カテゴリー:熟女(男性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:熟女(男性告白)

【精子大好きおばさん】保険の外交員がミニスカと爆乳の色仕掛けで迫ってきた

精子大好きおばさん
画像はイメージです

 

お隣の奥さんは保険の外交員

 

僕が大学へ入学した時の話です。

 

大学への入学が決まりましたが、自宅から遠かったために一人暮らしをする事になり、アパートを探していました。

 

大学からは少し遠かったのですが、家賃が相場よりも安く、周辺が割と静かだったアパートがあったので、そこに決めました。

 

引っ越しも無事に済ませたところで、同じ階の住人へ挨拶をしようと、一軒一軒訪ねて回りました。

 

私が住むことになったアパートは、2階建ての1階で、一番奥でした。

 

順番に、

 

「よろしくお願いします」

 

と挨拶を交わし、最後に僕の隣の部屋を訪問しました。

 

「こんにちは、先日隣へ引っ越してきた大西義弘と申します」

 

「こんにちは、学生さん?」

 

出て来たのは40歳ぐらいでしょうか、普通のおばさんです。

 

化粧っ気もない、どこにでも居るようなおばさんで、体型もそれなりです。

 

「はい。○○大学です」

 

「あら、そうなの、今どき挨拶なんて感心ね、頑張ってね、私、吉村幸子って言うの」

 

「初めての一人暮らしで、色々とご迷惑をお掛けするかも知れませんが、よろしくお願いします」

 

「一人暮らしだと何かと大変だから、困った事があったら何でも相談してね」

 

「はい、ありがとうございます」

 

こんな感じでひと通り挨拶を済ませ、いよいよ大学生活がスタートしました。

 

大学生活にも少しずつ慣れてくると、あらためて一人暮らしの大変さを感じ始めていた時でした。

 

玄関のチャイムが鳴ったので、覗き窓から確認すると、お隣の吉村さんでした。

 

「こんにちは、どうかされましたか?」

 

とすると吉村さんはこう言いました。

 

「大西君って保険とか入ってない?」

 

そうです、吉村さんは保険のおばちゃん、つまり外交員でした。

 

正直いって保険には興味が無く、鬱陶しく思ったんですが、隣の方に失礼な態度を取るわけにもいかず、しぶしぶ話を聞く事にしました。

 

吉村さんの方が話は上手いので、いつの間にやら部屋へと上がられてしまいました。

 

「随分綺麗にしてるじゃない、彼女が掃除に来てくれるの?」

 

「いえいえ、彼女は居ないです、それよりも、話の方なんですけど…」

 

話を聞くだけ聞いて、とっとと帰ってもらいたかったんです。

 

「この保険はね~・・・」

 

とおすすめの保険を説明する吉村さんです。

 

適当に相槌を打ってたんですが、頭には入ってないし、いい加減疲れてきました。

 

「あの~こんなに長時間話をしてても大丈夫なんですか?夕食とかお子さんの事とか…」

 

と僕が言うと、

 

「あら、うちは大丈夫よ、主人は出張中だし、子供は居ないのよ」

 

と言われ、一向に帰る気配がありません。

 

まぁ、契約する気もないし、適当に話だけ聞いてその日は一旦帰ってもらい、ようやく解放されました。

この体験談の続きを読む

訪問販売先の欲求不満な熟女にチンコ触られて中出しセックス

熟女 中出しセックス
画像はイメージです

 

訪問販売先の熟女がフェラチオ

 

数年前のことですが、仕事で浄水器の訪問販売をしていました。

 

一般の家庭を一軒一軒飛び込みで訪問してたんですが、ほとんどが門前払いでとても大変でした。

 

そんな中、訪問先で高木さんという40代後半の人妻とセックスしたことがありました。

 

旦那さんがが還暦近くと言っていたので、10才ぐらい離れてたみたいで、もう何年もインポ気味で役に立たないって嘆いていたんです。

 

(これは誘われてるのかも?)

 

と思いましたが、高木さん宅に2回目の営業で訪れた時に、

 

「浄水器買ってあげたら、あっちの相手してくれる?」

 

と本当に誘惑されたんです。

 

最初は冗談かと思って適当に対応していたんですが、どうやら本気のようで、僕の股間をスラックスの上から撫でてきました。

 

僕はかなり驚いて、

 

「高木さん、マズイですよ!仕事中ですし、旦那さんが帰って来たらどうするんですか!」

 

と断りましたが、高木さんはかまわずに体を密着させてきて、股間を手でスリスリと触ってきます。

 

高木さんは40代後半といっても結構色気があり、多少抵抗しましたが、僕もきっぱり断ることが出来ず、素直にチンコは反応してしまいした。

 

それが嬉しかったみたいで、

 

「もう大きくなってきた、やっぱり若いってだけですごいわ」

 

とにこにこ笑顔で、スラックスのベルトを外して脱がし、パンツ越しに勃起したチンコに頬ずりしてきました。

 

そんな姿に僕は一気に興奮してしまい、もうされるがままで、ただ突っ立っていました。

 

「心配しないで、ちゃんと浄水器買ってあげるから。ほらそんなに硬くならないで、でもこっちは硬くしてくね」

 

興奮はしても仕事中だし、何かあったらと心配でしたので、高木さんのベタなギャグも笑えませんでした。

 

チンコだけは思いっきり反応して、ビンビンに勃起していました。

 

高木さんはしばらくチンコを撫でた後、ついに僕のパンツを下ろし、躊躇せずにパクッと咥えてきました。

 

それもすごい吸引力で、チンチンが引っ張られそうでした。

 

いわゆる、バキュームフェラですね。

 

しかも唾液を絡ませて、ジュポジュポといやらしい音を立ててフェラチオしてきます。

 

これがめちゃくちゃ気持ちいいんです。

 

フェラチオされて3分ぐらいで、イキそうになりました。

 

このままジュポジュポされると我慢できそうになかったので、

 

「た、高木さん…もうイキそうです」

 

と言ったら、高木さんはチンコから口を離し、

 

「いいわよ、このまま口の中で一回出しちゃって…」

 

と言ってまたすぐに咥え、上目遣いでジュポジュポしてきました。

 

簡単に出しちゃ情けないと思って、かなり我慢したつもりでしたが、

 

「あ~っ、高木さん…イッちゃいます!あっ、イク~!」

 

と言いながら、そのまま高木さんの口の中に、ビクビクと脈打ちながら射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

家庭教師先のお母さんに童貞を捧げ、娘の処女を貰った僕の現在は…

家庭教師先のお母さん
画像はイメージです

 

家庭教師先のお母さんが欲求不満

 

僕は大学生の時に、女の子の家庭教師のアルバイトをしていました。

 

途中でお父さんが転勤することになり、女の子は高校入試を控えている関係で、お父さんだけ単身赴任することになりました。

 

「月に一回は帰宅するから」

 

と言って単身赴任したものの、お父さんは忙しそうでなかなか帰って来ていません。

 

ゴールデンウィークに一回帰ってきましたが、それ以降は夏休みに入っても帰ってこれず、数ヶ月もの間帰宅できずにいました。

 

それでお母さんは寂しい思いをしているのか、たびたび誘惑するかのような、エロい視線を僕に送ってくるようになってきました。

 

短めのスカートを穿いたり、ボディラインが出るような服を着たりすることもあります。

 

(お母さんはもしかして欲求不満?ひょっとして・・・)

 

と期待しつつ、ある日女の子に勉強を教えていたら、

 

「今日は一緒に夕飯食べていかない?」

 

とお母さんからお誘いがありました。

 

お言葉に甘えてOKしたら、想像以上に豪華な食事に、ビールまで出してくれました。

 

僕はいい具合に酔っぱらって、ソファーに横になってしまいました。

 

ふと気がついたら、夜11時を過ぎていました。

 

お母さんは、

 

「こんな時間だから、今日は泊まっていったら?マキはもう自分の部屋で寝ちゃったし、シャワー浴びてきたら?」

 

恐縮しながらも泊めてもらうことにして、浴室へ入りました。

 

シャワーを浴びていたら、なんとお母さんが入ってきたではありませんか。

 

それも素っ裸なんです。

 

「背中流してあげるわ」

 

って言って、ボディーソープをスポンジにつけ、僕の背中を洗い始めました。

 

時々肌が触れるたびに興奮して、すぐにビンビンに勃起してしまいました。

 

恥ずかしくって、股間を隠すようにモゾモゾしていたら、お母さんはチラチラ僕の勃起チンポを確認していたみたいです。

 

「うふふ、もうこんなに大きくなっちゃって、童貞なの?」

 

と聞かれたので正直に、

 

「はい」

 

と答えました。

この体験談の続きを読む

義母が高校生の若いチンポに夢中でおしっこ漏らすほど感じまくり

おしっこ漏らす
画像はイメージです

 

義母が高校生の僕に「エッチなことしよう」

 

僕が中学1年の時に両親は離婚し、僕は父に付いていく事になりました。

 

そして中学3年の時に父は再婚しました。

 

相手の女性も離婚経験があり、相性が合ったみたいで、出会って2ヶ月ぐらいで再婚しました。

 

それから2年ほど経って僕は高校2年生になりましたが、義母ともうまくいっていて、平穏無事な毎日を送っていました。

 

そんなある日、友達から借りたエロDVDをベッドの下に隠して学校に行き、帰ってきたときには何故かエロDVDは机の上に置いてありました。

 

(義母にエロDVDがバレた)

 

と思い、かなりうろたえてしまいました。。

 

しかも見つかったエロDVDというのが、運の悪いことに、たまたま新妻ものだったんです。

 

でも義母は何も言わず、そのことに触れようともしませんでしたので、いつも通りに晩御飯を食べて、夜は部屋へ戻りました。

 

深夜になり、みんな寝静まった頃、借りたエロDVDを見てオナニーしようとした所で、コンコンと部屋の扉をノックする音が聞こえてきました。

 

不審に思って戸を開けると、スケスケのネグリジェを着た義母でした。

 

義母は30代半ばで豊満な体をしており、そのムッチリとした肌とシットリとした唇が突然目の前に表れたので、ビックリしました。

 

僕は目のやり場に困って後ずさりすると、椅子につまづいて、そのまま椅子に腰を下ろしてしまいました。

 

すでにその時、義母の妖艶な格好を見て勃起してしまった自分の股間を押さえ、しどろもどろになりながら、

 

「な、何しに来たんだよ!」

 

と強い口調で言っても、義母は不敵な笑みを見せ、近くに寄ってきて僕の上に座る格好で、義母の股間を僕の股間に擦りつけながら、

 

「エッチなことしよう」

 

と耳元で囁いてきました。

 

その囁きで、まるで魔法に取り付かれたかのように感じ、逆らうことができなくなりました。

 

そこからは義母の独壇場でした。

 

椅子に座っている僕の前にしゃがみ込んでズボンのチャックを下げ、チンポを取り出すと、しっとりとした唇でを咥え込み、舌を使って丁寧にフェラチオしてくれました。

 

その舌使いが気持ちよすぎて、僕はただ、

 

「あーあーあーあー」

 

と言うばかりでした。

 

あっという間に義母の口の中に射精してしまった僕を見てニッコリと微笑み、そのまま尿道に残ったザーメンもチューチュー吸い取ってくれました。

この体験談の続きを読む

別れた彼女のお母さんが浴衣にノーパンでお尻を突き出してきました

浴衣 バック
画像はイメージです

 

元カノのお母さんと再会

 

僕は高校を卒業後、地元のスーパーで社員として働くことになりました。

 

青果部に配属されたので、早朝の市場へ出掛けることもしょっちゅうです。。

 

仕事も朝早いのもなんとか慣れてきたころ、スーパー内で40代と思われる女性が僕を見て手を振っていました。

 

(誰?)

 

よく見てみると別れた彼女のお母さんでした。

 

「久しぶりね」

 

「は、はい、そうですね」

 

びっくりして、うまく返事できませんでした。

 

付き合ってる時は、何度か彼女の自宅にお邪魔したことがありますが、半年くらいで別れたんです。

 

お母さんの話にから、彼女は専門学校へ行ったことを知りました。

 

「あれから次の彼女出来た?」

 

「いいえ、今はそんな余裕ないです。やっとここに採用してもらったばかりだし」

 

「そう、君ならすぐに彼女できるわよ。あの時よりカッコよくなってるよ」

 

それからは頻繁に元カノのお母さんがスーパーに来るようになりました。

 

僕もお母さんが来るのが楽しみだったんです。

 

そこまで綺麗というわけでもない普通の熟女なんですが、いつも笑顔で可愛らしく感じるんです。

 

それでいて、大人の雰囲気も持っています。

 

そして夏がやってくると、お母さんの服装が変化してきました。

 

最初のころは地味で、いかにも普通のお母さんと言う印象でしたが、夏頃には胸元が見えたり、短いスカートを穿いた格好で来ることが増えました。

 

意識してるのかどうか、お母さんはだんだん若作りしているように見えます。

 

でも無理にではなく、40歳は過ぎてるはずですが、30代にも見えます。

 

棚の下にある品物を見ているお母さんの胸元から、白いぷるんとした双丘が見える時があり、バレないように覗き込んだこともあります。

 

僕はいつの間にか、お母さんを女性として意識するようになっていたようです。

 

数日来ないときなんか、どうしたんだろうともどかしい思いをしてしまいます。

 

そしたら、その数日後です。

 

いつもよりも短いスカートでお母さんが店にやって来ました。

 

ムチムチした太ももがそそるくらい露出していて、綺麗な足でした。

 

僕は冗談気味に、

 

「綺麗ですね、お母さんじゃなかったら誘いたいぐらいですよ」

 

「あら嬉しい、じゃあ誘ってくれる?」

 

「ええ~!本当ですか?」

 

「一度ゆっくりお話したいって思ってたの」

 

僕は嬉しくなって、休みの日と連絡先を書いたメモを渡しました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト