痴女・逆レイプ体験告白

痴女・逆レイプ体験告白

新着 体験談一覧

デカチン童貞の新入社員を酔った勢いで誘惑しました

デカチン新入社員
画像はイメージです

 

宴会中にちらっと見えたおちんちんが凄かった

 

私の勤務している会社は、従業員数が350人程度の会社でした。男女の割り合いが7対3程で、男の人達が大部分ですが、わりと女の人もたくさん会社でした。

 

そういう会社なので、合コンと言うというわけではないですけど、週末には会社内の違う部の人と宴会がある事があったのです。

 

2~3回飲み会を繰り返していると、今期のルーキーの中に「デカチンの童貞」が存在すると言う情報を耳にしました。私はそのことを聞くと、少し「ドキッ」っとしてしまったものです。

 

その当時は20代後半でしたので、年下男性もありかもと思い始めた時だったのです。

伝え聞いたところでは、一緒に出張した他の社員が、デカチンの彼と風俗に出掛けた時に確かめたらしいのです。

 

その風俗は「ピンサロ」というものらしいですが、なんでも暗いフロアで、個室と異なる場所でお口だけで奉仕するみたいなのですが、隣にいたデカチン君の方から、風俗嬢が

 

「こんな大きいの無理です」

 

と言っていたため、覗いてみれば、500ミリのペットボトルくらいの大きさがあったそうです。他の社員もその話を聞いて

 

「えーー!うそーー!」

 

と愕然していましたが、私は自分だけ興奮していたんです。

 

男性の社員によると、女の人と会話するのが下手で、良い男性なんですが、恋人ができなかったみたいなのです。

 

私はどうにかして声をかけてみたいと考えたのですが、キッカケはなかなか有りませんでした。そういった話も忘れそうになった暮れに、社員旅行に行きました。

 

参加数人数が多いので、例年箱根のホテルを2箇所手配して行っていました。その日、男性の大半はゴルフに行き、女性のみなさんは前倒しして温泉で体を休めていました。その後飲み会が始まりました。

 

宴席はホテルが2箇所で半分くらいに離れてしまうので、部署に限らず、抽選を行います。短絡的に席を決めると派閥等の問題でしつこく言う人がいるらしいです。

 

私もスタート時は面識のない人ばかりで、テンションに欠けましたけど、アッという間に打ち解けて、逆に面識のない人同士の方が盛り上がっていました。

 

私の飲んでいた一団は大方6人位で集まっていましたが、その中の一人が例の「デカチンの童貞君」の話をするようになったので、私もそういえばと思い出しました!

 

その際はアルコールが入っていたので、変にドキドキしてしまったものです。そうするとその男性が、

 

「あやつどこ行った?」

 

と、その童貞君を探し求め始めました。どうもこちらサイドのホテルにいるらしいのです。それから

 

「お~い、上田、ここに来いよ」

 

と招くと、浴衣姿の若い男性が顔を出しました。思いの外格好良くて驚きました。そうして上田君を招待した男性が

 

「上田、チンコ出してみろ」

 

と言うと、照れくさそうに

 

「先輩、そりゃ無理っすよ」

 

と顔が赤くなっていたんです。

 

けれど、男性が強制的に浴衣に手を伸ばすと、下着が一目見えたんですが、おちんちんの盛り上がりが異常だったんです。

 

私は一緒になって笑っていたのでありますが、本心はもっと見たくて仕方ありませんでした。

 

そして、何とかあの上田君のおちんちんをを味わってみたいと思い始めました。

この体験談の続きを読む

中学生の僕は水商売のおばさんに筆下ろししてもらいました

アパートセックス
画像はイメージです

 

水商売のおばさんの家に行きました

 

私が中学3年生の時の話です。

 

5月のある日、学校から家に帰るとアパート2階の自宅は誰もいなくて留守でした。鍵もなく、母は近所に買い出しではないかと思い、階段に座って待つことにしたのです。

 

数分すると階段の下から足音が聞こえてきました。母が帰って来たかと思いましたが、3階に住む女性でした。今考えると30代後半ぐらいで、子供の時はよく遊んでもらっていたんです。

 

母は嫌悪感を抱いていましたが、彼女は夫を亡くして、水商売で自立していました。そんな彼女が男を時々家に入れるのは、仕方のないことだったのでしょう。

 

「まーくんお家に入れないの?だったら、お母さん帰宅するまでアタシの家においでっ!」

 

と言って、スグサマ上に行きました。断るタイミングを失くした私は後を追いかけ、

 

「いや、でも、あの」

 

と言おうとしたんですが黙ってしまいました。なぜかというと、スカートの中が見えて、白い太腿と赤のパンティーが見えたからなのです。

 

おばさんは家のドアを開けて、私を招き入れました。部屋の中から、

 

「鍵はかけてね」

 

と言ってました。ドキドキしながら部屋に入り、鍵をかけた私に

 

「ヤキソバでも作ってあげるね」

 

と、リビングのソファーに座らせました。ここで食べさせてもらうのは、小学校3年以来だと思います。幼い頃に可愛がってもらっていた記憶を思い返していると、ヤキソバを作って運んできたおばさんが

 

「私シャワー浴びてくるから遠慮せず食べててね」

 

と微笑みました。

 

アパートの階段でチラッと見てしまった赤い下着が頭の中から離れず、味もまるでわからないままヤキソバを完食すると、シャワーから出てきたたおばさんは、ネグリジェ姿で私の前に現れました。しかも純白のパンティーがうっすらと透けていました。

 

「あれ、まーくん、制服が少し汗臭いよ。シャワー浴びなさい」

 

「え、いや、そんな、いいよ」

 

「いいから早く入ってきなさい」

 

もはや完璧におばさんのペースでした。

この体験談の続きを読む

女子大生の容赦ない集団逆レイプで泣き出す男子高校生

女子大生 集団逆レイプ
画像はイメージです

 

逆ナンパで連れられ、強制オナニーも

 

ついにやらされてしまいました。私はまだ19歳の女子大生で入学したばかりです。私は大学の女子柔道部に籍を置いていつも稽古に熱を入れています。

 

しかし、私の柔道部は尋常でないのです。なんと男の人を集団で逆レイプをしているのです。体育会系なので上下関係がとても厳格で嫌でも従わなければ行けません。

 

まず2、3回生の先輩2人が部活の稽古の後におちんちんの大きそうな人を逆ナンします。世代は高校生から20代の大人まで様々です。

 

ちょっとだけ恥ずかしそうにしてウキウキしている人もいれば、ほとんど否応なしに連れて凝られる人もやはりいます。逆ナンパして連れて来るのが女子柔道部の部室です。

稽古後で汗の臭いが充満した部室に連れ込まれ、そこに女子部員30人ほどが控えているという状況です。

 

大学の裏側で時間的に人っこ一人通らない場所ですから、声を出されても周囲の人にも聞こえません。

 

無論誰にもバレ無いのです。そこに連れ込まれた男の人たちはともかく先輩達に押さえられ、服を脱がされます。そこから男性への逆レイプがスタートします。

 

強制オナニーをさせられたり、汗臭いオマンコを顔面に押し当てられたり、汗で濡れたタオルやパンティーを口の中に突っ込まれたり、足を舐めさせられたち踏まれたりもします。

この体験談の続きを読む

巨乳先輩のエロ話に興奮した俺のガマン汁で濡れたチンコを扱いてくれた

手コキ
画像はイメージです

 

エッチ話をする女性先輩に童貞を告白

 

俺の大学の先輩であるKさんという女性がいます。

 

なんとまあ大学を卒業してすぐに30歳ぐらいのサラリーマンと結婚しました。結婚式には行けなかったんですけど旦那の顔は知っています。

 

今でも好意的にさせてもらっていまして、時々飲み会にも行っていました。ふくよかでおっぱいはとても大きくて本人が言うにはGカップらしいんです。

 

結婚してからはさすがにやっていないらしいけど、若い時代はかなりと遊んでいたらしいです。といってもK先輩もまだ若いので遊んでいるとこういった話になることもあります。

 

皆と一緒の時はのんびりした性格なのに、俺が沈着冷静に見えるみたいで、そういう対話をしてもいいんじゃないかと思っているらしいのです。

 

しかしK先輩も知らないんですが俺は童貞で、Gカップキャミソール等の薄着を好きなKさんに、生生しいエッチ体験とか、何処が気持ちよくてとか口にされるのは刺激が強すぎます。

 

毎回話の度に勃起してしまったり、ガマン汁が滲んできてしまいます。こういった日は家に帰ってKさんに筆下ろししていただく妄想をしながらせんずりをすることもあります。

 

先日、Kさんに車で送ってもらっている道中、オナニーの話となって、アルコールも相当入っていたし、おまけにKさんの話を聞いて、興奮してせんずりのネタにしてしまったというのを打ち明けてしまいました。

 

冗談だと思ったのか、Kさんがみんなも話してるような普通のエッチのことなのに何故?と聞かれたのでストレートに童貞であることと、そういったときもオナニーの話のせいでチンコがまずいことになってることを申告すると

 

「パンツの上からでいいから、本当に?」

 

と聞かれた。Kさんはこの時に、マジで俺のチンコが勃起してガマン汁で亀頭がヌレヌレなんて思いもしなかったでしょう。そして間違っても俺がそうツッコまれてすんなりと見せると思わなかったんでしょう。

この体験談の続きを読む

黒光りするデカチンを持つハーフの男子生徒が絶倫すぎて失神しました

プールサイドでセックス
画像はイメージです

 

セックスが好きではなかったのに電マを使ってからは

 

わたしは高等学校で水泳部の顧問をしている女性教師です。年齢は31才で結婚3年目です。いまだに子供は授かっていません。旦那は同じ高校の教師です。

 

私は10代の頃からスポーツばっかりやっていて、周囲の男子も体育会系ばっかりでした。しかし私はどちらかと言うなら口数の少ない男子が好きで、現在の旦那も文系の人です。

 

夫婦生活も申し分ないのですが、たった1つだけ欲求不満があります。夫がいまではセックスに関心が消え失せきてしまっているようなのです。

 

休みの日はいつも本を読んでいるか、模型を作り上げているか、外に行っても釣りをやっているだけです。多くは夫婦としての接点が消失しています。

 

私は年若き頃はセックスにほとんど関心がなかったのです。当時の彼氏は常日頃からでもエッチを求めて来たのですが、私は少々苦痛でした。

 

気持ちいいという感覚はあるのですけど、濡れにくいのかちょっと痛みを感じる時もあり、身近な友達が言うみたいに気持ちいいとはいまひとつ思いませんでした。

ただし、

 

「好きな彼が気持ちよくなってくれるなら嬉しい!」

 

と、ただそれだけでした。

 

しかしながら30才になったときに友人がプレゼントに「電マ」をくれたんです。始めはなんてことはないマッサージ機だと考えてたんですけど、友人が

 

「めっちゃ気持ちいいよ」

 

ってアドバイスしてくれたので、帰宅して一人の時に使用してみたんです。もう驚きでした。友達には

 

「最初から直接当てたら駄目だよ!」

 

って指示されてたので、パンティーの上から当るか当たらないかって程度の位置で当てたのですが、全身が痺れてしまい、ふと気づけば声が出てるぐらい感じてしまいましてアッという間にイッてしまいました。

 

人生経験したことのないオーガズムが電マでした。もの凄かったです。

 

当分体に力が入らず、足は変な具合に痙攣しているし、ベッドにはシミが出来てるし、それならば全員が気持ちいいって言うのもうなづけました。

 

それ以降常日頃から電マでオナニーしてしまうようになってしまい、最近ではクリトリスの皮をめくり上げて直接当ててオナニーしています。

 

クリも凄く大きくなってしまったようです。それと並行してセックスに対する願望も増大してきて、私から主人を初めて誘ってしまったのです。

 

でもとても淡白なセックスだったので全く満足できず、後でトイレでオナニーしました。

この体験談の続きを読む