Pocket

淫乱女将
画像はイメージです

 

女将の娘さんとの出会い

 

僕は33才のサラリーマンです。

 

彼女と別れて1年なんですが、最近は毎週末のように家から車で1時間ぐらいの所にある小さな温泉旅館に宿泊するようになりました。

 

この旅館は駅から少し離れていて、食事無しの素泊まり3000円なんです。

 

古い日本家屋で、平日は年配の人がちょくちょく来るみたいですが、土日はあまりお客さんが来ないので静かです。

 

落ち着けてリラックス出来るので、個人的には穴場の宿として気に入っています。

 

ここの女将であるおばちゃんが一人で切り盛りしていて、半年も毎週泊まっているうちに仲良くなってしまい、いつも同じ部屋を開けておいてくれます。

 

湯船に浸かり、温泉から出てビールを飲み、テレビを見て昼寝すると気持ちいいし、体の疲れが取れてきます。

 

平日は残業で忙しいので、週末にこうやってゴロゴロするのが一番の楽しみですね。

 

夜は外に食べに出て、帰りにコンビニでビールを買って戻って来ます。

 

そんなことを毎週楽しみにしていましたが、ある日突然予約の電話が繋がらなくなりました。

 

その週末様子を見に行くと、しばらく閉館しますという張り紙がありました。

 

(どうしたのかな?)

 

心配でしたが、1ヶ月ほどして再び電話すると、若い女性が出ました。

 

ずっと休みだったみたいですが話を聞くと、あの女将が亡くなったということでした。

 

確かに体調はあまりよくないみたいでしたが、僕にはかなりショックでした。

 

旅館は再開したそうなので、予約をして電話を切りました。

 

できるだけ早く行きたかったので、金曜日の夜に会社から直接旅館に向かいました。

 

中にると、

 

「いらっしゃいませ」

 

と若い女性が出てきました。

 

「毎週泊まっていたんですが、このたびは女将さんが・・・」

 

と話をすると、

 

「ご丁寧にありがとうございます」

 

と言ってくれました。

 

その女性は亡くなった女将の娘さんで、OLをしていたんですが、今回のことを機会に旅館の後を引き継ぐことにしたそうです。

 

酔っちゃったかしら

 

いつもの部屋でリラックスして温泉に浸かり、温まるとそのまま外へ出て駅前で食事をしてからコンビニでビールを買って戻って来ました。

 

そしてまた温泉に浸かってからビールを飲んで、テレビ見ながら寝転がると天国です。

 

これまでのように、また毎週行くようにまりました。。

 

娘さんが出てきて、

 

「毎週ありがとうございます」

 

と感謝されました。

 

娘さんは30代前半ぐらいで、年齢は僕とあまり変わらない気がします。

 

綺麗でそそられる体をしています。。

 

初めて見た時はAV女優かと思ったほどでした。

 

いつものように温泉に浸かり、部屋に戻ってビールを飲んでいると、娘さんがやって来ました。

 

「毎晩一人で夜は寂しいから、一緒に飲んで良いですか?」

 

と言う事でした。

 

もちろん大歓迎でした。

 

割と広めの旅館ですし、誰も泊まっていないと夜は恐いというか寂しいと思います。

 

娘さんとビールを飲みながら、お互いの話をしました。

 

僕は彼女に振られてからここに来るようになったことと、平日は残業ばかりで忙しいので、ここに来るとリラックスできるという話をしました。

 

娘さんもOLの頃は忙しい時間を過ごしていたけれど、こちらに戻ってきてからは時間を持て余しているそうです。

 

お客さんがほとんど来ないのに旅館を続けていけるのは、駅前の大きなビルの土地を持っていて、ビルの賃貸収入だけで毎月何百万円と入ってくるから、別に旅館はお客さんが来なくても困らないという話でした。

 

確かに

 

(よく運営していけてるな)

 

と思っていましたから納得です。

 

血のつながっていない母親だったそうですが、後を継ぐ決心をしたようです。

 

次の日の昼間も朝から温泉に浸かり、昼間もビール飲んでいました。

 

そして夜になると、また娘さんがやってきました。

 

いつもはジーンズ姿なんですが、今夜はミニスカートに体の線がピッタリ出て、胸元が覗き見える服を着ていて、僕は思わず生唾をゴクッと飲み込みました。

 

娘さんは今日は飲むピッチが早くて早々に酔ってきた感じです。

 

トロンとした甘い目で僕を見てきます。

 

「酔っちゃったかしら・・・」

 

僕は娘さんの太ももをじっと見ていると、脚が少しずつ開いて行き、パンツが薄っすらと見えました。

 

(僕を誘っている?)

 

すると娘さんは手を胸に当てて、自分で揉み始めました。

 

もう我慢できません

 

僕は思わず手を伸ばしました。

 

すると娘さんのほうから胸を近づけて来ました。

 

右のおっぱいを揉みました。

 

娘さんは甘ったるくエッチな声を出しました。

 

(なんて揉み心地の良いおっぱいなんだろう)

 

2人とも、

 

「ハーハー」

 

と乱れた呼吸をくり返して興奮していました。

 

右手はおっぱいを揉み、左手を太ももに這わせると、さらに脚を開いて来ました。

 

(なんていやらしいスカートの中なんだ)

 

中はもう湿り気とムラムラな匂いが立ちこめています。

 

娘さんの手が僕のズボンの股間に伸びてきてチンポを触りました。

 

チンポを撫でられると理性は吹っ飛んでしまいました。

 

何も言わずにお互いの体を触りっこしてもう爆発寸前です。

 

娘さんの服を脱がせ、ミニスカートをズリ下ろして僕も服を脱ぎました。

 

下着姿で抱き合い、キスして胸とパンツの中を弄ると、娘さんの手も僕のパンツの中に入って来ました。

 

すでに勃起していたチンポを直接触られました。

 

もう我慢できません、すると、

 

「お願い!して!」

 

娘さんも我慢できなくなったみたいで、先に欲しがってきました。

 

2人で布団の上に乗ると、ブラジャーを取ってパンツも脱がせました。

 

プロポーションが良くてとても美味しそうな体に興奮しました。

 

オマンコに手を入れて弄ると、洪水のように愛液が溢れて腰をくねらせています。

 

僕もたまらずにパンツを脱ぐと、抱き心地の良い体に覆い被さりました。

 

「生でいいけど最後は外に出して」

 

「うん、分かった」

 

オマンコにチンポをズズッと押し込んで奥深くに挿入すると、娘さんは大きな声で喘いでいました。

 

めちゃくちゃ気持ちいいオマンコです。

 

オマンコの締め付けに耐えながら胸を揉み、腰を突き続けると、娘さんは悶えながら喘いでいます。

 

「もうダメえーー!!」

 

娘さんの体が固まって動かなくなった後、僕も限界が来てチンポを抜いてお腹に熱い精液をぶちまけました。

 

実は淫乱

 

「ああん、すごいわ、もっとして!」

 

ティッシュで精液を拭き取って大きなおっぱいにむしゃぶりつくと、今度は娘さんが上になりました。

 

チンポを口に入れてフェラチオで勃起させると、腰を沈めてオマンコに入れてきました。

 

「出そうになったら言って、すぐ抜くから」

 

「うん」

 

大きなおっぱいを揺らし、いやらしい腰使いで動く姿は迫力があって興奮しました。

 

(まるでAV女優の腰使いみたいだ)

 

娘さんの2回目の絶頂を迎えた後に僕は、

 

「もうすぐ出ちゃう!」

 

と言うとすぐに抜いてもらい、娘さんがチンポを手で擦ると勢いよく精液をぶちまけました。

 

快感に浸っていると、射精した精液を美味しそうに舐めてくれました。

 

その日は深夜まで何度もセックスをくり返し、最後は2人とも疲れ果てて爆睡しました。

 

翌朝も簡単な朝食を作ってもらい、それから温泉に2人で入ると、部屋に戻ってまたセックスしました。

 

こんなにエッチな気分になったのは久しぶりです。

 

娘さんのエロさに僕はノックアウトされました。

 

「ねえ、もう精子出ないみたいだし中で終わって」

 

そう言われて僕は嬉しくなって、必死にピストンをくり返しました。

 

後ろからオマンコをガンガン突くと、死にそうな声で叫んでいます。

 

(なんて気持ちのいいマンコなんだろう)

 

オマンコの穴の真ん中あたりがきつくて、ピストンするたびに亀頭がクリッ、クリッと強く刺激される感触があって、気持ちよすぎて腰が勝手に動いてしまうほどです。

 

「あーっ!そこーーっ!もっと突いて!突いてえーーっ!」

 

僕はこれでもかとその角度でオマンコの奥深くを突きまくると、娘さんは仰け反って固まりました。

 

オマンコが痙攣し始めたその刺激の激しさに、

 

「あーーーっ!」

 

と叫んで夢中でピストンしてオマンコの奥深くにチンポをグーッと押し込んで最後は中に出し切りました。

 

「うーん、んーっ、もっとして!してしてぇーーっ!」

 

実は淫乱だった娘さんは、すっかり僕のチンポの虜になったようです。