痴女・逆レイプ体験告白

痴女・逆レイプ体験告白

新着 体験談一覧

顔見知りのデリヘル嬢とプライベートで偶然会ったらエッチさせてくれた

爆乳 デリヘル
画像はイメージです

 

馴染みのデリヘル嬢とホテルへ

 

その当時俺はミカちゃんというおっぱいの大きなデリヘル嬢が気に入り、足しげく通っていた。

 

ただ、あんまり収入がある感じでもないので、パチンコに行き、勝ったら会いに行く位のペースだった。

 

この間、近くの駅前のパチンコ屋で5万円分くらい出て、近いうちミカちゃんに会いに行こうとか考えながら打っていた。

 

そしたら横にピチッとしたTシャツにホットパンツという、エロエロの姿をした女が座ってきた。

 

男なので当然気になり、チラッと横顔を見ると、なんとミカちゃんだったのだ。

 

いくらなんでもプライベートで声掛けられるのは嫌だろうなと、気付かない振りしてたらミカちゃんが、

 

「あれ?○○さん」

 

と反対に声をかけてきた。

 

おしゃべりを始めてすぐミカちゃんに当たりが出て、そこから大フィーバー。トントン拍子で12万円分位出た。

 

俺は本当はもう止めようとしてたのだけど、ミカちゃんとプライベートで話す事ができて嬉しくて止めることも出来ず、そのままダラダラ打ち、結局1万円くらいの勝ちにはなった。

 

そして換金して帰ることになったのだけど、俺は車でミカちゃんは地下鉄で来たという話をしていた。俺は

 

「じゃあ近くまで送ろうか?」

 

とダメ元で聞いたら、

 

「本当?いいの?」

 

と結構ご機嫌なリアクション。車の中でミカちゃんが

 

「○○さんさえ良ければ今からお仕事してもいいけど・・・」

 

と言われた。当たり前だがお仕事というのはデリヘルの事だ。俺は悩んだけど

 

「そうだねー、でも今日はミカちゃんにお金払えるほどは勝ってないしな」

 

と率直に言った。そしたら

 

「今日は私が隣で勝たせて貰えたということで・・・」

 

ってタダでさせてもらえるのか。おそらくとても機嫌良かったんだと思う。断る理由なんかない俺は

 

「いいの?じゃあ、お願いしよっと」

 

とラブホに車を走らせた。

 

ラブホにチェックインし、デリヘルでいつもするように2人で荒いっこしながらシャワーを浴びてベッドへ。

 

いつもし始めるように、まずミカちゃんの巨乳を思う存分揉みまくった。タダで揉みしだく巨乳はいつもより揉み応えがあるように感じた。

 

ミカちゃんはGカップで、体は細くクビレていて胸と尻に肉が付いたいわゆるボンキュッボンのボディで、とにかくグラマラス。

 

そして爆乳の感度もよく、乳首を舐めるだけでも体をビクンとさせてマンコも良く濡らした。

 

それからいつもと同様に、手マンでミカちゃんがヨガり、爆乳をブルブル震わせながらイクまで責めた。

 

そしてその次はミカちゃんが俺を押し倒し、キスから始まり全身リップへ移っていく。

 

ミカちゃんは唇や舌を俺の体にペロペロ這わせながらもおっぱいを常に俺の体に密着させ、興奮を高めてくれる。

この体験談の続きを読む

ビッチなJK時代に好きな後輩男子を集団で逆レイプしました

女子高生逆レイプ
画像はイメージです

 

可愛い後輩の男の子を部室に呼びました

 

これは私が女子高生の時の話です。

 

私が高校3年生の時の2つ下の1年生に、ある後輩の男子がいました。その男子は同じテニス部の後輩で学校でも人気を集めている、カッコ良い男の子でした。

 

身長はそれほど大きくなく、女の子の様なクリッとした目に長いマツゲ、細い体でもちゃんとした筋肉があり、同級生や先輩たちにもモテていました。

 

可愛いと言われるとカッとなり、カッコイイと言うと喜び、心から実直で愛くるしい後輩でした。

 

しかしながらある日、その後輩、仮に友樹君とします。

 

友樹君を女子の先輩たちで逆レイプしようという話になったのです。

 

もう昔の話ですが、私は援助交際や同級生とも簡単に寝るようなビッチで、周りの女子たちもビッチでした。

 

そして犯す当日がきました。

 

今日の部活は中止という連絡を回し、午前の授業で終了でしたので放課後に友樹君だけを部室に呼びました。

 

友樹君は疑いもなく部活動をする気でありましたが、待機していたのは私達3年生の女子4人。

 

私と仮に知恵と良美と里香とします。

 

「あれ?先輩、今日は部活あるんですよね?」

 

友樹君が不安そうにと荷物をロッカーにしまいながら私たちを見ました。その様子も可愛いくて仕方ありません。

 

「今日はないよ。変わりに秘密の特訓でもしよっか」

 

「本当ですか?是非お願いします!」

 

友樹君はやる気に満ちた目で私達のすぐ側まで来ました。すると知恵が友樹君を突然抱きしめました。

 

「あーんもうー!友樹君可愛いー!」

 

「えっ!ちょっと、何するんですか!恥ずかしいです」

 

友樹君は当然ビックリしていますが、突き放すことも出来ずに困った様子で手足を動かしていました。

 

「ねえ、友樹君って童貞でしょ?私達が教えてあげよっか」

 

「えっ?」

 

友樹君の返事を聞く前に知恵はセーラー服を脱ぎ下着姿になりました。友樹君は目を顔を赤くしてオドオドしていました。

 

「ぼ、僕外に出ましょうか?着替えるんですよね?」

 

そう言って慌ただしく部室を出ようとする友樹君ですが、良美と里香が止めました。

 

「だめよ!今日はお姉さん達が女の身体を友樹君に教えてあげるのよ」

 

2人が友樹君の腕におっぱいを押し付けながら知恵の前まで引っ張っていきました。

 

私は・・・友樹君の事が本当に好きだったので、何もできないでその様子を長椅子に座ってただ見ていました。

 

「友樹君、おっぱい触る?」

 

知恵が大きな胸を下着からポロンと出しました。女子高生でEカップある胸が丸出しになり、友樹君は驚きながらも

 

「はあっ!」

 

と興奮したような声を出し、動きが止まっておっぱいを凝視していました。

 

「ふふっ、触ってもいいんだよ?友樹君だけ特別!」

 

可愛らしい声で知恵がそう言うと、友樹君はゴクリと生唾を飲み込んでおっぱいに手を伸ばしました。

この体験談の続きを読む

デブでブスな女どもに逆レイプされたけど謝礼をくれました

デブス
画像はイメージです

 

デブス3人組に押さえつけられ

 

僕は数日前にラインでやり取りした女性と会うことになりました。

 

事前に写真は見せてくれませんでしたが、セックスOKだったので気にせず待ち合わせの場所に足を運びました。

 

赤い軽が停止していて、その車の中で待っているということでしたので、見つけ次第車に近づきました。

 

「○○さんですか?」

 

「そうです、どうぞ乗って下さい」

 

乗車してみたらマスクをしたちょっぴり太り気味の女性がいました。僕の予測とかなり異なっていましたけど、

 

(セックスできるからいいや)

 

と思ってるとそのまま車が発信しました。

 

誰もいないような山の奥に入ると不釣合いとも思える所にラブホテルが建っていました。その近くに白い軽が停車しいて、自分の乗った赤い軽がその近くに停車したんです。

 

すると白い軽から2人の女性が出てきてこっちの赤い軽に乗り込んできたんです。

 

二人とも、お世辞にも綺麗とはいえない外見で少々デブでした。それを見た後に運転席の女性を見て僕は仰天ししました。

 

マスクをとったその表情は、今しがた乗ってきた二人に負けず劣らずのデブスでした。

 

「きゃー!可愛い!」

 

「君、何歳?」

 

「23?いいじゃん、いいじゃん」

 

一方的に会話を盛り上げながら、赤い軽はラブホテルの駐車場に停車しました。

 

僕は腕を引っ張られるような状況でホテルの部屋に入らされ、いきなりベッドに押し倒されるように横にされると、二人が一気に自分の両手両足を握って仰向けにされました。

 

女性の力とは思えない位の腕力で、赤い軽を運転していた女性が僕の横に座り込んできました。

 

「確か童貞って言ってたよね、じゃああたいらが男にしてあげるから、有りがたく思いなよ」

 

そのようなことを言いながら僕のズボンのベルトを緩めてチャックを下ろしました。

 

抵抗して手足を動かそうとしたんですが、手首と足首を掴んでいる二人がきつく押さえつけてきました。

 

ズボンを脱がされ、上着も引きちぎりそうな勢いで雑に脱がされ、ブリーフ一枚にされました。

 

次にリーダー格の赤い軽の女性は、素早く服を脱いで自分の前で素っ裸になりました。

 

そしてリーダー格の女性が手首を握りつけると、今度は腕を押さえていた女が素っ裸になったのです。

 

その女性が今度は自分の太腿に乗っかると、足を押さえていた女が素っ裸になりました。

僕が抵抗できないように交互に押さえつけながら、全員が全裸になったのです。

 

赤い軽の女性は僕の腕を押さえたまま僕の顔に腰を降ろし、デブスのオマンコを顔に押し付けてきたんです。

 

臭いと圧迫と肉のかたまりで全然見えない状態の下で、何がなされているかは体が体感していました。

 

ブリーフを荒々しく脱がせた女が僕のチンコを咥えているのが分かりました。乳首や腰などにも舌が這うのが分かりました。

 

フェラチオの経験がなかった僕は不覚にも勃起してしまい、難なく射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

熟女2人に酔った勢いでホテルへ連れ込まれ、童貞を奪われました

熟女3p
画像はイメージです

 

熟女に酒を飲まされ酔った僕はホテルへ連れ込まれました

 

19歳の大学生です。
大学の近くにある町内会でお祭りがありました。

 

僕が大学で加入しているサークルでは、毎年そのお祭りの手伝いをする依頼を受けて参加しているのです。

 

太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしました。僕はソフトクリーム屋の手伝いをしていました。器具の運搬などです。

 

店番をしていたのは、ご婦人二人組みでした。年は三十代半ば過ぎだったと思います。僕はその二人に

 

「お兄さん、名前は何ていうの?」

 

「可愛い顔ねー」

 

など話しかけられました。
祭りも大詰めにさしかかり、一区切り着くと僕は熟女と終始お話をしていました。二人は

 

「ねえ、彼女はいるの?」

 

とか聞いてきたんです。僕は

 

「そんなのいませんよ」

 

と答えました。加えて、僕は年上の女の人が好みだという事を話すと、

 

「だったら、私達位の年は?」

 

と聞かれたので、

 

「全然問題ないですよ。」

 

と答えました。本当に、僕は30代から40代の女の人が一番の好みだったのです。

 

僕の趣味を聞くと、二人は俄然ウキウキして、このところ夫と一緒にいたところでつまらない、ということを話してくれたのです。最後に

 

「これから、一緒に遊びに行かない?」

 

と誘って貰いました。僕はまだまだ体力も余っていたし、アルコールを奢ってくれるという事なので、

 

(やったー!)

 

と思ってOKをしてしました。

 

サークルの部員が解散をすると、僕は残りのメンバーにバレないように脱出して、熟女二人のところへ行きました。車に乗車して、さあ出発です。

 

二人とも、旦那は祭りの幹部同士の宴会に参加しているので、自宅には帰らなくて大丈夫だそうです。

 

車で町中の居酒屋にいって、僕は二人に次から次へとお酒を飲まされてしまったようです。

 

アルコールは好きですがあまり強いくはなかったので、最後にはフラフラになってしまったのです。

 

二人はそれほど飲まないで、僕のみを酔わせてしまおうという計画だったと思います。

その後、居酒屋を出てラブホテルに引き連れて行かれました。

 

ラブホテルに入ったのは生まれて初めてでしたが、なにせ酔いが回っていたのでどういった内装だったのかいまいち覚えていないのです。

 

部屋に入り込むと、僕は服を速攻で剥ぎ取られました。

 

断固として抵抗すれば抜け出せたかも知れないのですが、二人の熟した妖艶さに僕は完全に魅了されてしまっていたので、

 

「やめて下さい」

 

と冗談みたいな感じで軽く言っただけで、ほとんど受身でした。全裸にされると、熟女の一人が

 

「あら、すばらしい体してるのね!ガチッとしてるし、温かい」

 

と言って僕の体全体をいやらしい手つきで撫で回してきます。

この体験談の続きを読む

バイブ責めの実況をさせられている間に彼氏は女先輩に犯されています

4p 拘束
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

先輩のオマンコでイカされる彼氏

 

もうオマンコは先ほどのオナニーゲームでビチョビチョに濡れています。智史は、

 

「うあっ、あぅー」

 

と声を出しています。

 

(智史お願いだから私のオマンコでイッテね)

 

と思い、智史の上で激しく腰を振ります。

 

10秒はあっという間です。理絵先輩、瑞樹先輩も同じように智史の上で激しく腰を振ります。

 

智史は一度射精しているので、さっきと比べて若干余裕があるみたいですが、切なそうに声を出し体をくねらせています。

 

フェラチオは先輩のテクニックには及ばないけど、騎乗位だったらテクニックの差はそれほどないわよね、とおのずと言い聞かせて、

 

(智史、お願いだから私でイッて!)

 

と心の中で叫び続けます。

 

「2ラウンド開始!」

 

今度は20秒です。

 

腰を上下にズボズボ動かして、おちんちんをオマンコから出し入れするようにしたり、奥まで入れて腰をグリグリグラインドしたりします。

 

(あーん、お願い智史、出してー!)

 

無慈悲にも20秒が経過してしまいました。理絵先輩や瑞樹先輩も20秒間激しく腰を振りまくります。

 

智史はもう限界に近くなっているのでしょうか。先輩の腰の動きに連動するように

 

「あぅ、おうっ、うあっ」

 

と声を出しています。

 

「3ラウンド開始!」

 

今度は30秒です。もう目一杯智史の上で腰を振りまくります。智史の声はどんどん大きくなっていきます。

 

あと少し、あと少しと思いながら30秒経ってしまいました。理絵先輩の時により一層声は大きくなり、智史も堪らないのか腰を動かす状態になってきました。

 

理絵先輩の30秒が経過する頃には智史のおちんちんは射精したくてヒクヒクしているように感じます。

 

(いやーん、このままじゃ、また瑞樹先輩でイッちゃうー)

 

と思いました。瑞樹先輩は、智史の上で強弱をつけながらも激しく動きます。

智史も益々声を大きくして、さっきよりも腰を動かしています。

 

(いやー、ダメー、智史我慢してー、耐えてー、次は私の番よー。)

 

瑞樹先輩の30秒が終了しました。

 

「4ラウンド開始!」

 

慌てて私は智史のおちんちんに跨ります。今の状態で40秒あれば智史はイク気がします。先程の瑞樹先輩のようにゆっくり深く出し入れしたり、激しく素早く動かしたりします。

 

智史の声も速く大きくなってきて腰も動かしています。

 

「あおぅっ、うおっ、あっ、ひあっ、うっ、うあっ、」

 

(智史出してー!)

 

と心の中で絶叫しながら一心不乱に腰を振り続けます。

 

でも、智史はなかなか射精してくれません。40秒という時間が着々と過ぎていきます。そしてついに時間が来てしまいました。

 

智史はとっくに腰もガクガクと震わせているし声も荒くなっているし十分に射精してもいいはずなのに、悔しい事にイッてくれませんでした。

 

さてお次は理絵先輩です。もう、腰やおちんちんがガクガクと震えている智史はあとたかだか数回出し入れすれば出してしまいそうです。

 

理絵先輩がジワリジワリと智史のおちんちんをオマンコに沈めます。それから腰を動かします。

 

瑞樹先輩や私のように、じわじわと深く動かしたり、激しくスピーディーに動かしたりを織り交ぜながら。

 

もう智史は、はあはあ息を荒くさせて、腰を自分から突き出しガタガタと震わせています。理絵先輩が強烈に激しく腰をズボズボ上下させた瞬間に智史は

 

「うあーっ!イっ、イクーっ!」

 

と一層大きな声を出しました。智史が射精したのが分かったのか、可奈先輩も口のタオルを外して、大きな声で

 

「あー、イ、イクー、イッちゃうー!」

 

と言って理絵先輩もイッちゃったのです。理絵先輩はそのまま智史の上に倒れこんで、体中を小刻みにと震わせていました。

 

「智史ー、なんで私でイッてくれなかったのよー、なんで理絵先輩でイッちゃうのー」

 

私はついつい叫んじゃいました。しばらく経って、ようやく可奈先輩が智史から離れました。

この体験談の続きを読む