Pocket

おばさん2人とセックス
画像はイメージです

 

綺麗な熟女とドライブデート

 

高校生の時、近所のおばさんが筆下ろしをしてくれました。

 

相手は信子さんという、母と知り合いの女性です。

 

当時40歳位だったと思いますが、スレンダーで挑発の美人でした。

 

よく家にお茶を飲みに来ていたので、挨拶したり話をしたりしていました。

 

スカートから綺麗な脚が伸びていて、スレンダーなのにおっぱいも結構大きくて、思春期の僕にはドキドキする女性でした。

 

母も、

 

「綺麗ねぇ」

 

と信子さんを誉めていました。

 

信子さんに小学生の子供が二人いるとは思えませんでした。

 

ある時母から、

 

「信子ちゃん、あんたのことをかっこいいって言ってたわよ」

 

と言われました。

 

あんな綺麗な人から言われたらそりゃ嬉しいです。

 

それからしばらく経ったある日、両親が法事に出掛けて留守番していました。

 

適当に昼ご飯を食べようとしたらチャイムがなり、出てみると信子さんでした。

 

「お昼食べた?お母さんから明日までいないから様子見てって言われて」

 

今日は髪をアップにしてイメージが違っていました。

 

「お昼どうぞ」

 

と料理をいただいて食べました。

 

「ねぇ、トシ君、この後は暇?」

 

信子さんに聞かれて、

 

「暇ですよ」

 

と答えると、

 

「じゃあさあ、おばさんとデートしない?」

 

と誘われました。

 

「○○山に行こうよ」

 

と地元にある山にドライブに誘われました。

 

「1時間後に○○のコンビニで」

 

と言われて、1時間後に近くのコンビニで待ち合わせました。

 

車に乗せられてドライブに出かけましたが、信子さんはミニスカート姿に変わっていました。

 

綺麗な脚がすぐ横に見えます。

 

生唾を飲み込みました。

 

話をしながら山頂に着いて、駐車場に車を停めて話をしました。

 

恋愛話になり、ふられた話をしたら、

 

「えー?トシ君を振る女がいるんだ?」

 

と言われ、

 

「あたしが同い年なら絶対にトシ君と付き合うのに」

 

と言われました。

 

そして、

 

「じゃぁまだ彼女出来ないんだ?」

 

と言われたので頷くと、

 

「あたしが彼女になっちゃおっかな?」

 

と笑顔で言ってきました。

 

「信子さんは綺麗すぎて・・・」

 

と言うと、

 

「うふっ、ありがとう」

 

と言われて、

 

「そろそろ帰ろうか?」

 

と車を走らせて来た道を戻りました。

 

そしたら途中で山道を下り、道をそれて林道に入りました。

 

「どうしたんですか?」

 

と聞くと、

 

「車酔いしちゃったみたい、少し休んでいい?」

 

と言って信子さんはシートを倒して横になりました。

 

「大丈夫ですか?」

 

と話すと、

 

「トシ君て優しいね」

 

と顔を触られました。

 

「かわいい」

 

と見つめられて、いきなり起き上がってキスをされました。

 

車を停めて僕のチンポを・・・

 

そしたらシートを倒されて信子さんが上になり、

 

「食べちゃいたい」

 

と何度もキスされました。

 

甘い香りにクラクラしながら信子さんにキスをされて、

 

「いいでしょ?」

 

と聞かれて頷くと、信子さんは微笑んで僕のシャツを脱がせて乳首に吸い付いてきました。

 

「くすぐったい」

 

と言うと、

 

「敏感ね」

 

と言ってさらに吸い付きながら、信子さんは僕の股間を触ってきました。

 

「トシ君たら・・・もうこんなに」

 

とチャックを開けて中に手をいれてチンポを触ってきました。

 

「元気ね・・・」

 

と言って僕のチンポを撫で回し、信子さんはズボンのベルトを外してトランクスだけになりました。

 

それも脱がされて、

 

「凄い立派なおちんちんね」

 

とニッコリしてしゃぶりついてきました。

 

「信子さん!」

 

初めてのフェラチオの気持ちよさに声を上げてしまうと、

 

「おいしいわ」

 

と言って信子さんはチンポを舐め上げました。

 

オマンコに中出ししました

 

嬉しそうに僕のチンポをフェラしてくれる信子さんは、

 

「ビンビンね」

 

と言うと、

 

「あたしの中に来る?」

 

と甘く囁いてきました。

 

頷くと、信子さんは上着を脱ぎ捨ててブラジャーを外しました。

 

スレンダーなのに大きめなおっぱいで、スカートを捲ってパンティーを脱ぐと、

 

「ちょっと起きて」

 

と言われたので起き上がると、信子さんは助手席に来て寝て足を開き、

 

「トシ君のおちんちん入れて」

 

と言ってきました。

 

覆い被さるように迫り、信子さんのオマンコに入れようとしましたが焦ってしまい、信子さんは、

 

「焦らないで・・・ここよ」

 

とチンポを握ってオマンコに押し当てました。

 

「ゆっくり押し込むように」

 

と言われたのでそうしたつもりがまだ入らず、位置をずらした信子さんは、

 

「これでどう?」

 

と言われて押し込むと、

 

「ああん!」

 

と信子さんが声を上げた瞬間にヌルッと滑り込むように入りました。

 

「トシ君のおちんちんが・・・いっぱい!」

 

と声をあげる信子さん。

 

初めてのオマンコの中はヌルヌルして温かかったです。

 

見よう見まねでゆっくり腰を動かしましたが、凄く気持ちいいです。

 

「トシ君の凄い!」

 

と信子さんは声を上げていました。

 

プルンプルンと揺れるおっぱいにも興奮して、直ぐに射精感が高まりました。

 

「トシ君!我慢しなくていいよ、出したくなったら出していいから」

 

と言われてオマンコにチンポを押し込むように激しく動くとたまらなくなり、

 

「信子さん!」

 

と声を上げると信子さんに抱きつかれてそのまま、ビュッ、ビュッ・・・

 

オマンコの中に発射してしまいました。

 

「トシ君のがいっぱい!あんっ!」

 

と抱きつかれながら信子さんは声を上げていました。

 

「トシ君のおちんちん凄いよ」

 

とキスをして微笑む信子さん。

 

「気持ち良かった?」

 

と聞かれて頷くと、

 

「あたしも凄く気持ち良かったわ」

 

と言ってくれました。

 

興奮が覚めやらない僕に、

 

「またエッチしよっか?」

 

と聞かれて、

 

「したい!」

 

と即答すると、

 

「お母さんには内緒だからね?」

 

と言われました。

 

気づけばもう夕方で、信子さんと着替えて帰りました。

 

おばさんの友達ともセックス

 

しかし、セックスの気持ちよさを覚えた僕は、夕飯を持ってきてくれた信子さんに抱きついて、部屋でセックスしてもらいました。

 

それからというもの連絡を取り合って待ち合わせし、ホテルとかでもセックスをしていました。

 

騎乗位、バック、クンニなども信子さんから仕込まれました。

 

なかなか時間が作れないこともありますが、お子さんがサッカーをしている間に人気のない公園でカーセックスもしました。

 

そんなある日、

 

「今日は子供と旦那がいないから家においでよ」

 

と誘われました。

 

夕方に信子さんの家に行って抱きつくと、

 

「今日は駄目よ、今日は人がいるから」

 

と言われました。

 

「留守だよね?」

 

と言うと、

 

「友達が来てるから」

 

リビングに行くと、スレンダーで髪の長い女性がいました。

 

「こんにちわ」

 

「あたしの高校時代の親友で景子」

 

と紹介されました。

 

景子さんは信子さんに負けず劣らずの美人でした。

 

「あなたがトシ君?」

 

頷くと、

 

「可愛い子だね」

 

と景子さんは言ってくれました。

 

「あたしの可愛い彼氏よ」

 

と言って信子さんが僕に抱きついてきました。

 

「いやらしいわね」

 

と景子さんが話すと信子さんが、

 

「会ってみたいって言ったのは誰?」

 

と言いました。

 

そして信子さんが、

 

「今からお楽しみよ」

 

と言うと僕の手を掴んで信子さんに寝室へ連れて行かれました。

 

「トシ君」

 

信子さんは景子さんがいる前で僕をベッドに押し倒してキスをしてきました。

 

「景子の前で楽しもう」

 

と信子さんは自ら服を脱いで僕のも脱がすと、上になってキスをして、おっぱいを押し付けてきました。

 

「トシ君上手」

 

と信子さんが声をあげて景子さんに見せつけていました。

 

信子さんはいやらしく、

 

「もっと舐めて」

 

とおっぱいを押し付けてきました。

 

夢中で乳首にしゃぶりつきました。

 

「んっ・・・あんっ・・・」

 

頭を押さえつけてきて、僕は信子さんにしゃぶりついていました。

 

乳首舐めに夢中になっていると、僕の下半身がムズムズしてきました。

 

チンポに生暖かな感触を感じ、

 

(えっ?)

 

と起き上がると、景子さんがいつの間にか下着姿で僕のチンポにしゃぶりついていました。

 

信子さんが振り向き、

 

「景子!ダメよ!あたしのトシ君なんだから」

 

と言いました。

 

そして起き上がると、

 

「あたしの」

 

と信子さんが言うと、

 

「元気なおちんちんで堪らないわ」

 

と景子さんが僕のチンポをジュポジュポとフェラチオしてきました。

 

信子さんとはまた違う感触で気持ちいいです。

 

「貸して」

 

と信子さんを避けると、景子さんがキスをして首筋から乳首にキスをしてきました。

 

「若いわ・・・」

 

と景子さん。

 

甘い香水が漂い、また違う雰囲気に興奮してしまいました。

 

「あん・・・」

 

景子さんが僕に跨がっていきなりオマンコの中に入れてきました。

 

「ああんっ!凄く硬い!」

 

と景子さんが激しく上下に腰を動かしてきました。

 

信子さんとは違ってウネウネとしたヒダがチンポに絡みついてきて、ビックりしましたがめちゃくちゃ気持ちいいです。

 

「ああんっ!ああんっ!ああんっ!」

 

と景子さんが絶叫した直後に、

 

「イクゥ!イクゥ!」

 

と景子さんが体をビクビクとさせました。

 

倒れ込んだ景子さんを寝かせて、足を開かせてそのままオマンコに挿入すると、

 

「ああんっ!凄い!奥に硬いのが来るぅ!」

 

と景子さんが声を上げます。

 

ヌルヌルになったオマンコの中にチンポを突き入れていくと射精感が込み上げてきました。

 

激しく突き上げて、

 

「凄い!いいっ!」

 

と景子さんが声を上げた直後に僕は絶頂に達しました。

 

オマンコの奥に押し込むようにチンポを突っ込んで、ドピュドピュ射精しました。

 

ダブルヘッダーセックス

 

「す・・・凄いね・・・」

 

景子さんがぐったりしながら話すと信子さんが、

 

「ダメよ、あたしのトシ君なんだから、今日は貸しただけ」

 

と言うと信子さんは、

 

「今度はあたしの番よ」

 

と言って萎えていた僕のチンポ咥えてきました。

 

すぐに勃起が回復すると、信子さんに騎乗位で入れられました。

 

セックスが終了すると三人でぐったりしながら寝て休みました。

 

「ごめんなさいねトシ君、景子が若い子としてみたいってせがむから」

 

と言われました。

 

そして信子さんがシャワーを浴びに行くと景子さんが、

 

「元気だねぇ」

 

と微笑みながら話しかけてきました。

 

「ビックリしちゃった、おちんちん旦那よりおっきいし、硬さが全然違うんだもの」

 

と言われました。

 

「ね?あたしともエッチしない?」

 

と甘く囁かれました。

 

「信子だけじゃ物足りないでしょ?あたしも凄く気持ち良かったし・・・どう?」

 

と言われました。

 

「でも・・・」

 

と迷っていると、景子さんが僕の携帯を取り上げてアドレスを打ち込みました。

 

「ね?信子に秘密で・・・」

 

とキスされ、僕は欲望に負けてしまいました。

 

それからは景子さんが連絡をくれて僕は待ち合わせてホテルに行くようになりました。

 

スレンダーで美人な景子さんが、いやらしく貪欲な姿になっていました。

 

信子さんとも関係を続けて、あるときには午前中に信子さんと会い、午後からは景子さんと会ってダブルヘッダーセックスをしたりもしました。

 

若かったからなせる技でした。

 

高校卒業してからしばらくすると、信子さんが旦那さんの転勤で引っ越ししたので関係は終わりましたが、景子さんとは今でもセックスをしています。