カテゴリー:熟女(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(男性告白)

巨根で絶倫の俺に嫁が性欲旺盛なママ友を抱かせる約束をした結果…

絶倫、性欲旺盛
画像はイメージです

 

俺をママ友に抱かせる約束をする嫁

 

俺は40歳で嫁は30歳。

 

嫁が20歳の時にうっかり中出しして「できちゃった婚」となり、今ではなんと子供が5人いる。

 

嫁はAV女優の吉沢明歩に似ていて、結構可愛くておっぱいもDカップだし、ほぼ満足している。

 

俺の仕事は肉体労働なので体力はあるし、絶倫といえるかは分からないが、毎晩2回はできる。

 

でも最近は嫁がもたないので、それでも週4ぐらいはセックスしている。

 

一番下の子供も幼稚園に入ったので嫁は比較的自由になり、最近はママ友と時おり飲みに行く様になった。

 

本当に仲の良い3人とばかり行っていて、何でも話せるので気が楽だそうだ。

 

前置きが長くなったが、ここからが本題。

 

そんな仲間で飲んでいて、話の流れで夜の営みの話になったそうで、仁美(29歳2人の子持ち)は2人目が生まれてから2年セックスレスで、智子(31歳3人の子持ち)は月に一回ぐらい。

 

もう一人(名前は知らない)も、やって月一、年に10回もしないそうだ。

 

嫁は驚いて、

 

「ゆきちゃん(嫁)のとこは?結構エッチやってそうだけど月に何回?」

 

と聞かれ、正直に言うか迷いながら、

 

「減って週4回」

 

って言うとめちゃくちゃビックリされたそうだ。

 

それからは質問攻めに合い、わりと細かいとこまで答えたらしく、回数や時間など。

 

以前は毎日で、休み前は朝まで励むのが当たり前、てな事を言ったらドン引きされ、

 

「うそー?さすがに盛ってるよね?」

 

となかなか信じてもらえなかったそうだ。

 

すると仁美が、

 

「いいな~、私も性欲旺盛な方だから、淡白な旦那で欲求不満なんだよね~」

 

と言い、そこからは元彼の話にもなり、

 

「あん時の彼は絶倫だったな~」

 

なんて話をされると嫁は

 

「私は今の旦那が初めての相手なんだけど」

 

と言うと、またしても驚かれ、

 

「初めてが性欲強い人だったんだ~」

 

と言われ、俺と同年代の平均セックス回数なんかの話をされ、逆に嫁がびっくりしたそうだ。

 

話はセックスで盛り上がったところで、仁美が真顔で、

 

「ゆきちゃん、一度旦那さんを貸してくれない?」

 

と言われて、

 

「なに言ってるの?」

 

と冗談と思って笑いながら言うと、

 

「本気なのよ!このままじゃ身体が疼いて浮気しちゃいそうだもの」

 

と真剣に言われ、仁美の本気は感じたそうだ。

 

身体の関係だけだし、お互いの家庭を絶対に壊さないと力説され、

 

「じゃあ叙々苑で焼肉食べ放題でどう?」

 

と言われてあっさり了承したそうだ。

この体験談の続きを読む

一緒に旅行に行った欲求不満な主婦たちとハーレムセックス

主婦 ハーレムセックス
画像はイメージです

 

宴会のあと奥さんたちの部屋に呼ばれた

 

僕は、とある飲食店でアルバイトしていて、他のバイトもパートの人達も年齢はバラバラです。

 

僕がよく話すのは、主婦の人とか同世代の女の子とか、あとは男性陣ですね。

 

主婦の人と言っても、25~33歳までいます。

 

なぜか全員子供はいなくて、しかもみんな若く見えて美人ばっかりなんです。

 

僕は同世代の女の子と話はするけど全然モテません。

 

そういう対象には見られないみたいです。

 

でも何故か奥さんたちにはモテてるんです。

 

嬉しいような嬉しくないような・・・でした。

 

そして去年の夏、バイト先の仲間で1泊2日の温泉旅行に行きました。

 

初めは、

 

(奥さんたち、旦那さんはOKなの!?)

 

って思って聞いたんですけど、

 

「1年に1回くらいだし、いいのいいの~。たまにはなんちゃらかんちゃら・・・」

 

てなことを言ってました。

 

旅行に行くメンバーは、主婦の人4人と、同世代の女の子3人と、僕とあとは2人の男友達です。

 

みんなバイト仲間だし、気を使う人もいなかったので気楽でした。

 

でも男3人と女7人だったから、すごいラッキーだなと思ってました。

 

夜ご飯食べてお風呂に行く事に。

 

(もしかして混浴!?)

 

とちょっぴり期待してると、ちゃんと男湯・女湯に別れてました。

 

当たり前ですね。

 

お風呂から出たあとは、一番大きい部屋の主婦4人部屋で宴会スタートです。

 

ちなみに部屋は、主婦の田代さんが旅館の支配人と友達とのことでうまく手配してもらったそうで、男だけの部屋、主婦だけの部屋、女の子3人の部屋にそれぞれ分かれていました。

 

それで、みんなで結構長い時間飲みました。

 

時計は深夜0時を回っていました。

 

さすがに解散ということに。

 

自分の部屋に戻ったら、もう男友達2人は酔い潰れる寸前で、

 

「くそ~ぉ!美紀ちゃんとやりて~!」

 

とか酔った勢いで叫んでました。

 

僕はむしろ、

 

(奥さんたち4人と一緒の部屋で寝て~)

 

とか思ってました。

 

布団に入って10分くらい経ったころ、スマホに着信があったので、

 

(なんだろ?)

 

って思って見たら、なんと主婦の田代さんからでした。

 

(みっくん(僕のあだ名)、部屋に忘れ物してるよ。取りにいらっしゃい)

 

って書いてあるんです。

 

僕もわりとアルコールには強いほうなので、そこまでは酔ってなかったけど、

 

(忘れ物なんかしたっけ?)

 

って思いながら、友達はもう寝てるし、

 

(まあいっかー)

 

て思って、奥さんたちの部屋に行き、ノックして恐る恐る入いっていくと、誰も何も言いません。

 

「入りますよ~」

 

って小さな声で言いながら入ると、なぜか電気が消えていました。

 

(おかしいな~)

 

一瞬、部屋を間違えたのかと思いました。

この体験談の続きを読む

近所の奥さんがボディラインくっきりの服で僕を誘惑してきた

熟女 バック
画像はイメージです

 

奥さんがピチピチの服装で誘惑してきた

 

僕のセックス初体験は近所の奥さんでした。

 

年齢は40歳前くらいだと思います。

 

小柄で少しぽっちゃりしてて、気さくないい奥さんでした。

 

旦那と娘の3人暮らしでしたね。

 

元々はうちの毋と仲が良くて、うちの家にも来たりしていました。

 

旦那さんは商社に勤めていて、海外出張も多かったみたいです。

 

自分は一人っ子だったので、奥さんの娘さんを妹のような感じで接していて、勉強とかも教えたりしていました。

 

初体験は夏でした。

 

娘さんにに勉強を教えに行ったら、その日はいなくて奥さんに、

 

「せっかくきたんだから、冷たいものでも飲んで行きなさいよ」

 

って言われて、

 

「ありがとうございます」

 

って家に上がったんです。

 

その時の事は今でもはっきり覚えています。

 

奥さんがピチピチのワンピース姿だったんです。

 

もうボディラインがくっきり出てて、おっぱいやお尻が強調されていました。

 

大人の色気というか、色っぽかったです。

 

何を話したか覚えてないくらい、胸ばっかり見てたような気がします。

 

そしたら、

 

「何処みてるのぉ?」

 

って言われて、

 

(ヤバい!)

 

と思ったけど、

 

「でも、女性に興味ある年ごろだよね」

 

って言うと、奥さんが玄関の方に歩いていったんです。

 

そして「カチャッ」と玄関にカギをかけたんです。

 

あの時は

 

(もしかして・・・)

 

と奥さんとエッチな展開になることを期待して、もうドキドキしてました。

 

玄関から戻ってきた奥さんは、不適な笑みを浮かべていたように思います。

 

それから奥さんが私の隣にスッと座り、体をくっつけてきました。

 

もうドキドキを通り越して心臓は破裂寸前の状態です。

 

そして何も言わず僕の手を取ると、奥さんは大きなおっぱいの上に持っていきました。

 

「どぉ?柔らかいでしょ?」

 

と耳元でそんな事を言っていた気がします。

 

もう僕は頭が真っ白で、顔は真っ赤になっていたと思います。

 

僕がオドオドしながらぎこちない手つきで胸を触っていると、今度は片ヒザを立ててきたんです。

 

むっちりとした白い太ももが目に飛び込んできました。

この体験談の続きを読む

【不倫】隣の奥さんが豊満なおっぱいを押し付けて誘惑してきた

熟女セックス
画像はイメージです

 

お隣の奥さんがおっぱいを押し付けてきた

 

私は結婚3年目で29才です。

 

住んでいるマンションの隣のご夫婦に親切にしていただき、夕食をご馳走になる事もあります。

 

その家のご主人は44才で3交代制の仕事をされており、奥さんは41才で専業主婦です。

 

私の妻がめでたく妊娠して、出産のために実家に帰省している時の事です。

 

自炊が出来ない私は、食費を出して隣の奥さんに夕食を面倒見て貰っていました。

 

その日も夕食の準備ができたからと奥さんから電話を貰い、お隣の家にお邪魔しました。

 

旦那さんは夜勤の日で奥さん一人です。

 

食事をご馳走になり、リビングでくつろぎながら話をしていると、

 

「奥さんがいないので寂しいでしょ?」

 

「えぇ、まぁ・・・」

 

「特に夜になると寂しいわよねぇ・・・」

 

「そうですねぇ・・・」

 

「その、ずっと・・・してないんでしょ?」

 

「え、ええ、まぁ・・・」

 

「私なんか、もう何年も相手されてないわよ」

 

「そうなんですか・・・」

 

「もう女として魅力ないのかな・・・40も過ぎたおばさんじゃ、そんな気にならないわよね?」

 

「えっ?いえいえ・・・そんな事ありませんよ」

 

お世辞ではなく実際に奥さんは小柄で童顔だし、可愛らしくて41歳には見えませんでした。

 

そう言うと嬉しそうに、奥さんは私の隣にすり寄ってきました。

 

「ほんと?私でもその気になる?」

 

「本当ですよ、奥さんすごく可愛らしいし・・・そんなに近付かれると、ドキドキするじゃないですか」

 

「嬉しい・・・」

 

奥さんは私に体を密着させてきて、シャツの上から心臓に手を当ててきました。

 

顔をすぐ近くに寄せてきて見つめられると、ほんとにドキドキして鼓動が速くなってきました。

 

「ホントだ、ドキドキしてるわ・・・」

 

奥さんは更に体を密着させてきて、私の腕に豊満な胸を押し付けてきました。

 

「ねぇ、嫌じゃない?正直に言って・・・」

 

奥さんは私のシャツの中に手を入れてきて、直接乳首を指で撫でてきました。

 

「全然嫌じゃないですよ・・・奥さん、そんな事されたら・・・私も男ですから・・・その・・・」

 

奥さんにおっぱいまで押し付けられて、平常心でいられる訳がありません。

 

すでに私のチンポはピクピク反応していました。

 

「お互い溜まってるんだし・・・エッチなことしちゃおっか・・・」

 

奥さんの顔が目の前まで迫ってくると、そのまま唇を重ねながら奥さんを抱きしめました。

 

奥さんは目を閉じたまま舌を出して、自分から私の唇をいやらしく舐めてきます。

この体験談の続きを読む

肉食系人妻がセクハラマッサージに我慢できずチンポにしゃぶりつく

セクハラマッサージ
画像はイメージです

 

セクハラマッサージ

 

私は個人的な趣味で、女性相手のマッサージを行っています。

 

その理由は単純で、エロいことをするのが目的です。

 

といっても、あからさまに胸やお尻に触るとまずいので、最初は真面目にマッサージを施し、女性の反応を見ながら、

 

(いけるかも)

 

と判断したら徐々に際どい箇所に触れていく感じですね。

 

しかし、うまくいくことはほとんどありません。

 

普通のマッサージで終わって喜んでくれたお客さんが、さらに口コミで伝えてくれてお客さんが来てくれるということも多いです。

 

有りがたい話ですが、口コミなどで来てくれた女性だと、なかなかエロい展開に発展しないんですよね。

 

常連さんになった女性で、セックスまで持ち込めたことはあるのですが、たまたまラッキーだっただけで、まず無いと思った方がいいですね。

 

そこで、最初からエロいことを匂わせておけば確率があがるかもしれないと思い、ネットを使って「セクハラマッサージ」の広告を出したんです。

 

あまり期待してなかったんですが、それでも月に数件の問い合わせがあります。

 

しかし、

 

「セクハラが条件ですけどいいですか?」

 

って念を押すと、それっきり返信なし、なんてことが多いんです。

 

それでも会ってくれる女性はいました。

 

これまでだいたい月に1人か2人程度です。セクハラOKで来てくれるのでヤレる確率も上がります。

 

今まで6人の女性とセックスすることができました。

 

その中で一番記憶に残っている女性が、33歳の人妻さんです。

 

ショートカットで、スラリとしたスレンダーボディーなのに、おっぱいは結構大きく、なかなか綺麗な人でした。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト