」

 

「きゃーっ!」

 

「あんた何してんの?っていうか何その格好?」

 

「気持ち悪っー!」

 

そこには同級生のUとEが立っていた。

 

部室に忍び込んだのがバレただけでなく、T子のピンクのパンティーを穿いた姿まで見られてしまったのだ。

 

マモル「えっ…いや…」

 

何も言うことができずに僕は震えていた。

 

U「女子の部室に忍び込んで何やってんの?ってかパンティー穿いてるじゃない!」

 

E「マジで変態じゃん?ありえないわ!」

 

U「これT子のじゃないの?」

 

E「ホントだ!部室にパンティー置いてるのT子だけだもん」

 

もう逃れようが無い、みんなにバラされて恥かいて退学だ…。

 

マモル「ほんとにごめんなさい!誰にも言わないで下さい、お願いします」

 

もうひたすら謝るしかなかった。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト