カテゴリー:女子大生(女性告白)の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

カテゴリー:女子大生(女性告白)

彼氏以外のおちんちんに興味を持った私は寝ている幼なじみに跨り…

幼なじみ
画像はイメージです

 

寝ている幼なじみのトランクスからおちんちんが…

 

大学四年の夏休みに、東京で一人暮らししてる幼なじみの男性の部屋に泊まりました。

 

小さい頃は、女の子の方が成長が早かったから、昔から彼にはお姉さんの様な接し方をしてきました。

 

お互いに恋人がいたから、その時も昔と変わらず、気兼ねなく過ごすつもりでした。

 

彼がベッドに寝て、私は床に布団を引いてもらいました。

 

暑かったので、タオルケットにトランクスで彼はベッドに入りました。

 

互いが風呂から上がった後、灯りを豆球にした状態で話していたのですが、次第に彼の返事が虚ろになり始め、しばらくして彼は完全に寝てしまいました。

 

私も観光で疲れていたので、うとうとと眠りに入りました。

 

しばらくして、暑さで私は起きてしまいました。

 

暑かったので、クーラーを付けさせてもらおうとしましたが、リモコンがどこにあるか解らなかった為、仕方なく目がなれるまで待ちました。

 

目が慣れてきてようやくリモコンの場所が分かり、移動しようと顔を上げると、視線に彼の股間が入りました。

 

彼も暑かったらしく、タオルケットを蹴飛ばして、仰向けに足を広げて寝ていました。

 

その隙間から、彼のおちんちんが見えそうだったのです。

 

私は一人の男性のおちんちんしか見たことが無かったので、彼のおちんちんにとても興味がありました。

 

しばらく迷いましたが、私は彼のおちんちんを見たい衝動に勝てませんでした。

 

「○○ちゃん、寝た?」

 

と私は声をかけましたが、彼からは何の返事もありませんでした。

 

その時も少しためらいましたが、結局私は恐る恐る彼のトランクスの隙間を広げ、彼のおちんちんを見ようとしました。

 

先程よりはだいぶ見えましたが、トランクスの影に隠れて全貌が見えませんでした。

 

私は何とかして見ようと、携帯の灯りをトランクスの隙間に差し込ませ、おちんちんを照らしました。

 

おちんちんは小さく頼りなくへたれており、とても可愛く見えました。

 

トランクスの隙間から、ボディソープの良い香りに交じって、少し汗臭い匂いがしました。

 

その時私は、生唾を音を立てて飲み込んだ自分に気付きました。

 

もう一度、

 

「○○ちゃん」

 

と声をかけました。

 

先程と変わらず、彼からは何の反応もありませんでした。

 

私は我慢出来ずにトランクスの窓を広げて、おちんちんを私の顔の前に出現させました。

この体験談の続きを読む

【おちんちん解剖】大学のサークルの飲み会で酔った男子マネージャーを…

おちんちん解剖
画像はイメージです

 

男のアソコって見たくない?

 

私は某大学の女子テニスサークルに所属しています。

 

先輩たちからは「まるこ」って呼ばれています。

 

1年生で一番背が小さいので、「ちびまる子」にちなんでそう呼ばれています。

 

夏の合宿最終日に、全部員と顧問の先生、マネージャーなど合計11名で居酒屋で打ち上げをしました。

 

打ち上げ終了後、A先輩(3年)に声を掛けられ、一人暮らしのアパートに遊びに行くことになりました。

 

お邪魔したのはA先輩を含めて5名だけでしたが、男子マネージャーのY君(2年)もいました。

 

私はお酒が飲めないので断ったのですが、先輩たちに強引に誘われたので、仕方なくついて行きました。

 

先輩の部屋は1Kの6畳でしたが、改めて飲み直すために、近くのコンビニでアルコール類やおつまみ、お茶などを買って持ち込みました。

 

みんなリラックスしてワイワイ楽しく始まりましたが、アルコールが入っていくうちに、騒がしくなっていきました。

 

私は飲めないので、ずっとお茶だけです。

 

Y君はいつもチームみんなの世話役なので、

 

「いつもありがとう」

 

と感謝されながらも、みんなから次々とお酒を飲まされていました。

 

弱くはないと思うんですが、さすがに飲みすぎたみたいで、一番早くダウンしてしまいました。

 

見ると顔は真っ赤で、そのまま床の上に横になって寝ています。

 

女子の先輩たちは、みんなお酒が強いみたいです。

 

それからも話は弾み、飲み会は続きます。

 

Y君は大の字になって寝ています。

 

ふと見ると、少し足が開いていて、短パンの隙間からおちんちんが見えていました。

 

それに気づいたA先輩がふざけて、プラスチック製の30cm定規をズボンの隙間から突っ込んで、突っついていました。

 

みんなゲラゲラ笑っていました。

 

すると突然、A先輩がこんなことを言いました。

 

「ねえ・・・男のアソコって見たくない?」

 

私は、

 

(えぇっ!)

 

と思いましたが、

 

「見たい、見たい!」

 

と他の先輩たちはノリノリです。

 

A先輩「よし、じゃあ・・・みんなでYのおちんちんを解剖しちゃおっか」

 

全員「賛成!」

 

私もその場の空気に流されました。

この体験談の続きを読む

元彼に教わったテクニックで泥酔男のおちんちんをフェラしたら勃起した

フェラチオ
画像はイメージです

 

泥酔男をお持ち帰り?

 

私が20歳の時で、当時は女子大生でした。

 

そのころ付き合い始めたばかりの彼が、実は二股をかけていたことを知り、仲のいい友人と居酒屋に飲みに出かけました。

 

私はアルコールに強かったのでガンガン飲み、チャンポン状態でした。

 

ちょうど友人も彼と別れたばかりだったこともあり、2人で男の愚痴を言い合いながらかなり飲んでましたた。

 

その日は金曜日だったので店内はいっぱいで混み合ってて、私たちはカウンターの端っこに座っていたのですが、隣には20代後半と思われる男性2人が座って飲んでいました。

 

「男なんて信じられないよね、やっぱり脳が浮気するような構造になってんのよ」

 

「ホントそうだよね、私なんてさ…」

 

という感じで愚痴っていると、隣の席の男性が急に、

 

「そんなことないよ、女だって同じだよ」

 

と会話に割り込んできました。

 

(なんだこのお兄さん方は?)

 

と思いながら話を聞いてみると、男性2人も、最近彼女の浮気が発覚して別れたばかりという事のようでした。

 

アルコールも進んでハイテンションな私達は、負け組同士というレッテルを自ら貼り、意気投合して一緒に飲むことにしました。

 

男性2人は私達より1時間ほど前から飲んでいたらしく、すでにかなりの量を飲んでる様子です。

 

1人はかなり酔ってはいますが、まだ正気です。

 

もう1人は、なぜか爆笑してばかりで、トイレに行くのもまさに千鳥足で、泥酔状態みたいです。

 

酒の勢いも手伝い、互いの彼氏や彼女の愚痴の言い合いから、次第に好きな体位や性感帯についてとかワイ談でも盛りあがってしまいました。

 

しばらくすると、友人と正気な男性とで話すことが多くなり、いつの間にか2人の世界って感じになってました。

 

(おいおい、この爆笑男をどうしろっていうの?)

 

箸が転がってもおかしい年頃というのは聞いたことがありますが、あんた男だしいい年なんだから・・・

 

ところが爆笑しながらでも、話は結構面白いんです。

 

泥酔してるのにこれだけ舌が回るということは、普段は結構賢い人なのかもしれない。

 

後からわかった事ですが、銀行勤めだそうです。

 

おそらく4人の中で一番シラフと思われる私は、この男性をじっくり観察していました。

 

最初は高すぎるテンションに戸惑って引き気味でしたが、わりとシュッとした顔で低めの声、そして何といっても指が綺麗なんです。

 

体型も細すぎず、多少の筋肉がついてそうです。

 

(ありじゃない?)

 

当時セックスの気持ちよさを覚えたばかりで、やりたい盛りの私だったので、この男性の体にムラムラしてきました。

 

そうは言っても、男が泥酔すると勃起しずらいことは知っています。

 

横を見ると、友人達2人はすでに怪しいムードです。

 

そしてついに正気の男性が、

 

「俺、この子(友人)送っていくわ、悪いけど、そいつタクシーに乗せてあげてもらえる?」

 

(うわー、やっぱりお持ち帰りですか)

 

何故か私の闘争心に火がつきました。

 

(私も男をお持ち帰りしたい)

この体験談の続きを読む

【相互オナニー】デブ男にパンティーとオマンコを見せる露出癖のある私

露出癖
画像はイメージです

 

パンティー売ってくれない?

 

私は20歳で短大に通っています。

 

友達が家族と2週間もの間、旅行に行くことになりました。

 

その家では犬を飼っていて、友達と仲のいい私が犬の世話を引き受けました。

 

期末試験も終わり、ちょうど暇でバイトもしてなかったんです。

 

毎日餌をあげて、散歩に連れていきました。

 

その日も、いつものように犬の散歩で公園に出かけました。

 

公園の周りは、縁取る形に背の高い木が植えられています。

 

休日には、公園は野球やサッカーをする人たちでいっぱいになりますが、今はガランとしているグランドを斜めに横切るように、犬は私を引っ張りながら走ります。

 

その先には、子供たちが遊べるようになっている、砂場やシーソー、鉄棒などの遊具があります。

 

犬は砂場の中を、しっぽを振りながら走り回っています。

 

そこへ、いかにもオタクそうな太った男が犬を連れてやってきました。

 

その犬がこちらにじゃれついきて、2匹の犬は興奮状態で追いかけっこしていました。

 

私は仕方ないのでしゃがみ込み、犬を見ていました。

 

するとデブ男が、私をチラチラ見ています。

 

しかも、何度も覗きこんでいます。

 

(あぁ…見てる…ムズムズしてきた、もっと見せたくなってきちゃった、あぁ…どうしよう、 見せたい…)

 

実は私には露出癖があり、人に見られることに興奮を覚え、見せたくて仕方がなくなる時があります。

 

私は少し脚を拡げました。

 

デブ男の目は、明らかに私のパンティーに釘付けです。

 

デブ男は、私に近寄ってきました。

 

私がわざと脚を開いたことが分かっているのでしょう。

 

「ねぇ、薄い白いパンティーから、毛が見えてるよ」

 

普通なら気味が悪くて逃げるところでしょうが、私は興奮しています。

 

無視して、犬たちをじっと目で追っていました。

 

「割れ目が…パンティーが食い込んでるよ」

 

私は、さらに脚を広げました。

 

どんどん興奮していく自分を感じていました。

 

「見せたいんだ…ねぇ、君、見せたいんだろ、ちょっと、こっちに来なよ」

 

デブ男が私の手を掴みました。

 

ネチっとした汗を掻いているのが、手の感触に伝わります。

 

デブ男は2匹の犬を植木に繋ぎ、私を掃除道具などが入れてある納屋の隅っこに連れていきました。

 

「ここなら通路の植え込みで、周りからは一切見えないから大丈夫、ねぇ、もっと、見せてよ」

 

デブ男は鼻息を荒くしながら、私の前でしゃがみました。

 

デブ男が、ゆっくりと私のスカートを捲ります。

 

デブ男は、私のパンティがー目の前に現れると、嬉しそうにニヤニヤと笑いました。

 

私は、周りを見回して誰からも見えていないことを確認し、スカートを脱ぎ、体育座りの格好をして両脚を拡げました。

 

デブ男は、私の顔とパンティーを交互に見て、

 

「可愛いパンティーだね、ねぇ、このパンティー売ってくれない?」

 

(えっ!?)

この体験談の続きを読む

婚約中に童貞君とセックス 泥酔している私を迎えに来てくれた勢いで…

泥酔
画像はイメージです

 

泥酔状態の私を童貞君が迎えに来てくれた

 

お酒の失敗談なんですど、この前泥酔してしまい、年下の童貞君の筆下ろしをしちゃいました。

 

私は22歳の大学生で、敦志という彼氏がいます。

 

彼とは卒業後に結婚を約束していて、既に同棲中です。

 

そして問題の童貞の哲夫は、20歳の大学生でアルバイト先の後輩です。

 

私は彼氏ともそのアルバイト先で知り合い、哲夫も彼氏と仲が良く、三人で遊びに行くこともしばしば。

 

そんなある日、高校時代に仲良かった男友達と久しぶりに飲みました。

 

向こうは一旦別れた元カノと復縁し、こっちは婚約ということで、お互いのお祝いしようって感じで地元の居酒屋に行って二人で飲みまくりました。

 

お互い幸せなのもあって、テンション高くハイペースで飲んでいると、店を出るころには二人ともフラフラでした。

 

向こうは彼女が迎えに来てくれるそうで、私も終電が近かったので、

 

「また飲もうねー」

 

と軽い挨拶をして別れました。

 

地元から敦志と同棲しているアパートまでは、電車で1時間以上かかり、泥酔している私は電車内で気持ち悪くなってしまいました。

 

酔っ払っている時に、電車のあの揺れはヤバすぎます。

 

吐き気を何度か催してしまいましたが、途中の駅で降りて吐こうにも、終電なので下りたら終わりです。

 

タクシーで帰ったら、いくらかかるか分からないし・・・

 

仕方なく我慢するしかありませんが、もう気持ち悪すぎて動くだけで吐きそうでした。

 

結局無理で、とっさにカーディガンで全て包みました。

 

高かったけど、ゲロまみれで洗うのも面倒だし、トイレのごみ箱に捨てちゃいました。

 

電車を下りてもフラフラで、歩くのも辛いんです。

 

もうね、目の前がふわふわしてました。

 

敦志に迎えに来てもらいたかったんですが、そんな日に限って夜勤だったんです。

 

とりあえず迎えに来てくれそうな人はいないかスマホを取り出し、履歴を調べていると、良さそうなが哲夫がいました。

 

電話しました。

 

「もしもし」

 

「お願い、迎えに来てぇ」

 

「はぁー?俺今から寝るとこなんすけど」

 

「でも帰れないの~…無理~」

 

「はぁ!?知りませんよ、もう、今どこですか?」

 

「駅~早く~お願い~」

 

「もう!自分で帰れるでしょ!」

 

結局哲夫は5分位で来てくれました、しかもバイクで。

 

私はゲロのせいでヒートテック一枚になってしまっていましたが、哲夫は上着まで貸してくれて、そのまま家まで送ってくれたんです。

 

哲夫ちょー優しい。

この体験談の続きを読む

PC_【SSP対応】_サイドカラム追尾広告_レフト