Pocket

巨乳小学生 パイズリ
画像はイメージです

 

おっぱいチラ見してるのがバレた

 

僕の小学校は6年生まで男女一緒に教室で着替えていました。

 

やっぱり6年生にもなると、女子のおっぱいの膨らみが気になるものです。

 

女子の目を盗んで、横目で胸元をチラチラ見ていました。

 

中にはすでにおっぱいが大きい子もいて、僕の隣に座っていた滝沢って子のおっぱいは相当なものでした

 

胸元を覗き見るには、体操着を脱ぐ瞬間が最大のチャンスで、何度も横からチラ見しては興奮していました。

 

ところがある日、チラ見した瞬間に彼女と目が合ってしまい、軽く睨まれると、

 

「Y、後でちょっと屋上来なよ」

 

と、おっかない声で言われました。

 

ビビリながら屋上に行くと、

 

「あんた、いつもあんな風に私の胸見てたの!?」

 

と彼女に凄まれて、怖かったので仕方なく頷くと滝沢は、

 

「先生に言っちゃおうかな~」

 

と今度は一転、ニヤニヤしながら脅してきました。

 

僕が、

 

「やめてくれ、悪かった」

 

と必死に謝ると、滝沢は急に小悪魔的な態度に変わり、

 

「じゃあ、お詫びにあんたのチンチン見せてよ」

 

と言ってきました。

 

僕は驚いて、

 

「冗談じゃない」

 

と言うと、

 

「何言ってんの、これでおあいこでしょ」

 

と滝沢は言ってきました。

 

それでも僕が、

 

「でも、俺だってお前の・・・む、胸、まともに見たわけじゃないし・・・」

 

と渋ると滝沢は、

 

「じゃあ、あんたが先にチンチン見せたら、私の胸も見せてあげるよ」

 

と言いました。

 

さらに滝沢は、

 

「どうせあんたのチンチンなんて、隠すほどのものじゃないくせに」

 

とか

 

「Yのチンチンって小さそう、なんか小さそうな顔してるもん」

 

とか、見たこともないくせに小馬鹿にしたように笑っていました。

 

僕はかなり悩みましたが、滝沢のおっぱいは見たくてたまりません。

 

それと勝手にチンコが小さいと決め付けられたことにも頭に来たので、思い切って僕はズボンとパンツを脱ぎました。

 

滝沢は僕のチンコをじっと見つめてきました。

 

すでに陰毛が生えていました

 

すると滝沢はニヤッと笑って、

 

「ほーら、やっぱりわたしの予想した通りじゃん」

 

と言いました。

 

「予想ってなんだよ」

 

と僕が強がって言うと、

 

滝沢は、

 

「Yのチンチンが小さいってことに決まってんじゃん」

 

と笑いながら言いました。

 

滝沢は人差し指で僕のチンチンを測ると、

 

「このチンチンさぁ、弟のより小さ~い。わたしの弟、まだ小3だよ」

 

と、笑いながら僕のことを馬鹿にしてきます。

 

僕は悔しかったですが、これでおっぱいが見れるなら我慢です。

 

「おい、約束どおり、お前のおっぱい見せろよ」

 

と言うと滝沢は、

 

「はいはい」

 

と軽く受け流し、上着とシャツを脱いでスポーツブラを外しました。

 

僕は思わず息を飲んで、滝沢のおっぱいを見つめました。

 

これまで横から覗き見してきましたが、真正面から見た彼女のおっぱいは、予想以上のボリュームでした。

 

まだ小学6年生でありながら、揺れるくらいの大きさはあったと思います。

 

ピンクの乳首も大人の女性のように、ハッキリと形になりかけていました。

 

僕は彼女のおっぱいを見て、当然のことながら、その場で丸出しだったチンコが痛いくらいに勃起してしまいました。

 

滝沢は僕のチンコを見て、

 

「あ、勃起してきた」

 

と冷静に指摘してきました。

 

「仕方ないだろ」

 

と僕が真っ赤になりながら言うと、

 

「まあ、しょせん男だもんね」

 

とまた軽く受け流されてしまいました。

 

完全に自分の胸が男を欲情させることを知ってるような口ぶりでした。

 

さらに勃起した僕のチンコを見て、

 

「大きくなっても、たいしたことないね。ちっちゃ」

 

と、またも馬鹿にされてしまいました。

 

「Y、これで目一杯なの?」

 

と彼女が聞いてきて、俺はもう痛いくらい限界まで勃起していたのでコクリと頷くと、

 

「Tの普通の時に敵わないじゃん」

 

と笑いました。

 

Tとは僕たちのクラスの男子で、体格が良く、スポーツも出来て、いわゆるガキ大将的な男子です。

 

(なんで滝沢はTのチンコのことを知ってるんだろう)

 

と疑問に思いましたが、聞くのが恐かったので、僕からは何も言いませんでした。

 

さらにここまで見せ合ったことだし、お互い気分が開放的になっている雰囲気だったので思い切って、

 

「ねぇ、下も見せて」

 

と頼んでみました。

 

滝沢はさすがに、

 

「えっ」

 

という表情をしましたが、自分の方は胸どころか下半身を見せてるんだから不公平だろと
必死に食い下がると、彼女も観念したらしく、

 

「仕方ないか、まあ、あんたの勃起したチンチン見ちゃったしなぁ」

 

と言うと、スカートのファスナーを下ろし、パンティー1枚だけになりました。

 

彼女のパンティーは、完全に大人のものではなかったのですが、丸っきり子供のショーツというわけでもありませんでした。

 

色は黒に近い褐色で、子供心にも、

 

(エロいな)

 

と思いました。

 

滝沢はそこで手を止め、

 

「ねえ、どうしても見たい?」

 

と聞いてきました。

 

さすがの彼女もためらっているようでした。

 

僕が、

 

「見たい!」

 

とハッキリ言うと、

 

「はぁ」

 

とため息をついて、

 

「T以外に見せることになるなんてな~」

 

と独り言のように呟くと、おもむろにパンティに手をかけ、

 

「サービスね」

 

と言って、スルリとパンティーを下ろしました。

 

僕は今の滝沢の言葉が気になりましたが、彼女がパンティーを下ろした瞬間、食い入るように滝沢のオマンコを覗き込みました。

 

滝沢のオマンコは、僕のツルツルでまだ陰毛が生えてない股間とは違い、毛がこんもりと生えていました。

 

今から考えても、大人並で相当に毛が濃かった方だと思います。

 

毎日セックス?

 

僕は思わず、

 

「スゲー、もう毛が生えてんのかよ」

 

と言うと滝沢は、

 

「当たり前じゃん、あんたが子供なのよ」

 

と鼻で笑ってきました。

 

「女は早いのかな」

 

と僕が言うと、

 

「そんなことないよ、Tだってボウボウだよ」

 

と滝沢は言いました。

 

僕は滝沢のその言葉にさっきから、

 

(まさか)

 

とずっと思っていましたが、ついに、

 

「なんでTのチンコの事なんか知ってるんだよ」

 

と彼女に聞きました。

 

滝沢は一瞬、返事にためらっていましたが、

 

「・・・それは・・・Tとエッチした時に・・・」

 

と言いました。

 

僕はその言葉に心底ビックリして、

 

「ええっ!あいつとセックスしたの?」

 

と、つい大声で叫んでしましました。

 

滝沢は、

 

「うん、まあね」

 

と腹を決めたのか、あまり恥ずかしそうでもなく、あっさりと答えました。

 

僕にとっては、セックスなんてものは大人のすることで、遠い存在でした。

 

でもこれでさっきの

 

「T以外に見せることになるなんてね」

 

という言葉がハッキリしました。

 

滝沢は既にTに何度もオマンコを見せているのです。

 

そして滝沢が、Tとなんとなく仲が良いのは知っていましたが、まさか既にセックスまでしていたとは驚きです。

 

「いつから?・・・何回?・・・」

 

と僕が矢継ぎ早に質問すると、滝沢はやれやれという表情で、

 

「小6になったころから、最近は家に誰もいない時は、毎日してるかな」

 

とサラリと答えました。

 

(毎日・・・)

 

僕は思わず絶句しました。

 

クラスでいつも話したり遊んだりしているTと、目の前のおっぱいの大きな滝沢が毎日ベッドの上で二人で裸になって絡み合いながらセックスしているかと思うと、ものすごく興奮してきました。

 

僕が思わず、

 

「気持ちいいの?」

 

なんて馬鹿な質問をすると滝沢は、

 

「まあね」

 

と余裕の表情で答えました。

 

「あいつのチンコが大きいから?」

 

とこれまた馬鹿な質問をすると、滝沢は僕の短小包茎チンコを覗き込んで、

 

「・・・そうかもね(笑)、Tのチンチンって大きくなると、あんたの倍くらいはあるし・・・」

 

とクスクス笑い声を漏らしました。

 

僕はその話を聞き、当然のごとく

 

(滝沢とセックスしたい)

 

と思いましたが、滝沢もそれを見越しているようで、

 

「あんたの小っちゃいのじゃねえ・・・Tのと比べると子供のチンチンだしね」

 

と釘を刺してきました。

 

チンコをシゴいてくれた

 

とはいえ、このままじゃ僕のチンコが収まりがつかないと同情してくれたのか、

 

「これも出血大サービスだよ、こんなお子ちゃまみたいなチンチンにさぁ」

 

と言うと、滝沢は右手の親指と人差し指を僕のチンコにあてがい、上下にコスコスとシゴき出しました。

 

(滝沢が・・・僕のチンコを手でシゴいてくれている・・・)

 

僕は突然の快感に、

 

「ああっ・・・」

 

と声を漏らすと、

 

「一度だけだよ」

 

と滝沢は大人の笑みを浮かべながらチンコをシゴいてくれました。

 

その手つきは非常に馴れたもので、男の快感のツボを心得ているようでした。

 

何度もTのチンコで実践を重ねてきたんでしょう。

 

僕は快感で混乱しながらも、

 

「こんなのいつもTにしてんの?」

 

と分かりきったことを聞くと、

 

「まあね、Tのチンチンおっきいから両手使うけど」

 

と言って、

 

「彼にはフェラもするけど、あんたのチンチンは皮被ってるからダメ」

 

と冷たく言い放ちました。

 

改めて滝沢の裸を見ると、すごくセクシーでした。

 

滝沢のおっぱいをガン見しているとそれに気がついた彼女は、

 

「わたし小学生にしてはおっぱい大きいでしょ?」

 

と得意げに言ってきました。

 

僕は、

 

「うん、すげぇ巨乳、クラスの女子で一番大きいかも」

 

なんて言ってご機嫌を取りながら、そのおっぱいを揉みたくてたまりませんでした。

 

もうここまで来たら思い切ってお願いしてみようと思い、

 

「触ってもいい?」

 

と聞くと、滝沢はまったく嫌がる様子もなく、

 

「いいよ、童貞君」

 

と、僕を完全に子ども扱いして鼻で笑いました。

 

僕が恐る恐る手を伸ばして滝沢のおっぱいを触ると、やはりかなりのボリュームでした。

 

最初はゆっくり触りましたが、徐々に大胆に鷲掴みにしたり、乳首を弄ったりしました。

 

もっと触りたくて手コキを一旦中断してもらい、滝沢のおっぱいを夢中で揉みました。

 

そして乳首を舐めました。

 

僕はチンコをシゴかれていた時以上に興奮して、滝沢の巨乳に顔を埋めました。

 

滝沢は大して動じた様子もなく、

 

「Tもそうだけど男の子っておっぱい好きだよねー・・・でもTなら何も言わずいきなり揉んでくるよ、やっぱりYって子供だね」

 

と、何かとTと僕を比較してきます。

 

(そのTは滝沢にフェラチオまでされてるのか)

 

と、今さらながら羨ましくなりました。

 

なんとなく知っていた知識を利用して、

 

「ねえ滝沢、シックスナインしたい」

 

と僕が言うと、滝沢は感心したように、

 

「へー、そんなことも知ってるんだ、一度もしたことないくせに」

 

と呆れたように言われてしまいましたが、

 

「まあ、いいか」

 

と言うと、僕が床にあお向けに寝て、彼女が手際よく上になって、シックスナインの体勢になりました。

 

フェラチオとパイズリ

 

とは言え、まったくの未経験である僕は何をしていいかよく分かりません。

 

とりあえずコチョコチョと滝沢の濃く生えそろってる陰毛やオマンコを弄って、

 

(これだけでいいのかな?)

 

と疑問に思いました。

 

薄っぺらい知識では、男は女のオマンコを舐めるものだと知っていたからです。

 

とはいえ舐めるのには抵抗があったので、

 

「あの、Tはさ・・・舐めたりしてるの」

 

と、また滝沢に馬鹿なことを聞くと、

 

「そりゃ~ね」

 

という答えが返って来ました。

 

ここまで来たらTに負けられないという思いがあったので、僕は思い切って滝沢のオマンコを舐めました。

 

なんとも形容しがたい感触と味がしましたが、一度舐めると開き直れたのか、何度も何度もベロペロとオマンコを舐めてしまいました。

 

しかしテクニックもへったくれもなかったので、滝沢はごく平然とした声で、

 

「くすぐったいだけ・・・全然感じないわよ」

 

と言ってきて、

 

「仕方ないか・・・」

 

と独り言のように呟くと、突然僕のチンコの感触が生温かくなりました。

 

僕は自分のチンコが滝沢の口に咥えられていることに気づき、

 

(うっそー!?まじ!?)

 

と内心叫んでいると滝沢は、

 

「まあこれで不公平じゃないし」

 

と言ってきました。

 

僕が思わず滝沢のオマンコを舐めるのを忘れ、生暖かい感触に感動していると、今度はチンコが柔らかい感触に包まれました。

 

僕が必死になって顔を上げて見ると、どうやら滝沢はおっぱいに僕のチンコを挟んでくれているんです。

 

すると滝沢は、

 

「ありゃりゃ、ぜんぶ埋まっちゃう」

 

と呆れたように言いました。

 

「Tのチンチンだったら、余裕ではみ出ちゃうのに・・・Y、あんたの小さすぎ!」

 

と滝沢は言いました。

 

僕が、

 

「お前のおっぱいが大きすぎるんだ」

 

と言い返すと、滝沢はまんざらでもない様子でその堂々たる巨乳に手をあて、

 

「そうよねえ、私のこのおっぱいも罪よねえ」

 

と笑いました。

 

結局、滝沢の巨乳だと僕のチンコが全部埋もれてしまい、フェラチオとパイズリを同時にするのが無理だと分かったらしく、乳首で擦るだけにしていました。

 

でもその感触もめっちゃ気持ちよく、滝沢の巨乳のピンクの乳首が僕の短小チンコを上下するたびに、思わず声を漏らしてしまいました。

 

もちろん同時進行で滝沢の唇と指もチンコを上下しています。

 

その時、急にお腹がせりあがるような感触が迫ってきて、

 

「あっ」

 

と思う間もなく、滝沢の口に勢いよく射精してしまいました。

 

想像しながらオナニー

 

滝沢も僕がいきなり射精してしまったのにさすがに驚いたみたいで、

 

「ちょっと、いきなりすぎー!早いよ~」

 

と、ちょっと怒ったように言ってきました。

 

確かにまだ滝沢にフェラされ始めてから1分も経ってなかったと思います。

 

しかも滝沢は喘ぎ声ひとつあげず、僕は一方的に滝沢のフェラとパイズリでイカされただけで、何ひとつ出来ませんでした。

 

僕が虚脱状態になっていると、滝沢は口の中の僕の精液を飲み込んでくれました。

 

「なんかTのよりうすーい」

 

と言って、

 

「でもやっぱり美味しくない」

 

と、渋い顔をしました。

 

「どうだった?気持ちよかったっしょ?わたしのフェラとパイズリ」

 

滝沢がニッと笑って聞いてきました。

 

確かにフェラチオの舌の動かし方もものすごく上手でしたが、なんと言っても滝沢の一番の武器はその巨乳でした。

 

「やっぱりパイズリは私みたいに胸がないとね。私のおっぱいはクラスで一番なんだから」

 

と滝沢は胸を反り返して小学生離れした自慢の巨乳をひけらかしました。

 

うちのクラスにはあと何人か、おっぱいが大きそうな女子がいます。

 

一人はただのデブで論外ですが、もう一人のMという子とはいい勝負です。

 

そのことを指摘すると、

 

「Mちゃんは私より背が10センチぐらい高いから、比率で私の勝ちだもん。それに服着てると分からないけど、脱ぐと私の方が少し勝ってるよ」

 

と、ちょっとむきになって言ってました。

 

僕は、

 

「Tは滝沢のフェラチオやパイズリで、どのくらい持つの?」

 

と聞いてみました。

 

同じ男として気になっていたのです。

 

滝沢は、

 

「たぶん2~30分は持つよ・・・ていうか、彼、前戯でイッたりしないし、それが普通だよ」

 

とか、

 

「チンチンが子供だと早漏なんだね。短小、包茎、早漏って揃っちゃってたらしょうがないじゃん」

 

とか言われて、僕はかなりへこみました。

 

その後、お互いに服を着た後も、僕はいろいろとTとのセックスのことを滝沢に聞きました。

 

最初はお互いにぎこちなかったけど、すぐに二人とも慣れて上手くなったこと。

 

いつも舌を入れ合うディープキスの後から、さんざんTから服の上からおっぱいを揉まれ、やがて押し倒されて、着衣のシックスナインから始めること。

 

最近は、Tのクンニと指テクが上達してきて、たいてい滝沢が先にイカされてしまうこと。

 

Tのチンコをフェラチオをしていると、僕の小さいチンコと違って、大きすぎて喉に引っかかるから、実はちょっと嫌なこと。

 

挿入前にはお互いに全身を舌で愛撫して、イチャイチャしながら服を脱がしあって、Tは何度も滝沢の耳元で、

 

「愛してる」

 

って言ってくること。

 

そして何度も、

 

「ねえ、入れて欲しい?」

 

と問いかけてきて、我慢できなくなった滝沢は、

 

「入れて!Tのおっきいオチンチン、早く私のオマンコに入れて!」

 

と言ってしまうこと。

 

そしてじっくり焦らされて挿入してきた後は、Tは野球で鍛えた体を活かして、かなり激しくピストンをしてきて、Tがイク前にたいてい滝沢は2回はイッてしまうこと。

 

そしてさらにエスカレートしてくると、Tはバックに回って、滝沢の巨乳を激しく揉みながら、背後からガンガン突いてくること。

 

滝沢もそんな時は失神しそうなほど気持ちよく、

 

「T、好き!好き!大好き!!」

 

と叫んでしまうことなど、いろいろ大人のセックスというものを教えてくれました。

 

もちろんその話を聞いている最中、僕のチンコがまた勃起してしまい、滝沢に呆れられ、

 

「もう・・・これ自分で抜きなよ、私とTのセックス想像してさ、このちっちゃい包茎チンチンを手でシコシコ~って」

 

と言われてしまいました。

 

残念ながら、この時はこれ以上のことはなく、このまま終わりました。

 

しかし僕はこの日から、

 

(滝沢が毎日のようにTとセックスし、同じ歳でありながら僕の短小チンコの倍以上あるTのたくましいた巨大チンコでオマンコをガンガン突かれ、Tの腕の中であの巨乳をぶるんぶるん震わせながらヨガってるんだろうな~)

 

と、二人の激しいセックスを想像しながら、毎日オナニーすることになりました。