Pocket

指マン
画像はイメージです

 

私をイカせるのにはコツがあります

 

私は25歳のOLです。

 

某出会い系で、写メ必須の条件でセフレ募集したところ、話も早く顔もまあまあだったので、取り敢えず会う約束をしました。

 

そしたら高速を逆方向に走ったとかで一時間遅刻してきました

 

でも謝ってる時の笑顔が可愛かったので許すことにしました。

 

彼の車に乗り込み、談笑しつつも遅刻をチクチク責めつつホテルへ直行です。

 

彼は30歳で年上だけど、素直でドシなところにキュンキュンしつつ、ホテルに到着した所で今更ながらOKか確認です。

 

一応OKだったらしいけど彼は、

 

「最近の若い子はどうなってんのかと思った」

 

とのことです。

 

若い子扱いしてくれるとは、中々嬉しいじゃないの。

 

それぞれシャワーを浴びてベッドで横になって談笑していると、彼はスイッチが入ったみたいで、おもむろにバスローブの上からソフトタッチしてきました。

 

首から胸へと手を這わせてきます。

 

少しずつバスローブの中へ進入してくる手の感触がもどかしくて気持ちいいです。

 

彼は触り方がすごくソフトな上に、オマンコを触るかと思ったら焦らして太ももを撫でたり、乳首を舐めるかと思いきや脇に行ったりでゾクゾクします。

 

ようやくクンニしてもらえる頃には、もうオマンコはトロトロでハァハァ状態です。

 

ピチャピチャと舐め回されたり、尖らせた舌でクリトリスをツンツンされたりして気持ちよすぎです。

 

おまけに指に丸みがあって太いので、クンニされながらオマンコに指を挿入されると、もう人間じゃなくて触手か何かに犯されてるような感覚です。

 

ヌポヌポニュルニュルって感じでスゴいんです。

 

指も2本、3本と入れられて激しく出し入れされたりしたんですが、激しい快楽というよりは、まったりと心地よい快楽です。

 

延々と責められて

 

「アンアン」

 

と喘いでいると、無言で責めてくれてた彼が突然、

 

「おかしいな、なかなかイかないね」

 

と急にテンションダダ下がりです。

 

(あら、止めちゃうの?そうよねイかないもんね)

 

ちょっぴり残念です。

 

彼も不本意らしく、首を傾げて残念そうな様子です。

 

自分がイクより、相手をイカせたい派らしいです。

 

いい人じゃないの。

 

(私をイカせるのにはコツがありましてね)

 

と思いつつも言いません。

 

頑張る彼を見たいんです。

 

実は射精していた?

 

一段落してお礼を言いつつ攻守交代です。

 

見た目以上に筋肉質でガタいのいい彼の体を撫で回して、乳首やおへそ付近を舐めます。

 

いい体な上に肌も滑らかでやる気が出てきます。

 

さらに下へ移動しておちんちんにご対面です。

 

これまたすごく良いおちんちんです。

 

太すぎず細すぎず、長さがあります。

 

しかも硬い、かなり硬いです。

 

(バイブか?)

 

と思うほど硬くて素晴らしい。

 

あまり自分からフェラする方じゃないんですが、ついつい口が引き寄せられました。

 

おちんちんの根本から裏筋に舌を這わせて、亀頭をパクりと咥え込みます。

 

確かに硬い。

 

しかも咥えてみると見た目以上に太く感じます。

 

それを喉の奥までディープスロートで飲み込むと、口の中がおちんちんでいっぱいです。

 

(私のお口がおちんちんにに犯されてるーっ)

 

て感じがして興奮しました。

 

しかし、なぜか彼の反応がいまいちです。

 

それならばと、手でおちんちんの根元を擦りながら、亀頭部分を上下にジュポジュポすると、急に腕を捕まれて強引に攻守交代です。

 

私も興奮していたので、

 

(そのまま獣のようにオマンコに突っ込まれて犯されたい)

 

と思ったんですが、彼は優しいです。

 

再び手マンとクンニで愛撫してくれました。

 

(やっぱり気持ちいい!)

 

でもいい加減、そろそろオマンコを突いて欲しいです。

 

ハァハァしながら、

 

「もう入れて・・・」

 

っておねだりすると、彼も了承してコンドームをつけようとするんですが、なかなか装着できません。

 

(何やってんの?)

 

様子を見るとなんと、彼のおちんちんが萎えていました。

 

(何でだ?あの硬さはどこへ行ったの?)

 

問いつめると、実は彼はクンニしてる時に1回射精したらしいんです。

 

そういわれると確かに濡れているとこがあるじゃありませんか。

 

ドジすぎる。

 

けどやっぱり笑顔は可愛いし、勃起しないものは仕方ありません。

 

しばし休憩します。

 

彼の指とおちんちんが素晴らしい

 

その間に、イかせる為の予習なのか、どこが弱いのかとかイったことあるか等、質問責めにされました。

 

しかし、

 

(知りたければ己の手で探り出せ)

 

とはぐらかしながら、また会いたい気持ちを匂わせます。

 

だって手マンとクンニが素晴らしいんですもの。

 

その他色々と談笑していると、大丈夫そうとのことです。

 

おちんちんが萎えないうちにという私の思惑とは別に、彼はまた律儀に手マンとクンニをしてきます。

 

いや、気持ち良いけどさ。

 

仕方なく、私の弱いところを教えるべく喘ぎ声を微調整しました。

 

ようやく、

 

「分かった、ココだ!」

 

とついに私の弱点の一つ、クリトリスを強めにグリグリ擦ることに気付く彼。

 

言葉で伝える代わりにアンアン喘ぎました。

 

要領さえ分かれば彼はテクニシャンです。

 

めちゃくちゃ気持ちいいです。

 

演技するまでもなくアンアン喘ぎ、疲れてきた所でコンドームを装着します。

 

ようやく正常位で挿入してくれました。

 

(あぁ・・・やっぱり硬い・・・気持ちいい・・)

 

優しさなのか何なのか、彼はあまり動かずにおっぱいやオマンコを触ってきます。

 

おちんちんが入れられた状態でクリトリスをグリグリされるのがたまりません。

 

彼も、

 

「おー!スゴい締まってるっ!」

 

とお喜びの様子で私も嬉しいです。

 

でもやっぱりオマンコの奥をガンガン突かれたいので、

 

「動いて、イっていいよ」

 

とおねだりました。

 

私がイってないのが気になる様子みたいだけど、

 

「イイから・・・お願いっ!」

 

とダメ押ししました。

 

すると激しくピストンしてくれました。

 

長めのおちんちんがオマンコの奥まで届いて、すごく気持ちいい!

 

そのままガンガン突かれ続け、ほどなくフィニッシュです。

 

フィニッシュ後も彼のおちんちんはしばらく硬いままでした。

 

抜いた後もまだ勃起状態で流石に笑っちゃいました。

 

(射精したら萎えるんじゃないの?)

 

おちんちんの神秘です。

 

少しまったりしてからホテルを出ました。

 

お互いセフレにはノリ気なので、多分また会うと思います。

 

彼のマメさと指責めと、硬いおちんちんが素晴らしかったです。