カテゴリー:熟女(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(男性告白)

母の友達の爆乳おばさんをラブホテルへ誘ったら欲求不満で激しかった

爆乳おばさん
画像はイメージです

 

おばさんをラブホテルへ誘ったら・・・

 

僕は実家暮らしの大学2年生で、この間自動車の免許を取得しました。

 

実家には車があるので、免許を取ってからは頻繁に運転しています。

 

僕の母親には仲が良いおばさん3人がいて、ある時その中の一人のおばさん(裕子さん)から自分に電話がかかってきました。

 

「旦那がいなくて免許も無いから、車で買い物に付き添ってほしい」

 

との事です。

 

その裕子さんというのは爆乳で色気もあり、何度もオカズにしながらセンズリをしていたぐらいだったので、ためらうことなくOKを出し、一緒に行く事になりました。

 

昼の12時ぐらいに買い物も終わり、ランチをご馳走になり、帰るには早いので適当にブラブラとドライブをしていました。

 

この辺りは郊外の為ラブホテルも多く、一か八かにかけて見ようと考え、ラブホ街へ車を走らせました。

 

何も知らなかった振りをして、

 

「凄いですね・・こんな所があったんだ」

 

なんて言ってみると、

 

「ほんと凄いね」

 

と裕子さんは興味ありげな様子で見回しています。僕は思い切って裕子さんに、

 

「おばさんラブホテル行った事ってあります?」

 

と聞いてみたら、

 

「それがないのよ」

 

と言ってきました。ついでに、

 

「なんか設備とか凄いらしいですよ。社会見学のつもりで入ってみませんか?」

 

とついに言ってしまいました。

 

裕子さんも

 

「そうねえ、夕方までまだ時間あるし、ちょっと入ってみようか」

 

と、うちの母親と友達だったからか、疑う様子もなく安心していたみたいでした。

 

ホテルにチェックインし部屋に入ると、ゴージャスさとテレビの大きさに裕子さんはビックリしていた様子でした。

 

そのうちに2人でソファーに腰掛け、ビールで乾杯しました。

 

ほんのり顔が赤くなってきた裕子さんに、

 

「おばさん、AVとかって見た事あります?」

 

と聞いてみたら、

 

「私、本当に見た事ないのよ」

 

と興味はあるんだけどみたいな言い方だったので、早速テレビのチャンネルをアダルトに合わせました。

 

流れていたのが都合よく熟女もので、ちょうどフェラチオしているところだったのです。

 

裕子さんを見てみると、ちょっと驚いた様子でしたが目は釘付けです。

 

次第に目がいやらしい感じになってきています。

 

僕はAVよりも裕子さんに興奮して、チンポはビンビンの勃起状態になりました。

 

そして我慢出来ずに僕の方から裕子さんの手を握ってしまいました。

 

その時裕子さんは僕の方を振り向いてニコッと笑顔を見せ、僕の肩に頭をそっと乗せてきました。

 

(これはイケるかも!)

 

僕は握っていた裕子さんの手をそのまま股間へ持って行きました。

この体験談の続きを読む

巨乳奥さんが超エロい格好で俺を挑発するからバックでチンポ挿入した

後背位
画像はイメージです

 

奥さんがエロい格好で俺を挑発している?

 

去年の夏のこと。

 

俺は現在20代半ばで、とあるマンションでTVアンテナの工事のアルバイトをしていた。

 

高級マンションではあったにも関わらず、ちょい古かったため、CS放送の受信にはいまだ対応していなかった。

 

屋上のアンテナと共用部分の機器は交換し終わって、あとは各部屋の中のテレビの端子交換を残すのみだった。

 

しかしこれがかなり大変で、だいたいの家庭のテレビの後ろは埃が溜まっているので、むせ返る事もしばしば。

 

俺は職人ではないので、材料の準備と工事の立会いを主にしていた。

 

そして最終日になったのだが・・・。

 

職人さんが突然交通事故に遭い、来れなくなってしまったのだ。

 

かなり焦ったけど、今日の予定は午前中の3件だけだった。

 

材料は揃っていたので急遽俺が工事をすることになった。工事の仕方はいつも注視していたので、なんとか出来るだろうと。

 

一軒目はスムーズに終わって二軒目の家に来た。

 

なんとそこの奥さんがとても官能的。

 

笑うと優木まおみにそっくりで可愛い。

 

しかも体型もやたらとエロチック。

 

Tシャツにジーパンといったラフな格好なんだけど、Tシャツから突き出たおっぱいに目を奪われてしまう。

 

下半身がピクンとして頭はクラクラ状態。

 

「あ、失礼しまーす」

 

「どうぞー、ごめんなさいねー。散らかってるの」

 

「いえいえ、とんでもないですよ」

 

部屋は本当に綺麗でちっとも散らかっていなかった。しかもなんともいえないいい匂いがする。

 

「じゃぁ早速工事に入らせていただきますね」

 

「場所はリビングと、あと寝室です。お願いしますね。あれ、あなた工事の説明会の時には居た?」

 

「あっ、自分は普段工事はしないんですが、急遽代打を頼まれまして」

 

「あら大変なのねー。急いでないからゆっくりでいいわよ」

 

覚えていてくれたことに妙に感動してしまう。

 

テレビを動かして端子の箇所を交換をしていると、奥さんが興味あるのか、四つん這いの状態で覗き込んでくり。

 

「へぇー、こんなふうになってるんだー」

 

覗き込む顔が近すぎてドキドキしてしまう。

 

工具を持ち替えるために体勢を変えた時、Tシャツの胸元から、ブラジャーに包まれた大きな谷間がバッチリ見えてしまった。

 

しかも至近距離で。

 

たまんねぇ。

 

ピンクだ。

 

仕事どころじゃねぇ。

 

いやいや、やることはやらないと。

 

リビングが終わって寝室へ移動する。

 

大きなダブルベッドを見て少し興奮する。

 

この時点で半勃起状態に。そりゃ仕方ないよね。

 

「ちょっと暗いからカーテン開けるわね」

 

そう言って奥さんがカーテンを開けると、ベランダに干してある洗濯物のブラジャーとパンティーを発見!

 

薄いピンクのものと黒があった。

 

やっぱりブラジャーがかなりデカい。

 

この時点でフル勃起。

 

そして作業中にまた奥さんが近い。

 

「すいまんせん、汗臭いんであまり近寄られると臭いますよ」

 

夏だったこともあり、実際ある程度汗をかいていた。

 

「大丈夫よ、嫌いじゃないから」

 

「え?あっ、は、はい」

 

奥さんはチャーミングな笑顔で見ている。

 

俺はもう心臓がバクバクしていた。

この体験談の続きを読む

【高校生】下宿先のおばさんが淫乱すぎてセックス漬けの毎日

熟女とセックス
画像はイメージです

 

下宿先のおばさんがとんでもなくエロかった

 

僕の実家はとても田舎だったので、高校進学とともに学校近くで下宿生活を始めました。

 

下宿したのは、四十代前半の奥さんと六十過ぎの旦那さんの年の差夫婦二人暮らしの家でした。

 

奥さんはまあまあふくよかでしたが、おっぱいも大きく色気ムンムンて感じでした。

 

一方、旦那さんはアルコールが大好きで、毎晩飲んだくれて帰ってこないことも頻繁にありました。

 

ある夏の晩、夜も更けて僕はお風呂から上がってそのまま部屋に帰ろうとしていました。

 

廊下をパンツ一丁で歩いていると、ご夫婦の寝室からウィ~ンという聞きなれない振動音が響いてきました。

 

寝室の障子が少し開いていたので隙間からこっそり覗くと、奥さんが一人布団の上でモゾモゾしています。

 

ハアハアという声もするので、僕は

 

「奥さん、どうしたんですか?」

 

と心配になり声を掛けました。

 

近寄って気が付いたんですが、奥さんは裸でバイブを使っていました。

 

色気のある奥さんだけに、みだらな姿を見てしまった僕は、思わず勃起してしまいました。

 

奥さんは布団も掛けず丸見えの状態なのに、隠そうともせず

 

「信二くん、こっちに来て、旦那は今晩は帰ってこないから。」

 

と誘ってきたんです。

 

ドキドキして近づいていくと、奥さんはパンツの上から僕のチンポを掴んできました。

 

ぼくは中学の頃からほぼ毎日センズリしていて、チンポの皮も剥け、亀頭も大きく発達していました。

 

「いや~年の割りにおっきいおちんちんね。最近の子は発育がいいのかしらね。」

 

「おばさんに今晩このおちんちん使わせてくれない?」

 

と言います。

 

そして、僕のもっこりと膨らんだパンツをズリ下げると、勢いよくビンビンのチンポが出てきました。

 

奥さんは嬉しそうにチンポをいじくり廻し始めました。さらに、

 

「こっちにおちんちんを向けてごらん、シャブッてあげるわ。」

 

と言ってフェラチオしてくれたんです。

 

おばさんは亀頭を舐め、竿や金玉を揉みながら、尻の穴にも舌を這わせてきます。

 

これが超気持ちいいんです。

 

本当に熟練女のフェラチオはテクニックがあるので、チンポはすぐ発射しそうになりました。思わず、

 

「ああ~もう出そうです!」

 

と言うとおばさんは、

 

「もうちょっと我慢しなさい。信二くん童貞でしょ。これから卒業までたっぷりエッチなこと仕込んであげるわ。」

 

と言われました。実際、その晩からぼくはおばさんの性奴隷と化しました。

 

おばさんは旦那さんが居ないとき、昼でも夜でも関係なく僕の部屋に入ってくるようになりました。

 

僕はカギのない二階の部屋にいる時は、いつもフルチンでいるように言われていました。

 

おばさんは部屋に入ってくるととすぐにチンポを触り、

 

「さあ、おちんちん勃ててごらん」

 

と言います。

 

竿や金玉を揉まれ、乳首も吸われると、いとも簡単にチンポは勃起します。

 

おばさんは、

 

「ああ、若い子のおちんちんはすぐビンビンになるわねぇ。この硬さがたまらないわぁ。」

 

とチンポに頬ずりしながら喜びます。

 

長時間チンポを吸いまくり、いじくり廻したりして遊びますが、なかなか射精させてくれません。

 

それから自分もスッポンポンになり、オマンコを舐めさせます。

 

「いい?オマンコの奥まで舌を入れて掻き回すのよ。」

 

「クリトリスはちゃんと皮を剥いて舐めてね。」

 

僕はチンポを勃起させたまま、おばさんのオマンコから愛液が出るまで、ベロベロ舐めまくります。

 

それから興奮した状態のおばさんは、チンポの上に跨ります。

 

おばさんは騎乗位が大好きみたいです。

 

大きなおっぱいをぶるんぶるん揺らし、ケダモノのような喘ぎ声を発しながらグリグリ腰を動かします。

 

「はあ~、もっとオマンコ突いて~。今日は安全日だから、中にたっぷり出してね」

 

とおばさんは僕に指示します。

この体験談の続きを読む

デカチンから射精する瞬間をおばさんに目撃された僕はチンポ奴隷の毎日

熟女 逆レイプ
画像はイメージです

 

射精の瞬間をおばさんに見られた

 

僕は地元の高校を卒業した後、東京の大学に進学して一人暮らしをするために上京しました。

 

そして六畳一間と台所のある古いアパートの二階で生活することになりました。

 

大学の講義は面白くなくて難しいし、友達も全然できなかったので、暇なときは部屋にいることが多くなりました。

 

部屋の中ではたいしてすることもないので、毎日せんずりをしていました。

 

僕は身長177cmでウエストはなんと69cm、体重は56kgの体形です。

 

高校の頃は体操部に入っていたのですが、当時から折れそうなくらい細い体でした。

 

しかし、華奢に見られる僕は精力だけは人並み以上に強いみたいで、毎日チンポばかりいじくっていました。

 

そのおかげか、チンポは17cmの長さに成長し、亀頭もズルむけでカリ首も段差が大きいです。

 

素っ裸でチンポを勃起させると、細い腰から隆々と太いチンポが生えています。

 

ある夏の日、部屋には冷房も扇風機もなく、窓を全開にして、いつものように全裸でせんずりをしていました。

 

そしてチンポから精液が出そうになったとき、テッシュが空になっていることに気付いたんです。

 

射精感は止められないので慌てて窓までいき、全裸でチンポを突き出して窓の外に射精しようとしたんです。

 

するとその時、運悪く向かいのアパートの部屋の窓がガラガラっと開いたんです。アパート同士の距離は1.5メートルくらいしか離れていません。

 

その目の前のアパートの窓ガラスが開き、おばさんが顔を出しました。

 

(やばいっ!でも止められない!)

 

ドピュッ!ドピュッ!ドクン

 

僕は包み隠さず、窓から飛び出したチンポから濃いザーメンを発射してしまいました。

 

突然のことにおばさんは驚愕したようですが、目の前のチンポをじっと見つめています。

 

ザーメンは、おばさんが開けた窓の手すりにまで飛びました。

 

そして、サビた鉄の手すりまで飛んだ僕のザーメンは、ドロリと下に滴り落ちました。

 

射精後、僕はとてつもなく気まずくなり、窓を閉めて部屋の中に閉じこもってしまいました。

この体験談の続きを読む

水泳教室で3人の熟女に無理やり逆レイプされて辛かったけどやみつきに

水着 更衣室
画像はイメージです

 

女子更衣室に連れ込まれて競泳水着を脱がされ

 

若いってだけのことで熟女にモテるんですね。

 

僕は二十歳過ぎのフリーターなのですが、家の近くのジム内にあるプールに通っているんです。

 

軽い気持ちで頑張って水泳を習おうかという、大人向けの水泳教室に参加申し込みをしました。

 

フリーターで空いた時間が多いので、昼に通うことが多く、中年の主婦の方ばかりでした。

 

競泳水着のおばさんばっかりで、最初は不釣り合いかと思ってましたが、熟女の皆様は僕を暖かく受け入れてくれ、すぐにフレンドリーになりました。

 

会員は6人で男は僕しかいません。

 

女性は40歳から50歳ぐらいの中年熟女達です。

 

先日のある日のこと、一人の熟女が男子更衣室をノックしました。

 

「ねえ、こっちに来ない?」

 

でも女性の更衣室ですのでお断りしたのですが、

 

「そんなのいいじゃない、ねっ」

 

と競泳水着のままの熟女は、強引に腕を組んで引き寄せました。

 

僕は競泳パンツをはいたままの格好で、タオルだけ所持して行きました。

 

女子更衣室には、その熟女を入れて3人いました。

 

「○○君来たわね!いらっしゃい」

 

なんて歓迎を受けました。

 

「今まで男っけなくてつまんなかったのよ、○○君が来てからはみんな楽しいねって言ってるのよ」

 

相手はおばさんとはいえ、そう言われると嬉しいもんです。

 

すると、いきなり一人の熟女が競泳水着を脱ぎ始めたんです。

 

僕は、

 

「ちょ、ちょっと何してるんですか?」

 

「ここは更衣室よ、着替えに決まってるじゃない、おかしな子ね」

 

って笑って言いました。そしたらもう一人が、

 

「私も着替えるわよ」

 

って言いました。

 

僕は困りました。いくら最近仲良くなったといっても、それはヤバイんじゃないかと思っていると、

 

「○○君、見てもいいのよ」

 

と言って、最初に競泳水着を脱いだ熟女が、素っ裸になって僕の膝の上にに跨りました。

 

「ちょっとAさん、いくらなんでもまずいですって!」

 

「○○君は可愛いから特別よ」

 

って言いました。すると、

 

「○○君、興奮してるじゃない!」

 

と横からBさんが言いました。

 

女子更衣室で競泳水着の熟女に連れ込まれて逆レイプされるという、まるでアダルト動画みたいなシチュエーションに、チンコが勃起して水着からはみ出しそうになっていました。

 

「すごい○○君のおちんちん、窮屈そうじゃない、ねえ見せて」

 

「こ、困りますよ!」

 

「そんな、いいじゃない」

 

そう言うと、

 

「ジャジャーン!」

 

という楽しそうな声を出しながら、無理やり熟女に競泳パンツをズリ下ろされました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト