カテゴリー:女子高生(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子高生(女性告白)

【エッチな小遣い稼ぎ】金持ちの同級生にお金せびって服を脱いだら…

 

小遣い稼ぎ
画像はイメージです

 

金持ちの同級生がターゲット

 

私は17歳の高校2年生です。

 

私の家は貧乏で、しかも4人兄弟です。

 

上から、女、女(私)、男、男です。

 

お小遣いは一応貰っていますが、正直全然足りません。

 

そこで私は、体を使って小遣い稼ぎをしようと考え、相手を探していると、簡単にターゲットが見つかりました。

 

中学から高校も一緒のクラスメートの男子がいます。

 

彼はヤスシと言い、彼の父親は結構大きな会社の社長をしています。

 

そうです、彼はお金持ちなんです。

 

でも、彼はまったくモテません。

 

背も小さく、見た目もオタクっぽくて、無口なんです。

 

そのためか、彼に近づく女子はいませんし、男子の友達もほとんどいないみたいです。

 

なので、ヤスシを相手にする事に決めました。

 

私は放課後になり、ヤスシの後をつけて行きました。

 

中学も同じだったので、家はわりと近いんです。

 

しばらく歩き、同級生たちに見つかる心配がないと思われる所で、私はヤスシに近づき、

 

「ヤスシ~、あのさぁ~、あんたん家遊びに行っていい?」

 

「え?な、なんで?」

 

「暇だしいいじゃん」

 

私は無理矢理付いていき、家に入れて貰いました。

 

ヤスシはなんだか挙動不審の動きをしています。

 

私は家の広さにビックリながら、ヤスシの部屋に入りました。

 

ヤスシは一人っ子で、母親も父親の会社の役員をしているので、昼間はいません。

 

なので、家にはヤスシと私しかいません。

 

私はしばらく中学時代の話や、ヤスシにいろいろ質問してみました。

 

そうだろうとは思っていましたが、話の流れから、ヤスシは童貞だと確信しました。

 

そしてヤスシがトイレに行った時、私は机の引き出しを物色しました。

 

一番下の大きな引き出しを開けると、予想通りエロ本やいやらしいDVDがありました。

 

私は、

 

(イケる!)

 

と思い、ヤスシが戻って来るのを待ちました。

 

ヤスシが部屋に戻ってくると、私が机の引き出しを開けてる事に気付き、顔を真っ赤にして、

 

「やめろよ!勝手に引き出し開けんなよ!」

 

と怒ってきました。

 

「恥ずかしがる事無いじゃん、男なら当然の事でしょ」

 

私はヤスシを落ち着かせてから、本題に入ります。

 

「ヤスシ~、私さぁ、金欠なんだよね」

 

「だから何?」

 

「ズバリ!お金ちょうだい」

 

「なんでお金あげなきゃいけないんだよ!」

 

「もちろん、ただでちょうだいとか言わないよ」

 

「???」

 

「とりあえず、千円ちょうだい」

 

ヤスシは訳も分からず、渋々財布から千円を出して私に渡してくれました。

 

私は制服のブレザーを脱ぎ、

 

「千円くれるごとに、私が服を一枚脱いだり、ヤスシに何かしてあげるから」

 

と脱いだブレザーをヤスシに渡し、Yシャツのボタンを一つだけ外してヤスシの横に座り耳元で、

 

「私。あと4枚しか服着てないからさ・・・」

 

と言うと、ヤスシは財布から4千円を出し、私に渡してきました。

 

私はYシャツのボタンをゆっくり外して脱ぎ、スカートも脱いで下着姿になりました。

この体験談の続きを読む

満員電車内でおじさんに中出しさせ、女子トイレに連れ込んだ結果…

逆痴漢
画像はイメージです

 

逆痴漢でお尻を擦りつけたおじさんが私に触ってきました

 

本当に満員電車には痴漢がいっぱいいます。

 

でも、中には痴女もいるんです。

 

わざと逆痴漢で男性の股間にお尻を押し付けたりして興奮させ、勃起するの確認して面白がったりしている女性がいます。

 

そんなことを何度かされると男性の方は、

 

「この女、俺に気があるんじゃないか?」

 

なんて勘違いするおじさんもいて、今度は当然のように同じ車両に乗ってきてお尻を触ったり、おちんちんを押し付けてくることがあります。

 

でも、女性にはひどい子もいます。

 

初めに意図的に男性に自分のヒップを押しつけて、そのままお尻を擦り付けてズボンの中で射精までさせておいたにも関わらず、痴漢呼ばわりして男性を駅員や警察官に突き出す女の子もいるんです。

 

ちなみに私はそういうのって嫌いなんです。

 

だから私は気に入ったタイプの男性にしか、逆痴漢でお尻を押し付けたりはしないんです。

 

去年の春も、そうでした。

 

いつも通り、電車が凄く混んでいたときでした。

 

私が前日、わざとお尻を擦りつけた好みのおじさんに、再会することができたんです。

 

嬉しくなって、わざと隅っこの逃げられない場所に移動して、おじさまが来るのを待ちました。

 

そうしたら、おじさんが次の駅で私を狙ってすぐ背後に立ち、お尻に自分の股間を擦り付けてきたんです。

 

おじさんのおちんちんは徐々に勃起していき、電車の揺れに合わせながら、体を密着させてお尻に擦りつけてきます。

 

おじさんは右手にカバンを持っていて、それで腰の辺りが見えないように、うまく隠してるんです。

 

さらにおじさんは、左腕を使って私を抱きしめてきました。

 

そのままゆっくりと、私のおっぱいを触ってきたんです。

 

私も興奮してるし、抵抗するつもりはないんですが、わざと下を向いてモジモジして、恥ずかしそうにしてみせました。

 

おじさんは私が抵抗しないことが分かると、嬉しそうにいやらしい笑みを浮かべながら、わたしの胸を揉み出しました。

 

私はじっとしてまま動きませんでした。

 

おじさんはしばらく私の胸を揉んだ後、手を下の方に移動させきて、スカートの中に手を入れてきました。

 

お尻や太ももを撫で回し、ついに私のオマンコを触り始めました。

 

おじさんはパンティーの上から指でオマンコの割れ目をなぞり、クリトリスにも触れました。

 

はあはあと興奮した息遣いも聞こえます。

 

私も感じてしまって、体がピクンと反応してしまっていました。

 

気持ちよくなって愛液が出てきて、パンティーにシミが付いていくのが、自分でもはっきりと分かりました。

 

おじさんも私が濡れてきたのが分かって、ヌルヌルしてきた私のオマンコやクリトリスをいやらしく指で弄り回しました。

この体験談の続きを読む

友達のお父さんが堤真一似のイケメンでエッチな話したら抱いてくれました

正常位
画像はイメージです

 

友達のお父さんが超イケメン

 

私が高校2年生の時、クラスメイトでかなり仲良しだった亜樹の家遊びに行きました。

 

お宅に訪問したのは2回目だったんですが、初めてお父さんにお会いしました。

 

もう超ビックリです。

 

俳優の堤真一に似ていて、イケメンで格好良く、私は年上のおじさんが好きなので、一目見て好きになっちゃいました。

 

亜樹の両親は若い時に結婚しているみたいで、おじさんはまだ39歳だそうです。

 

思いもよらないイケメンお父さんにドキドキしたけど、おじさんは、

 

「ゆっくりしていってね」

 

と笑顔で言ってくれました。

 

その笑顔がまた超素敵で、キュンッてなっちゃいました。

 

それ以降、私はおじさん目当てに何度か亜樹の家に遊びに行くようになりました。

 

亜樹からは、それとなくおじさんの情報を仕入れていました。

 

ご両親は高校を卒業してすぐに結婚したそうです。

 

そして亜樹が誕生しました。

 

普通にサラリーマンをしています。

 

中学・高校と野球をしていたそうで、今は草野球チームに所属しています。

 

(私のお父さんもこんなに格好よかったらな)

 

って思っちゃいますよね。

 

それから数ヵ月後、思いがけないチャンスがやってきました。

 

今度の土曜日に、亜樹はアルバイトで昼間家にいないこと、そしてお母さんも同窓会で、夜まで帰らないそうです。

 

おじさんの草野球は、日曜日だと聞いていたので、

 

(おじさんが家に一人でいるかも?)

 

私は亜樹がバイトなのを知らないふりをして、コンビニでおやつを買って、亜樹の家に行ってみました。

 

期待通りおじさんは1人で家にいました。

 

「せっかく来たんだから、上がっていきなさい」

 

と言ってくれたので、遠慮なく上がらせてもらいます。

 

「おやつ買ってきたんで、一緒に食べませんか?」

 

って言って、2人きりでおやつを食べながら話をしました。

 

他愛もない話をしているうちに、おじさんにどんどん惹かれていってしまい、彼氏がいるのに

 

(抱かれたい)

 

って思っちゃいました。

 

そこで私は、おじさんを誉めまくりました。

 

「亜樹はいいなぁ、こんな格好いいお父さんがいて」

 

とか、

 

「おじさんが独身だったら、私告白してますよ」

 

と言いました。

 

「またそんなこと言って」

 

「本当ですよ、こんなかっこいい旦那さんと結婚できるなんて、亜樹のお母さんが羨ましいです」

 

と言うと、おじさんの愚痴が始まりました。

 

奥さんは、結婚当初はお洒落にも気を使っていたそうですが、亜樹が生まれてから、外見をほとんど気にしなくなったそうなんです。

 

今では、休みの日におじさんが家にいると邪魔者扱いされるので、草野球チームに入ることにしたらしいんです。

 

おじさんがここまでしゃべってくれたんで、思い切って踏み込んだことも聞いてみました。

 

「じゃあ奥さんとはもう、イチャイチャしてないんですか?」

 

「そうだね、最近は、そういうことはまったくないね」

 

ここからどんどんエッチな話になっていきました。

 

私は本気で抱いてほしくなり、おじさんに抱きつきました。そして

 

「おじさんのこと好きになっちゃいそうです」

 

と言ってキスをしました。

この体験談の続きを読む

内気な男の子を焦らしてイカせるのが好きなSっ気のある女子高生

 

フェラチオ 寸止め
画像はイメージです

 

童貞君が可愛くて萌えました

 

都内の女子高生です。

 

結構遊んでます。

 

自分にはSっ気があるのか、大人しい男の子をイジメたいって思っちゃうんです。

 

この前、童貞クンをご馳走になりました。

 

私にとっては二人目の童貞クンでした。

 

なのでちょっと余裕。

 

童貞クンはガチガチに緊張してるみたいで、始めはエッチな話とか全然しないでじっとしてるだけ。

 

私の方からくっついていくと、女の人とくっつくのも初めてみたいで、普通の話をしながら、私は彼の肩や髪の毛を触ったりしていました。

 

そのたびにビクッ反応する彼が超可愛い。

 

「こういうふうに女の子とくっつくとドキドキするの?」

 

って聞いたら、

 

「うん」

 

って。

 

そりゃそうだろうね。

 

私は男の子の髪の毛触るの大好きなので、撫で回しちゃいました。

 

撫でながら童貞クンの匂いもいっぱい嗅いじゃった。(←変態)

 

15分くらいそんな感じでくっついてたかな。

 

いきなりだと怖がるといけないので、

 

「撫でていい?」

 

とか

 

「脱がしていい?」

 

ってちゃんと彼に確認取りましたよ。

 

それで脱がしたら乳首もピンク色で体毛がほとんど無いんです。

 

体も細くて色白だし、顔も中性的でめちゃ萌えました。

 

電気は消さずに明るくしたままで、彼が目閉じて感じてる顔をじっくり堪能しながら舐め回しました。

 

「どうして欲しい?」

 

って聞いても

 

「分かんない」

 

って言われるので、

 

「これは嫌じゃない?」

 

って聞きながら性感帯を探索します。

 

私としては「初体験は怖いお姉さんに犯された」って思われたくないので、なるべく楽しい思い出にしてあげようと気使ってるんですよ。

 

途中で一緒にお風呂に入って、おちんちんとか全部洗ってあげて、また最初から責めていきます。

 

彼は喘ぎ声は出さなかったけど、タマタマとか触ってあげたらビクビク感じてました。

 

(アナルもいけるかも)

 

と思ったけど、最初からそんなことしたら引いちゃうかもしれないので、やめておきました。

 

おちんちんは若干包茎気味だったけど、ピンク色ですっごいキレイでした。

 

あんな綺麗なおちんちん見たの久しぶりです。

 

しばらくガン見しちゃいました。

 

途中から彼もびくびくしながら手を出してきて、おっぱいとか触ってきます。

 

これがまた本当におっかなびっくりって感じですっごく可愛いの。

 

「ブラ外して」

 

って言うと

 

「ええっ?!」

 

って驚いてる。

 

そんなに驚かなくても。

 

それで胸舐められてたらめちゃくちゃ興奮してきちゃいました。

 

(この子初めて女の子の胸舐めてるんだ)

 

と思ったらもう、キュンキュンしちゃいました。

 

舐めさせてる、っていう自分にも酔って大興奮です。

 

でもあんまりいやらしい女だと彼に引かれる気がして、なんとか理性で押さえてました。

 

だけどやっぱり、イキたくなっちゃって。

 

彼のおちんちんシコシコしながら、自分でクリちゃん触ってイっちゃったの。

 

あはは。

 

彼は何が起きたか理解できてなかったみたい。

 

セックスの時は私が上になって騎乗位でおちんちんをオマンコに挿入して、最後は正常位でイキました。

 

初めてだから腰の使い方がぎこちなくて、けどそれも萌えました。

 

結局丸一日使ってエッチやりまくっちゃった。

 

それぐらい時間かけてやりたくなるだけの可愛い男の子だった。

 

いっそ私好みに育てたいけど、それも可哀想かなって。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】私のセックスを覗いてオナニーする変態な兄を筆下ろし

近親相姦 兄妹
画像はイメージです

 

セックスを覗く兄の筆下ろしをすることにしました

 

私が高校2年の17歳で、兄が高校3年の18歳の時の話です。

 

私は中学3年の時に処女を喪失したのですが、兄はまだ童貞でした。

 

私達の部屋は別々でそれぞれ6畳でしたが、フスマでさえぎってあるだけなので、音や声なんかはほとんど筒抜け状態でした。

 

やむを得ずタンスや本棚で塞ぎ、出入りが出来ないようにはしていましたが、私がセックスしてる時やお風呂上りの時に、フスマがほんの僅かだけ開いていて兄がしょっちゅう覗いていました。

 

これまでにも文句を言ったことがあるのですが、後日また覗いているんです。

 

その日も私がセックスしてる時にちらっと確認してみると、フスマが2cmほど開いていました。

 

いつも最初は気になって腹が立つのですが、セックスが盛り上がってくると、いちいち気にならなくなってきます。

 

昼間セックスしている時なんかは一部始終、しかも明るいので、角度によっては結合部分までも見られていたと思います。

 

そんな兄の覗き行為にいいかげん腹が立つので、再度その日の夜に文句を言うため兄の部屋に行きました。

 

「ちょっと、お兄ちゃん!今日も覗いてたでしょ!いい加減にしてよ、気持ち悪い!」

 

兄は視線をTVに向けたまま黙っていました。

 

「どうせ覗きながらオナニーしてたんでしょ?・・・変態!」

 

「お前がやりまくってるからだろ!」

 

「人のエッチ覗くなんて変態だよ!・・・なんで覗くの?童貞だから?エッチしたいの?」

 

「うるさい!」

 

「じゃあ私がエッチしてあげよっか?」

 

私達は別に仲が悪い兄妹ってわけじゃなかったし、童貞で覗きながらオナニーしている兄が少し可愛そうに思えたのも事実です。

 

兄は驚いて、

 

「えっ?はぁ?」

 

って言ってましたが、

 

「エッチした事ないんでしょ、私が筆下ろししてあげるよ」

 

「ほ、本当か?」

 

「うん、童貞だから覗きとか変態行為に走るんだよ」

 

恥ずかしさはあるものの、私はパジャマを脱いで下着姿になりました。

 

兄もパジャマを脱いでトランクス一枚になりました。

 

私がトランクスを下ろしてあげると兄のオチンチンは半立ち状態で、完全な包茎ではなく、亀頭の先端だけ出ていました。

 

兄のオチンチンを見るのは小学校以来でした。

 

もちろんその時よりも大きく成長しています。

 

私は兄の手を取り、胸へ誘導しました。

 

兄は私の胸に触れると、オチンチンはムクムクと大きくなり、皮もめくれて亀頭が露出し、ピクピクとそり返るほど勃起しました。

 

私はオチンチンを握り、軽くシゴきます。

 

「気持ちいい?」

 

と聞くと、

 

「うん・・・気持ちいい」

 

と、嬉しそうでした。

 

「口でしてあげよっか?」

 

「本当?してほしい・・・」

 

まるで私が姉で、兄が弟のような感じになっていました。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト