Pocket

ヤンキー女子
画像はイメージです

 

やらしたんで

 

俺が高校に入って間もない頃の話。

 

恥ずかしい話だが、偏差値の低い地元の底辺高校に入学した。

 

大阪でもガラの悪い地区で、男も女も近隣の中学校からヤンキー連中ばかりが集まり、リアルなビーバップハイスクールみたいな学校だった。

 

そういう俺も例に漏れず、ヤンキーな格好をしていた。

 

入学して2ヶ月ぐらい経った頃、学食でうどんを食べようと、手に持ってテーブルへ向かう途中、3年生のヤンキー女子の先輩のロングスカートに、ちょっとだけだがうどんの汁をこぼしてしまったのだ。

 

(ヤベっ!)

 

とヒヤヒヤしたが、何度も頭を下げて謝罪してその場は切り抜けることができた。

 

その時はそれで終わった。

 

しかしである。

 

後日、帰り道でその先輩ヤンキー女子に出くわしたのである。

 

「おっ、この前汁こぼしたコやんか」

 

と言われて焦る。

 

「あん時は、スカートすいませんでした」

 

とビビりながら、また全開で詫びた。

 

「ホンマやで、アレからクリーニング出したんやで~」

 

クリーニング代出せとでも言われるかと思ったが、怒って無さそうだったのでホッとした。

 

「なぁ、アンタ暇?ウチにおいでや、もっと喋りたいわ~」

 

ヤンキーだけど見た目は結構な美人で、満更でもない気分だった俺はノコノコついて行った。

 

家はそう広くないけど古いマンションだった。

 

家の中には中学3年だという妹がいたが、これがまた金髪のヤンキー女子中学生。

 

姉とは対照的に、かなり短いスカートの制服に、派手なピンクの靴下を履いて、シンナー入りの袋を持って態度もぶっきらぼうだ。

 

「オネエ、タバコくれや!」

 

喋り方も俺がびっくりするほどガラが悪い。

 

妹にタバコの箱をポイッと放り投げ、シンナーを取り上げて吸うヤンキー先輩。

 

妹からは、

 

「シンナーいるか?」

 

と言われるが、俺にはその趣味は無かったので断った。

 

俺は格好だけのヤンキーだったので、姉妹そろってシンナーを吸ってることに引いていた。

 

部屋には、両親と写る幼い頃の姉妹の写真があった。

 

幼い頃は非常に可愛らしく、まさかその数年後にヤンキー姉妹になる事は想像がつかないような写真だ。

 

自分が父親で娘がこんな風に育ったら、さぞかしショックだろう。

 

3人でタバコを吸いながら、しばらく適当に雑談していたら、そのうち妹が出かけてヤンキー先輩と2人きりになった。

 

2人きりになるといきなり、

 

「やりたい?やらしたんで」

 

と言ってくるヤンキー先輩。

 

早いねん

 

驚いたし、何よりまだ童貞だった俺は戸惑ったが、答える前に舌を俺の口に入れてきた。

 

シンナー臭くて長いディープキス。

 

ずっとレロレロと舌を動かしてくる。

 

キスはシンナー臭いけど、ソバージュの髪からは良い匂いがした。

 

ほとんど逆レイプ状態だが、いつの間にか俺のチンポはフル勃起していた。

 

気づいたヤンキー先姉さんはズボンを脱がせ、フェラチオをしてくれた。

 

味わった事の無い快感に、俺はあっという間にザーメンを発射してしまった。

 

ザーメンを抜き取られてボーッとしていると、ヤンキー姉さんは上着を脱いでブラも外し、ロングスカートも脱いだ。

 

紫のパンティーに紫の靴下。

 

なんか妙なエロさを感じて、再びチンポが勃起してきた。

 

添い寝してエロい目で再びディープキスされながら、紫の靴下を穿いたままの足で、俺のチンポを擦ってきた。

 

この靴下の感触が思いのほか気持ち良い。

 

「気持ちいいっす、ヤバイです・・・」

 

そう言うとヤンキー姉さんは、俺のチンポにコンドームを嵌めてくれた。

 

そして俺に跨り、チンポをマンコの中に入れてくれた。

 

生では無いが、入れただけでめちゃくちゃ気持ちいい。

 

ヤンキー姉さんは小刻みに腰を動かしながら、ディープキスもしてきた。

 

入れた瞬間からヤバかったのだが、容赦なくスピードを上げて来るヤンキー姉さん。

 

高速でグリグリ腰動かされて、たまらず射精してしまった。

 

それでもガンガン擦っていたヤンキー姉さんだったが、さすがに2回も射精したのでチンポは萎えてきた。

 

俺の身体から離れ、

 

「チッ、早いねん(怒)」

 

とイラついた顔をして軽く足で蹴られ、怖い表情にちょっとビビった。

 

ヤンキー姉さんはヤリマンだけど・・・

 

「指入れろや!はよ指入れっ!」

 

キレ気味に指マンを促されて、マンコに指を入れて擦る。

 

「おっぱい吸って!」

 

言われるがままにヤンキー姉さんを気持ち良くしようとするが、明らかに不機嫌モードで正直かなりビビッていた。

 

指マンが上手くいったのか、ようやく喘ぎまくる姿に興奮して、チンポがまた勃起してきた。

 

「勃ってきました・・・」

 

「ほな入れたるわ」

 

「あ、ゴムは・・・」

 

「もうない、生でええやろ」

 

頑張って正常位で入れようとしたら、

 

「お前が下や!上とか10年早いねんっ!」

 

と一喝された。

 

ヤンキー姉さんは騎乗位が好きみたいだ。

 

生マンコではあったが、既に2回射精してるので長持ちできた。

 

すると対面座位で抱き合ってる所に、さっきの妹がヤンキー仲間を連れて帰って来た。

 

焦る俺を尻目に、ずっとズコバコと腰を動かし続けるヤンキー姉さん。

 

誰かが襖を開けようとすると、

 

「今開けんなっ!」

 

と怖い声を張り上げる。

 

襖越しにヤンキーな妹の仲間たちが、礼儀正しくヤンキー姉さんに挨拶する。

 

ぶっきらぼうな返事をしながら、腰を動かし続けるヤンキー姉さん。

 

妹たちが驚かないという事は、たぶんよくある光景なんだろう。

 

ヤンキー姉さんはかなりのヤリマンみたいだ。

 

後で知ったことだが、このヤンキー姉さんは近隣のヤンキー女子軍団を束ねる女番長だと分かった。

 

父親は事故、母親は癌で両親を早くに亡くしたらしく、マンションの家賃や学費は親戚が出してくれていて、姉妹2人で暮らしているらしい。

 

母親が亡くなってから、荒れに荒れたと言うヤンキー姉さん。

 

中1の頃から原付で走り回り、喧嘩や万引きにカツアゲ三昧だったらしい。

 

妹も中学に入る前からシンナーやタバコを吸うようになっていたとか。

 

ヤンキー姉さん曰く、これでも今はかなり丸くなったとの事・・・

 

夜はヤンキー姉さんは水商売でバイトしているらしい。

 

不良ではあるが、親戚に学費も出して貰ってるので、なるべく学校は休まず、卒業はすると決めていると言う。

 

一応の恩義は感じているらしい。

 

最終的にその日はヤンキー姉さんを満足させてあげられたようで気に入って貰えたが、本格的に付き合うとかは無かった。

 

どうやら、水商売のバイト先の常連客と付き合ってたみたいだ。

 

彼氏は一回り年上らしく、頻繁に会ってるわけではないみたいだ。

 

この年上の彼氏と付き合う様になってから、悪さを控えだしたみたいな事も言っていた。

 

ヤンキー姉さんが卒業するまで何度かセックスのお相手をさせて頂いたが、卒業されてから姉妹そろって引っ越したみたいで、それ以降は一度も会っていない。