Pocket

義弟 デカチン
画像はイメージです

 

旦那の弟が襲ってきました

 

私は25歳の人妻で1歳の子供がいます。

 

この間、旦那の実家に帰省した時のことです。

 

その晩、旦那は弟の敦志君と2階の部屋でマージャンをしながらお酒を飲んでいたので、私は1歳になる子供と一緒に下の和室で寝ていました。

 

車での長距離移動と気疲れですっかり寝入っていたのですが、夜中にキスをされている感覚で目が覚めました。

 

以前帰省した来た時にも旦那に求められてセックスしていたので、

 

(またか~)

 

と思いつつ、疲れてたし帰省する度にセックスするのは嫌だったので、今回は断ろうと思ったのですが、目を開けると、相手が旦那ではないことにすぐに気付きました。

 

相手は義弟の敦志君でした。

 

敦志君は23歳で、私とも年が近いです。

 

でも旦那の実家に帰省した時に顔を合わせるぐらいで、特に仲が良かった訳でもありません。

 

あまりの突然のことに混乱し、

 

(何で?どうしよう?主人は?)

 

と色んなことが頭の中をグルグルと回って、口をとっさにギュッとつぐみました。

 

敦志君は私が起きたことに気付いたようですが、キスを止めようとはせずに、つぐんでいる私の唇を舌で舐め続けています。

 

片手で私の頭を添えるように押さえ、もう片手で私の片手を押さえています。

 

私が空いた方の手で敦志君の胸をトントンと叩くと、敦志君はキスを止め、私の耳元で、

 

「お姉ちゃん綺麗だよね、一回だけでいいから抱かせてよ」

 

と言い、私の胸を揉みながらまたキスしてきました。

 

バレたら大変だし、このままだと力ずくで本当に最後までされてしまいそうなので、何とか止めてもらう方法を考えました。

 

それに旦那と付き合ってからは旦那としかセックスしてないし、不倫して旦那を傷付けたくありませんでした。

 

すると、敦志君がまた私の耳元に顔を近づけました。

 

「兄ちゃんは飲んで寝てるから絶対起きないよ、俺も彼女いるし一回だけだから、ダメって言ってももう止めないよ、バレると困るし大人しくしててね」

 

そういうとまた無理やりキスをしてきます。

 

私はもうどうすればいいのか分からなくなり、ジッと我慢していました。

 

デカチンでした

 

敦志君はパジャマの中に手を入れ、直接私の胸を揉み始めました。

 

感じていた訳ではないのですが、しつこく乳首を弄られると、乳首が立ってくるのが分かりました。

 

(もう止めさせることはできなさそうだなぁ、仕方ないから一度だけ我慢するか)

 

と思いました。

 

「本当に1回だけだからね、次またしたら今度はバラすわよ」

 

「うん、わかった」

 

敦志君が私の手を取り、自分の股間へ近づけます。

 

体に触れた時、すでに敦志君の下半身がスッポンポンだということに気付きました。

 

敦志君のおちんちんは、すでにビンビンに勃起していました。

 

そのままおちんちんを握らされたのですが、旦那よりも一回り以上大きいデカチンで、凄い硬さでした。

 

最初は敦志君に促されて握ったのですが、そのうち私は自分からおちんちんを上下にシゴいていました。

 

つい、

 

「大きいね」

 

と私が言うと、

 

「そう?兄ちゃんよりも?」

 

と聞かれ、思わず黙ってしまいました。

 

先っぽからはカウパーが出ていて、私の手までヌルヌルになっていました。

 

敦志君は私の頭の上にしゃがみ込み、私の口に硬くなったおちんちんを近づけました。

 

「舐めて」

 

と言われ、私はもう半分諦めた感じでそのままおちんちんを咥え、フェラチオを始めました。

 

寝ながら横向きでペロペロと舐めていると、敦志君は私の頭を掴み、おちんちんを私の口の奥に入れていきました。

 

口に入れると、はっきりその大きさと硬さを実感しました。

 

旦那のおちんちんは根元まで咥えられるのですが、敦志君のは半分くらいまでで精一杯でした。

 

ビンビンになった大きなおちんちんで無理やり口を犯されているようで、とてもいやらしい気分になっていって、オマンコが熱くなる感じがしました。

 

初めておちんちんだけでイキました

 

しばらく私の頭を手で前後させて動かしていたのですが、私が自分からしゃぶり始めると、上のパジャマを脱がされて胸を揉んできました。

 

そして、敦志君は私のオマンコへ手を伸ばしたのですが、フェラチオしているうちに濡れてきたことに気付いていたので、すごく恥ずかしかったです。

 

手がオマンコに触れると敦志君に、

 

「お姉ちゃん、もう濡れてるよ」

 

と言われ、恥ずかしさを隠すためにそのまま黙って敦志君のおちんちんをしゃぶっていました。

 

私のオマンコが濡れているのを確認すると、私の口からおちんちんを抜き、すぐに下も脱がされました。

 

寝ている私の膝を立てて足をM字の形にすると、その間に入り、ビンビンになったおちんちんを私のオマンコに押し当てて、上下するように擦り出します。

 

オマンコは濡れていたため、クチュクチュといやらしい音がしていました。

 

もう入れて欲しかったのですが、敦志君は、

 

「入れて欲しい?いいの?」

 

と意地悪に聞いてきます。

 

その間も硬くなったおちんちんで私のオマンコをなぞるように擦られ、もう入れて欲しくてたまらなくなっていました。

 

「うん、入れて」

 

と言うと、

 

「お姉ちゃんってエロいねぇ」

 

と言いながら、私のオマンコの中にゆっくりとおちんちんを入れてきました。

 

旦那の大きさに慣れているせいか、オマンコがググッと押し広げられていく感じがします。

 

いっぱい濡れていたので痛みはありませんでしたが、敦志君が腰を深く沈めると、私のオマンコは敦志君のおちんちんでいっぱいになり、感じたことのない快感が襲ってきました。

 

「ああぁっ・・・」

 

気付くと私は、敦志君に自分から抱き付いていました。

 

敦志君が私の頭を撫でながら、ゆっくりと腰を動かし始めます。

 

私はどちらかと言うとイキにくい方で、旦那とのセックスでも、自分も手で触りながらでしかイッタ事がありません。

 

なので、好きでもない人とのセックスで、イクなんてことはあり得ないと思っていました。

 

けど、敦志君のビンビンになった大きいおちんちんが出入りするたびに、オマンコの中全体に強い刺激が走り、自然と声が漏れていました。

 

「はっ・・・あっ・・・あっ・・・」

 

「おねえちゃんのマンコ、きつくてめっちゃ気持ちいいよ」

 

敦志君の腰の動きが徐々に速くなってくると、私も敦志君に強く抱きつきながら腰を動かしていました。

 

「おねえちゃんも気持ちいい?」

 

「あんっ、あっ・・・いいっ、いいよ」

 

もう私は気持ち良すぎてたまらなくなっていました。

 

「兄ちゃんとどっちが気持ちいい??」

 

「あっ、んん・・・いやん、そんなの・・・あぁ」

 

「答えてよ、ちゃんと言って」

 

「んんっ・・・敦志君・・・敦志君の方がいいよ・・・あっ」

 

敦志君は興奮したように激しく腰を動かし出しました。

 

私はもうこのままイッてしまいそうなくらい感じていました。

 

敦志君が私の頭を強く引き寄せ、激しくキスしてきました。

 

フェラチオをさせるようにいやらしく舌を私の口へ出し入れされ、口の周りは敦志君の唾だらけになりながら、私は夢中で敦志君の舌を舐めていました。

 

そして敦志君が私の乳首を強くつまみながら、激しくおちんちんで突かれていると、もう我慢できなくなりました。

 

「あぁっ、イキそう・・・イクよっ、いいっ?」

 

「いいよ、じゃあ、俺のこと好きって言って!」

 

「あっ・・・好きっ、敦志君好きっ・・・あ~、イクぅ、あぁー」

 

おちんちんだけでイカされたのは初めてでした。

 

1回だけの約束だったのに・・・

 

敦志君はまだイッておらず、オマンコの中に入れたまま、じっと私を見つめていました。

 

「お姉ちゃん年上だけど可愛いね」

 

キスされて、私も応じてディープキスをしました。

 

年下の、しかも義弟にあっさりイカされ、気持ちよかったものの恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

 

敦志君はキスしたまま、また腰を動かし始めました。

 

私はもうイッていたので敦志君にも早くイッて欲しかったのですが、また凄い快感が襲ってきました。

 

「お姉ちゃん、俺もイクよ」

 

「私もまたイキそう・・・あぁっ」

 

「俺のチンコ、兄ちゃんより気持ちいい?俺のこと好き?」

 

「うんっ 敦志君のおちんちんの方が気持ちいいよっ・・・はぁっ・・・敦志君好きだよ・・・あっ、ダメっ、ダメ、イクーっ!・・・あぁん」

 

敦志君のおちんちんが私のオマンコの中でビクンビクンと脈打ち、お尻の方へ精子がダラーっと垂れているのが分かりました。

 

私たちはしばらく抱き合いながらキスしていました。

 

抱きしめられながら、

 

「また帰って来た時しようね」

 

と言われ、すぐに頷いてしまいました。