Pocket

不倫 絶倫高校生
画像はイメージです

 

高校生の男の子とデート

 

私は結婚5年目の27歳の主婦でパートで働いています。

 

主人は10歳年上の37歳で、3歳の子供がいます。

 

不倫の話はよく耳にしますが、私にとってはまったくの他人事にしか思っていませんでした。

 

しかし、まさか自分が・・・

 

ちょっとしたきっかけから不倫にハマッてしまいました。

 

相手はパート先のバイトの高校3年生の男の子です。

 

私もさすがに驚いたんですが、

 

「好きです、付き合って下さい!」

 

って告白されちゃったんです。

 

自分で言うのもおこがましいですが、2、3才若く見られることが多いです。

 

一応、

 

「あたしなんか、27のオバさんよ」

 

って断ったんですが、2、3日後に真っ赤なバラの花を1本持ってきて、

 

「1度でいいからデートして下さい!」

 

って言われてなんか可愛くて、

 

(1回ぐらいならいいかな)

 

って思ってOKしてしまいました。

 

よくそんな気になったねって言われそうですが、

 

女は花に弱いんですよ。

 

それに年下は嫌いじゃないんです。

 

顔も童顔で可愛いし背も高いんです。

 

デートはとりあえず軽く食事して、映画見て、カラオケ行って帰ってくるつもりだったんだですけど・・・

 

一番心配してたのが、話が合うかって事だったんだけど、彼は高校生にしてはしっかりとしていて、結構話も合って気に入っちゃったんです。

 

カラオケボックスで、彼の正面に座って曲を選んでいた時に、ふっと彼の視線を感じたんです。

 

結婚して以来、ましてや10歳ほど年下の男の子とデートするなんて初めてだし、がんばって結構胸元の開いた服に持ってる中で一番短いスカートを穿いて行ったもので、パンツが見えちゃったみたいなんです。

 

すぐにピンときて、黙ってればいいものを、

 

「あー、エッチ!」

 

って言っちゃったんです。

 

彼、真っ赤になって否定したんですけど、ズボンの上からでも股間が膨れてるのが分かりました。

 

それに私も飲めないクセに、ビールなんて飲んじゃってホロ酔い気分でした。

 

なんだかイジメたくなってきちゃったんです。

 

エッチモードでラブホテルへ

 

最近主人はめっきりセックスが弱くなっちゃって、あまり構ってくれないのが大胆な行動に走った理由かもしれません。

 

今度はわざとパンツが見えるように足を組み替えたり、かがんだり、デュエットでは手を組んで彼の手がわざとおっぱいやお尻に触れるように挑発したんです。

 

最初は見て見ぬフリをしているんですけど、チラっ、チラっと視線を送ってくるのが分かりました。

 

そしてもっと大胆に彼の横にピッタリくっついて、

 

「彼女いないの?」

 

「いない」

 

「じゃあ、女の子と付き合った事は?」

 

「ない」

 

「ウソ!カッコイイのに?」

 

「嘘じゃないよ、ホントにないんだもん」

 

「じゃぁ、こんな事もしたことないの?」

 

って言いながらキスして胸に手を持って行ったんです。

 

彼ったら体が固まっちゃって可愛いんです。

 

それから手を添えたまま回すように触らせてあげたんだけど、そのうち手が自分で動くようになって、私もさらにもっと大胆に、

 

「じかに、触ってみたい?」

 

「えっ・・・いや、そんな・・・」

 

「じゃぁ、触らせてあげない!」

 

「ああっ、そんなぁー!」

 

なんてからかいながらも、彼の手を服の中へ入れてあげました。

 

最近の高校生は童貞とは言え、なかなか上手なものです。

 

思わず、

 

「そう、そう」

 

なんて言ってしまいました。

 

ブラの上からだけど、指先で乳首を転がされた時には思わず、

 

「あん」

 

なんて声が漏れちゃいました。

 

そのうちブラの中に指が進入して、乳首を集中攻撃されたら、もうたまんなくなって、

 

「エッチしたい?」

 

「したい!」

 

「ココじゃダメだから、ホテル行く?」

 

「うん」

 

てな訳で近くのラブホテルに直行してしまいました。

 

彼にしたいって言わせたけど、ホントは私がエッチしたくなっちゃったの。

 

フェラチオですぐに暴発

 

土曜日の午後なのでラブホテルは満員御礼です。

 

入れ違いで1台出て行ったので、とりあえずその部屋の駐車スペースへ停めました。

 

ホテルまでの車の中、彼の手はずっと私のブラの中でした。

 

乳首をつまんだり、コリコリしたり。

 

だから私の頭はとっくにエロエロモードです。

 

車を停めるなり、

 

「ブラ取って!吸って!」

 

って命令してました。

 

服を首までまくり上げて、彼がおっぱいにむしゃぶり付いてきました。

 

ぎこちないのは確かなんですが、最近味わった事がない刺激と、夢中で吸い付いて舐め回す舌使いにとても興奮しました。

 

この待ち時間がもどかしく感じました。

 

しばらくして部屋のランプがつき、いよいよお部屋へ・・・

 

酔っているのと、しばらく男にご無沙汰だったのと、さっきまでので火が付いてるのとで、部屋に入ったとたん、私から彼に抱きついてキスしながら、ベッドに押し倒してしまいました。

 

でも、彼のビックリした顔を見てよく考えてみると、彼、初めてなんですよね。

 

私も童貞君の筆下ろしは初体験です。

 

てな訳で、

 

(どうしよう・・・)

 

って考えていても仕方ないから、とりあえず、

 

「お風呂に入ろう」

 

ってことで、彼の手を引いて浴室へ行きました。

 

お互いの服をを脱がせっこしてシャワーを浴びました。

 

当然、お互いの体を触りっこしながらイチャイチャしていたんですが、でも、スゴいんです。

 

一応私は体を洗う事を目的に来たんですが、彼のおちんちんがずーっと元気なもんだから、もう我慢できなくなって、

 

「ねぇ、ちょっとだけ・・・」

 

なんて言いながら、パクッとお口に咥えちゃいました。

 

(ああぁん、高校生のおちんちんを食べれるなんて幸せ・・・)

 

なんて思いながらフェラチオしてたら、あっという間に、

 

「あーーっ!もうダメだーー!」

 

の声と共に、ドバァっと口の中に精子を暴発されました。

 

量、勢い共に凄かったので、全部ゴックンできませんでした。

 

体もおちんちんもカチカチ

 

お風呂から出て私が先にベットに入り、

 

(さて、思う存分高校生男子の体をいただこう)

 

と彼をご招待しました。

 

いざベッドインすると、彼ったらさっきたくさん射精したばかりなのにおちんちんはすでにビンビンです。

 

でも体もカチカチになってて、手を出してこないんですよ。

 

「そんなに固くならないで」

 

って熱~いキスしました。

 

「ここなら好きなようにしてイイよ、でも、優しくしないと女は感じないの・・・」

 

なんて、お姉さんぶった言い方しながらも、彼のしたいようにさせてみました。

 

まずおっぱい揉んで、乳首チュパチュパされてたんだけど、多少慣れたからなのか、最近の高校生はAVなんかでお勉強しているからなのか、結構上手なんです。

 

なかなか手が下に下りてこないから、

 

「ここが1番感じる所なの・・・」

 

って手をオマンコに持っていったんだけど、やっぱり私の体を知り尽くしてる主人とは違って、

 

「そこ、そこ」

 

とか言うんだけど、なかなか当たらないんです。

 

やっぱりAVだと肝心なところはモザイクかかってるのでよく分からないのかな。

 

「じゃあ、ちゃんと教えて上げるね」

 

って彼の前でゆっくり脚を広げて、大人のオマンコを鑑賞させてあげました。

 

刺さるような彼の視線を浴びると、恥ずかしいんだけど主人では味わえない何か違った気持ちになって、もうオマンコがグッショリ濡れてくるのが分かりました。

 

「ちゃんと見てるぅ?」

 

「うん、ピンクの・・・濡れて光ってる」

 

「ヤダァ、感想はいいのぉ」

 

って言いながらも、ますます興奮して濡れてしまう自分がいます。

 

彼の顔がだんだん私の股間の奥に入ってきて、荒い息使いが聞こえます。

 

すると、おそるおそるオマンコに触れてきました。

 

すぐに指が入ってきて、

 

「お姉さん、ヌルヌルしてる・・・クチュクチュいやらしい音がするよ」

 

なんて、超恥ずかしい事言いながら出し入れするもんだから、知らず知らずに腰動いちゃうし、自分でオマンコ広げて、

 

「ここ舐めて」

 

なんて命令してました。

 

私もじれったくなってるから、

 

「ねぇ、イイ事してあげる」

 

って彼の顔に跨って、シックスナインの体勢になりました。

 

私にしてみると凄く焦らされてるみたいで、彼には申し訳ありませんが、彼の顔はオマンコの汁でグチョグチョになったハズです。

 

いつものようにおちんちんの先っぽからペロペロして、パックリ咥えてチュポチュポとフェラして2、3回シコシコした途端、

 

「ああぁ!」

 

でまたしてもドバァと精子発射です。

 

(刺激が強かったのかなぁ?)

 

2発目の射精なのに、勢いもすごいし、量もお口いっぱいです。

 

とりあえずゴックンして、彼の舌技に期待しながらシックスナインを続けてたんですが、彼ったらずっと勃起したままなんです。

 

やっぱり若いからなんでしょうね。

 

不倫は夫婦円満の秘訣

 

そのうち彼もコツをつかんだのか、私の弱いところを集中攻撃してきて、もうどうにも我慢できなくなって、さっさとゴムかぶせて、上に跨って彼を迎えました。

 

やっぱりおちんちんがおっきい・・・

 

「あーーーーーーーーぁん」

 

なんて、情けない声が漏れてしまいます。

 

(彼が私の中に入ってる)

 

彼にとって私が初めての女っていう喜びがありました。

 

でもそのよろこびに浸っている間もなく、

 

「ああぁっ、ダメっ!」

 

って3回目の暴発です。

 

ここまできたら、

 

(私も許さないわよ!1回ぐらいいかせて!)

 

とおちんちんを抜かずに構わずに腰を振って、おっぱいも吸わせて、今度は彼に上になってもらってがんばってもらいました。

 

あともうちょっとでイキそう・・・ってところで、また彼が先に爆発しちゃいました。

 

でもイクときの彼の顔がまた可愛いんです。

 

「あぁ、イキそう、あぁ、あぁ、イッてもイイ?あぁっ・・・」

 

って言いながら、私にギューッとしがみついてくるんです。

 

私はイクことができなかったけど、彼がこれだけイってくれたし、可愛い顔に免じて許してあげる。

 

でも、おちんちん抜いた時もまだ勃起したままなのにも驚いたけど、わたしの愛液でシーツ汚しちゃったのには驚きました。

 

「そろそろ帰ろうか」

 

って事になって一緒にシャワーを浴びて着替えてから、

 

「じゃぁ、今度また」

 

って、おやすみのキスのつもりだったのに、彼ったらまた勃起しちゃって、結局ちょっと強引に脱がされちゃいました。

 

私、強引なのは初めてだからなんか感じちゃったんです。

 

「イヤイヤ」

 

って言いながらもぐっしょりオマンコが濡れてしまってました。

 

気が付けばカーペットに押し倒されて挿入されて夢中で腰を動かしてました。

 

一応は安全日だったんですけど、その場で2回オマンコに中出しで受けとめちゃいました。

 

ちょっと心配だったんですけど、お腹の奥に精子がピュッピュッと当たる感触はやっぱり最高かも知れません。

 

妊娠もしなかったし。

 

でも、若いってやっぱりスゴイです。

 

帰りのエレベーターだって車の中だって彼のおちんちんは硬いいままで、私は触られっぱなしで指まで入れられちゃいました。

 

そんな状態だから別れ際は、私から彼のファスナーを下ろしておちんちんをフェラしてあげましたが、さすがに精子の量は少なかったですよ(笑)

 

いくら若いといってもここまで凄いと絶倫ですよね。

 

今回は初めてのデートのレポートでしたが、彼とはそれ以来、週1ペースでデートしています。

 

2回目のデートの時に結婚してる事バラしちゃったけど、続いてるんです。

 

もう半年ほどになりますが、今ではめっきり上達してちゃんと私をイカせてくれます。

 

最初は罪悪感ありましたが、外で不倫している分は月1、2回の主人とのセックスの時に誠心誠意ご奉仕しています。

 

そうする事で主人もはりきっちゃって、前より愛のある濃厚なセックスになりました。

 

案外、不倫って夫婦円満の秘訣だったりするのかもしれませんよ。