Pocket

人妻 挑発 欲求不満
画像はイメージです

 

若い男の子を挑発

 

私は四十路の人妻なんですが、性欲が強いみたいで今でもセックスが大好きなんです。

 

でも結婚して年数が経つにつれ、夫婦の営みは少なくなってきました。

 

当たり前のことなんでしょうが、私としては欲求不満です。

 

悶々とした日々を過ごすある夏の日、娘(18歳)の彼氏と、彼氏の先輩の康介君(20歳)が家に遊びに来ました。

 

この日は蒸し暑い日だったので、私はシャワーを浴びて汗を流し、バスタオル一枚だけでリビングのソファーで冷たいお茶を飲んで涼んでいました。

 

ふとリビングのドアに視線を向けると、ドアの隙間から康介君がズボンの上から股関に右手を添えて、私を覗き見ているのが分かりました。

 

20歳の若い男性が私を意識してくれていることに嬉しくなり、もっと大胆な行動に出ました。

 

私は右足をソファーの上に置き、毛を剃っていたパイパンのオマンコが見えるように挑発しました。

 

康介君は添えていた右手を上下に動かし出し、私もそんな姿を見て興奮し始めました。

 

ソファーから腰を上げると、立ち上がった時に体に巻いたバスタオルがヒラリと取れ、私はスッポンポンになりました。

 

康介君の反応を見たくて、全裸のままでリビングを歩き回りました。

 

康介君の方を見ると、ズボン越しにおちんちんがパンパンに腫れ上がっているのが分かりました。

 

康介君の方にお尻を突き出してしゃがんでみたその時、康介君はドアを開けてリビングに入ってきました。

 

トイレでフェラチオ

 

私の大きなお尻に抱きつき、

 

「おばさん、ヤラせて!お願い、我慢出来ない!」

 

とズボン越しに硬く勃起したおちんちんを私の足に擦り付けながら言ってきました。

 

そんな姿を見た私のオマンコはすでに濡れ始めていました。

 

私は頷き、康介君の手を取り、

 

「娘と彼氏がいるから、ここではダメ」

 

と言ってトイレに連れて行きました

 

トイレに入ると、康介君はスッポンポンの私に抱きつき、キスをしてきました。

 

康介君の舌が私の舌といやらしく触れ合い、絡み合いました。

 

そして私の右乳首に吸い付くと、ペロペロと舐めたり吸ったり軽く噛んだりしてきました。

 

私はうっとりし始め、思わず声が

 

「アッ、アウン」

 

と漏れてしまいました。

 

康介君の右手は私の左乳首をコリコリと摘んだり撫でたり、軽く引っ張ったりしています。

 

私のオマンコからエッチなお汁が垂れ始めるのを感じました。

 

私はしゃがみ込んで、康介君のパンパンに膨らんだズボンのベルトを外してチャックを下げ、ズボンとパンツを脱がしました。

 

康介君のおちんちんは、天を仰ぐ勢いでいきり立っていました。

 

「凄いわ、若くて逞しいおちんちんね」

 

おちんちんの先から微かにカウパーが出て光っていました。

 

私はおちんちんの先から根元までクンクンと匂いを嗅ぎ、カチカチのおちんちんの亀頭を舌でペロペロ、カリ首をペロペロ、長い竿をペロペロし、そして口いっぱいに咥えました。

 

康介君のおちんちんは、硬さ、太さ、長さ、大きさ、全てが私好みでした。

 

私は激しく頭を上下左右に動かし、スッポンみたいに吸い付いてバキュームフェラしました。

 

よっぽど気持ちよかったのか、康介君はあっという間に私の淫らな口の中で射精しました。

 

私の口の中は、若い康介君のザーメンでいっぱいになり、ゴクンと喉を鳴らして飲み込みました。

 

欲求不満を解消

 

康介君はスッキリした笑顔を見せて、

 

「おばさんのマンコ舐めさせて」

 

とお願いしてきたので私は、

 

「いいよ、気持ちよくして」

 

と言って便器に座り、オマンコを突き出すようにしました。

 

康介君はしゃがんで私のオマンコを両手で掻き分け、クリトリスを舌先でペロペロと舐め始めました。

 

私は気持ちよくなりましたが、声が出るのを抑えました。

 

康介君は舐めながら、オマンコに右手の中指を入れてきました。

 

中指で掻き回して私を気持ちよくしてくれたので、オマンコは愛液でビチャビチャになっていやらしい音を立てていました。

 

私は思わずイッてしまいました。

 

康介君は私がイッた姿を見て興奮したのか、おちんちんはまたギンギンに勃起していました。

 

そして康介君は、

 

「また勃起しちゃった、おばさんのいやらしいマンコに挿れさせて」

 

と言うので、私は便器に両手をついてお尻を突き出しました。

 

「いいよ、康介君の若くて硬いおちんちん入れて私を気持ちよくして」

 

と言いました。

 

康介君の硬いおちんちんが、ゆっくりと私のビチョビチョオマンコに入ってきました。

 

オマンコからは愛液が太ももまで垂れていました。

 

康介君は、

 

「はぁはぁ」

 

言いながら、私のオマンコの感触を確かめるように腰を上下左右に動かしていました。

 

しばらくして康介君は、

 

「おばさん、もう出ちゃいそう」

 

と言うので私は、

 

「いいわよ、お尻にかけて」

 

というと康介君はオマンコからおちんちんを抜いて、私のお尻にピュッピュッと射精しました。

 

康介君はトイレットペーパーでお尻にかかった自分のザーメンを拭き取ってくれました。

 

私は振り返って康介君のおちんちんをペロペロと舐めて、綺麗にお掃除フェラしてあげました。

 

そして康介君に、

 

「気持ちよかったよ」

 

とニッコリ笑ってキスして先にトイレを出て、お風呂場に行ってシャワーを浴びました。

 

トイレの前から、

 

「康介先輩、トイレ長いけどお腹の調子悪いんですか?」

 

と娘の声がしました。

 

「ここのトイレ居心地いいから」

 

康介君の声が聞こえました。

 

娘の部屋から、また3人の笑い声が聞こえて来ました。

 

若い男の子とセックス出来て久しぶりに満足しました。

 

康介君と携帯のアドレスも交換したし、これからは今までの積もり積もった欲求不満を解消するために若い男の子といっぱいセックスするつもりです。