小学生デカチンセックス
画像はイメージです

 

目次

初めての射精がセックスでした

 

僕は小学生の時に、スイミングスクールに通っていました。

 

そのスイミングスクールの水着は、青色の競泳用ビキニでした。

 

小学5年生の時なのですが、そのころに身長が結構伸びて、競泳用ビキニがお尻に食い込むくらいピチピチになっていました。

 

いわゆる半ケツ状態です。

 

自分で言うのもなんですが、僕は周りからイケメンと言われていて、クラスの女子からも人気があることを自覚していました。

 

しかもチンコが大きくて、半ケツ状態なほどピチピチだったので、股間のもっこりが目立っていたと思います。

 

よくスイミングスクールに来ている女の人に、競泳ビキニの股間部分を偶然のふりして触られたりすることもありました。

 

当時僕は選手コースに入って鍛えられていたので、ほぼ毎日夜9時頃までプールで泳いでいました。

 

ある日、僕と大学生の女のコーチの二人が最後まで残っていました。

 

練習が終わってシャワーを浴びようとしていたら、突然その女のコーチがシャワールームに入ってきました。

 

するといきなり僕にキスをしてきて、競泳ビキニの上からチンコをさすってきたので、みるみる勃起してしまいました。

 

ピチピチの競泳ビキニなので、チンコが飛び出すくらいにカチカチになりました。

 

「すごい!可愛い顔しておちんちんはすごく大きいのね。やっぱり思った通りだわ」

 

女のコーチはしゃがんで僕の股間の前に顔を持ってくると、競泳ビキニに手をかけて脱がせてきました。

 

ピョンと勢いよく勃起したチンコが飛び出すと、なんだかコーチは嬉しそうでした。

 

僕は床に仰向けに寝かされ、

 

「小学生とは思えないデカチンだわ、それに皮も剥けてもう大人ね。トシくん、気持ちいいことしてあげるね」

 

そう言ってコーチも競泳水着を脱いで、僕の上に跨ってきました。

 

僕はなにがなんだか分からず、じっとしていました。

 

そしてチンコが温かいかいものに包まれました。

 

「はあ~ん、トシくんのが大きすぎて、ああ~感じちゃう」

 

コーチが喘ぎながら腰を動かすと、僕もあまりの気持ち良さに声を上げてしまいました。

 

そして何か込み上げてくるものを感じ、撲はコーチの中に思い切り放出しました。

 

まだオナニーの経験もなく、夢精もしたことがなかったので、初めての射精がセックスでした。

 

おっぱいを揉み、乳首にむしゃぶりつきました

 

コーチのオマンコの中に射精した僕は、チンコから出たものだからおしっこだと思い込み、泣きながら、

 

「先生、ゴメンなさい・・・なんか我慢できなくて・・・おしっこ出ちゃった」

 

って言うと、

 

「トシくんが出したのはおしっこじゃないのよ。大人になった証拠なの。だから安心して」

 

そう言って、騎上位のまま床の上に寝ていた僕の上半身を起こすようにして、体ををぎゅっと抱きしめてくれました。

 

チンコは小さくなりかけていましたが、まだコーチのオマンコの中に包まれたままでした。

 

「男の子におちんちんが付いてるのは、女の人を気持ちよくするためなの。 トシくんのおちんちんで先生はとっても気持ちよくなったの。トシくんはもう立派な男性だから自信持っていいのよ。」

 

そうコーチに言われました。

 

そして、

 

「トシくんも気持ちよかったでしょ?これはセックスって言うの。大人の男の人と女の人が気持ちよくなるためにする事なの。トシくんはもっとしたい?」

 

とコーチは僕に聞いてきました。

 

僕はすぐに、

 

「したい!」

 

と答えました。

 

するとコーチは、

 

「じゃ、まずは先生のおっぱいを赤ちゃんみたいに舐めてみて。」

 

と言ってきました。

 

僕が恥ずかしがっていると、コーチは僕の頭を抱えておっぱいに押し付けてきました。

 

おっぱいに顔を埋められた状態になった僕は、その温もりと柔らかさに興奮して、無我夢中でコーチのおっぱいを揉み、乳首にむしゃぶりつきました。

 

するとコーチは、

 

「あっ!」

 

と喘ぎ声を上げながら仰け反り、抱きかかえる力が弱まりました。

 

「先生、大丈夫?」

 

と僕が聞くと、コーチは、

 

「気持ちよかったから、思わず声出ちゃった。」

 

と笑顔で答えました。

 

僕はコーチをもっと気持ちよくしてあげたいと思い、対面座位の体勢のまま、さっきよりも激しくおっぱいにむしゃぶりつきました。

 

コーチがおしっこ漏らした

 

そうしている内に、僕のチンコがコーチのオマンコの中で勃起していきました。

 

「あん、トシくんのおちんちんまた大きくなってきたね。先生にも分かるわよ。」

 

そうコーチは言いました。

 

「今度はゆっくり動くから、トシくんがんばって我慢してね、すぐに出しちゃ駄目だよ。」

 

そう言うとゆっくりと腰をグラインドさせ始めました。

 

チンコの根元までオマンコに咥え込まれたかと思ったら、ゆっくりとカリのところまで引き出されます。

 

腰を動かすなんて知識もない僕は、射精も出来ずに蛇の生殺しの状態で、僕は夢中でコーチのおっぱいにしゃぶりついていました。

 

人気のない夜のスイミングプールのシャワールームの中で、 僕もコーチも荒い息を上げながら、喘ぎ声を上げていました。

 

ゆっくり動かしていたコーチのグラインドも、だんだん激しくなってきました。

 

それに合わせて僕もコーチも喘ぎ声がどんどん大きくなっていきました。

 

僕はついに我慢できなくなって、

 

「先生、また何か出ちゃう!」

 

と叫ぶと、自然とコーチの腰を抱きかかえて、勢いよくチンコの根元までオマンコに突き入れました。

 

コーチも、

 

「トシくん、私もイっちゃう!」

 

と叫んだかと思うと、僕に覆いかぶさるようにして倒れこんできました。

 

僕はまたコーチのオマンコの中に、思いっ切り射精しました。

 

僕のチンコがビクンビクンしながら射精していると、急にお腹の付近で生暖かい感触がありました。

 

射精が終わって我に返ると、辺りはビシャビシャに濡れていました。

 

僕がコーチに、

 

「何これ?」

 

聞くと、

 

「トシくんのおちんちんが余りにも気持ちよくて・・・思わず、おしっこ漏らしちゃった。」

 

とコーチは恥ずかしそうに言いました。

 

赤ちゃんが出来ちゃうの?

 

僕とコーチは息が整うまで、しばらく対面座位の体勢でいました。

 

コーチは萎えていく僕のチンコから、1滴でも精液を搾り取ろうとしているのか、小刻みに腰を動かしていました。

 

やがて息が落ち着くとコーチは、

 

「トシくん、もう一回したい?」

 

と僕に聞いてきました。

 

「ウン!」

 

と答えるとコーチは、

 

「先生、トシくんのデカチンが気持ちよすぎて疲れちゃった、それにもう遅いから家に帰らないとご両親が心配するでしょ」

 

と言いました。

 

僕が残念そうな顔をすると、

 

「トシくんが今日の事、誰にも言わないって約束してくれるなら、先生またトシくんとセックスしたいな~。」

 

と言ってきました。

 

僕はすぐに、

 

「うん、絶対言わない!約束するから、先生も約束守ってね。」

 

と答えました。

 

「トシくんはもう大人になったんだから、これは大人と大人の約束だね。」

 

コーチはそう言うと、にっこり微笑みました。

 

そしてコーチはゆっくりと腰を浮かせ、立ち上がりました。

 

今までコーチのオマンコの中にあった僕のチンコが引き抜かれると、今まで気持ちよかった感じがまったくなくなっていたので、不思議な気がしましたし、残念に思いました。

 

僕は座ったまま、コーチの裸を見ました。

 

コーチのおっぱいには、僕のキスマークや噛んだ跡が残っていました。

 

コーチが立ち上がると、コーチのオマンコから白い液体が垂れているのに気が付きました。

 

「先生、何か白いのが出てきた」

 

と僕はコーチに言いました。

 

「トシくん、先生の中で何か出したでしょ。これは精液と言って男の人が気持ちよくなった時に出るものなの。そしてこれが赤ちゃんの元になるの。精液が女の人のアソコに入って赤ちゃんが出来るの。」

 

僕はその時初めて聞いたのでびっくりして、

 

「赤ちゃん出来ちゃうの?先生と僕の赤ちゃん?」

 

と思わず叫びました。

 

まだ小学5年生でオナニーも知らなければ、当然セックスも子供の出来る仕組みも知らなかったので、セックスして射精したらすぐに赤ちゃんが出来ると思ってしまいました。

 

「ふふっ、トシくんびっくりした?でも女の人は赤ちゃんが出来る日と出来ない日があるの。先生、今日は出来ない日だから、トシくんは心配しなくてもいいのよ。」

 

とコーチは答えました。

 

まだセックスしたかったけど・・・

 

僕はちょっと安心したような、まだよく分かってない複雑な顔をしていると、

 

「トシくん、変な顔になってる~」

 

とコーチは言いました。

 

そして、

 

「先生、これからもトシくんといっぱいセックスしてあげるし、いろいろ教えてあげるから、そんな変な顔しないの。せっかくのイケメンが台無しだぞ」

 

と言ってキスしてくれました。

 

僕が笑うと僕の手を引っ張って、

 

「さあ、シャワールームを掃除して早く帰ろう」

 

僕はゴムホースを持ってくるように言われ、二人とも全裸のままでシャワールームの床にゴムホースで水を流して軽く掃除をしました。

 

そしてコーチは、

 

「トシくんも先生も汗びっしょりだから、最後に一緒にシャワーを浴びましょう」

 

と言いました。

 

普段、水泳の後はシャワーで水を浴びるだけですが、その日はコーチがボディーソープを持ってきていて、僕の身体につけて手で洗ってくれました。

 

肩から下に向かって身体を洗ってもらっていたのですが、僕は女の人に身体を洗ってもらっている緊張で、胸がドキドキしていました。

 

そしてお尻を撫でるように洗ってもらった後、コーチが僕の前の方に来ました。

 

コーチは僕の胸からお腹を手で撫でるように洗いながら、下半身にも手を伸ばしていきました。

 

そしてチンコをヌルヌルと揉み込むように洗われると、さっきのコーチとのセックスを思い出してきました。

 

泡だらけの僕のチンコは、またカチカチに勃起していきました。

 

「本当に小学生とは思えないデカチンね」

 

コーチはニコニコしながら僕のチンコを洗っています。

 

「男の子はおちんちんが汚いと女の人から嫌われるし、セックス出来ないよ。トシくんももう大人になったんだから、良い男の身だしなみとして、いつもおちんちんを綺麗にしていないといけないよ。」

 

そう言うと、金玉やチンコの皮まで丁寧に洗ってくれました。

 

あまりの気持ちよさに僕が思わず、

 

「先生、もう一回したい!もう我慢できないよ!」

 

と言って思わずコーチに抱きつきました。

 

「トシくん、さっき約束したばっかりでしょ。大人になったんだから、約束は守らないと」

 

そう言って勃起したチンコをぎゅっと掴むと手を離し、今度は僕の足を洗い始めました。

 

僕はチンコをガチガチに勃起させたたまま、我慢してコーチが身体を洗ってくれるのをじっと見ていました。

 

しゃがんだコーチの裸が丸見えで、僕はコーチに飛びつきたい思いでいっぱいでした。

 

最後にコーチはシャワーで、僕の身体に付いた泡を洗い流してくれました。

 

冷たい水で身体が洗われると、さっきまでガチガチだった僕のチンコも萎えてきました。

 

そしてめくれていた皮も亀頭を半分ぐらい包み込みました。

 

コーチはシャワーヘッドを片付けると、

 

「トシくん、よく我慢したね。ご褒美」

 

そう言って僕のチンコの皮をめくり、亀頭部分にチュッと軽くキスをしてくれました。

 

その日はそれで終わりで、僕は服を着ると急いで家に帰りました。

 

家に帰ると普段より帰りが遅かったので、お母さんに

 

「なんでこんなに遅かったの?」

 

と心配されましたが、コーチとの事は内緒にする約束だったし言えるはずがありませんから、適当にごまかして、 遅い夕ご飯を食べてお風呂に入ってベッドに入りました。

 

でもしばらく寝付けず、シャワールームでの出来事が思い出されて、僕のチンコはまたカチカチに勃起しました。

 

どうすればいいのか分からなかったけど、チンコを握って擦ってみると、気持ちよくなって射精しました。

 

初めての射精がセックスで、さらにその日のうちに、初めてのオナニーを経験したことになります。

 

コーチとはそれからも時々セックスして、女性の体を教えてもらいました。